白昼夢さんの映画レビュー・感想・評価

白昼夢

白昼夢

暗い映画基本好き。

映画(53)
ドラマ(2)

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.0

美術は良かったけど
女の人が可哀想で…あんまり好みじゃなかった。

サスペリア(2018年製作の映画)

4.0

君の名前でも映画館で観ていたのですが、この監督らしい音楽と映像の演出だなと思いながら観ました。
悪魔崇拝と魔女などなど宗教的な要素もあり個人的には好きなストーリーでしたが
クロエ・モレッツすごいチョイ
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.5

音楽も良いし映像も素敵ですが
ヴァンパイアでもない純粋なカニバリズムが苦手なためかどうしても目に余りストーリーに入り込めなかった。
ネオンデーモンをさらに禍々しくしたような雰囲気。

モールス(2010年製作の映画)

4.0

僕のエリも好きですが…こっちの雰囲気はよりホラー感があって面白かったです。

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(2018年製作の映画)

4.5

お洋服を作るために生まれてきた人、
ファッション界の女王は年々さらに素敵になっていきます。
大好きな憧れの人の話す言葉全てが強く胸に響きました。

Virginia/ヴァージニア(2011年製作の映画)

4.1

エルファンニング好きとしては映像感など結構好きな映画でした。

プルートで朝食を(2005年製作の映画)

4.0

お話は明るくはないですが、衣装が華やかでとても好み。

(1990年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

監督が見た夢のオムニバス。
狐の嫁入り.桃畑.トンネル.鴉.雪女.赤富士.鬼.葬式
幼少期の夢の嫁入りから始まったストーリーが最後は大人になりお葬式を見送り終わります。
黒澤明監督ならではの現実と非現
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

2.0

鬼談百景は新耳袋みたいな感じで面白かったのですが、本作も途中までは面白かったですが最後はありきたりなJホラーで終わってしまい個人的にあまり好みのホラーではなかったです。

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.0

ファッションから家具まで何から何までかわいい。

スーサイド・ショップ(2012年製作の映画)

4.5

アランの前歯がすき歯なのは
幸せを呼び込むという意味があるからでしょうか。

ウィッチ(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

17世紀のノスタルジーな雰囲気の映像の中で、じりじりと迫り来る何かに怯えながら
日々を暮らす家族の崩壊を描いた物語。
ラストシーンはかなり衝撃的なものでした。

宗教関連の書物が好きなので、
家族たち
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

宇宙人とパンクの話
想像していたものと違ったけど
コメディとして考えれば面白かった

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

映像美も含めて自分自身の境遇にも近かったので色んな面ですごく素晴らしい映画でした。
一夏の恋ではありましたが、エリオの親が理解のある方だったこと、ラストの父親のセリフに涙が止まりません。
さまざまな人
>>続きを読む

ソムニア 悪夢の少年(2016年製作の映画)

4.0

ホラーかと思いきやダークファンタジー。
個人的にはとても好きでした。子供心ならではのラストの展開に少し涙が出ます。

東京ヴァンパイアホテル(2017年製作の映画)

3.0

園子温監督×ヴァンパイアなんてすごく心踊る組み合わせ。内容はいつもの園子温さんに比べるとポップすぎる気がしましたがセットやキャラがゲームの世界みたいでした

獣は月夜に夢を見る(2014年製作の映画)

3.8

パンズラビリンスや僕のエリが大好きな私にとってすごく好きな映画でした。

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.5

絵面と構成とても良かったです。が宗教的な要素もあるので好き嫌いは分かれそう。
香水をつけただけであそこまで周囲の魅了させることができるなんて、どんな香りなのかとても気になる

ヴィクトリア(2015年製作の映画)

3.0

雰囲気や俳優さん方のアドリブ回しは素敵。ただ切り替わりが全くなくテンポなくダラダラとした部分が多く長く感じた。

>|