すーさんの映画レビュー・感想・評価

すー

すー

映画(248)
ドラマ(0)

欲望のバージニア(2012年製作の映画)

3.4

実話であることが驚きだった。
シャイアラブーフ目線で語られる物語。
トム・ハーディが出ているということで鑑賞。
うん、あんまりトム・ハーディ主体の映画ではなかった。しかもあんまり喋ってくれないトム・ハ
>>続きを読む

かごの中の瞳(2016年製作の映画)

2.8

最後の終わり方の解釈が難しい。
正直言って何を伝えたいかわからなかった。

セブン(1995年製作の映画)

3.8

ブラピとモーガンフリーマンのW主演作。
30代の頃のブラピってなんでこんなかっこいいんだってなる笑
男の俺からしてもこの頃のブラピに抱かれたい笑

作品としては7つの大罪にそった狂気的連続殺人。それを
>>続きを読む

真実の行方(1996年製作の映画)

3.1

かなり高評価が多いが、後味がすっきりする映画とは言い難い。
ノンフィクションならばこういうエンディングでもよいのだが、フィクションでこういったすっきりしない終わり方は個人的に好きではないのでこの評価。
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.9

前から観よう観よう思って結局観れてなかった作品。もう良作すぎる。エドワードノートンとブラピという最高の組み合わせ。
そして脚本が素晴らしいにつきる。
大人だけどガキみたいなことして暴れる。
社会に不満
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.5

昔の恋愛映画っぽい少しわらけるこの感じが好き。
ジョン・ウィックのイメージが強いキアヌリーブスがあんなだめ男を演じるとは笑

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.0

正直な話、俺の中ではグロテスク=ホラーとはならない。
というか地獄の王の話だったので正直話の内容も理解できなかった。
おばあちゃんが8人の王の1人でその後継者に孫のチャーリーが選ばれた。
けど死んだか
>>続きを読む

コンカッション(2015年製作の映画)

3.5

ある偉大な元NFL選手が不可解な死を迎えた。アフリカ出身の解剖医師であるベイル医師の元にその死体がきたが、調べると至って正常な遺体だった。

アメリカンフットボールという米国で1番人気で収益が高いスポ
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

3.0

お前を殺してやるって仲間の警官殺された元警官が犯人を追い詰めるが、いや、お前完全に捕まえようとしていないか?俺だったら逃げてる背中何発も撃ちまくるよ?なんでわざわざ近くで拘束しようとして死んでるんだ?>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.0

そこまで評価される作品であったかは微妙。正直言って主人公に共感も出来なかったし、感情移入もできなかった。

ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション(2018年製作の映画)

3.5

完全にエヴァンゲリオンに影響されすぎ。しかも新劇場版の方をかなり意識してるんじゃないかって感じ笑

前半シリアスなのに後半ギャグっぽさがあったから好き。笑

終わり方もしっかりまとまってたので前作より
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.7

パソコンのデスクトップのライブ映像やテレビ電話を主体とした独特の撮影方法で進む物語展開。

SNSの便利さと悪用されやすさをうまく伝えている。

後半は鳥肌たった。良作。

テリファイド(2017年製作の映画)

3.0

時系列がわかりにくいとのコメントがあったが普通に見ていればわかる。

個人的に好きなホラー笑

ただずっと目的の霊を探してた霊能界の博士のくせにあっけなくやられすぎ。霊能界の権威である博士が瞬殺される
>>続きを読む

華氏 451(2018年製作の映画)

3.0

普通。最後の方の展開読めた時点であーないわーってなった。そもそも何のために子供の頃の時、親父が逮捕されたシーン思い出したのか。テーマは良かったと思うが展開がありきたりすぎる。

ANON アノン(2018年製作の映画)

3.4

全てを監視された近未来が舞台。
どうやら視覚一つでネットワークを使えるようだ。
犯人視点になって身が動きできなくなって殺されるが、ある程度は動けるだろう。

人間は確か70%を視覚に頼る生き物らしい。
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

クリスプラットが死んだ

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.9

1988年にこれほどの作品を出せたのがすごい。1988年にこんな先進的な考えやインスピレーションがあったのが何よりすごい。製作に関与した人は未来人?と思うほど笑
2019年でも見劣りしない作品。

>>続きを読む

仄暗い水の底から(2001年製作の映画)

3.5

小さい頃に見たが最後のエレベーターのシーンが今でも記憶に残ってる。名作。

>|