Kaitoさんの映画レビュー・感想・評価

Kaito

Kaito

映画(223)
ドラマ(0)

負け犬の美学(2017年製作の映画)

3.7

決して上手とは言えない仕事を年齢的な盛りを過ぎても続けている主人公で、登場人物はチャンピオンを含めて普通の人ばかり、試合シーンも淡々とすすみますが、家族持ちオヤジにはえらく泣かされる代物でした。
華や
>>続きを読む

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.0

前半の純愛路線に同じ透明人間モノでも「インビジブル」と正反対のほのぼの路線で終始するかと思いきや、後半はエロ展開と妙に現実的な着地点と欧州映画らしさが溢れていました。

デス・バレット(2017年製作の映画)

2.0

ストーリーは単純ですが、頻繁に挿入される中二病患者のエロ妄想的なシーンが珍妙な味わいでした。
MAT 49の発砲シーンが多いのは拾い物でした。

パパはわるものチャンピオン(2018年製作の映画)

3.6

プロレスが金曜日ゴールデンタイムにTVでやっていた時代から隔世の感の内容でしたが、観ると元気が貰える魅力は変わらないことが伝わり感無量でした。
全盛期を過ぎても働き続ける大変さ、どんな仕事にも真摯に取
>>続きを読む

かごの中の瞳(2016年製作の映画)

2.9

ある出来事を契機にすれ違って行く夫婦モノで、視覚描写を工夫していましたが、変化に対する受け止め方の違いから破綻するという定番の構図で「レボリューショナリーロード」や「ブルーバレンタイン」ほどの破壊力は>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.6

袖振り合うも多生の縁と他人の問題を暴力で解決する点は前作同様ですが、今回は情けは人の為ならずという事に上手く着地していました。
アクション作品として単体でも楽しめる作品ですが、前作の謎解き編でもあり、
>>続きを読む

リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ JEEPERS CREEPERS 3(2017年製作の映画)

1.0

完全にファン向けなので1作目「ジーパーズ・クリーパーズ」と2作目「ヒューマンキャッチャー」を観ていない人は最後まで置いてけぼりです。
1作目直後から始まるオープニングは悪くなかったですが、その後はヤオ
>>続きを読む

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

3.0

「ノー・ワン・リヴズ」同様に動機や原因に全く触れず、状況描写のみで押しきる話でした。
女子供にも容赦無い展開は良かったですが、撃ち方や弾丸が性格描写となる狙撃手モノで、銃器の知識がある人物も配置してい
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.0

「南営洞1985 国家暴力、22日間の記録」で描かれた泣く子も黙る南営洞の取調べの結果が民主化へ繋がるまでを描いた韓国史モノですが、体制側の矢面に立つ人物の腹が座り過ぎている理由に泣かされ、単縦な勧善>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

メキシコに隕石で飛来したらしいところは「モンスターズ」同様ですが、こちらは凶暴な肉食獣でした。モンスターの見せ方や伏線の回収、人物描写が上手く、良いジャンル映画のお手本で楽しめます。
音が重要な話なの
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.3

パパが家族の為に頑張る話ですが、パパがロック様なのでトラブルの内容がトンデモないのに安心して楽しめる様式美の世界を堪能できました。
世界一の高層ビルが中華資本で香港にあるという設定には時代を感じさせら
>>続きを読む

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女(2018年製作の映画)

3.0

よく出来た話でしたが、あの出来事からもう20年経ったことが最大の衝撃でした。

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.2

「プレデター」同様に軍人チームの奮戦記ですが、「プレデターズ」なみの即席チームで精神面がイッてる人ばかりという素敵さでした。戦闘は定番の展開でしたが、後半のネタバレ〜オチは新要素を入れて頑張っています>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.5

絵面はオタクのボンクラ映画作成奮闘記ですが、創作活動の源泉に触れる話でした。厳しい現実に対する物語の力を真摯に描いており、素直に感動します。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.7

単体の物語としても楽しいですが、前作と合わせて一つの話になっていました。
「バーフバリ2」「ホビット3」なみに前作の直後から始まるので、観ていないと完全に置いてけぼりなので要注意です。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

チームものとしての楽しさに加え、ブロマンスも相変わらずで、作品レベルを上げ続けている凄いシリーズで今回もお代以上に楽しめました。
過去作を観ていないと、一部の人物が「?」状態になるので復習してから劇場
>>続きを読む

SPL 狼たちの処刑台(2017年製作の映画)

3.5

「SPL 」名物の無口な刃物使いがいなかったのは残念でしたが、主要キャラが「SPL2」と同じ役者陣であるも、あるキャラがあっさり退場した時点から予感させられる殺伐とした終着点に、「SPL」への原点回帰>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.0

サメ系映画ですが、デカすぎて獲物を丸呑みしてしまうため、切り株描写や血の量は少なめでした。
サメ系の緊張感は少なめですが、怪獣映画として楽しいです。

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~(2018年製作の映画)

3.0

中盤まではモブシーン等の画や展開が今ひとつに感じましたが、ラストバトルのヒーローものらしい熱い展開が打ち消してくれました。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ」を自でいく話で、無茶な仕事を経験した人ほど楽しめる内容でした。
前半パートは酔いやすいので、後方の席がお勧めです。

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.9

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」に続く良作な実録テニスものでした。
二人が対決するまでに人物像をしっかり描いているので、決勝戦では「クライング・フィスト」並にどちらにも勝ってほしいと思わされます。試合
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

深刻な展開が多くなってるマーベル世界で貴重なボンクラ物語ですが、前作の最後で誰もが思った疑問点を解決していて見事でした。コメディ展開も多く、気楽に楽しめますが、これもマーベル世界の一つであることを示す>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

己の才覚を頼りとする職業犯罪者が練りあげた計画を遂行する硬派な物語でした。
「ペイバック」同様に裏切られた犯罪者の復讐モノでもあり、このジャンルが好きな人にはたまりません。
過去のオーシャンシリーズで
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.6

前回は父娘、今回は母娘関係が中心ですが、同じ曲でも使い方が異なり、違いが楽しいです。(Dancing Queenの使い方は、本作の方が観ていて上がります)
終盤は突然ある人が見事な歌唱力で全て持ってい
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.5

キャラ設定が見事で行動原理に無理が無く、話の展開も終盤のエラい状態まで上手く持っていき見事でした。
切なくも良い感じで収束し、気持ち良く映画館を後に出来ました。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.0

人物/背景説明は前作でしているので、アバンタイトルからやりたい放題でした。下ネタやヤバい版権ネタに加えてモザイク使用とイケナイ方向にパワーアップしています。
後半は腐要素のある男泣き系のストーリーで手
>>続きを読む

SHOCK WAVEショック ウェイブ 爆弾処理班(2017年製作の映画)

3.4

徹底した勧善懲悪モノと分かりやすい死亡フラグで楽しめる娯楽作でした。「ハート・ロッカー」でお馴染みの爆弾付ベストのネタも有りますが、漢の魂も炸裂する展開に持って行く等、香港映画リスペクトに溢れています>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.3

スターリンの死から集団指導体制へ移行する際の生臭い政治闘争が分かりやすく描かれており、ソビエト政治史と全体主義というシステムの中で生きるヒドさの復習に良い内容でした。(NKVDの鬼畜描写も「カティンの>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.0

前半の展開は心理サスペンス系ですが、後半はフレンチホラーでした。
冒頭の検査場面からエロ成分多めで、どんどんエラい方向へ展開して行き、主人公のドス黒いオーラと反応してエロスとタナトスの世界に突入してい
>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.5

冒頭のテロ遭遇がなかなか強烈で、復讐を最後までを引っ張るかと思いきや意外とあっさりケリがつき拍子抜けしましたが、それを機にリクルートされてからの話が意外と良く拾いものでした。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

他人に使われ続けたチンピラが自分の足で立つまでを描く青春モノで、名前の由来等の小ネタが多く楽しめました。
ミレニアム•ファルコンの秘史には泣かされ、エピソード5でランドがソロを裏切るのも納得です。

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

先住民居留区を舞台にした田舎ホラー風のオープニングで始まりますが、西部劇魂溢れる話でした。(メキシカン•スタンドオフまでありました)
「Winter's Bone」同様に国内にある異世界を描いており、
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

4.0

表面的には一番身近な外国籍コミュニティの泣き笑いを描いていますが、日本の現代史で無視されがちなコリアタウンの成立理由や差別、帰国運動や済州島四・三事件が背景にあり、国家と家族について考えさせられる骨太>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.6

結末が分かっている実録話ですが、ダメ男の再起に絡めた男泣き映画です。
森林火災の消火という日本ではあまり馴染みがない仕事について勉強になりますが、最終手段がアレで大丈夫かという疑問に対して最悪の回答が
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

前半の主人公視点は何とか耐えたけど、後半の周囲の人物目線と行動の変化には泣かされてしまいました。
障害のある主人公が良くも悪くも普通の男子であることをちゃんと描き、全ては自分の行動の結果であることを分
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.5

ラノベのような舞台設定に主要な登場人物が全員「業」が深すぎる艶笑譚でした。
微妙な日本語とエロも加わり最後まで引っ張りますが、ラストの展開は思ったより淡白でした。(エロ方面には力が入っていました)

>|