Kaitoさんの映画レビュー・感想・評価

Kaito

Kaito

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.0

TVシリーズからの完結編としても映画としても観て良かったです。シリーズを通して「親子」を描いてきましたが、今回はとても濃くやるせないもので、前作「麒麟の翼」に続いてパパ泣かされちゃいました。
人間関係
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.2

キング原作の映画化であるもキング成分が足りなかったのは残念ですが、長い原作を一作で描くこと自体が無理なので、原作の舞台を借りたアクションものにしたのは正解と思います。
出演者も良く、ちょっと見たことが
>>続きを読む

消された女(2016年製作の映画)

3.1

物語の発端となる小道具がミスリードを誘っていることが分かるので、ツイストが弱くなったのは残念ですがテンポ良く展開するので楽しめます。
冒頭のシーンが合法となる法律が実際に施工されていたことを考えるとガ
>>続きを読む

目撃者 闇の中の瞳(2017年製作の映画)

3.0

原題の意味通りに一つの事象に隠されていることを主人公が追っていくミステリーですが、最終的には主人公の暗黒面成長ぶりが印象的なノワールものでした。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.5

前半からの過去の話の続きが長く、本当に本作品で終わるのかと観ていて不安になりましたが、見事に話を纏め、エラいものを観た満足感が得られます。
終盤の戦闘シーンは前作を凌駕する凄さで「アベンジャーズ」に「
>>続きを読む

スキン・コレクター(2017年製作の映画)

2.8

勘の良い人なら中盤までに仕掛けに気ずくと思いますが、終盤はまさかの無双展開で力技でしたがツイストが効いていました。
余韻の無い急な終わり方もジャンル映画らしくて良かったです。

黒い箱のアリス(2017年製作の映画)

2.5

少ないセリフと状況描写から観客に背景を推測させる手法は良いのだけれど、音楽もアクションも抑えめに淡々と進むので、空腹や薄着等の肉体的に辛い状況で観ないと睡魔に襲われます。
後味は悪くないです。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

ディザスタームービーとして合格点でしたが、美味しいところは女性キャラがかっさらっていきます。
突っ込み所も満載で、観終わった後も皆で楽しめます。

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

3.5

スーパーロボットものを大画面で観れ、それも過去の設定を引き継いでるという当時は小さな子供(現大きなお友達)だった身には感無量の作品でした。
水木一郎アニキのテーマソング、光子力研究所プールからの出撃等
>>続きを読む

ゲット・アライブ(2017年製作の映画)

2.5

緩い感じに話が展開するけれど、意外に多めな暴力描写、宗教ネタと結構尖ったところもあって楽しめました。

キリング・グラウンド(2016年製作の映画)

2.5

田舎ホラーの秀作で、「28週後」のお父さん同様の行動を取るパートナーと、物語の締でパートナーを見る主人公の表情がキツイ一本なので、一人で観に行って大正解でした。

アンデッド刑事(デカ) 野獣捜査線(2016年製作の映画)

1.5

目的のために組織が死なせてくれないという社畜の悪夢のようなヒデー設定の生身版「ロボコップ」でした。

ザ・ヴォイド(2016年製作の映画)

3.0

カーペンター御大の「パラダイム」を「フロム•ビヨンド」のスチュアート•ゴードン先生がリメイクしたような作品でした。
クリーチャー系ホラーを久々に大画面で観れて満足でした。

リベンジャー 処刑人(2016年製作の映画)

1.7

冒頭は良い雰囲気ですが、後半は失速してしまい残念でした。

ミッドナイト・スネーク 絡み合う毒牙(2017年製作の映画)

1.5

内容から動きが少なく残念な内容でした。頭を持ち上げる、何度も攻撃するとブラックマンバの生態が良く描けていた点は◯

ザ・バトル ネイビーシールズVSミュータント(2016年製作の映画)

1.5

SEXしたティーンから襲われていくというお約束の展開が続きますが、悪役側の設定にひと捻りを加えた結果、健常者が身体●●者に君臨して王国を築いているという、ハラハラする設定になっていました。

ホステージX(2017年製作の映画)

1.0

今年のダメダメ三本目。サスペンスでも無く、コメディでも無く、不条理劇でも無い良いとこ無しでした。

68キル(2017年製作の映画)

3.0

エロに暴力、切株とB級の手本のような内容に加え、出てくる人物(特に女性)が全員問題有り過ぎな怪作でしたが、いい歳こいた主人公が大人になることをキッチリ描いていて、侮れない一本でした。
えらいモノが写っ
>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

2.5

予告編から「48時間」や「レッド・ブル」のような普段と異なる環境下でのユーモア混じりのアクションものかと思いましたが、設定は奇抜ですが正統派ノワールでした。(往年のウォルター・ヒル映画を期待して行かな>>続きを読む

溺殺魔 セバスチャン・ドナー(2014年製作の映画)

1.0

冒頭は期待させますが、感情移入出来ないヒロインにグダグダなストーリー、冴えないモンスターと今年のダメダメ二本目でした。

ザ・タンク(2017年製作の映画)

1.0

予測の範囲内の展開、浅いキャラ描写、子供を出して涙を誘うと今年のダメダメ一本目でした。

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活(2017年製作の映画)

2.5

シリアス要素多めの内容で、後半は妖怪モノというより怪獣モノでした。
対象年齢を意識してかダークファンタジーになりきれなかった点が残念

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

前作ラストのような狂ったオチが無かったのは残念でしたが、容赦無い登場人物の退場、キレてる悪役、ジョンブル魂に溢れた殴り込みが観れたのは満足でした。

前作の人間関係やシーンを覚えていないとおいてかれて
>>続きを読む

Z Inc. ゼット・インク(2017年製作の映画)

3.0

ウィルスに感染してることを理由に、躊躇無く暴力を振るい、後悔の欠片も無い主人公とヒロインが最高な、観てお得なブラックコメディでした。

ジャッカルズ(2017年製作の映画)

2.0

序盤の雰囲気に期待させられましたが、展開やオチは予測通りで残念でした。80年代ホラーのようで、観ていて懐かしくなりました

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.5

歴代エピソードで最も話が進まず、キャラに頼った話になっていました。キャラ単体の話は良い場面も多いのですが、物語全体での統一が弱く、「ローグ•ワン」のような外伝に適した手法はメインエピソードには合わない>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017年製作の映画)

3.5

新しい対戦相手にマニアックな戦車の登場とファンには楽し過ぎる内容でしたが、キャラや背景の説明は無く、尺が短く美味しくなるところで次回へお預けとなりますのでガルパン初心者には以外と敷居が高いので注意しま>>続きを読む

エンドレス 繰り返される悪夢(2017年製作の映画)

3.0

「恋はデジャ•ブ」系の原因不明で一定の時間をループさせられる序盤から、韓国映画らしいツイストに満ちた話の展開が見事で、オチも良く拾い物でした。
ただ、女性子供に容赦無い系の映画なので、子供を持つ身には
>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.2

ニコジーの実話モノですが「フローズン・グラウンド」と異なり怪演度がMAX状態で楽し過ぎでした。「ボラット」の監督らしく権威/常識に対する尖った内容に溢れ、頭の柔らかいうちに観に行きましょう

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower(2017年製作の映画)

3.0

Fate の物語を知っていることを前提で作られているので、説明描写が省かれているので三部作の割に話の展開が早いです。
画像の美しさは素晴らしく、大画面で観る楽しさを堪能しました。

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.5

美しい日本の暗黒面を描いていて、いまどき貴重な一本でした。地方と家族の閉塞感、生臭い大人の事情に鬱展開と日本らしさが溢れていて最高です。

ありふれた悪事(2017年製作の映画)

3.0

民主化前の韓国黒歴史もの。
全体主義の世界で生きることの辛さが伝わる秀作で、観た後はタイトルの意味を考えさせられます。政治が個人の生活にどのように働くか描いていて、若い人は見た方がいいよ

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

「ワンダーウーマン」に続き、後味の良い楽しい超人ものでした。テンポ良い展開とアクションだけでなく、しっかり泣かし、上映時間もタイトで親子連れでも安心して楽しめます。(大河ドラマ化しているMARVEL系>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.5

ストップモーション・アニメとして「レゴ・ムービー」を超えるどえらい代物でした。
大人も子供も楽しめる魅力的な話とキャラクター、人が物語を語る意味という表現活動の根幹を問うテーマ、日本文化に根付いた描写
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.0

極悪犯罪物なので「冷たい熱帯魚」のような感じかと思いきや、ネジが飛んでる人しか出てこないコメディでした。昭和の実録物映画のようなトチ狂いぷりが楽し過ぎる代物で、エロ、障害者ネタと観る人は選ぶけど最高で>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.0

マンガ「神の獣」の後日談のような物語でしたが、圧倒的な力の差からくる絶望感をキッチリ描いていて好印象でした。
冒頭の止め絵で出てくる怪獣は、オジさん世代には懐かしすぎました。(ドゴラをみるとは予想外で
>>続きを読む

>|