大阪さんの映画レビュー・感想・評価

大阪

大阪

映画(54)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

5.0

村の人の視線、羞恥心のようなものだとか過剰に反応されるのも普遍的なものといえばそうだけど前半全く共感できないところが良かったですね、後半はものづくり成功物としてのカタルシスもあるし、妻子持ち故の悲恋を>>続きを読む

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.0

なんじゃこのクソ映画は……みたいな感じだったけどオカルティックな映画はこんな感じなのかもしれない

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

4.0

アメコミみたいな設定と突然の銃撃戦でなんじゃこれはと思ったけどジャッキーのコミカルアクションはいつも通りだったのでまあまあ、話の筋はよくわからん上にめちゃくちゃだったけど

夏の鳥(2018年製作の映画)

5.0

掟だとか抗争になるとヤクザ映画ぽいとしか言えない語彙力の貧困さがあるんですけど、途中から登場人物たちの行動や暴力に至るまでの思考が全く理解できなくなっていくのに引き込まれるのが面白いですね

カルメン&ロラ(2018年製作の映画)

5.0

娘がレズビアンだと知って泣きわめく母親とブチギレる父親、治療が必要だと諭す牧師とか最悪だけど最高だった

アナザー・デイ・オブ・ライフ(2018年製作の映画)

4.0

アンゴラ内戦を取材する記者のアニメと当時を振り返るインタビューとか写真とかが交互に流れるドキュメンタリーぽい映画でなかなか刺激的といえば刺激的だったけどまあまあ

相続人(2018年製作の映画)

4.0

正直これはなんの話なんや???みたいな感じになってたけど妙に引き込まれる哀愁

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

5.0

エキサイティングな不法行為の前半と、貧困、罪がシリアスさを増す後半、お金だとか家の問題が無ければ友達を続けられていたかもしれない二人とか真面目だった人間が歪んでしまったところとか悲しい

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

冗長でテンポが少し悪いので若干退屈。面白くなくはないけどテレビでやればよかったのでは?みたいなところがあり。
エンドクレジット後に映像がありますとの注意出るものの、本作とは直接関係ないスパイダーバース
>>続きを読む

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女(2018年製作の映画)

4.0

特にひねりのない話ではあるんですけどまあまあおもしろかったです

嘘はフィクサーのはじまり(2016年製作の映画)

4.0

現実と重ねてしまう場面はあるんですけどイマイチ話を理解できなかった、ホラ吹きのおじいちゃんの結末がちょっと悲しい

教誨師(2018年製作の映画)

5.0

ほぼ対話だけで話が進むので人物の背景は語りだけになるんだけど十分面白くてすごい

ファイティン!(2018年製作の映画)

5.0

マ・ドンソクがマッサージチェアでぐへへへ顔をしていたところで10000点、悪人顔ネタで600点、韓国ファミリー点で800点です

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

5.0

1987年の軍事独裁政権下での大学生の拷問死の関係者、家族の戦いとか苦しみとか。

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.0

障害を楽しく描くと嘘になるのでそのへんは不自由な題材かと思いますがよくできてました

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

5.0

ポリオで頭以外麻痺した人間の楽しい人生です。障害者も人生を楽しんでいいと演説するところで涙出てきましたけど最初の三十分くらいが冗長で途中退室も考えてました

輝ける人生(2017年製作の映画)

5.0

夫の不倫から始まって疎遠になっていた姉の家に転がり込むところから始まる年老いた人間が人生を楽しむ話で陽気で楽しい映画でした。

>|