あずみさんの映画レビュー・感想・評価

あずみ

あずみ

批評するほどの知識はないので片寄った感想ばかり。星の数は見たときのコンディションで変わるので、気にしないでください。

★5:お気に入り
★4:定期的に見たくなる・満足した
★3:また見ても良いかも・まあまあ楽しめた
★2:一回見れば良いかな
★1:もう見ない(断言)

映画(123)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

批評家は酷評したそうですが、普通に面白かったです。午後ロー放送枠でどうでしょう。

自然災害と戦う話かと思いきや、問題は自然災害を制御する衛星に謎のトラブルがあり…という感じ。人間の欲望が尽きない限り
>>続きを読む

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

2.0

ソシオパスと診断された主人公が自身と向き合い、生き辛さを感じながらも普通であるために作ったルールを守ろうとしている姿はわりと好き。

内容は予想をはるかに超えていた。なんだろう…嫌いではないのだけれど
>>続きを読む

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

3.0

全編パソコン画面で進んでいくとのことで途中だれるかな?と思っていたけれど、最後まで楽しく鑑賞できました。
ヒステリックに叫ぶ場面が多いけど、まあ実際あんなことになったら焦るだろうから仕方がない。主人公
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

物語が始まり、ヴェノムがエディに寄生するまでがちょっと長く感じたような気がする。しかも割いた尺のわりに主人公に感情移入し難いような…。(これはたぶん人それぞれ感じ方が違うと思うので、あくまで私が受けた>>続きを読む

ラスト・シフト/最期の夜勤(2014年製作の映画)

3.0

期待せずに観た割には意外と楽しめた。びっくりポイントが多めなので、飽きずに観れたというか。

ただ主人公が健気に頑張るのに、それが全然報われないのは悲しかったけど。父親の電話…あれは本当に父親だったの
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.0

北イタリアの風景と街並みがすごく綺麗。

誰かを好きになったときにふつふつと湧き上がる衝動、戸惑い、嫉妬、憂い、欲望などが繊細に描かれている。ティモシー・シャラメの美しさと演技力も相まり、一夏の思い出
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.0

盛り上がる場面があるわけではなく、どちらかというと静かに愛を育んでいく物語。
音楽も照明も華美ではなく、美しいけれど仄暗い印象。でも、それが良い。異形と社会的弱者からなる恋愛物語に、派手な演出やポップ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

マッケンナ・グレイスちゃんの可愛さ無限大。笑顔、泣き顔、怒り顔、拗ね顔、もう全部が魅力的。そして演技力の高さに驚かされます。

そして、クリス・エヴァンス。チャラい役とか正義を貫く役も良いですが、こう
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.0

男が憧れる男たちの映画。西部劇、ガンマンって時点でもう格好いいですよね。主要メンバーの恋愛シーンがあるわけでもないハードボイルドな感じがたまらない。

ラストの戦いの迫力は凄かったですね…。臨場感はも
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

数あるスパイ映画のなかでも五本の指に入る暗さを纏った作品だなと思いました。昨今はスパイ=スタイリッシュといった映画が多いけれど、これはそうしたスパイたちの影の部分がよく描かれてる。

『アトミック・ブ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.0

これは確実に映画館向けの映画。著作権やらの問題がすごく難しかっただろうし、製作に時間が掛かったろうなと思った。

仮想現実の世界がとても楽しそうでした。個人的には映画の世界に入れるのが羨ましかった。ま
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

最初はもふもふとした可愛らしいウサギにほっこりしていたのですが、マクレガーさんの登場により凶悪さが増していき、もう笑うしかなかったです。電気工作すら行うとは…賢すぎる。

ウサギ対人間こバトルってドー
>>続きを読む

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

3.0

前作のほうが好きだけど、こっちも面白い。
エイミー・アダムスがすごく可愛かった。演じている役は勝気な女性だけど、爛々と輝く目や笑顔が本当に可愛らしい。

新キャラがたくさん出てきたけど、1のキャラたち
>>続きを読む

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

4.0

10年前の映画だけど観ててワクワクするし、主人公を応援したくなる。最初は情け無い父親ですが、さすがベン・スティラー。決めるときは決めてくれます。

ラミ・マレックはこのときから気になってた俳優さん。彼
>>続きを読む

最終絶叫計画(2000年製作の映画)

3.0

映画のパロディと下ネタによって構成された映画。最高にくだらない。中身はないに等しいので、頭を空っぽにして観るが吉。

実はアンナ・ファリス、ウェイアンズ兄弟を知ったのはこの映画。ウェイアンズ兄弟のコメ
>>続きを読む

エルム街の悪夢(2010年製作の映画)

2.0

リメイク版のフレディは爬虫類顔ですね。ユーモアも少なめ。得体の知れなさはあるけれど、リメイクする必要はなかったかもなーと思わなくもない。オリジナル版の衝撃を超えられなかった感がある。

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.0

ウォーレン夫妻が出てこないから、どうなるんだろうという恐怖感が常にあった。
それにしても悪魔とは強いね…。洗礼を受けているような信徒、さらには神父(と教会)ですら立ち向かえないんだから。

友のために
>>続きを読む

X-コンタクト(2015年製作の映画)

2.0

無知なアホにもわかるようにクマムシの説明がもっと欲しかった。

見どころは格好いいお爺ちゃんと、教授が死ぬ場面。それ以外はあまり印象に残らなかったかな…。

ペントハウス(2011年製作の映画)

3.0

マイケル・ペーニャ目的で観たんだけど、普通に面白かったです。

ほぼ素人の集団による泥棒劇。泥棒としての技術よりも、長年働いていたことによる情報と運と発想で勝利を勝ち取ったという感じです。「ここが凄か
>>続きを読む

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

3.0

子どもの頃に見て記憶に残っていた映画。

永遠の美しさに執着する女性と、彼女を憎々しく思っていた女性。老化を止める霊薬を飲んだ二人は願い通り若返ったが、ひょんなことから肉体が死を迎えたために、それを維
>>続きを読む

キャビン・フィーバー(2016年製作の映画)

3.0

オリジナル版は未視聴。

良い感じに絶望感のある終わり方ですね。イーライ・ロスが関わる映画って救いが感じられないもの多い気がする。
主人公たちが誇張された凄い馬鹿な調子乗った若者という感じではなく、そ
>>続きを読む

エイリアンVS. プレデター(2004年製作の映画)

3.0

プレデターと人間の共闘シーン、良いですよね。装備まで作って頂き、最終的にはスピアを進呈される。主人公の女の人すごい。

それにしても、どのエイリアンシリーズでもタマゴから生まれて寄生されるシーンが気色
>>続きを読む

プレデターズ(2010年製作の映画)

3.0

エイドリアン・ブロディ格好良すぎ。傭兵役がこんなに似合うとは思っていなかった。

すごく単純な話なので、気楽に見られて好き。頭を使わないアクション映画って良いよね!

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

5.0

悪魔に捕らえられた幽霊がどうにかウォーレン夫妻に伝えようとし、後々伝えたかった言葉が二本のテープによって明らかになる…というのは初見時びっくりしました。これも本当にあったことなのかな?

相変わらず『
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

IWで擦り切れた心が癒されていく…(ただしエンドクレジットで現実に引き戻される)。

スコット・ラングのまわりは良い人たちばかりですよね。色々な人と喧嘩別れしているピム博士とは正反対(笑)。
スコット
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

童心を忘れた社畜に突き刺さる映画だった。生活のために仕事を優先してしまうクリストファー・ロビンの気持ちが分かってしまう。独り身の私ですらそうなんだから、世の忙しいお父さん方はもっとそうなのでは。

>>続きを読む

ニューヨークの恋人(2001年製作の映画)

4.0

ヒュー・ジャックマンは紳士で格好いいし、メグ・ライアンはちょっと草臥れた感ある女性なのに可愛い。そして、元カレと弟もいいキャラしてる。嫌いになるキャラがいないから、幸せな気持ちのまま見ていられるラブス>>続きを読む

魔法にかけられたエラ/魔法の国のプリンセス(2004年製作の映画)

3.0

アン・ハサウェイがとにかく可愛いファンタジー映画。現代の衣装も似合えば、ファンタジーな衣装も似合う。アン・ハサウェイ最強か…。

服従の魔法、というのは厄介ですね。軽いノリのお伽話だから良いけれど、そ
>>続きを読む

ベター・ウォッチ・アウト: クリスマスの侵略者(2016年製作の映画)

4.0

ホラー版ホームアローンと聞いていたので、ちょっとグロテスクな要素がある侵入者撃退系の映画かな……と思っていたら見事に裏切られました。
中盤からクレイジーサイコパス野郎が出てきて展開がどんどん胸糞になっ
>>続きを読む

ABC・オブ・デス2(2014年製作の映画)

2.0

前作に比べれば遥かに良い。というか、前作に多かった「理解できない不可解なもの」があまりないので、見ていて頭が疲れないというかストレスがないというか。ただその代わりに衝撃を受けるような、記憶に残る作品も>>続きを読む

ABC・オブ・デス(2012年製作の映画)

1.0

出だしは良かったんだけど、途中から「私は一体何を観てるんだ…?」と不思議な気持ちになりました。それぞれの監督の発想や魅せ方を知るにはいいのかも…?ビッグフット、サイクル、あと題名忘れたけどクレイアニメ>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.0

正直ね、『バットマンvsスーパーマン』が肌に合わなかったから見るか悩みました。けれど、『ワンダーウーマン』は予想より良かったし、そろそろ手を伸ばしてみようかなーと思って鑑賞。

スーパーマンの圧倒的な
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.0

相手が盲目の聴覚を頼りに殺しにかかってくる爺さんゆえに、息も吐かせぬ緊張感が漂っている。特に暗闇の地下室。すごくドキドキした。

厳重に掛けられた鍵と隠されたものを目の当たりにしたときに、爺さんがただ
>>続きを読む

ホーンテッド・サイト(2016年製作の映画)

1.0

殺人現場を繋ぎ合わせた家を作る、っていう設定は好き。家が完成すると囚われたものたちは延々と死の瞬間を繰り返すというのも。ただ、それを作る動機やラストがいまいちピンとこなかった。

謎を解き明かすために
>>続きを読む

サイレントヒル:リベレーション3D(2012年製作の映画)

2.0

前作からの落差よ。やはり製作陣が変わると微妙な仕上がりになりますね。

個人的なことを言うと、前作に比べて印象的な場面がほとんどないです。三角様がメリーゴーランド回してる姿くらい。その後のバトルもそん
>>続きを読む

サイレントヒル(2006年製作の映画)

4.0

恐怖はあまり感じないんだけど、世界観やクリーチャーの造形がとても好み。あと裏世界に変わる瞬間とかEDとか、よく作られてると思う。原作ゲームの世界観や雰囲気を壊していないと思います。

何気に印象に残
>>続きを読む

>|