ピカソさんの映画レビュー・感想・評価

ピカソ

ピカソ

映画(180)
ドラマ(16)

インセプション(2010年製作の映画)

4.0

予想以上に面白かった。ルールが難しすぎて途中まで見てから解説読んでまた最初から見直したけど、理解できてやっと面白かった。意味深な終わり方も良いし、人間の夢での心理とか潜在意識とかそうゆうのを題材にして>>続きを読む

ラブリーボーン(2009年製作の映画)

4.0

めっちゃ泣いた。
死んでからも何らかの形で生きてる世界との繋がりがあるってなんか素敵やとおもった。
理想の死後の世界。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

想像してたよりもダイレクトにグロかった。何より学校が気持ち悪かった。見終わってからずっとこの映画の嫌な感じの雰囲気が頭から離れへん。

サプライズ(2011年製作の映画)

3.5

テンポ良くて面白かった。おススメできるホラー?映画

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

すごい話やった。ほんまに彼は神に守られてるみたいに強い運を持ってると思った。
もっと多くの人にこの話を知ってもらいたい。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.0

終始シュールな感じやと思ってたのにオチは怖かった。
シリアスな話題をコメディにすることのギャップで歴史的な思想がわかりやすかった。

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

2.5

怖いってより面白かった。ラ・ヨローナ最後すっぴんになったとこで感動オチなるんかとおもったのに鏡見て発狂してて笑った

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

よく出来た映画?やった。どの選択しても結局結末は胸糞になってまう。TRUEエンドより自分的に1番好きなのはコリンの娘がNetflixでバンダースナッチをリメイクするっていうオチ。

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

3.5

短いのにすごい引き込まれた。登場人物と設定がクセ強くてすごいすき。

タイピスト!(2012年製作の映画)

4.0

話もファッションも音楽もめっちゃかわいかった。
試合のシーンはめっちゃ緊張感伝わってきて心臓バクバクしながら見てた。

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

4.0

曖昧な記憶の演出がすごい良かった。ほんまに金縛りとかの夢見てる気分になった。クレメンタインの価値観になりたい。

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.5

単純にジョーカーとバットマンの戦いの話じゃなくて、極限に達した人間の行動とか判断とかそうゆう話やったんやって見終わって思った。何が正義で何が悪なんかなんで自分次第やねんなって感じやった。

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

4.0

羊たちの沈黙に繋がる終わり方がめっちゃいい!
パッケージの写真タトゥーやと思ってなかった。

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

4.0

テンポ良くて見やすいし設定も面白かった。
SNSの匿名とか集団心理ってこわい。非現実的に感じる話やけど下手したらそのうち現実でもふつうに起こりそうや。

メメント(2000年製作の映画)

3.0

話の進み方が過去を遡ってく感じやったから主人公みたいに記憶辿ってる気持ちになった。無意味なことを繰り返す主人公に最後までイライラした。

告白(2010年製作の映画)

4.0

すごい話やった。直接手は下さないのにここまで思い込みとかトラウマで人を追い詰めることできるってゆうのが怖い。

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.5

全員狂ってる。復讐のところはグロいけどスカッとする。雪と血の白と赤が綺麗やった。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

すごいCGの世界やった。アトラクション乗ってるような感覚なった。

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

3.5

可哀想な話やった。どんどんチャラくなっていく主人公見るの面白かった。ひとりで抱え込んでたけど最後友達に理解してもらえてよかったと思った。

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.0

2人の出会いは運命やとおもった。めっちゃいい話やった。

ライフ・アフター・ベス(2014年製作の映画)

3.0

誰も悪くないのにめちゃくちゃになってみんなかわいそうな世界やった。ぶっ飛んでておもろかった。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.5

雰囲気がリアルすぎた。悲しい話と明るい雰囲気のミュージカルのギャップでまだ救われたけど最後は涙止まらんかった。