decapさんの映画レビュー・感想・評価

decap

decap

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

4.2

アーロン・ソーキン監督脚本の見事すぎる会話劇。豪華キャストも配置やテンションが絶妙で皆素晴らしい。サシャ・バロン・コーエンは賞レースを荒らす気がする。
自らの些細な不作為が不平等に結びつくやるせなさを
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.0

美化した過去に囚われることと、未来を見つめて生きること。生きていく上での「強さ」を示すテーマは一貫しつつも、自己犠牲の賛美と死への恐怖が入り混じる。
説明過多で、大画面ならではのカットがもっと欲
>>続きを読む

おもかげ(2019年製作の映画)

3.5

大きすぎる喪失と愛情という、理解できないからこそ否応なく狼狽えてしまう感情への向き合い方。
自らへの赦しを得るまでの10年間という時間の重みや三島の「真夏の死」を想起するような海描写が美しい。広角レン
>>続きを読む

パピチャ 未来へのランウェイ(2019年製作の映画)

3.8

女性だけの満ち足りた空間に土足で男が入り込むという反復が、個人の抑圧を強調するアルジェリア映画。
自由への渇望もありながら、一方でアラブ文化への愛を強く感じ、それらが信仰を利用した人に
>>続きを読む

ウルフウォーカー(2020年製作の映画)

3.8

アイルランドのアニメ会社カートゥーン・サルーンの新作。文明と自然、ケルト土着信仰とキリスト教などの対立構造を使い、線が動く喜びを目まぐるしく展開させる傑作。
匂いを視覚化して肉体から解放された「動き」
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

1.8

特別養子縁組の真っ当な意義と、その周囲の人たちの人間ドラマ。
ストーリーから若干浮いてまで差し込まれているドキュメントやテーマ自体は素晴らしいし、この手の話の「生んだ母親」へ焦点を当てることに
>>続きを読む

おらおらでひとりいぐも(2020年製作の映画)

3.5

夫に先立たれた75歳の孤独を彩る空想の声たち。冒頭の襖の奥の描写からこの映画が普通では無いことが分かるのが楽しい。
人生を俯瞰で見る喜びと切なさ、時折挟まれる棘のある本音がリアルで地味
>>続きを読む

ジオラマボーイ・パノラマガール(2020年製作の映画)

3.0

2020年を強調しながら90年代を編み込んで安易な悩みや憧れに喚く青春劇。
退屈で憂鬱な日常の象徴を「郊外の集合住宅」から「湾岸のタワーマンション」へと変えているのは面白い。でも相変わらず憧
>>続きを読む

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

4.3

よくある異能力バトルものとして存分に楽しめるし、カメラもキャラもよく動いて実に楽しい。音楽やシーンごとに参照元のアニメが思い浮かぶが、どれにも愛がある。黒い領域の出現や瓦礫演出などはA>>続きを読む

詩人の恋(2017年製作の映画)

3.3

彩りのない人生で、新しい感情に触れる喜びと戸惑いが恋に転換される危うさ。
「価値がある」ことを強いられる辛さや、自由意志を盾にケジメをつけないままにする無意味さが身に染みる。いつの時代も普遍的な「遠く
>>続きを読む

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒(2019年製作の映画)

3.1

アニメスタジオ「ライカ」の新作ストップモーションアニメ。劇場公開してくれるだけでも大感謝。
技術が凄すぎてもはや人形を使っている意味を考えてしまうほど。
三者三様にアイデンティティを見出すまでの真っ当
>>続きを読む

建築と時間と妹島和世(2020年製作の映画)

2.8

極力第三者の解説を排し、妹島和世本人の声とフリージャズ的なインプロ音源(演奏は石若駿!)が流れ続ける映像資料。
膨大な模型の数や検討の過程を視覚化して突きつけるのはわかりやすくて面白い。ただ
>>続きを読む

Mank/マンク(2020年製作の映画)

4.1

ハーマン・J・マンキウィッツが『市民ケーン』の脚本を書くまでの顛末とその意味。
ハリウッド映画が危機を迎え、メディアによる市民の分断が明確にされる2020年に、『市民ケーン』がここまで
>>続きを読む

獣の棲む家(2020年製作の映画)

2.9

戦禍のスーダンから逃げ延び、英国へ亡命した夫婦に与えられた家が実は、、、というよくできたホラー。
新地での疎外感によるストレスや不安描写も見事ながら、壁の中に当たり前に「何か」がいる描写、さらには内戦
>>続きを読む

ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-(2020年製作の映画)

3.1

白人の貧困層の病理と“正しく”生き抜くことの難しさ。まずこれが事実ということに驚き、祖母役が本人に似すぎていてグレンクローズだということに気づかなかった。
貧困による諦めや後悔を感じ、家族であっても他
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.0

女性らしい女性しか描けないジレンマや、どの時代にも通念する生きづらさを交えながら、芸術家として見たいもの、愛する者としての知りたいことに狂おしいほどに惑う恋愛劇。断ち切られるから愛おしく、取>>続きを読む

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.7

ブラジルの片田舎で繰り広げられる理不尽な事柄。権力者や侵略者による搾取といった社会的な側面を見せつつも、はっきりとしたジャンル映画なのできちんと血みどろ。
冒頭のSF感のミスリードから
>>続きを読む

ソウルメイト/七月と安生(2016年製作の映画)

3.8

広大な山々の風景も、汚い路地裏も、等しく美しく映し出すとにかく映像が美しい青春映画。
メインの役者の実在感が見事なので、ノスタルジアに溢れていながらも、ファンタジーにまで振り切らないのが美しい。特に安
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.3

理不尽な暴力と“前途有望な若い女性”を抑圧する仕組みに巻き込まれた友人のため、また自身の生きる理由として、無責任な加害者擁護へ唾を吐き、“優しい人”の行いに啖呵を切る。ここで加害性のバリエーションと、>>続きを読む

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

4.3

思いがけず早く訪れた最後の瞬間を生きる、とあるカップルの愛の物語。
共に歩んだ歳月の長さと濃密さが説明をせずとも見て取れる豊かな描写と演技の数々には溜息が出るほどに美しい。二人で過ごせる時間の終幕を意
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

2.3

『時をかける少女』以降、今度こそは、今度こそはと期待して観に行っている細田守監督作品。今回は前作への意見が相当酷かったのか、冒頭からネットやSNSでの誹謗中傷への憎悪が溢れ出す。
その後ツッコミどころ
>>続きを読む

17歳の瞳に映る世界(2020年製作の映画)

4.2

中絶のために従姉妹と共にNYへ行って帰るまでの物語。ほとんどドキュメンタリーのように描かれ、17歳の少女が他人に身を預けたり人を信じたりすることが、如何に困難なのかを見つめる。
街に溢れる人々の些細な
>>続きを読む

サイダーのように言葉が湧き上がる(2020年製作の映画)

4.5

フライングドッグ10周年記念アニメで、ひと夏の青春映画でありながら音楽愛に溢れた音楽映画。シンプルなプロットながらテンポよくキャラクターが生き生きと描かれ、今の時代の青春の風景と80年代ポップカルチャ>>続きを読む

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

3.3

子どもの純粋さをフィルターにして見るイスラエルとパレスチナ。
宗教対立以前の信仰の差を描きつつ、さらりと過去のいざこざを織り交ぜるのは丁寧だけどやっぱりファンタジー。チコの過去や心の
>>続きを読む

ミセス・ノイズィ(2019年製作の映画)

4.2

いわゆる「騒音おばさん」の事件を元にした映画、というイロモノの印象を大きく覆した傑作だった。
事柄の一面性のみにフォーカスし、勝手な判断のもと正義を振りかざす愚かさと悲しさ。社会的なテーマ性に向
>>続きを読む

ハッピー・オールド・イヤー(2019年製作の映画)

3.0

断捨離を通して過去への決別を図るが、簡単には埋まらない人間関係の溝。
所詮人間関係の整理などは自分勝手な行為であり、たとえ相手のためを思ったものであっても自意識の渦中からは逃れられない。そんな
>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

4.0

ワンダーウーマンの新作は80年代風のなんだか懐かしいテイストを残したアクション大作。
ほとんどギャグのスーパーパワーの描写や移動についての時間、チーターのビジュアルなどツッコミど
>>続きを読む

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

4.3

誰しもが過去に持つ青春という名の可能性の数々を「佐々木」に反映して見つめる普遍的な成長譚。
ふと振り返る過去と現実のギャップに打ちのめされる時と、絶望の渦中にふと未来への希望を見つける時とで徹
>>続きを読む

ザ・プロム(2020年製作の映画)

3.0

マイノリティの視点を通して人生の選び方と社会の寛容さを描いたミュージカルの映画化。
常々「プロム」がない文化で育ってよかったと思ってたけど、ここまでトラウマの象徴として扱われているのを見
>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

4.6

ピクサーが生と死とこの世界の本質に触れるドン・ハーツフェルトのような哲学をやってのけた。
ありのままの世界の美しさと「ジャズる」ことでそこへの関わりを持つことの多幸感がなんとも素晴らしい。
アニメーシ
>>続きを読む

ソング・トゥ・ソング(2017年製作の映画)

2.7

自由と束縛の合間を彷徨う恋愛の曖昧さをそのまま映像化したような散文詩。
贅沢な俳優陣を自然光の下で撮ったルベツキの撮影は相変わらず美しすぎるが、カットの細かさの割に鈍重な展開で正直退屈。物
>>続きを読む

ミッドナイト・スカイ(2020年製作の映画)

3.2

荒廃した地球に残された観測所と、それに帰還する宇宙船のみが舞台の、多くを説明せず静かに進む正統派SF。
宇宙と地球それぞれの孤独が逆転したような世界観は面白いし、無重力下での負傷シーンは描写が新しくて
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

3.8

もう恋愛映画の名手というには名作の数が多すぎる今泉力弥監督作。
自分勝手でも相手のことを考えすぎて自己嫌悪になっても、相手を想いやることを前提に人間関係ができたり崩れたりする姿が、人を「好き」になるこ
>>続きを読む

ミークス・カットオフ(2010年製作の映画)

4.3

ケリー・ライカート監督による西部劇の解体と現代的な再構築。終始行われる右から左への移動を丁寧すぎるほどに描写し、どこからかどこかへ向かうだけの話。
その中で“部外者”によるリーダーシップへの違和感や嫌
>>続きを読む

アイヌモシリ(2020年製作の映画)

3.8

アイヌであるというアイデンティティを元に少年が自身の立ち位置を探す物語。
観光として消費される「アイヌであること」と、子どもたちが議論する「アイヌであることを敢えて示す必要のない自由」についてが対比さ
>>続きを読む

すずしい木陰(2019年製作の映画)

3.9

映画館で観なければ意味のない映画というのは確かにあるけれど、これほどのものは観たことがない。
夏の木陰で女性がハンモックに寝ている姿だけが流れる90分。しかもカメラはフィックス。
>>続きを読む

>|