ぴぎぽんさんの映画レビュー・感想・評価

ぴぎぽん

ぴぎぽん

年間300本を目標にNetflix/dTV/TSUTAYAディスカス/アマプラでいろいろ観ています!
ベストムービーは順不同!過去に観たものはスコア無しで投稿します!
自分流で拙いレビューですが、お手柔らかによろしくお願いします(・∀・) 学生/女/関西

映画(807)
ドラマ(37)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

フレディが遂に蘇った
思わず絶叫したくなる
なんでここ映画館なの!ウェンブリーで絶叫しながら頭ぶん回したい!と本気で思った
毛穴全開、止まらない手汗、後頭部が座席シートにのめり込む様な感覚、完全に圧倒
>>続きを読む

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

4.7

罪のない人に何度も降りかかる理不尽で残酷な出来事をコミカルに描く
すごく皮肉で嫌味で、笑っていられない
チャップリンの社会への痛烈な批判や訴えを十二分に感じられます
しかし主題は、それでも屈せずひたむ
>>続きを読む

映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ(2018年製作の映画)

-

初代から全シリーズ網羅してる現役大きなお友達なので、1人だけど劇場行くしかなかった(引かないで)
サントラや作画が凝ってるのでなんかやられた時の圧倒的絶望感がより一層強い
全体的に、最近のプリキュア映
>>続きを読む

100歳の華麗なる冒険(2013年製作の映画)

3.4

能天気おじいちゃんの大騒動巻き込み系わちゃわちゃコメディ
ブレーメンの音楽隊みたいにだんだん仲間(共犯者)が増えていくのがおもしろかった
でももうちょっとコンパクトにドンドン話進めてほしかったかなぁ
>>続きを読む

ラブ&マーシー 終わらないメロディー(2014年製作の映画)

3.5

曲さえ聞ければ、ミュージシャンの私生活さほど興味ないなぁと思いながら観た
前半がなぜかすっごく退屈だったけど、天才の狂気と苦悩というテーマや視覚表現が面白かった
あとレコーディング風景が好きだった
>>続きを読む

フォックスキャッチャー(2014年製作の映画)

3.7

“鳥類学者 収集家 博愛主義者”
クレイジーでつかみどころのない危険な人物で最初は「やっば」「なんなのこの人」としか感じないんだけど、
あまりにゆっくりじっくり丁寧にデュポンという人を描いていくので、
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.3

挫折してからの、ずっとどっか体調崩してそうなトムハーディが最高
やっぱ正義のヒーローというより、ちょっとヨゴレくらいを最高にクールに演じる人だな
映画としてはふっつう〜でした!
アクションもCGが多す
>>続きを読む

ゼロの未来(2013年製作の映画)

3.6

でたよギリアムのヘンチクリン映画!でもたまに観たくなるしクセになる
「ゼロ」とは、哲学、混沌、想像、宇宙、生きる意味〜〜てな感じで一筋縄でいくわけないよね。訳わかんねえ。
『虚無』って恐ろしい?それと
>>続きを読む

モーターサイクル・ダイアリーズ(2003年製作の映画)

3.7

「文明を捨てたい」といって出た旅で、ゴリゴリの文明に触れカルチャーショックに感化され、最終的に革命家となったゲバラの「偉業ではない」物語

灰とダイヤモンド(1957年製作の映画)

4.0

午前10時の映画祭にて
なんかかっこいい題名くらいの気持ちで行ったけど、月並みですが儚くも美しい傑作。きっとこういうのを傑作っていうんだ。
花火、詩、ゴミ溜め、、ドラマティックで鮮烈。こびりついてる。
>>続きを読む

シャイン(1995年製作の映画)

4.0

精神障害が後天的なものであるだけに、こうならなければいけなかった?防ぐことができたかも、と考えてしまう。
でも最後のセリフ “それでも人生は続いていく 途中で捨てないで生きていく”
つまりそういうこと
>>続きを読む

街の灯(1931年製作の映画)

4.8

昔からマイオールタイムベストな作品
今回はなんとスクリーンで鑑賞しました 滅多にない機会!幸せを噛み締めながら観てた
なんか、チャップリンってかっこいいんすよ!!!
ちゃらんぽらんのかっこ悪い姿で、さ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.7

ワンシチュエーションスリラー好きなので満足
セリフがない!とにかく音がない!映画館じゃないと楽しめない映画

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

3.2

頭悪いゾンビコメディが観たい!と思い立って鑑賞。
こういうタイミングにはもってこいの頭の悪さで憎めない作品!
最後何も解決せず唐突に終わってびっくりしたけど
「ホビットかよ」はだいぶ草生えた

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.1

ワンワンがかわいい映画
いい話だけど、イッヌが死ぬのを3回も4回も見せられるとかどこの地獄だよ…考えただけでも心臓がギュルギュルなるのに…
トレーラーであらすじ言いすぎた感がすごい
わかってたけど私ひ
>>続きを読む

欲望のバージニア(2012年製作の映画)

3.8

役者が最高すぎる トムハ、ゲイリーオールドマン、ガイピアース、ジェシカチャスティン、、、強い!
デハーンもヒョロヒョロのザコい役がさすが上手い
寡黙な役のトムハにあのセクシーボイスでボソッと気だるげに
>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

2.9

60年代UKなサントラがミスマッチでおもしろかった ファレルと打って変わって大人向けな選曲。
内容としては・・・。ミニオンはともかく人間たちのキャラがいまいちですべってるところもあるように感じた まあ
>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

3.9

ロードムービーでもバディものでも裁判ものでも実話歴史ものでもあるいろいろな側面を持つ映画
今も持ち主の元に返されていないものが大量にあるという胸が痛む現状で映画は幕を閉じる
マリアが最後に思い出に浸る
>>続きを読む

マイ・ファニー・レディ(2014年製作の映画)

3.7

まったく期待していなかったのですが、割と作り込まれた設定と、シモすぎないほどよいギャグ、豪華俳優陣の力みのない演技が楽しかった
のほほんとクスクスできる時に観たい良きコメディ
相関図ややこしい系、世間
>>続きを読む

キスから始まるものがたり(2018年製作の映画)

3.0

うわ〜少女マンガ 感情移入できず!
最後5秒で解決してつらい。じゃあなんで今まであんなに揉めてん。
こういうタイプの青春映画、クソが…ってなる陰キャです
弟ウザいけどかわいい性格してんなぁ

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.1

いわゆるタイムスリップじゃなくて自分だけが若返るパターン 珍しい!
内容はありがちな普通〜の話でした
クソオタクの親友は最高に好き

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.2

薬!タバコ!バイオレンス!「俺は男のための映画を作ってるんだぜ」って思ってそうという勝手なイメージがあるタランティーノ。
そういうとこがあまり好きではなかったんですが、この映画はそんなものを越えてきた
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.7

スコットもキャシーもルイスもアリンコもか わ い い
デップーと被っちゃって物足りなく感じた
ミシェルファイファーの役最後の方だいぶいい加減じゃなかった…?🤔🤔🤔

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

3.8

まじめな社会派っぽいイメージがあったけど、とても暖かい話
愛のこもった嘘をつき続ける主人公、でも最後の母親の嘘も愛でしかなかったな
演出が凝ってて良き
この監督どう考えてもキューブリックのファンだろ!

クラークス(1994年製作の映画)

3.7

“今日は休みだったのに!”
おまるのフタをあげられない男の、なんて日だ!な一日
モノクロでかなり映像の荒いワンシチュエーション会話劇、、めちゃめちゃ尖ってんな!という感じだけど、ちゃらんぽらんな男が一
>>続きを読む

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

3.4

人と違う生き方をして何が悪いのか
ドナルドの好きなように生きる感じすごく好き 決して楽でも自由でもないんだろうけど。
キャンプとか船とか釣りとかいいなぁ〜
そしてあんなベレー帽を被れるおばあちゃんにな
>>続きを読む

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

3.9

アウシュヴィッツやゲットーは地の果てなんかじゃなく、あんな壁一枚隔てた向こうにはパンや花が売られていて誰もが自由に家族と暮らしてる。
あと何週間か生き延びたら自由なのに次々人は死んでいく。
自由はすぐ
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.8

14年待ちにまった続編。みんなが元気に家族しててよかった
前作が好きだったので、今作もうちょっと盛り上がってくれてもよかったのに〜!とは思った
でも登場人物みんな最高特にエドナモード
14年越しのテレ
>>続きを読む

空飛ぶペンギン(2011年製作の映画)

3.3

夢みたいな話。
私でも書けそうな脚本ではあるけど、最近こういう映画って必要だよなと思う。
ちょっと毎日に疲れた時にジムキャリーの世界に浸りたくなる時ってあるし、そんな時にはオススメの映画かな〜
能天気
>>続きを読む

>|