ぴぎぽんさんの映画レビュー・感想・評価

ぴぎぽん

ぴぎぽん

年間300本を目標にNetflix/dTV/TSUTAYAディスカスでいろいろ観ています!
ベストムービーは順不同!過去に観たものはスコア無しで投稿します!
自分流で拙いレビューですが、気軽にフォローよろしくお願いします(・∀・) 学生/女/関西

映画(756)
ドラマ(29)

サウンド・オブ・ノイズ(2010年製作の映画)

3.3

いろいろと謎
変な映画でおもしろいと思うけど好きではなかった!

アーティスト(2011年製作の映画)

3.6

物語は悪く言えばありがち。よく言えばサイレント映画らしい古き良き王道のお話。
イッヌかしこいしかわいい

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.5

演技がすげえ
前半のおぞましくショッキングで胸糞悪いのにどうしてか目が釘付けになってしまうまさに“魅了された”という感覚に興奮した。
でもラストは案外そんなものかという感じで拍子抜けしたし、すげえ映画
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.2

泣きながら笑うファミリー映画()
ほんとデップーめちゃくちゃで最高!知ってたけど!
「片目のウィリー」とかコアすぎる小ネタが最高な、レディプレに負けない小ネタお祭り映画ですね
目の前の一人の子どもを救
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.6

デヴィッド・フィンチャー苦手な割にはまだ楽しめた方
大作だし嫌いじゃないけど個人的に衝撃はなかった

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.1

CMBYNを観た後どうしても観たくなった。2回目の鑑賞です!
こんなに愛しあっているのに二人は繋がれない。
別世界のような大自然と素朴なアコースティックギターが、彼らの自然で人間的でナチュラルな愛を描
>>続きを読む

8 Mile(2002年製作の映画)

3.0

薄い話じゃないのはわかるけど、得意じゃなかった!

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

3.3

終わった後のこの、喉になにかが詰まっているような感情。
嫌いだけどこれが正解なんだと思う。
飲み込めるわけないし、咳込んで出るわけもない。

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.6

淡々と話が進むサクセスストーリーですが妙に引き込まれる。
Facebookやってないし創設者に全く興味なかったけど、謎にじわじわと心が惹かれていった。
実話なだけあってリアリティがある人間関係。切ない
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.7

2回目の鑑賞
ダグジョーンズの✋👄🤚←こいつとパンが恐ろしい美しい素晴らしい
「現実世界」が「幻想世界」を引き立てる。
そして「幻想世界」が「現実世界」の悲惨な状況を浮き彫りにさせる。対比。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

いつも隣り合わせにある「才能」と「孤独」
どうしようもなく物悲しい、哀愁ただよう作品。
劇場を出て、公園のベンチで落ち葉と一緒に風に当たりたくなる、そんな映画。
才能に満ち溢れた天才はこの世界に疲弊し
>>続きを読む

ステップ・シスターズ(2017年製作の映画)

3.6

ほぼほぼ「ピッチ・パーフェクト」
ステッピング(ていうんですかね?)は楽しかったけど、他は可もなく不可もない予想通りの話でした。
でも私はそれを期待してたので良し!
テーマとして人種差別…というよりも
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

至高のエンターテイメント
これぞ映画!ていう夢の世界をいつも見せてくれるスピルバーグらしい作品でした
大好きな「シャイニング」の気合いの入りまくったオマージュにテンションがぶち上がった
オタクであれば
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.9

有名すぎて観るタイミング逃してたパターン。初見です!
いや全然おもしろかったけど、観る前の期待値って大事だなって思った。
マインドファック的で、さぞショッキングな映画なんだろうなと楽しみにしてたけど、
>>続きを読む

ルージュの手紙(2017年製作の映画)

3.2

「ロシュフォールの恋人たち」の同時上映で鑑賞しました
良作だけど苦手
どうがんばっても寝ちゃう

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.7

19日間ラドクリフが川に流されたりデコに虫が湧いたりしながらも必死に生き延びる正統派の遭難系サバイバル映画でした…が。。。
エンドロールのテロップでさらっと衝撃的事実を告白されてゾゾォ…ってさぶいぼが
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.8

これはおっかない問題作ですね
ヒトラーを生み出したのは国民である。ってこれを作るドイツ人すげえよ…
最初はみんな彼を笑ってた。
でもいつからか彼と一緒に笑うことになる。
そして最後の最後でガス室の存在
>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

4.3

最高にイカす映画だ!!!
登場人物の多さや、それぞれが複雑に交わっていくタイプのストーリー展開で最初は混乱しましたが、話を進めると不思議とすんなり内容が入ってくるし、先が気になってまさに目が離せない
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.2

テクノロジーで失ったもの、得たもの。承認欲求のかたまり。何事もやりすぎは良くない。って言う話。のはずなのに、コレジャナイ感!
興味深いテーマなのに、後半ブッレブレのグッダグダでやる気あんの?!と思った
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

やばい。132分間完全に恋をしてた。
世界一の幸せ者に思えたり、決断に自信が持てなくなったり。初恋の不安定な心の揺れを細かく的確に描く。
何度も思い出して胸が締め付けられます。
私も一緒に失恋したから
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

やべえ
1つの映画でここまで観客をどん底に突き落とす事ができるとは思ってもみなかった。やはりかけてきたお金と時間とキャラへの愛着が他の映画と並じゃないので恐ろしすぎるラストで心空っぽ。
生まれ変わる宇
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.3

セオリー・オブ・エブリシング
宇宙の起源。戻ることのない時間。人生とは。生きる意味とは。すべての答えを、一つの方程式で全てを証明するようにシンプルに抵抗なく感じ取った。解が見えた。
過去には戻れない
>>続きを読む

アポロ13(1995年製作の映画)

3.3

ほぼ宇宙船と管制センターのやり取りだけで淡々と話が進むので、飽きてきてあまり集中できなかった
スリリングというよりも、次々と重なるトラブルに冷静に対処する様子をとてもリアルに、とても丁寧に描いた作品
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.9

2回目の鑑賞です!
名作と呼ばれる理由に納得。
古臭さを全く感じない、こんなにも愛らしい映画だなんて!
キュートな2人にうっとりしました。
そしてヘップバーンのウエストが細すぎる!笑

ファクトリー・ウーマン(2010年製作の映画)

3.8

ほぼサリー・ホーキンスの為だけに再生ボタン押しましたが、なかなか骨太な良作でした
男女同一賃金を訴えて女性達が立ち上がりストライキを起こすというストーリー。
もう少し伝えるところをしっかりしてほしかっ
>>続きを読む

トラッシュ!-この街が輝く日まで-(2014年製作の映画)

3.4

中盤までは中だるみもなく目が離せない展開で夢中になって観てたけど、いまいち期待はずれな終わり方に一気にテンション下がったし物足りない
あ〜なんだそんなことかって感じ
サスペンスでなく、ハラハラを楽しむ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.7

メアリーが素敵すぎる!これだけで見る価値ある。
「天才」っていうのは物語のほんのきっかけで中身は割と普通なので、ドラマとしてというよりもコメディとして楽しんだ方がいいかも
わたしいろいろと訳あって良い
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.7

私的には少し「激震」とは違ったけど、ミス・サローンがかっこよすぎ。でもかっこよくて強いだけじゃないのがまた良い!

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.1

ダンスは女がやるものかもしれないけど、好きだから続ける!
ビリーのこの「やりたいからやる」という素直で固い意志が、毎日を生きることに必死で夢を見ることも遊ぶことも忘れた大人たちの目を覚ましてくれる
>>続きを読む

メアリー&マックス(2008年製作の映画)

3.9

超大人向けクレイアニメ。
愛情に満ちた温かい人間味あふれる映画。でもその反面、容赦なく突きつけられるリアリティーに大人は泣かされます
お互いを傷つけ合ったし、何回も間違えた、完璧じゃないし、やり直した
>>続きを読む

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

3.5

「14歳の一夏の青春」と聞いて想像する話をそのまま映画にした様な感じ
特別悪くもないし特別良くもない!
この映画にしかない物はなかったかな…
きっとすぐ忘れる
ロードムービーが好きな人だったら可もなく
>>続きを読む

プロデューサーズ(1968年製作の映画)

4.0

リメイク版はクセの強い曲とお笑いが盛りだくさんでお腹いっぱいだけど、本作はどちらも控えめでまだ人に勧めやすい感じのちょうど良さ!
最後までやかましいリメイク版も好きだし、大人しめでありながらもジーンワ
>>続きを読む

>|