スパイシーカレーさんの映画レビュー・感想・評価

スパイシーカレー

スパイシーカレー

漠然と見ない為と頭の整理の為にできるだけコメントを付けてアウトプットするつもりです。

映画(93)
ドラマ(0)

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.6

河の中からタトゥー入れるシーンが飛びぬけて意味わからなくて好きです

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

4.3

恋愛映画の破局で名前が変だから別れたって理由初めて見た

サーミの血(2016年製作の映画)

4.1

悪意無く「あなた達の脳は文明に適応できない」と言えてしまう社会の恐ろしさ。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.1

ノルウェイジャンフォレストキャットって可愛いですよね。

海は燃えている イタリア最南端の小さな島(2016年製作の映画)

3.3

ラジオで悲惨なニュースを聞きながら慎ましい日常生活を続ける島民と、内戦に追われ沈みそうな船にすし詰めにされ生死の境を切り抜けて避難してきた難民。
文化や人種の違いだけではなくその対比から生まれる摩擦こ
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.7

硬質でマニアックなSF描写を多用しながら、愛が世界を救うというもの凄く俗なテーマを貫き通したところが素晴らしい。

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

2.9

全体が淡々とした描写で進むからこそ手術シーンで医師が見せた気遣いが引き立つのかもしれませんが、ドナー両親が提供を決断した過程くらいは描写しても良かったのでは。

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

3.7

YouTube動画投稿から家族和解、映画撮影までの流れが挫折した若い天才を再度売り込む為のプロモーションにしか見えませんでした。ダンスは素晴らしいと思います。

小さな悪の華(1970年製作の映画)

2.6

閉鎖的な価値観を歪に成長させて反抗期を拗らせてしまった少女二人の話。

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

3.3

映画や思想が若者を動かす力を持っていた時代、特別でありたいと奇抜なことを繰り返す双子。
社会に閉塞感や先行きの不安があったのは判りますが幼稚過ぎて共感はできませんでした。

戦火の馬(2011年製作の映画)

2.5

戦地を転々とし色々な人と接する馬の話。主人公が馬なのでそれらの経験から何か教訓を得たり失ったりするわけでは無い。個々の人間の話も面白くない。
馬の躍動感は良かったと思います。

ポリーナ、私を踊る(2016年製作の映画)

3.4

踊りはバレエでは無いですが、クラシック音楽で元風景の雪景色の中踊るシーンは死者を送っている様で印象に残りました。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.3

冒頭の大海原から始まり荒波や吹雪、夕焼けなど心情とリンクする景勝地マンチェスターの海景が美しい。
少しでも他者を受け入れ痛みを共有できる様になった主人公は晴天とはいかなくとも凪いだ心を持つ希望くらいは
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.1

会話劇ですが壊れかけて取り繕ってる家族の会話内容が本当につまらなくて退屈。ただ退屈な会話劇の先にあるラストのそれぞれの心情がとても面白い。
兄の妻が終始癇癪を起こす兄の理解者であり、一歩引いた観客とし
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.3

話がわかりやすくテンポが良いです。
人種差別を扱った映画としても技術者の苦闘を扱った映画としても話の重厚さは無く軽いと思いました。

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.7

男の方が終始可哀想な自分に酔っていて凄く気持ち悪かったです。
ラストのルーヴル美術館でのマネの絵画前でのやりとりは絵画の題名を含めとても印象的でした。

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.3

羊の群れが地雷原でどんどん爆死して肉片飛び散ってるシーン、凄くシュールでした。

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.4

ラヴクラフト的な無脊椎生物の気色悪さと緑の色彩の妖しい美しさ。雰囲気は好きです。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.5

恵まれた者の義務について真剣に考え結婚時に話し合う養父母の夫婦関係は素敵ですね。
幼年期の作りは良かったですが青年期の浅い恋愛描写や兄弟間の葛藤にあまり魅力を感じませんでした。

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.9

登場人物の掘り下げが浅く魅力を感じませんでした。黒い肌の色を際立たせる映像は綺麗だったと思います。

>|