DShunsukeさんの映画レビュー・感想・評価

DShunsuke

DShunsuke

映画館で観るのも好きだけど、wowow録画してゆっくり観るのも好き

映画(120)
ドラマ(0)

シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX(2018年製作の映画)

3.8

シャークネードを見たあと、6まであるけどどうしよう。。。と思いながら結局全部見てしまった。
B級映画でここまでシリーズ化されたらさぞ楽しいだろう。
このラストチェーンソーはバックトゥザフューチャーもび
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

ジョーカー!
時代が作った悪のカリスマ。
貧困層のヒーローになっていく。ジョーカーは病気だから?母親に裏切られたから?
いたたまれない気持ちになりながら、"普通"な自分に幸せを感じる。


ただ見終わ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

設定が設定だけに言いたい事はある。
ただ、緊迫感が伝わってきて結構楽しめた。この家族は手話が出来たからここまで生き延びられたのかな。

それにしても釘は痛すぎる。
一度踏んだら直しておこう。

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.5

ジョーカーを見たいと思って改めてダークナイトを鑑賞。
ジョーカーのことを知ろうと思って見たけど、バッドマンてなんだろう。
続けてダークナイトライジングもみたけど見れば見るほど崇高な想いが伝わってくる。
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.5

一度見始めたけど、胸糞悪くなって二度目のチャレンジ。
見れば見るほど苦しくなってくる。
今香港で起きてることと状況がかなり違うけど、つながるところも結構あると感じる。
時代が時代とはいえ、こんな結末が
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.5

ブラピもデカプリオも好きだし、その場その場のシーンは面白いところたくさんあった。だけど見終わった後、なんとなくの消化不良。
タランティーノは好みじゃないのかなと思ったけど、9作品中8作品見てるし、好き
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.5

1970年代のアメリカの出来事。
テニス界では今もセリーナが男女差別を訴えていて、「それは差別ちゃうやろ」って思ってたけど、こういった歴史があって感じるところがあるのかな。

日本だと今でもこんなこと
>>続きを読む

シャークネード(2013年製作の映画)

3.5

wowowでやってたので暇つぶしに鑑賞。
サメのB級映画は今まで何本か見たけど、たまに見ると楽しいね。
サメがトルネードに乗って空から降ってくる発想はなかなかです。
さて、シリーズ6本あるけど、この後
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.2

あんまり予備知識なく気軽に見ていて、ジャンキーが立ち直る映画かと思っていたら結末で愕然!
実話をベースにしてた事も忘れていたので、見終わったあと、しばらく放心状態で、いろんな感想も吹っ飛んじゃいました
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.0

何とも切ない映画。
まさかの判決から決意するが、1度目は、小さな命を奪うことへの罪悪感から思いとどまり、2度目は自分が生きていることへの罪悪感から決行。

途中、容疑者の父親からの話で少し心が落ち着い
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

ダニーオーシャンの妹、デビーオーシャンから始まり、オープニングシーンや、元彼の関わりとかオーシャンズ11を意識したストーリー展開。
メンバーのキャラの濃さとかも、オーシャンズ11と比較しちゃうと、いま
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.8

ゲティ・オイルやジャン・ポール・ゲティなどどれも実在していて、実話を基にした映画。

息子を誘拐されて身代金を要求されるんだけど、犯人側ではなくケチなジャン・ポール・ゲティとの交渉に入っていく。
おみ
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.3

とにかく変なじいさんとばあさん。特にばあさんは素っ裸でガリガリしたり、半ケツで追い回したり、不気味の極み!

前半はちょっとだれ気味の内容だったけど、偽物とわかってからはようやくホラーっぽくなってきた
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.8

寄生獣っぽい、という事前情報があったので驚きはなかったけど、なるほど!って感じだった。
まさしく寄生獣みたいに楽しく見れた。

ただ、なぜヴェノムが寝返ったのかはよくわからなかった。

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

今まで日本の映画でここまで踏み込んだのはあまり見たことなかったので、そこは素直にすごいと思ったし、映画としては見てよかったなと思う。

ただ、映画の批評というより、今の政治や報道に対する意見になってし
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.5

前作の続編って感じ。
ミステリー要素もたいしたことなかったので、ストーリーとしてはこんなもんかな。

ただ、無双の強さは相変わらず!
ドキドキ感というより、どんな殺し方?みたいな所に興味がいく。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.3

ホームカミングと、アベンジャーズシリーズで、着実に大人にになりつつあった。
それがトニースタークが死に、次のアイアンマン へのプレッシャーから親愛なる隣人に戻ってしまったスパイダーマン。

改めてちゃ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.8

元は普通の人間。何度失敗しても立ち上がる強さを知り覚醒!

それにしても強いね、グース!
じゃなくてヴァース。
(グースも強い!)

まさに無双状態。
元は人間なんだから地球にいればいいのにと思いなが
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.8

もう一度エンドゲーム見たくなった。

それにしても相変わらず、ロキはクソな感じがあっていい味出てる。そんなロキがインフィニティウォーでは。。。

もう一度、アイアンマン から順番に見たくなる気持ちもあ
>>続きを読む

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.5

2度目の鑑賞。過去に戻って若いKか出てくる記憶はあったけど、それ以外はほとんど覚えてなかった。

うーん、一応見た記録として。

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

大泉洋が大泉洋を演じてる感じ。素のままでカッコよくすると、こんな感じなのかな。

一番最初の時に依頼人は小雪かなって思ったけど、一旦裏切られた。
でもやっぱり小雪は悪女にはならないんだね。やな奴になる
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.8

エンドゲームから立ち戻っての鑑賞。
エンドゲームを見ずに最初からみていたらなんとも思わなかったけど、振り返ってみると、色々面白い。
いつも変わらず卑屈で卑怯なロキと強いけどどこか抜けてて学習しないソー
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.8

デンゼル・ワシントンの
デンゼル・ワシントンによる
デンゼル・ワシントンのための映画。
元CIAのエージェントであるスーパーの店員が、正義感のために殺しまくる映画!

ちょっと強すぎるけど、デンゼルワ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

相変わらずのトムクルーズのアクション。
マジか!って場面もがけっこうあり、結末もバッドエンドにならない安心感があり、安定の楽しさです。
トムクルーズ歳いくつだよ(笑)

ただ、旧作は見てるけど、そんな
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.2

疲れた。
こういったBGMのない映画、面白いとどんどん引き込まれるけど、内容が内容なだけに、本当に疲れる。
特にパトリックの言葉はグサグサ突き刺さってきた。

最後にパトリックとの距離が縮まり、ほんの
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

単発の映画ならそれなりに楽しめるんだけど、スターウォーズのスピンオフなので、

なぜ最後にダースモール?
キーラはその後どうした?
タトゥーインに行ったのはわかったけど、その前に密輸失敗?
と疑問点が
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

アイアンマンやアベンジャーズ、マーベルの映画なんてなんて子供が観るもの。
そんな観点から今までこのシリーズは一度も映画館で見ていません。

それがインフィニティウォーから急に盛り上がってきて、ついに公
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

ゲーリーオールドマンと知らなかったら全くわからない特殊メイクはすごいですが、ドキュメンタリーではなく映画なんで、面影残した方がと思ったのは私だけでしょうか。
イギリス人ほど顔の印象が強くないからそう思
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

マーベル、こういった映画は単純に最後にヒーローが勝つ、という安心感で見るんだけど、サノスの圧倒的強さからくるこの絶望感。
それでも、最後はソーが何とかするのかと思ったけど、その期待は裏切られました。
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.3

背景は色々あるけど、目新しさをほとんど感じない映画でした。ブルーも前作から何度も裏切られてるんだからいい加減信用しないと思うんだけどなー。
前作は意外と好きだったけど、同じ映画見てる感じです。
次回も
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

罪悪感からなのか、犯人を捕まえる為ならなんでもやってしまう母親。
「怒りは怒りを呼ぶ」(だったかな)という言葉が響いていたかどうかはわからないですが、マザコン警官との最後の絡みは安心しました。
全編で
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

実話をベースとした映画。
最後のシーンは実話、本人が出演していると感じながら見ていると、とても緊張感がありました。
監督がクリントイーストウッドなんで、深い意味がありそうですが、自分にはよくわかりませ
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.5

邦画は年に数本しか見ないけど、主役級の俳優が何人も出ていて、それぞれの演技が抜群で見応えありました。
松山ケンイチがちょっと地味だったかな。

素性の知れない人をどこまで信用できるのか。少しの疑念から
>>続きを読む

ワイルド・チェンジ(1989年製作の映画)

3.8

LEAN ON ME.
原題にこそ大切な意味が含まれていると感じました。
モーガンフリーマンのエネルギーと、傍若無人なやり方が目に付きますが、以前から変わらない、生徒一人ひとりに向き合う姿勢こそが大切
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.5

ダニエラ・ヴェガさん
トランスジェンダーの歌手のようですね。

トランスジェンダー差別を扱ってるんだと思いますが、旦那、父親の性的な思考を隠す為に必要以上に差別していたんだろうなと思います。

最近の
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

ズパイダーマン、アニメが断然いい。
音楽の乗りとスピード感が素晴らしい。

流石にペニーパーカーとかペニーポーカーとか出てきた時はちょっと違和感あったけど、物語、メッセージとか、そんな事はまーいいかっ
>>続きを読む

>|