でぱすちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

でぱすちゃん

でぱすちゃん

映画(63)
ドラマ(0)

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

地上波で見たけどボロ泣きしすぎて家で見てよかった
人生をやめない限りずっと続いていくんだなぁと日常を後押ししてくれるような映画だった

ひろしま(1953年製作の映画)

5.0

映画を見て月並みに怖いという感想となんとも言えない気持ちがあって、私には学がないので安易には言葉にだせない 今が平和だから感謝して生きろ、というのは合ってるけどなんか違くて、口をつぐんでいてはいけない>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

3.5

音楽がとてもいい
表現とかは昔な感じだな〜と思ったけど、名作と言われるのはわかる
主人公がかわいい

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.4

1よりはちょっとウ~ンという感じだったけど、その代わり親子の関係に泣いてしまった
ストーリーがちゃんとあって主人公が成長していく様子がとてもいい
主人公のジェシカローテさん、かわいくてきれいでスタイル
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

3.7

学校の授業でみたんだけど、ハゲとバカにしてる先生をコソコソ悪口言いながら見てたという罪悪感を同時に覚える
内容はしんどいしラストつらくなる 精神的にキツイときにはおすすめしません

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

5.0

ホラーというよりびっくり系
おもったより内容がしっかりしてて最後まで飽きずにハラハラしながら見れた
バリエーションやシチュエーションがバラエティに富んでててとてもよかった

インシディアス(2010年製作の映画)

4.0

びっくりホラー王道だと思う
途中ゴーストバスターズかと思った
中盤まではちょっと長いなーと思ったけど中盤からラストは面白くてよかった 幽霊めっちゃドーンと出てくるのは海外ならではだな〜〜
ラストもとて
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.1

最後に詰め込みすぎた出来過ぎハリウッド感以外はかなり好き
途中の勘違いデブスへのみんなの態度が辛すぎて泣ける 想像できるラストだったけどやはりグッときた

ムカデ人間(2009年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

食糞は想像してキチィ
手術シーンが痛い
さいごのほうのムカデ対決は胸熱
警察の無能さ

ホラー映画で初めて気持ち悪くなったけど、ウンコで気持ち悪くなるとは思わなかった
映画全体としては長いし中だるみが
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

2.3

ひたすらかわいいけど動きがなんかヌルヌルなのがずっと気になってた

ディセント(2005年製作の映画)

4.0

サバイバル系アクションにホラー要素を入れたってかんじ
最後はアメリカ版と日本版は違うらしいけど私的にかなりスッキリしてて好きなかんじ
それにしても報われなさよ〜〜!

フリークス(怪物團/神の子ら)(1932年製作の映画)

4.3

スカッと映画 白黒なので二組の男女の違いがわからなくて混乱した
みんなが迫ってくるシーンは不気味でとても良い味だしてるし綺麗にまとまってる良映画

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

2.8

思ったよりグロシーンは少なくてヌルヌルローション芸に笑ってしまう でんでんの説教が心にしみて辛くなる…

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.1

悲鳴で耳がしばらくキンキンするの以外は嫌いじゃないな
晩餐シーンはレザーフェイスがおめかししてるのがかわいい あれはお化粧してるの?
体力おばけ鬼ごっことレザーフェイスの登場シーンの地味さ、好きです。

ソウ(2004年製作の映画)

5.0

何回見ても本当によく作り込まれている映画
展開がどんどん繰り広げられるのがたまらなく好きだし、直接的にグロ描写はないのに本当に痛そうで俳優って本当にすごい
これで終わって欲しかったな…
2作目以降は…
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

4.1

聞き馴染みのある曲ばかりで見てて楽しめる
ママと娘の歌がちょっとグッと来ちゃうな

かもめ食堂(2005年製作の映画)

4.4

この映画を観ると焼きたてふわふわシナモンロールがすっっっっごく食べたくなるからシナモンロールを用意して見よう

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

5.0

ハラハラ感がたまらなく好き 思わず息を潜めてしまうほど
それに加えて気持ち悪さサイコパスもエッセンスされててサイコー!

サイレントヒル(2006年製作の映画)

3.8

何回も見てるけどやっぱり警官の人がかわいそう
三角様のカリスマ性にほれてしまう

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.4

解説みるまでまじで犯人分からなかった 看板が最大のネタバレだった

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

2.2

ベネディクトの顔の長さを実感
マントちゃん様で全部もってかれるしまどマギだし君の銀の庭だった

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

2.5

ピカチュウどんどん愛おしくなった でもゲンガーが気持ち悪くて許さない

セブン(1995年製作の映画)

3.0

ちょっと期待度が高かったのと予想できてしまったラスト
いやでもあれは仕方ない結末かな 人間だからね
相性が悪い二人が相棒になっていくのはかわいかった

>|