そりっどあいぼりー

そりっどあいぼりー

静かなる復讐(2016年製作の映画)

-

冒頭ワンカットでの後部座席目線からのカーチェイスシーンを観てこれは当たりだな、と確信。
序盤のカメラは主人公に寄り添う視点が多いため、彼の揺れ動く心情を追っていく静かな話なのかと思いきや、途中
>>続きを読む

フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白(2003年製作の映画)

-

エロール・モリスはマイケル・ムーアと並ぶ現代アメリカで特に影響力のあるドキュメンタリー作家と言われているのに、日本でちゃんとした媒体で観れる彼のドキュメンタリーはこのアカデミー賞受賞作、フォッグ・オブ>>続きを読む

空のハシゴ(2016年製作の映画)

-

ツァイグオチャンの花火製作に関するドキュメンタリー。面白かったです。Netflixオリジナルのドキュメンタリーは本当に良質なものがあってこれからの作品も楽しみ。

イントゥ・ザ・インフェルノ -マグマの世界-(2016年製作の映画)

5.0

ただの火山やマグマを撮影したドキュメンタリーと侮るとダメだ。監督はあのヴェルナー・ヘルツォークだから。そんな映画だから、普通の火山の映像ではないことは観る前から分かっていたが、これほどまでとんでもない>>続きを読む

グリズリーマン(2005年製作の映画)

-

グリズリーが好きすぎるために、法律を冒してまでグリズリーのそばに居続けた男が、最後に食われて死ぬことでグリズリーと文字通り一体化していくというドキュメンタリー。いつ食われるか分からないくらい目と鼻の先>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

5.0

これまで観たカンフー映画の中でも特に好きな映画なるかもしれない。一方で、この映画が完璧だというつもりは全くない。一応メインとなるストーリーが2つあるのだが、それぞれがほとんど無関係なので、映画の途中で>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

-

ガンフーは最高で、これが前作よりもたくさんあったのは良かった。ジョナサンは敵と対面した瞬間からヘッドショットするまでが驚くほど速いし、たぶんコール・オブ・デューティとかやらせたら相当上手いと思う。でも>>続きを読む

ヘッド・ショット(2016年製作の映画)

-

ツッコミどころは確かに多いけど、結構面白かった。敵のキャラが濃いアクション映画はたいてい面白いものです。The raidとは監督が違うけど、イコ・ウワイス主演の映画はアクションのカメラワークが上手い。>>続きを読む

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁(2016年製作の映画)

-

モリアーティ教授との滝壺での戦いを斬新な設定で再解釈したライベンバッハ・ヒーローなどはかなり面白かったのに、シーズン3から残念な回が多い傾向になっている。サブプロットの作りがメインプロットとあまり関連>>続きを読む

ブレイブハート(1995年製作の映画)

5.0

これを機に10年ぶりくらいに観たけど、やっぱり最高の映画だな...メルギブソン監督の映画の中でも最高傑作だし、史実系のヒーローが主役の映画の中でも最高傑作だ。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

-

戦闘が始まるまでの前半部がとにかく面白かった。フルメタルジャケットばりのいびりを通じて、主人公の頑迷とまで言える信仰心を非常に人間的にあぶり出すところも素晴らしいが、なによりも戦争によって精神を崩壊さ>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

-

コーマック・マッカーシーの小説のような映画で、非常にアメリカ文学的だった。

インヒアレント・ヴァイス(2014年製作の映画)

-

PTAの映画はほとんど好きなのだが、この映画は、そうだ。でも、まあ好きだ。ザマスターが好きだったら、そして自分はめちゃめちゃ好きだし、そういう人はこれも好きだと思います。ビックリボウスキで、ロンググッ>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

宇宙船では重力の方向が違うというアイデアは良かったし、表意文字だから発音は関係ないなどの細かい設定は面白い。でも言語を用いた意識変容については、例えば最近では虐殺器官とかあるし、宇宙人の造形はタコ火星>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

5.0

ヨンドゥがあまりにも強すぎる。凡百の兵隊など全く相手にならず、口笛を吹きながら散歩するだけで全員を倒してしまう。ワイルドさ、強さ、情の厚さ、全てを兼ね備えた男の中の男。癖の強い"クソ"ガーディアンズに>>続きを読む

ウォークラフト(2016年製作の映画)

-

硬派なSFを撮ってきたあのダンカン・ジョーンズ監督がこんなありきたりのファンタジー作品を撮るとは、何か他の映画とは違う仕掛けがあるんだろうなと思ってたけど、観てみると確かにある。まず、人間とオークのダ>>続きを読む

カンフー・ジャングル(2014年製作の映画)

-

最近のドニー・イェン映画の中ではかなり良作。この映画で特に熱いのは、ワンスアポンアタイムインチャイナ/天地大乱でドニーが魅せた華麗な棒術を再びしっかりと観ることが出来ることだ。構図や繰り出す技から観て>>続きを読む

ドラゴン危機一発'97(1997年製作の映画)

-

ドニー・イェンが若いのでパンチとキックがすごくはやい。コマ送りでないと何をやっているのか良く分からないぐらい。今の彼に通じる技も何個か見れる。

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

5.0

これまでのバットマン映画の中でもトップクラスに面白い。映画全体をみれば、ダークナイトなどと比較しても負けるどころか、明らかにしっかりとしたストーリー構成になっている。レゴだからこそ出来るメタ視点の導入>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

-

我々人間が人生の無意味さに対してどう生きればよいのか、というテーマを宇宙遭難に落とし込んで描いた奇妙だが魅力的な映画だった。ただどう生きれば良いのか、という答えがかなり邪悪に聞こえることも確かだ。この>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

5.0

立ち姿がとにかくカッコいいコングに対峙するトカゲ、タコなどの化け物軍団。それにベトナム戦争を戦った米軍が加勢して怪獣大トーナメントバトルに発展するという思い出しただけでも幸せな映画だった。ナパームの香>>続きを読む

導火線 FLASH POINT(2007年製作の映画)

5.0

星を5億個つけたい、いや5億兆個つけたい。最高か。アクション映画としてもドニー・イェン映画としても抜群か。

タイム・トラベラーズ(1964年製作の映画)

-

異様なシーンが連発するとんでもなく変な映画だが、設定自体はかなり捻られていてそこいらのSF小説では太刀打ちできないような素晴らしいものになっているのがすごい。ネタバレになるので書かないが、最後10分間>>続きを読む

>|