desum17さんの映画レビュー・感想・評価

desum17

desum17

映画(76)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

映画デリシャスパーティ♡プリキュア 夢みる♡お子さまランチ!(2022年製作の映画)

3.5

やや退屈になる場面もあったが、最後のラッシュはとても良かった。できれば本編でも3体(3人?)は人間の姿になってほしいのだが……。

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.5

前半はなかなか退屈だったが、後半はまあまあ良かったと思う。敵キャラの使い回しはやはり退屈に感じる一つの要素な気もする。よほど魅力があるなら別だが、あまり個人的にロキの魅力は感じられていない。

という
>>続きを読む

バクテン!!(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

テレビアニメは終始眩し過ぎるほど爽やかで最高のスポーツアニメだったので非常に期待していた。

気になった点は2点。1つめは思ったよりインターハイがメインじゃなかったこと。CMでなんとなく察せたところで
>>続きを読む

ゆるキャン△(2022年製作の映画)

4.0

アニメの雰囲気そのままに、目新しい展開を用意してきており、飽きない構成でとても満足した。
日常系アニメはいくつかあれど、大人になった主人公たちをここまでガッツリ描いた作品はあまり記憶にない。その大人に
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.8

初見。キャプテン・アメリカの童貞加減にはメチャクチャ親近感を感じた。面白さ的にはアイアンマン1と同等。
ドイツ人はこの映画をどうみるのか、結構気になった。時代背景的に仕方ないけど、結構普通に当時の米国
>>続きを読む

映画 ふたりはプリキュア Splash Star チクタク危機一髪!(2006年製作の映画)

2.0

日向咲のキャラ改悪が甚だしく感じた。キャラクターが、仲違いをするものの最終的には仲直りをさせるという脚本の犠牲を受けている印象。
変身シーンのアレンジ、最後のEDは良かっただけに少し残念。

劇場版IDOL舞SHOW(2022年製作の映画)

1.5

アニメ(ほぼ3D)と映画のハイブリッド構成という、なかなか映画館で見ることはないような気がする構成。

実写の方は特に文句はない。強いて言うならX-UCはどう考えても声優を覚えられないのでもうちょっと
>>続きを読む

からかい上手の高木さん(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

3期が意外と面白かったので、あまり期待はせずに映画も見ようと思ったが想像していたより面白かった。高木(本作品)が好きな人は絶対満足すると思うし、僕みたいなそこまで好きというわけではない人間でもそれなり>>続きを読む

映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!(2015年製作の映画)

3.3

ただの3本立てではなく、Pixar風のアニメ、通常のアニメ、ED映像で使われているフル3DCGアニメと視覚的に色々なアニメを見れたのは中々ない経験だったので楽しめた。特に3DCGのクオリティは異常。>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

5.0

前作の要素を取り入れたり、前作との対比が明確になっていたり、とにかく前作あってこそという作品で素晴らしかった。時代の移り変わりでアクションにも没入感が生まれ、見ていてドキドキしたしハラハラした。
正直
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

前半は中々退屈だったが、それは後半にすごい畳み掛けをしてくる布石なので、どんなに前半で面白く無いと感じていても最後まで見ることをオススメする。
前半で出てきた要素を後半で全て回収するという、理想的なオ
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.0

後半30分くらいからそれぞれのキャラは何をしたいのか本当に理解できなくてイマイチ楽しめなかった。自分の見方が悪いのかもしれないが……。戦闘シーンもちょっとお粗末に感じた。

ただ、ソーはやはりかっこい
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.0

昔の作品だから仕方ないような気もするが、アクションシーンがわかりづらく没入しづらかった。
内容的にはやや退屈に感じた。それ必要あったのか?と感じる展開もあり、個人的にはそこまで。続編に期待。

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.5

マーベル作品はまだアイアンマンしか見てないのでアレだが、マーベル作品というよりはめちゃくちゃ質の良いB級映画という印象を受けた。想像していたよりは面白かった。
本当にどうでも良いことだが、何故ハルクに
>>続きを読む

逆転裁判(2011年製作の映画)

1.5

だいぶ前に見たので記憶は曖昧だが、凄い残念に思った記憶が強い。思えばこの映画から実写化映画を見ていないので、よっぽど酷かったのかもしれない。

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.5

スタークの視点だったり、今回の敵になる視点だったり、視点がコロコロ変わっててやや見づらかったと思う。

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

4.5

かなり面白い映画だと思うが、ヒトラーが死んでからの展開はすごい長く感じて退屈だった記憶。

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

聖歌隊に音楽を教えて画期的な歌を歌って地域での活動をしていたところが個人的に1番面白いと感じていて、かつこの作品のピークだったように感じた。

ミュージカル映画という感じでノリは最高だった。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

高校生の時に映画館で見たあと、オンボロスマホの充電が切れるまで考察サイトを見てたくらいには面白いと感じていた。今見て面白いと思えるかは疑問。

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

1.5

途中まではかなり真剣に見ていて「一体この映画はどう終わるんだ…!?」と期待しながら見てたら、急にヤバいクソアニメになって爆笑してた。爆笑分で+0.5。

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ(2016年製作の映画)

4.0

上映当時超久しぶりのポケモン映画だったが、感動しすぎてなんか泣きそうになった記憶がある。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

4.5

本編同様単話完結でサクッと見れたのも嬉しかったし、かなりオシャレな話でヴァイオレットエヴァーガーデンの話の中でもトップクラスに好き。

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

4.5

周りの人間がめちゃくちゃ泣いていて、あまり作品に没頭できなかったので1人で見ることをオススメする。というくらいには感動的なストーリーだったとは思う。
内容的にはややぶっ飛んでるところがあったのが少し気
>>続きを読む

涼宮ハルヒの消失(2010年製作の映画)

4.5

長門有希ちゃんの消失を衝動的に買うくらいには好きだった。

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.8

ここ最近アニメ映画しか観てなかったのでたまには実写も見るかと思っての1作目。ヒーローになる過程が面白かったのと、主人公がカッコよかったので楽しめた。

映画 五等分の花嫁(2022年製作の映画)

2.8

この辺りは原作でもあまり面白いと感じられず、そんな感じを持ったまま映画を見たが特に感想は変わらなかった。

謎のハゲと謎の幼なじみは映画で見てもよくわからなかった。

冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Fine(フィーネ)(2019年製作の映画)

4.0

アニメ本編はあまり好きじゃなかったが、映画は逆にかなり良かったと感じた。加藤恵を描くのは当たり前だが、澤村もちゃんと書いてたのは好印象。

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない(2019年製作の映画)

4.5

各キャラの登板回がどれも魅力的だったアニメの、勝負をかけたような劇場版。テレビアニメが面白いと感じたら、映画も同様かそれ以上の面白さを感じられるはず。
逆を言えばテレビアニメが刺さらなかったら、別にこ
>>続きを読む

Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆(2019年製作の映画)

3.5

エミリアとパックの過去の補完。それ以上でもそれ以下でもなかったと思う。

>|