まーしーさんの映画レビュー・感想・評価

まーしー

まーしー

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

素敵な映画でした。


宇宙飛行士を題材にしたもので、宇宙に行くまでをこれほどまで丁寧に描いたものはないと思います。
ましてそこには娘と母としての沢山のドラマがあります。
エヴァグリーンが母として宇宙
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.8

最近ヴィランとなるまでの過程を描いた作品が面白い。
ヴェノムにジョーカーと。

やはり魅力があるし、そこに至るまでの苦悩や根底から湧き上がる世の中への憎悪、もがきがよくわかる。

今作はファッション、
>>続きを読む

ひとくず(2019年製作の映画)

3.9

これはブルースです。
しかも昭和ブルース。


親から虐待を受けながら生きてきたものはうまく愛情を表現出来ず、ねじ曲がった感情しか表現できない。
そこにかすかな光を見つけ、光を大きくするため愛情を注ぎ
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

主人公の心情を丁寧に描いています。

バンドマンにとって耳が聞こえなくなる事、もうそれは致命的な事。
聴覚を取り戻そうと必死にもがいて、耳が聞こえない自分をなかなか受け得れられない。
それと同時に依存
>>続きを読む

ウィズアウト・リモース(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

安定のトムクライシー。

次はレインボーシックスへと繋がっていくんでしょうね。

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

「10年前に出会いたかった」
本当はもう出会っているんです。
出会っているからそのセリフがとても切なかった。

元の世界に戻るのではなかったが、結果ハッピーエンドでよかった。
失った後でそのものの大き
>>続きを読む

まったく同じ3人の他人/同じ遺伝子の3人の他人(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

奇跡でハッピーな出来事かと思いきや、それはとてつもなく悍ましく倫理に反した研究者たちの身勝手な実験に巻き込まれた人達の物語。

こういった組織、又それを暴く人たち、それを映画にし世に知らしめてくれる人
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.9

常に張り詰め緊張した糸が画面いっぱいに広がります。
幕末明治という時代に翻弄し続けた志士たち。
それぞれが背負ったものを降ろせずにいる者たち。

アクションとストーリーと絵が相まってとても美しい。

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

4.1

これだけメッセージの強い題材のものを、どちらかというとエンタメ性のあるタイムループの手法に乗っけてくるセンス。
映画の幅を感じる。

私というパズル(2020年製作の映画)

4.1

シャイアラブーフ、、、大人になったね。
ヴァネッサ.カービーは綺麗だし相変わらずの上手さ。
役者の熱演でグイグイ引っ張る。
痛いほど感情がわかるだけに観ていても辛い。
夫婦や親子関係もどんどんぎくしゃ
>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

3.8

それぞれのキャラが生きていて、最近のコナンはアクションに頼るところが多かったけど推理や犯罪に至る過程や動機も納得のいくところ。
しかししかしそれを犯人の言い分であって、納得のいくところにあらず、FBI
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.8

ハッピーデスデイの監督作品との事で観賞。

王道ホラーの体をなしつつ、コメディ要素を含み、サクサクと小気味良く物語は進んでいきます。
多少のグロさはあるけど嫌悪感を覚えるほどでもなく敢えて言えばそのシ
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.8

ドキュメンタリーに近いタッチで描かれている今作品。
リアリティーがあるのも最もで、本当にバンに乗って旅をしている人達が出演しているとの事。

リーマンショックの影響を受けて、職と住む所を失った人のアメ
>>続きを読む

トムとジェリー(2021年製作の映画)

3.6

音楽といい話のテンポといいよくできた作品。
家族で安心して観られます。

藁にもすがる獣たち(2020年製作の映画)

3.9

とてもよく出来ているクライムサスペンスエンターテイメント群像劇。

「大金を手にしたら誰も信じるな」

VUITTONのバッグにはいった封帯をしたままの大金。
その大金をめぐり一癖も二癖もある登場人物
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

3.8

久々の映画館でのディズニー作品。
もう映画館ではディズニーは観られないのかと思っていたので、得をした感じ。

最近はアグレッシブなヒロイン像が多いディズニー。
今作もそれにもれず、また世界観をがっちり
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.0



月曜初日公開なら仕事休みなので当然観に行きますわ
エヴァ。
館内野郎達のシンクロ率1000%

序(2007) ふんふん。
破(2009) ほ〜そうきましたか!!
Q(2012) え〜〜〜〜
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.9

「人間讃歌」
観終わった後に、しっくりくる言葉は私にはこれでした。
娑婆に出た元ヤクザがどう生きていくかが描かれています。
生きにくい社会で、隅っこに追いやられた人間がどう適応し順応していけるのか、し
>>続きを読む

ペンギンが教えてくれたこと(2020年製作の映画)

3.7

心と体に傷を負った母親と家族の再生の物語。

エンドロールの写真は恐らく父親のものであろうと思われる。
物語の全てがそれに集約されている。

時の面影(2021年製作の映画)

3.8

テレビ画面で観るには勿体ない程美しい作品。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.7

ポップカルチャーに共通点を見出し趣味が合う二人。
そりゃ、押井守が同じ店に居ればびっくりするでしょうね。
趣味が合い話が合い意気投合、恋愛期間はそれでいいでしょうね。
しかししかし、結婚となると別物。
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.9

昭和から令和へと系譜されていくヤクザの世界を描いた作品。

ヤクザ映画という任侠ものとは一線を画した今のヤクザ映画としてうまく映し出されている。
勢力を増していた時代から暴対法、反社会的と言われ始めた
>>続きを読む

ニューヨーク 親切なロシア料理店(2019年製作の映画)

3.8

予告の感じからして、軽めをイメージしていたが、なかなかシリアスでやや重め。
夫からの暴力から逃れるため希望を求め子を連れニューヨークへ。
厳しい街ではあるが、心優しい人の手を借り精一杯生きていく。
>>続きを読む

ハスラーズ(2019年製作の映画)

3.4

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはすそのもの。

>|