Dickさんの映画レビュー・感想・評価

Dick

Dick

映画(289)
ドラマ(0)

静かな雨(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.02.23

❶相性:やや不良。

➋監督・共同脚本の中川龍太郎は28歳、主演の行助役の仲野太賀と、こよみ役の衛藤美彩は共に25歳。若いスタッフとキャストが、記憶喪失をテーマに作り
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.03.04

❶相性:不良。

➋監督・脚本は、1986年NY生れの若き才人、アリ・アスター。

➌長編初監督作品である前作の『ヘレディタリー/継承(2018)』は、『ローズマリー
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.04.16

❶相性:消化良好。

➋日本でもお馴染みだった、アメリカの人気TV映画シリーズ『チャーリーズ・エンジェル(1976-1981)』の3作目となる映画化。解説によると、リ
>>続きを読む

娘は戦場で生まれた(2019年製作の映画)

4.0

1. 初版2020.03.20

❶相性:良好。

➋未だ解決をみない未曽有の戦地シリアのアレッポ(注1)にあって、2012年から陥落となる2016年までの実態を、若き母親ワアドの目を通して描かれたド
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼(2020年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.04.10

❶相性:不良。

➋2018年11月に公開されたパート1も駄目だったが、パート2の本作は、輪をかけて、劣るとも勝らぬ出来栄えだった。
①パート1で主人公カップルを演じ
>>続きを読む

PMC ザ・バンカー(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

❶相性:消化良好。

➋2024年の近未来が舞台。

➌韓国と北朝鮮の軍事境界線の地下要塞から、あろうことか、北朝鮮最高指導者を拉致してアメリカに連れ出すとの発想がユニークで楽しめる。

❹ただ主人公
>>続きを読む

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

2.5

●何者かの招待によって集められた6人の男女が、様々な死の罠が仕掛けられた密室「エスケープ・ルーム」で、協力してパズルや暗号を解き、脱出を目指すサバイバル・サスペンス・ホラー。
❶相性:やや不良。
➋『
>>続きを読む

ソン・ランの響き(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.03.29

❶相性:良好。愛の力作に感動した。

➋ベトナム映画について:
①20年にも及ぶ過酷なベトナム戦争(1955-1975)を体験したベトナムは、映画の世界でも、様々な出
>>続きを読む

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ(2018年製作の映画)

2.5

1. 初版2020.03.29

❶相性:消化不良。

➋映画には、途中から画面サイズが変わったり、黒白がカラーに変わったり、同じモノクロでも、黒白から赤や青に変わったり等々、色んなバリエーションがあ
>>続きを読む

フェイクプラスティックプラネット(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.03.29

●プロデューサー・脚本・監督の三役を務めた宗野賢一が、数年かけて貯金した300万円を予算にした完全自主制作映画。

❶相性:やや不良。

➋冒頭に、「世の中には説明の
>>続きを読む

山の焚火(1985年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.04.14

❶相性:消化不良。
➋1985 年に発表され、 ロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)を獲得した本作が、35年の歳月を経て、デジタルリマスターで日本公開となった。
>>続きを読む

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.03.20

❶相性:良好。

➋ミステリータッチの物語に、冒頭から引き込まれる。
①フィンランドはヘルシンキで、長年美術商を営んできた主人公のオラヴィ(ヘイッキ・ノウシアイネン、
>>続きを読む

恋恋豆花(2018年製作の映画)

3.0

1. 初版2020.04.14

❶相性:やや不良。
➋日常生活に倦怠感を感じている女子大生・奈央(モトーラ世理奈)は、父・博一(利重剛)の勧めで、博一の三度目の妻になる予定の綾(大島葉子)と二人きり
>>続きを読む

新卒ポモドーロ(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.04.14

❶相性:極めて良好。今年の日本映画で2本目の100点満点。

➋就活のイロハが分かる。
①急成長しているベンチャー企業・アイセンスで、優秀な営業成績を上げている主人
>>続きを読む

ひとくず(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.04.14

❶相性:やや不良。

➋児童虐待をテーマにしたメッセージ性のある重要な作品ではある。
①小学生らしき少女が一人、ゴミが散乱している部屋の片隅で震えている。電気もガスも
>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.03.23

❶相性:不良。

➋描かれた物語に納得出来ない。

➌現役医師・知念実希人の原作は未読だが、あらすじには論理的な矛盾がないので、じっくり読めば面白いのではないかと思う
>>続きを読む

ハルカの陶(2019年製作の映画)

2.5

1. 初版2020.01.02

❶相性:やや消化不良。

➋日本映画で陶芸をテーマにした作品は多くはない。
①代表的のものは、次の3本くらいか?
ⓐ『HAZAN(2003)』、
ⓑ『火火(ひび)(2
>>続きを読む

イタリアは呼んでいる(2014年製作の映画)

5.0

初版2015.05.27

●英国の人気コメディ俳優スティーヴ・クーガン(49)とロブ・ブライドン(49)の2人が、イタリアのグルメを取材することになり、イタリア半島を5泊6日で南下する。イギリスを追
>>続きを読む

午前0時、キスしに来てよ(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます


1. 初版2020.01.04

●2020年の最初に観た映画。幸先が良い(笑)。
❶相性:良好。
➋人気コミックの実写映画化だが、予想外の嬉しい拾い物。
➌国民的スーパースター・綾瀬楓(24歳)(
>>続きを読む

ゴールデン・ジョブ(2018年製作の映画)

2.0

1. 初版2020.03.23

❶マッチング:やや消化不良。
➋ハンガリー、モンテネグロ、日本等にロケして、金をかけているのはよく分かる。でも出来の良し悪しは別問題である。
➌脚本と演出に乗れない。
>>続きを読む

Red(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.03.20

❶相性:良好。

➋プロローグとエピローグが特別の意味を持っている。
★印は、本作で描かれた事実の範囲内での解釈であるが、他の解釈もあると思う。

➌プロローグ。
>>続きを読む

幸福路のチー(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.01.07

❶マッチング:消化良好。

➋本作は監督・脚本を務めたソン・シンインの半自伝的な内容になっているそうである。

➌公式サイトによると、ソン・シンインの経歴は、以下の通
>>続きを読む

春を告げる町(2019年製作の映画)

3.0

1. 初版2020.04.16

❶相性:良好。

➋福島原発事故から6年たった被害地、福島県双葉郡広野町を舞台にした大変意義のあるドキュメンタリー。
①当地は、2011年3月の東日本大震災で、3つの
>>続きを読む

ダンサー そして私たちは踊った(2019年製作の映画)

3.0

❶1979年スウェーデンで生まれたジョージア系のスウェーデン人、レヴァン・アキンが、監督・脚本・編集を務め、ジョージアの国立舞踏団を舞台に、ジョージアの若きダンサーたちが織り成すドラマを描いたドラマ。>>続きを読む

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.04.16

❶相性:良好。

➋「復讐」をテーマにした映画には、内外&新旧を問わず、心に響く名作・傑作が多い。
①それは、次の2つの理由により、観客の心が掴みやすいのだと思う。
>>続きを読む

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

【初版2013/07】
▲昨年4月公開されたキム・ギドクの3年ぶりの新作ドキュメンタリー『アリラン』を観て、彼のひび割れた足や、活気のない表情等の変貌ぶりに驚いた。彼は2008年の「悲夢(ヒム)」を最
>>続きを読む

ブレス(2007年製作の映画)

3.0

【2008/07/30名古屋ゴールド劇場で鑑賞】
【初版2008/08】
●死刑囚を市民との交流を描いた作品には昨年7月公開の『私たちの幸せな時間(06韓) ★★★★』があった。
●広い世の中にはこん
>>続きを読む

うつせみ(2004年製作の映画)

4.0

【2006/06/02名古屋市ミリオン座で鑑賞】
【初版2006/06】
●これはまことなのか?夢なのか?幻なのか? 何れとも取れるギドク・ワールドは健在だ。
●原題の「空き家」、英題の「3番アイアン
>>続きを読む

受取人不明(2001年製作の映画)

4.0

【韓流シネマフェスティバル2005で鑑賞】
●1970年代の韓国の米軍基地の町。朝鮮戦争の傷跡を背負っている人々は基地や米軍兵士に対する反感が大きいが、基地なしでは暮していけない構造になってしまってい
>>続きを読む

コースト・ガード(2001年製作の映画)

4.0

【韓流シネマフェスティバル2005で鑑賞】
●見応えある骨太作品。
●「過去は流れて行った」が劇中(チャン・ドンゴン)とエンディング(ぺク・ヒョンジン)の2度字幕付で流れるがジーンと感涙を刺激する。『
>>続きを読む

サマリア(2004年製作の映画)

4.0

【初版2005/05】
●本作は色んな見方があるだろうが、小生は「少女売春をめぐる贖罪の物語」と捉えた。父親の一人として刑事である父の行動は理解出来る。でも娘の行動は容認出来ない。聖女バスミルダの役割
>>続きを読む

悪い男(2001年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

【初版2004/05】
(1)中学中退の異色監督&脚本家、キム・ギドクの本邦デビュー作『魚と寝る女(99)』(01/10CS公開)は異色の映画だったが、本作も異色だ。
(2)ヤクザ(チョ・ジェヒョン)
>>続きを読む

人間の時間(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.04.16

❶相性:消化不良。

➋キム・ギドクの監督作品は36歳の処女作の『鰐~ワニ~(1996)』から58歳の本作まで、日本で劇場公開された19作の全てを観ている(下記❿を参
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.03.20

❶相性:良好。

➋まず何よりも一番に言いたい:「レネー、おめでとう!、よく頑張ったね、偉いよ、立派だよ」。
①今年のアカデミー賞(2/9)で一番嬉しかったのは、レネ
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1. 初版2020.03.21

●余命わずかの天才ボクサーと、ヤクザから逃げてきた少女が出会い、やがて裏社会で巻き起こった壮絶な抗争の渦に呑み込まれていく一夜の物語。
『戦場のメリークリスマス(19
>>続きを読む

みぽりん(2019年製作の映画)

1.0

❶相性:最悪。全く波長が合わない。現時点で本年マイ・ワースト。

➋これは個人的相性が良くないということであり、小生には全く合わなかったが、反対の観客も多い筈である。

➌声優地下アイドルの主人公が、
>>続きを読む

>|