maoさんの映画レビュー・感想・評価

mao

mao

映画(88)
ドラマ(0)

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.8

自分に自信を持つって、難しいけど
それが1番人を輝かせる重要な要素なんだと思った。
高飛車になって反省するのも若干よくある展開だけど、美女との対比も明確で、誰が見てもわかりやすく、単純に元気がでる。
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.6

絵が綺麗だったー
やっぱりディズニーはワクワクするなぁ。
曲もよかった!
いろんな愛が詰まってた

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.5

それぞれの目指す音楽
それぞれの悩み、コンプレックスが描かれ方はそれぞれだけどにじみ出ていて、一緒に辛かったり、応援したりできた。
最後は、ほーーうってなった。
本も読みたい
音楽が美しいので映画館で
>>続きを読む

モンスターズ・ユニバーシティ(2013年製作の映画)

3.4

サリーとマイクの出会い
マイクの前向きポジティブなとこが
よい。

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.5

受験前見たなぁ
ひたむきな努力かっこええなーーーーー

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.8

脳死は人の死というテーマ
出てくる人それぞれの気持ちが痛いほどわかるし
共感できちゃうからこそ
見ている側もなかなかしんどいとおもう

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.7

飛行機の機内で大号泣
アニメあんまり見ないけど
割と戦争ネタしっかりショッキングだし
そこからひたむきに頑張ろうとするとこ
子供を失う親の辛さにまた泣ける

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

3.2

アニメーションのアリスとはまた違う感じの世界観。色彩の毒々しい感じも嫌いじゃない。むしろ好きかも

悪の教典(2012年製作の映画)

2.8

高校の時に怖いものみたさで
みんなで見たけど
グロくてほぼ記憶から抹消

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.0

アリエッティが可愛かった
世界観がミニチュアってだけでかわいい
キャストの声の落ち着き半端ない

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

3.5

何度も観てるけど
ついついみちゃう。
ありえないファンタジー感と
でももしかしたら、閉館したミュージアムは
こんなことになってるのかもっていうちょっぴりの期待、妄想広がる

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

3.4

ミュージカルアニーをちょっぴり変えて
現代版。
キャストの歌もそれぞれ当たってる歌でいい。
アニーの声が好き
最後はやっぱりハッピーになれる
高校のときすごい好きやった

モテキ(2011年製作の映画)

3.0

中学生の時試写会で当たって
何だこれって思ったけど
大きくなってみたら笑えた

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.6

オーシャンズシリーズは11が一番シンプルで
おもしろい

バーレスク(2010年製作の映画)

4.0

女の(私の)理想というか
憧れの生き方
キャスト、曲、ダンスとどれもよき
女が頑張る映画は勇気と活力がもらえる
サントラもいい

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.4

ただ戦ってドーンっていう映画でない
タイトルイメージとのギャップ
予想以上におもしろかった

E.T.(1982年製作の映画)

3.3

この時代にこの映像はすごい、、、
SFだけどただのファンタジーでなく
なんかリアルなのもいい

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.7

環境問題、人間のエゴ
作品のテーマが深い
ナウシカみたいに生きるって
ほんまに難しいのだろう、、、

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.7

恋愛なしのディズニープリンセス
頑張ろうって思える映画

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.5

オーランドブルームかっけえええ
でも
ジョニーデップがかっこいいだけじゃなくて
ユーモアもあって好き

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

3.7

舞台みると映画がみたくなって、
映画見ると舞台がみたくなる。
希望と元気と良い音楽

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

3.6

最後にみんなで学校を守るバリアを作るところで
感動。
いろんな人が死んでしまうけど、希望に満ちて終わる

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

3.3

久々みるとやっぱりおもしろいし
何も考えんでも見てれる
でも考えさせられる

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

3.2

テーマは分霊箱。
3人で冒険していく
話は複雑だけど
関係性とかはクリアでシンプルになった気がする

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

3.4

恋愛つよめな回かなぁ
ダンブルドアに泣かされる
これからどうなる?!
と気になって終わる

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.5

最後に全部わかるからスッキリする
ドキドキもする。
今の若手俳優勢揃いの豪華さ

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

3.6

ラスト泣ける。
ハラハラドキドキほっこりの世界観すき

>|