なかうーさんの映画レビュー・感想・評価

なかうー

なかうー

映画から人生を学んでる(つもり)。
最近映画観るペース遅くなってるけど、映画熱は冷めてません。

映画(460)
ドラマ(3)

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.9

ライアン・ゴズリングと宇宙空間の相性にビビる。世界一ネオン管が似合う俳優ランキング一位(俺の中では)の男は、暗闇と光源すらセクシーにマッチするのですね!!

セッションもそうだったけど、静かな空間から
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

真のヒーローに相応しい存在は幻影でしかなかった。それは人々が信じるヒーローへの存在に絶望的な否定。ピーターもそう。幻影に囚われ抗えない。

しかし最後、ピーターはその幻影を破る。ヒーローとしての成長。
>>続きを読む

玉城ティナは夢想する(2017年製作の映画)

-

なぜかタイラー·ダーデンの事を思い出してた。全然違う存在なんだけどね


“憧れの存在”を夢見る存在は、既に“憧れの存在(同一人物)”。自分の理想は自分でしかない。そんなメッセージを感じた

時間描写
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.0

アメイジング,
劇場で観れなかったのでレンタルで。シリアスに笑わせてくる三角関係。

撮影は全て自然光らしいです。
多用される引きのショットと魚眼ショットが、人間観察的なリアル感と歪な宮殿の雰囲気を演
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.8

夢を喰らう獏(麦)との出会いから始まる物語。
ずっと幸せだったのに、果てしなく辛くなる。でも最後のエンドロールで染み渡るカタルシス。
てか主題歌めっちゃ良い。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.6

神話。
核を肯定する作品。
怪獣映画だし、やりすぎ感が良かった。
“神”の咆哮には思わず鳥肌まで!
人間のすがりつく都合の良い神という概念ではない点も得点高い。

クライマックスは楽しいけど、怪獣たち
>>続きを読む

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

4.6

“怖いもの見たさ”

最初のトンネルのシーンから、音響の作り込みが大変素晴らしい。ジャックベッケル監督の 穴 もそうだったけど、でかい音が観客を苛立たせ焦らせる。作品としては見事に引き込む効果的な演出
>>続きを読む

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

-

内容は覚えてるけど、何故か面白かったかどうかは覚えてない。
見直すべきか···?思い出として保管しとくべきか···?

マーダー・ライド・ショー(2003年製作の映画)

3.8

手軽。適当に時間作れたら観れる。
なんだかんだ、ロブ·ゾンビ監督作初体験だったけど、とりあえず彼が超オタク脳だと言う事はわかった。
まぁグラインドハウスの嘘予告作ってた時からそんな気はしてたが…。
>>続きを読む

スペル(2009年製作の映画)

4.0

評価の低さに一瞬疑いを持った自分がバカだった。マジサイコーじゃん。
ヤギの場違い感、ババァのしつこさがまたおもろい。ギャグ炸裂で楽しませておきながら、でも最後はしっかりゾッとする。

楽しくて怖いって
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.9

キャストと演出力の勝利!
映画の力で暴かんとするノンフィクション!
エンドクレジット後のやり取りも笑った。

あと前作マネーショートもそうだったけど、ポスターが適当すぎ。アダム·マッケイ監督に謝れ。

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.8

いろいろと素晴らしい映画だけど、時代とともに価値が風化してしまうタイプの作品かもしれない。。。。

詳しい感想は、後日もう一回観てから書こうと思う。

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

3.8

前作とはまた違うようにキャラクターを描き、それがよくハマってて面白い。

二作目なので、もっとハデでも良かった気がするけどこのくらいでも十分面白いので良し。

21ジャンプストリート(2012年製作の映画)

3.9

“レゴムービー”や“スパイダーバース”を監督してるだけあって、味のあるキャラクターたちとコメディのバランスが上手い。薬物のシーンはブラックすぎるし、編集も独特というか、ラリってる感じって確かにあんな感>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

4.5

生き様。
銃声の残響が場面の臨場感を見事なほど演出していた。ラストショットは、確かに二人の間にあった糸の繋がりを確信させられるようで、もし二人が別の形で出会っていたら····なんて、また色々想像させら
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

4.4

読後感が良い。
コミカルに進むし、旅の中で二人の関係がどんどん深まるのも観てて面白い。

あと超どーでもいいけど、パンチ力強い奴が多すぎる。

シマウマ(2016年製作の映画)

2.9

演技の大袈裟さはさすがに映画の雰囲気にもあってない気がするけど、暴力シーンは純粋にエンタメ性あったと思う。

150キロの外角高めのボール球って感じの映画。

女囚701号 さそり(1972年製作の映画)

4.7

毒を背負った女の逆襲劇!!!

デフォルメされた演出に最初は戸惑ったが最後はかなりつかまれる。面白い。

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.2

メディア、コンテンツに対し、人々は表面的な理解しかない。しかし皆それに囚われてしまう。そしてその事実を受け入れる。

ヒッチコックっぽい雰囲気が味わい深い。車の運転シーンはめまいのような感じ。裏窓を思
>>続きを読む

ゴースト もういちど抱きしめたい(2010年製作の映画)

-

冗談のつもりだったんです。。。ごめんなさい。反省してますからこの映画を観てしまった時間を返してください。。。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.9

セフレ以上になれないって俺にはたえられんよ···
まぁそういう映画ではないのはわかってますけど。

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

3.3

グロ怖くて笑える映画。
ヘビメタバンドのMVみたいな映画。ラストシーンなんかまさにロックスターやん

撮影や金属音のような音楽も印象強い

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

2.5

オマージュや主人公の部屋のポスターから、ファイトクラブをリスペクトしたのはわかるけど、さすがに浅はかすぎでは?展開を1時間45分かけてただただ解説された感覚。というか、解説しかしてない。

ナレーショ
>>続きを読む

>|