かおすさんの映画レビュー・感想・評価

かおす

かおす

映画(104)
ドラマ(6)

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

ダークナイトとスースクは視聴済。
終始仄暗い。ジョーカーも人間だったんだなぁと謎の感心(?)
ラストの「the END」のフォントにギャップがありすぎてゾッとした。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.0

天使にラブソングを2のロックver←まさにこれ
子供たち良い子だ...
エンドロールまで楽しめる。

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公の無鉄砲さが好きになれず感情移入できなかったし日之出がムゲを好きになる要素が理解できずモヤモヤ。
絵柄と雰囲気とEDは良い。
あと猫店主をCV山ちゃんにしたのは評価できる。

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

3.5

スラム街でMV撮影しているシーンはインド映画これこれ~!という感じ笑
インドディビジョン夢あるなぁ。
字幕で観ましたが吹き替えはないのかな?字幕でも韻を踏んでるっちゃ踏んでるんですが、
ライムの言葉遊
>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.0

若かりしキアヌとリヴァーは見る価値あり。
ストーリーに関しては、マイクをもっと救ってくれよ...って感じ。最後に車で来たやつスコットであってくれ...。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

2.5

ストーリーが薄く感じた。お兄ちゃんが良い奴なのと曲がいいくらい。元軽音楽部でしたが(だからか?)自分にはハマらなかった。

アップグレード(2018年製作の映画)

4.0

妻を殺され全身麻痺になった主人公がAIを組み込まれて超人になり復讐する話。
わたしの好きなデトロイト ビカム ヒューマン(ゲーム)とはまた違った『AIとの共存』が描かれていて面白い。
ちょいグロだった
>>続きを読む

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

4.2

人間初心者の死神(ブラピ)という設定絶対オタクが好きなやつじゃん...(褒)
若いブラピが美しくて人間味を帯びてゆく姿がとても愛らしかった。
ラストはちょっと切ない。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

もし自分が...と思うと怖い内容だがテンポがよく飽きずに見れた。
あと突然の宣伝シーンに毎回笑ってしまう。

ザ・ブック・オブ・ヘンリー(2017年製作の映画)

4.2

半分くらいで「え...嘘...?」みたいな展開になってびっくりしましたが、
すごいな~息子。テープでの母のこと把握してる会話がよかった。あと灯りとドアのやりとりも好きだなぁ。ネタバレは見ずにとりあえず
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

2.0

全力でコメディに振り切っていた(ホラーではない)
ビル・マーレイに思い入れとかなかったのでなんか出てきたけどこのノリ寒いなとちょっと引いてしまった。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

半魚人✕発話障害の女性
めちゃくちゃ性癖にささりました。
美しくて生々しくて切ない。愛。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.5

まともに鮫映画を観たのは初かも。
ハラハラドキドキ感は薄め。グロくもない。
ステイサム以外の登場人物にあまり愛着が湧かなかった。あとステイサムが強すぎる

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

SF?ホラー?コメディ?笑
ホラー要素薄め。前作の「なぜループしたのか」というところが分かってスッキリ(絶対前作観てから観た方がいい)
ツリーがまたループに戻されるが前回とはちょっと違っていて...と
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.0

次の周回で行けるわ~ってなったときの主人公がルンルンで笑ってしまった。ホラーとコメディ要素を両立しつつ犯人こいつだったのか!という意外性もあって楽しめた。

セブン(1995年製作の映画)

4.2

なんで「セブン」なんだろうから始まり「七つの大罪」かなるほど。となったときにはもう引き込まれていました。確かに最後は胸糞だったんですがそれを超える感心?と謎の満足感がありました。面白かったです。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

2時間50分が短く感じた。後半の伏線回収に「すごい」という感想しかでない(語彙力皆無)

マイ・ガール(1991年製作の映画)

3.7

「僕も候補に入れてよ」のくだりで「ウッ...かわ...」ってなりました。そして最後は切ない。ちょいちょい流れるBGMにキン〇ダムハーツみを感じたのは私だけでしょうか

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.0

自分も後悔のない人生を送りたいなと思った。
「世界一の美女にキスをする」の回収が素敵。

ファウンド(2012年製作の映画)

2.5

「兄は生首を隠している」という始まりからバレて大変なことになるのかと思っていたが「お前は傷付けない」的なことを言ってくるので怖さはなかった。狂っているが弟想い(?)

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.0

マックスがフュリオサたちと組んで逃げ始めるあたりからめちゃくちゃ面白くなって終始ニコニコしていた(私が) ニュークスすき。ひとつ残念なのはマックスの吹き替え。なぜAKIRA。

ーー追記ーー
初鑑賞か
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.7

クロエちゃん目当てで何となく見始めたら引き込まれて結構面白かったです。
全然関係ないがジェニー・スレイトがみちょぱに似ている

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

4.0

父と娘の絆を感じられるシーンはとても良くて泣いたのですが、病気の要素と終わり方がうーんという感じでなんか惜しい

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

4.5

病気の友人の為に野草を煎じてみたり、川を下ってみたり、子供なりにできる最大限のことをしている姿に若干ハラハラしましたが、最後の20分くらいで涙腺が崩壊しました。

>|