SALLYDETHさんの映画レビュー・感想・評価

SALLYDETH

SALLYDETH

脳ミソぱっか〜ん系映画が好き

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

5.0

ロッカーになりたい16歳の気持ちでレコード爆音で流しながらブルーのラメライナーつけて自宅で踊る。そんな気持ちになっちゃう。行き先のない衝動!ストゥージズ最高!!!イギーは死ぬまで上半身裸で踊り狂って!>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.7

良い。とても良いですね。沁みすぎた、わかるわかるが沢山詰まってた〜。70年代の終わりの、人生にしては一瞬だけど必要で絶対に忘れられない自分を交差していった人たち、時間にスポットを当てた映画。ジェネレー>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

5.0

うう〜、良すぎる。良すぎるからこそつらい…最高………みたいな感じになる。いろんな朝を思い出した。誰にもシェアしないし出来ない日常の全てが詰まってる。2人の普通の時間が1番の宝物だよね……ポトッって感じ>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

誰になんと言われようと前だけ見て一人で戦う姿よ…ワンダーウーマン愛に満ち溢れてた!前半の強い女しかいない世界最高だったな。子供が欲しくなったら粘土で作ってゼウスにお願いして命授けてもらいましょ〜みたい>>続きを読む

(2014年製作の映画)

3.8

もう観たのは2、3年前くらいだけど、いまだにあの独特なリズムと不思議な時間が忘れられない。

台北ストーリー(1985年製作の映画)

4.8

なんて孤独なんだろう。いつも間もタイミングも悪いからみんなすれ違って生きている。素直になれば良いのに、こう言ってほしい、こうしてほしいの一点張りで、みんな誰かを思って生きてるけど幸せになれない。最初に>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.6

わたしは目撃してしまった…って感じ。4時間の間の無駄な映像すべてが愛おしくて目が離せなくなる。嫉妬って恋ってろくなもんじゃないし、金持ちの遊びはいつの時代もやっぱりすごい。はぁ切ない。エドワードヤンに>>続きを読む

平成狸合戦ぽんぽこ(1994年製作の映画)

4.4

愉しくテンポよく進んでいくけど、気づいたら悲しい。でも、エンディングのいつでも誰かがを聞いてまた笑顔でがんばろうってなる映画。みんな人間に見えるけど、実は元々はタヌキorキツネだよね?って思いながら生>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

映画を見終わったあと、シャロンの気持ちが画面を通して自分に移っちゃったのかなってくらい哀しい気持ちになって、その気持ちになったまま寝た。永遠に答えは出ないけどずーっと考えてしまう、そんな深い深い海に入>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.8

映画館で大号泣するイタイ女になってしまった…最高なのに悲しい。もう、情緒がおかしくなる。オープニングからもうロシュフォールの恋人達を思い出させるほど、カラフルなみんなが歌って踊り出しちゃっうから思わず>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.0

ううう…ひたすら辛い。ずっと人の言い争いを聞いてるのってこんなパワー使うんだね。でも、なんだか見たことある家族の話だった。家族の隙間は時間がかかるともう、くっ付く事はできないんだろうな。その隙間に気づ>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.7

まさかわたしがスターウォーズを観る日が来るなんて…こんなに引き込まれると思わなかった。ワープできる映画。
スターウォーズ初見でも全然大丈夫!とにかく観た後に大興奮する…スターウォーズを避けてきた人ほど
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.1

宮沢りえが注ぐ無償の愛がものすごいんだ…母は強し。愛情はもらうものじゃなくて注ぐものなんですね、と教えられた。そして、オダギリジョーのダメ父ちゃんっぷりが最高

ミスター・ダイナマイト ファンクの帝王ジェームス・ブラウン(2014年製作の映画)

3.8

JB流石のかっこよさにしびれっぱなしで………!ひたすらすごい。だけどちょっと長すぎて〜疲れてきたところに一瞬でてくる最後のRun-DMCがカッコよすぎて効きすぎて………!!!見終わったあと、あ〜Run>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.1

シュールすぎ………トラウマ系映画。見終わったあと、なんともいえない気持ちにりますね。

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.7

とにかくダサくて最高!!!浴びるほど80sソングを聞けて幸せな2時間。暴れてディスコ出禁になって、一回帰宅してテロンテロンな派手シャツからテンガロンハットとダンガリーシャツに着替えてカントリーパブへ…>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

4.7

とにかくすごくよかった…私は一年前にアイヌカルチャーが好きなスウェディッシュから初めてサーミ人の話を聞いて、民族衣装や生活の部分にすごく興味を持った。彼は本当にサーミは素敵だよ!みたいな事を言っていた>>続きを読む

おもひでぽろぽろ(1991年製作の映画)

4.1

田舎に憧れを持ち、田舎のない東京生まれの主人公。時代は違えど、わたしのことか………と思ってしまった。あべくんにキュンとした。哀しい事があったらひょっこりひょうたん島唄って前に進むんだ!だけど僕らはくじ>>続きを読む

タンポポ(1985年製作の映画)

5.0

無論ラーメン食べたくなって、見た後はラーメン屋に駆け込んだ。ボンゴレずずずずシーンと、海女さんのシーンが癖になって真似したくなっちゃう、てか真似した。最高大好き映画〜〜〜

太陽の季節(1956年製作の映画)

3.8

噛み合わないけど追い続ける、離す離れる離さないそんな繰り返しが見ているほうは辛いし誰も幸せにはなれない。話だけ聞いたらとにかく酷い話なんだけど、長門裕之と南田洋子の2人が良すぎてずっと観れた。みんなス>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.7

クドカンによる超豪華な地獄世界を舞台に2時間ロック祭りを永遠とやってる中でず〜とくだらないギャグを繰り返してるそんな映画。ずっと笑ってた。とにかくメイクも衣装もキャスト派手で豪華すぎる油っぽいこってこ>>続きを読む

世界(2004年製作の映画)

2.9

実際に北京にある中国版 東武ワールドスクエアのような場所″世界公園″を舞台にそこで働くダンサーや警備員の若者たちの話。エッフェル塔もピラミッドもこの公園にはあるから、携帯でいまどこらへん?とか聞かれて>>続きを読む

花様年華(かようねんか)(2000年製作の映画)

3.6

タイトルでスクリーンいっぱい赤くなった瞬間からもう胸打たれ………チャイナドレスがこんなに美しいのかと見惚れた。チャイナドレス、足首、ハイヒール、ハンドバッグ、、、どこかいつも寂しそうな顔が色気。雨の日>>続きを読む

ブエノスアイレス(1997年製作の映画)

4.2

許してしまう、許されてしまう2人の愛の永遠の繰り返しがすごく人間らしくて、観ていて嬉しくもあり悲しくもある。永遠その繰り返しかと思ったら人生は長いね。

ぼくセザール 10歳半 1m39cm(2003年製作の映画)

4.3

スイーツが大好きなちょっと太めの男の子セザールが転校生の美少女サラと親友モルガンと3人で親たちに嘘をついて、子供たちだけでモルガンのお父さんを探しに行く旅の話。ほっこりするのに子供に痛いところつかれち>>続きを読む

赤ちゃん泥棒(1987年製作の映画)

3.3

ボサボサ頭で切りっぱなしサマールによれよれのアロハシャツ、奥さんの尻に敷かれっぱなしたよりなさすぎのニコラスケイジがGOOD……!

アンダーグラウンド(1995年製作の映画)

4.7

激しいどんちゃん騒ぎと不協和音のように鳴り止まぬファンファーレ。映画が始まってから終わるまでずっとガチャガチャしていて踊りまくってグラス割りまくり。悲しくて悲惨な話だけど、楽しく見せるからこそ余計に痛>>続きを読む

ジェラシー(2013年製作の映画)

3.8

愛に振り回される大人たちは、みんな勝手だな〜〜〜全体的にリズムがダルくてそれもリアル。子供という存在の偉大さを感じた。

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

4.6

アランドロンすごすぎる………!!!の一言につきるほど、彼の視線のアップだけで映画館の大スクリーンがもってしまう。罪な男すぎて………次元が違うかっこよさ。アランドロン祭りの2時間でクラクラ最高

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.9

たしかこれ高校生の時に母に連れられて映画館で観たのを今でも覚えてる、当時映画館でビビりまくりエンディングのダンスシーンで頭が?だらけになったのを今でも覚えてます。ドキドキしながら久々に観ましたが、今観>>続きを読む

ワンダーラスト(2008年製作の映画)

3.1

ユージンハッツがすばらしいなあ!!!彼の歌に言葉に吸い込まれてたらあっという間に終わってた。ベイビーワンモアタイムで踊るストリッパーもカッコよすぎておもわず口が開いた。“ゼロからなにか創りだせ”ってメ>>続きを読む

物語る私たち(2012年製作の映画)

4.1

なんだか普通の家庭に生まれなかった人の一生の悩みである“その事”は、その事実を知った時からその人の人生の中でのバランス感は歪むし、悩みは増える。彼女にとっては、実は自分は母の浮気相手の娘だったってこと>>続きを読む

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

2.8

虚しさと空虚さと寂しさと……みんな誰かに愛されたいって思って生きていて、いつまでたっても満たされないで生きていく無限ループを感じた。キャリーマリガンが歌手というところにすごく救われた。ずっと切なくて暗>>続きを読む

悲しみよこんにちは(1957年製作の映画)

3.1

とにかくジーンセバーグ!!!ショートカットで自由奔放な彼女を観たくてみたので満足。ときにはカゴも帽子にしちゃうようなエルザの大胆で不思議センス面白ファッションにも注目。とにかくお父さんがダメ男すぎる。>>続きを読む

バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!(2012年製作の映画)

3.0

終始何かとちょっとキレ気味のキルスティンダンストが良いです。そこがおもしろい。くだらなさと、え?そうなる?と理解し難い内容の進み具合なのでラフに何も考えず見ていくが吉。

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

3.8

ある日突然、紹介したい人がいるんだって連れてきたら、ラブドールを彼女ですって紹介されて……みんな内心はどっひゃ〜!(白目)って気持ちになりながらも、周りのみんなは優しく理解して、彼女を1人の女性として>>続きを読む

>|