dokoさんの映画レビュー・感想・評価

doko

doko

ホラーだけは無理

ルーム(2015年製作の映画)

3.6

初めて世界に触れる子供の言葉。
外に出てからが本編です。

人生スイッチ(2014年製作の映画)

3.8

離婚を求められたら俳優教室に通ってやる。なるほどなるほど。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.7

狭い世界で生きてるからあんな男と7年も付き合うのか。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

誰よりも過去の遺物や英雄を消し去りたかったのは、カイロレンじゃなくて、監督なのではないだろうか。
次回作に乞うご期待‥!
という感じで延々回していくつもりか‥

でも普通に楽しかったんですけどね。
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.2

妻夫木聡を置いておけばどうにかなる感じ、そろそろ厳しいものがあると思いました。奥田民生は最高。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

犬ってだけでスコア高くなる。別に泣くような話ではないけれど、我が家の犬も生まれ変わっててくれたらと思いました。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.3

お姫様とか王子様に憧れる年齢でもなければ、そういう人間性も持ち合わせてないことが改めて分かりました。

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.9

お金や株のことはさっぱりですが、面白かったです。

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.5

ティーン時代の7人の方が色んな問題あって面白かったのかしら‥と思ったり。

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

4.3

エンドロールの最初がすべて。生涯独身だと、必死に病院を探し回ってくれる人もいないってことか。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.9

ホラー耐性上がってきた気がします。
スタンドバイミーとか、さよなら僕らの夏みたいな後味の悪さもなく、スッキリとした清涼飲料水的感覚でした。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.8

分かりやすく作りすぎ‥?本木雅弘の顔が整っていることにようやく気づきました。

劔岳 点の記(2008年製作の映画)

3.6

ちょっと山に登ってみたくなる。松田龍平は松田龍平そのままだった。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

ミクロとマクロのせめぎ合い的な。それにしてもノーラン人気すごいわ。

>|