コブラさんの映画レビュー・感想・評価

コブラ

コブラ

2016年8月26日より。
全裸のナイスガイ!

満席シャンテで閉所恐怖症に気づいてしまった、、。軽くパニックに。

ウエスタンリバイバル楽しみ

映画(462)
ドラマ(2)

奪還者(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2015年6月からの約半年は「怒りのデスロード」の残り香を追う日々で、頭の中はすっかり荒野。

そんな時、タランティーノの何時もの全くあてにならない「マッドマックスの再来!」みたいな絶賛評に煽られて新
>>続きを読む

ディーパンの闘い(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

そして家族になる。
街のダニども全員死刑に処してから。

という変わったバランス。
電飾カチューシャのオープニングシークエンスからラスト皆殺しシーンのカメラの視点まで色々変。

静かに話が進むんだけど
>>続きを読む

カムイの剣(1985年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

この頃のヒロユキは露出度の高い抜け忍しか演じてない気がするよ。

いのさんにカムイ外伝のアニメ版勧めたんだけど、どこも配信してないしDVD高いからこっちで我慢。

アバンはクソが6個ぐらいつく程格好良
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

有給取って日比谷へ。
昼の回という事もあり、ご高齢の好きモノ達でほぼ満員という中々の好環境(にしてもシャンテ席狭すぎ!久々に閉所恐怖症パニックが出かかった)。

古来より西部劇において黄金に取り憑かれ
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

スパイダーマン=ピーター・パーカーは不憫なヒーローだ。

正体を明かせない事で近しい人々から様々な誤解をうけ、恵まれているとは言えない環境の為その天才的頭脳を発揮する場もなく、愛する人は大体ビッチだっ
>>続きを読む

バッドボーイズ2バッド(2003年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

マイケルベイ炸裂。
悪趣味の見本市。

長い!くどい!ゴアい!バカ!

全てがトゥーマッチで不快。
つまりは最高。

今思えば「ペインアンドゲイン」の助走だったね。

それにしても死体のやつ、、無茶し
>>続きを読む

バッドボーイズ(1995年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

スミス「もしかして、、」
ローレンス「私達、、」
二人「入れ替わってるぅ!」


って入れ替わる必要が全くないバカな作戦を丁々発止のやり取りで軽薄に軽妙にコンプリート。
IQ3くらいのバカなプロットだ
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1988年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

結局南極これよ。
UC登場までは宇宙世紀モノの王者。ハサウェイ楽しみンゴ

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 最終版(1999年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

言うほどダメバージョンじゃないと思うんだけど。

ゾンビ/ディレクターズカット完全版(1978年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビ「俺たちのショッピングモールに変な奴らが侵入してきたんですけど、、、」

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

キャラクターもガジェットもストーリーも極彩色でいと艶やか。
人種も出自も違う者同士が色々頑張ってチームになっていく様は、さながらSWEP4のごとし。
比較もやむない傑作だね。

トム・ホーン(1980年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

初見。

撮影中に悪性の胸膜中皮腫の診断受けたんですって。

多分診断後に足されたと思われる台詞の数々(違うかな)。
無慈悲なサムシングに対するマックィーンの精一杯の抵抗だったのかな。

嫌というほど
>>続きを読む

隣のヒットマン(2000年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

デス・ウイッシュ (2019)観直したら「ウィリス撃ち」をもっと観たくなってブルースウィリス作品を大量レンタル。

初見だったし全く期待もしてなかったけど、あれ?面白いかも。
過不足がないというか、面
>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

そりゃそうだけどもフィンチャー版に比べるとかなり陽性なミレニアム。
リスベットも随分血肉の通った存在になっちゃってて何やら母性っぽいモノまで芽生える始末。
というかバットマンみたいな存在になっててワロ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ベンジーを登場させた功績。
JJ流石だぜ。

12月のアレも信じてるぞ(褒めて伸ばすスタイル)

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

マクドーマン、ブシェミ、メイシー、、、、顔面の情報過多なメンツの祭典。

久々に鑑賞。
人の不憫を笑うってやっぱり贅沢だなぁって思う(フィクションに限る)。

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

原作が原作だけに取捨選択は本当に難しかったろうから、ある程度の稀釈はしょうがない。
けども、個人的に非常に重要だと思っていた母親加奈子周辺エピソードをオミットしてしまったのは残念。
エンドロール後のア
>>続きを読む

ブレインデッド(1992年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

笑い死ぬわ!!

マザコンのライオネルが文字通り生(産)まれ変わるラストは驚くほどに爽やか。

わざわざ遠方までレンタルしに行った甲斐ありました。

ピージャクが4Kでレストア中って事らしいので、とっ
>>続きを読む

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

自分の身に起きて欲しくない事ランキングに堂々ランクイン。

どう心を武装すりゃ狂わずにこの地獄を生きる事ができんの?

タイの刑務所に入る様な事はしないぞっと。

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

たった一晩のセックスで(回数は不明)、したたかな女豹を貴方の為に命賭けるわ!ってまでにトロトロにさせるイーサンの性技に脱帽。

スパイ大作戦要素は薄めでジョンウー濃いめ。
なのでシリーズに思い入れもな
>>続きを読む

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

死人全員にいちいち墓標を立てるモブキャラにも優しい仕様。
死に様のデパート。
とても変でとても可笑しい。

好き!

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

地球「怪獣さん達のおかげで万事快調!」
エンドロールで怪獣出現の効能(?)が次々と明らかになってくのホント草生える。

人間にとっても怪獣はメチャクチャ都合の良い存在だよな。
適当に暴れて数を間引いて
>>続きを読む

生き残るための3つの取引(2010年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

登場人物全員クズ!
(クズが過ぎていっそ爽やか)

そんな奴らが互いの弱みを握り、下衆に下劣に足を引っ張り合い、「最後まで行く」。

ドクズ共のチキンレースもさる事ながら、バイオレンス演出も好ましい。
>>続きを読む

PTU(2003年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

バナナで滑って転んで気絶、そのままチンピラにボコられて銃を盗まれるという神に愛されしドジっ子サァ(ラム・シュー)の尻拭いでランオールナイト。

どうかと思うくらい退屈なPTUによる銃探しシークエンスに
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.8

無理を通して道理を蹴っ飛ばす天元突破な弩級作。

この座組みはストーリーがオマケなとこが、かえって良いね。
人がメカが星が爆発的に活動する快楽。

ああん(官能)

冒険者たち ガンバと7匹のなかま(1984年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

小坊時分にこのマグニフィセントな7匹に胸と目頭を熱くした奴等、ノロイにトラウマを植え付けられた奴等とは朝まで飲める。

野沢雅子は悟空じゃなくてガンバ(田中真弓はルフィじゃなくて戦部ワタル)って奴等と
>>続きを読む

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

我が映画的指向と嗜好にジャストフィット!
こんぐらいで良いんです。

「WW2戦時下ナチス人体実験」という完全絶対悪のフィクションマッチング率の高さは今更いうまでも無いんだけど、フレッシュなスパイスを
>>続きを読む

ブギーナイツ(1997年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

全シーンについて、全キャラの一挙手一投足について、好きモノ達と酒飲みながら笑い泣きしたい。


ダークが母ちゃんに折檻されて家から飛び出すとこ、アンバーとローラーガールがコカインキメながら笑い泣きする
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ドジっ子ダニクレ姫をリスベットが華麗に救出。

何から“ナニ”までリスベットにしてもらっといて用が済んだらポイーするダニエル・クレイグの鬼畜の所業に震える。

難しい役だったと思うけどルーニー・マーラ
>>続きを読む

完全なる報復(2009年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ポール・カージー設定なんだけども仕置人がガイキチ。


悪くないぞよ。
けどもジェラルド・バトラーが大殺戮の末に得たものがジェイミー・フォックスの改心ってなぁ。
それこそ法の天秤がつり合わないぜ!
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

春は別れの季節とはいえ、、、。


飽和状態なアメコミムービーへの興味を失いつつあり、鼻ほじりながら鑑賞。
だったのに、、、、!
この喪失感は何ですかね。

穴ぼこだらけのタイムマシン設定は「MCU過
>>続きを読む

クラッシャージョウ(1983年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ハセガワ ミネルバ プラモデル発売記念。

和製ガーディアンズギャラクシー。ジェームスガンよ、知らないとは言わせないぞ(多分知らない)

正義感が強くて、無鉄砲で、喧嘩っぱやくて、情に脆く、女に惚れっ
>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

テルマ覚醒編。

これは幸せに裏切られた。
「悪い種子」ものかと思いきや、親の支配抑圧からの解放という脱獄モノでした(違うか笑)

父親と父親予備軍の全チンコ共は「葛城事件」と二本立で観て色々学んどこ
>>続きを読む

フクシマ、モナムール(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

とある自主上映会にて。
これ日本でソフト化しないのダメだろ、、、。


お茶を綺麗に飲む事を覚えた。

向う見ずの男(1958年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

刻むビートは蹄!
BPM200(嘘)くらいのアッパーなOPに食らう。

レバーアクションを片手でシャキーンってカッコ良い装填シーンあるけど、こないだトイガン触らせてもらった時、コックがめちゃ重くてとて
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ポニテヘッドホンガールにまんまと堕ちる。
あんな子が同級生にいたら忠誠を誓うレベル(友達になりたいとか付き合いたいではなく、傅きたい)
主役の草野マサムネ(ないしはベン・ウイショー)はおっぱい触れたん
>>続きを読む

>|