rieeeeeeさんの映画レビュー・感想・評価

rieeeeee

rieeeeee

fukuoka/Japan
KBCシネマで1人映画✔️
暗くて重たくてどーしようもない映画が好き✔️
クリップ多め✔️
★は割とテキトー✔️

映画(337)
ドラマ(0)

ドッグマン(2018年製作の映画)

4.0

どタイプな映画だった!

ラストのシーンでこの映画のタイトルにあってなってわってなった!

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.9

三浦春馬のロン毛、髪質もいい!笑った!

曲の使い方とかも良かったし、とにかく懐かしい!!
ともさかりえよかったー。

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.9

子供にも大人にも「きみはいい子」と言ってあげてる映画だった。
色々考えさせられる。

尾野真千子と池脇千鶴のやりとりがグサグサきた。

怒り(2016年製作の映画)

4.0

それぞれうまく描かれてて、見応えある作品。

犯人は誰?ってなるけど、それを信じれなかった人間の感情にどんどん引っ張られていって苦しくなった。

百円の恋(2014年製作の映画)

4.1

安藤さくらのストイックさよ。素晴らしい。


マイミク外してやったんすよ、がちょっとツボった。

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.6

ティモシー・シャラメ!
冴えない役がはまり役なのか、もっと違うパターンも観てみたい。

ドライブインシアター、あったらいい!
90年代アメリカの音楽、ファッション、レトロさいい!

Girl/ガール(2018年製作の映画)

4.1

身体も心もとっても痛たかった。
観終わった後のヒリヒリ感。

周りの理解とか善意(興味も含め)もララをどんどん追い詰めていってて、
想像したよりずっと辛くて痛かった。
言葉はとても少ないんだけど、伝わ
>>続きを読む

マックイーン:モードの反逆児(2018年製作の映画)

4.2

ドキュメンタリーとしてはかなりの情報量で見応えのある作品で、ショーの映像もたくさんあった。

テーラーから下積みを始めたリー、
デザイナーになってからも誰が仕上げたか見たいと言って職人のアトリエ入室禁
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.7

バギオもせいちゃんも、どっちもいい。
ダメ男なんだけど、色気と惹きつけるもんがあって、人間くさくていい。

太賀の歌声が好き、そこの部分だけでも聴く価値あり。

フジコ・ヘミングの時間(2017年製作の映画)

3.7

映画館で観れてよかった、ラ・カンパネラを聴けただけでも満足。

お家も素敵だったし、猫が可愛かった。

ピアノは持ち歩けない、こんなピアノで弾かされてと言っていたのが印象的だった。

でも全てに寂しさ
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

タイ映画
久しぶりにハラハラドキドキした映画。
面白かった。

終わり方も含めて、学歴社会、貧困問題なんかも考えさせられた映画だった。
頭の良さをどう使うか。

来る(2018年製作の映画)

3.7

グロいシーン満載だったけど、個人的にかなり面白かった。
キャストがいい、小松菜奈がとにかくいい。

人間ほどおぞましいもんはないと思った。

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(2018年製作の映画)

3.5

お金には興味ない、好きな服しか売らない
とみんなの前で言い放ったヴィヴィアン。
人を惹きつける色んなものを生まれながらに持った人だなと思った。

裏で支えるスタッフの様子も描かれていてよかった。靴下の
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.8

実話。
前にドキュメンタリー番組で見たことがあって、映画も良かった。
ボブのマフラー🧣がかわいい。

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

4.0

池脇千鶴さんがとてつもなくいい。

どーしたらいいのかも、底から抜け出す方法もわからなくて、生きることで精一杯な人たちのリアルな様に押しつぶされそうだった。

菅田将暉の歯の茶色さ。

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.0

浅野忠信への恐怖心が最後まで抜けなかった。すごい。

後半に出てくる息子にもビクついてしまう始末。

太陽のめざめ(2015年製作の映画)

3.5

マロニー役の子とても良かった。

誕生日ケーキにちょっと微笑む姿がぐっときた。
いつも裏切られてきた母親なのに、マロニーの母親への愛情の深さが悲しい。

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

4.0

仕事柄ドリスの服に触れる機会がよくあって、色使いとかシルエットがとても素敵だなと思っていたけど、
この映画を観て納得。
人柄やライフスタイルがとても服に出てるなと思った。
庭に咲く花の色が物語ってる。
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

エルファニングがやっぱりかわいい。
そして赤毛にしたくなる。

自分が思春期の時に、こんな風に色んな視野を広げてくれる人が近くにいたらなって思った。

ポルト(2016年製作の映画)

3.5

アントンイェルチン、最期の映画。
これからもっと観たかった俳優さん。

男の純粋さの中にねちっこさとかプライドとが入り混じった感情がうまく表現されていてよかった。
ポルトの街がマッチしてる。

アンダー・ハー・マウス(2016年製作の映画)

3.6

ほぼ半分くらい濡れ場だったんじゃないかってくらい多かったけど、
エリカリンダーのかっこよさと、綺麗さに脱帽。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.0

エルファニングが最高にかわいい。

カルト集団の衣装とか髪型とかかわいかった。
終わり方もよかったし、全体的にぶっ飛んでて好きな感じだった!

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.0

最後の終わり方がズルくて、もっかい観たくなる映画。

石橋静河さん、いい。

インポッシブル(2012年製作の映画)

4.0


スマトラ島沖地震で生き残った家族のお話。実話。
日本も地震が多い国。いつまた大規模な地震が起きて津波がくるかわからない、
正直恐怖しかない映像。
あんな中人を思いやれる力は自分にはあるだろうか。
>>続きを読む

無伴奏(2016年製作の映画)

3.5

タバコに喫茶店にクラシック。
昭和の雰囲気に池松くんが合ってた。
斎藤工とのからみが想像以上だった!

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.5

アイナーがリリーになっていく姿、とても美しかった。
瞬きや仕草ひとつひとつ、魅入ってしまった。
ゲルダの愛、いろんな形の愛があるんだなと思った。受け入れるのも愛。

メニルモンタン 2つの秋と3つの冬(2013年製作の映画)

3.5

ザ、フランス映画!
ハゲとるやないかいってつっこみたくなる主人公、
かなりドラマティックな出会いなんだけど、それからの淡々とした感じが嫌いじゃない。
ドキュメンタリーっぽい撮り方にちょっと人物が混乱し
>>続きを読む

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

4.0

人生は短いから、不幸になってる時間はない。
農業に庭仕事に子育てに縫い物になんでも全力でやる。手を止める暇なんかない、楽しみながらやること。
楽しみながらずっとやり続けるって結構難しいなとふと思う。
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

とりあえずケイシー・アフレックの声のかすれかたがたまらない。
過去に犯した罪を償えない苦しみ、乗り越えれない苦しみが演技からひしひし伝わってきた。
乗り越えたとしても悲しみはずっと消えないんだと思う。
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.0

何、この映画は。
観終わった後のたくさんの?と想像を掻き立てられる感じがすごい。
家族1人1人の言動や表情、その中に見え隠れする闇の部分。その場の空気感、ひとつも見逃せない。
隣の人は寝てたけど、、。
>>続きを読む

カミーユ、恋はふたたび(2012年製作の映画)

3.5

40歳から16歳にタイムスリップ。
別れた旦那さんに出会い、また恋に落ち。運命を受け入れなければ。
戻ったら違う人生を歩みたいと思うけど、全部わかったうえでは悲しい気持ちになるのかな。
40歳のままっ
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.0

実話。
株屋でもうけて、薬に女にやりたい放題だけど、頭の回転が早くてなんとしてでもお金を手に入れる執着心はすごい!
ディカプリオはお金持ち役がハマるな〜

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

4.0

ヴィンセントみたいなおじさん憎めないな。かっこいい。
オリヴァーの聖人のスピーチ、とても良かった、感動した、
エンドロールもいい。

>|