ドントさんの映画レビュー・感想・評価

ドント

ドント

AWAKE(2019年製作の映画)

4.1

 2019年。タイトル通りに目の覚めるような作品であり、まったく大変によろしいものを見せてもらった。小学生の時、同期として将棋の世界に入った清田と浅川。時を経て浅川は若手棋士の俊英として頭角を現し、挫>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.6

 2019年。荒野の真ん中で行方を絶った班を探しに、謎の石碑の並ぶ道へとやって来たミラジョボ率いる兵士たち5人。そこに突如の嵐、巻き込まれた先は一面の砂漠! 砂中から巨大生命体! でかい蜘蛛! ここは>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ 91(2021年製作の映画)

-

 2021年。全体に地味でインパクトには欠けるものの、厭な感じは出ていて悪くはない……。「どう撮るか」は知っているけど、肝心の「何が怖いのか」「怖いとは何か」が掴めてなくて薄味になっている、というか…>>続きを読む

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.9

 2019年。これはなかなかに面白かったが感想に困る映画だぜ! 給水タンクを引いた車に乗り合って故郷・バクラウに一人の女性が帰ってくる場面から物語ははじまる。村の長老たる老婆が死んだのだ。そして村の周>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.2

 2019年。大変に大変に面白かった。非道な夫と住んでいた豪邸から逃げ出し、夫の自死によってその軛から抜け出したかに見えた女性だったが、しかし…………(ここでタイトルを見るとネタバレです)
 これはD
>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.5

 1983年。サディズムほか色々こじらせて制御が効かない奴が殺人で10年の服役後モヤモヤしてウロウロして行きあたりばったりに忍び込んで3人殺して捕まるくらいまでをネットリと、ほぼ短縮・圧縮などなしに描>>続きを読む

機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!(2021年製作の映画)

-

 2021年。スーパー戦隊ショートムービーまつり3本目。キラメイジャーの次、スーパー戦隊45周年作品・ゼンカイジャーの顔見せ興行。彼らに襲い来る刺客とは!
 現行=現在のキラメイ、過去エピソードのリュ
>>続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツ(2021年製作の映画)

-

 2021年。スーパー戦隊ショートムービーまつり2本目。波乱万丈の果てに仲間になったと思ったらすぐに戦死するというすごいキャラクターであったナダとリュウソウジャーたちの交流を描く20分。 
 本作は作
>>続きを読む

魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム(2021年製作の映画)

-

 2021年。スーパー戦隊ショートムービーまつり1本目。邪悪な夢の世界へと誘われたキラメイジャーたちが魔女ミンジョ(壇蜜)と戦う。
 スケールとしては「ちょっと豪華なTV放送版」くらいであるが各自に見
>>続きを読む

薄暮(2019年製作の映画)

-

 2019年。福島の高校に進んだ、色恋には無縁の音楽生活を送っていた少女が出会ったのは、別の高校に通う同い齢の絵を描く少年。夕暮れの迫る景色の中でつむがれるおだやかな青春物語。
 アニメ的なテンポ/キ
>>続きを読む

落下の王国(2006年製作の映画)

4.5

 2006年。まったくどう書いたらよいものか。何を書いたらよいものか。昔々のロサンゼルスの病院、腕を怪我した少女と、大怪我と心に傷を負ったスタントマンの青年。ふとしたことから青年は少女に即興の「お話」>>続きを読む

牛乳屋フランキー(1956年製作の映画)

-

 1956年。面白かった。九州から東京へと出てきた男が、ライバル店のせいで窮地に追い込まれた親戚の牛乳配達屋を大ハッスル(死語)で手伝うほのぼの喜劇。
 顔芸、リアクション、肉体言語、演技、台詞回しな
>>続きを読む

処刑女(2014年製作の映画)

-

 2014年。少し離れた家に越してきた若者2人。初日から友達を呼び、その友達どもはこちらの家に不法侵入し破壊、乱暴、放尿などの狼藉を働き、さらに深夜まで騒音を立てながらパーティ……。挨拶もない上に! >>続きを読む

ザ・タワー 超高層ビル大火災(2012年製作の映画)

-

 2013年。クリスマスイブの夜、韓国に建つ高級108建ての高級マンションにヘリが突っ込み中程で大爆破大炎上。スタッフに片思いするビルの警備主任、若いカップル、老いたカップル、貧乏な掃除婦そして消防隊>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

-

 2020年。説教部屋行きです。事故物件住む芸人・松原タニシのノンフィクションを基に描かれるホラー……のようななにものか。 
 ホラーとしてはごく一部のオッと思わせる瞬間を除いてはほぼなんも怖くない。
>>続きを読む

八つ(2016年製作の映画)

4.1

 2016年。素晴らしいと安易に書いちゃっていいものかわからないけど素晴らしかった。ある女性の「8」に関わる朝のルーティンを執拗に、長回しで捉える80分一本勝負。
 主人公の執拗さ拘泥強迫観念つらさし
>>続きを読む

トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン(1980年製作の映画)

4.0

 1980年。ウッウッ……泣いてしまった……。戦争やその他の出来事で心を病んだ兵士を収容して様子を見る古城の精神病院……というか「経過観察小屋」みたいな場所にある日、新任の軍医 兼 精神科医が。彼は少>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

-

 2018年。妻をカルト教団に殺された男のハイパー暴力復讐アクション怪奇風味の皮をサイケでガンギマリなトリッピー映像にかぶせて(逆ではない)、さらに首から上にニコラス・ケイジの顔を乗せたうわぁなんだか>>続きを読む

爆裂都市 BURST CITY(1982年製作の映画)

-

 1982年。暴動!!!!! ロッカー/パンクスと浮浪者だらけの近未来の街、原子力発電所を建てようとした政治家がヤクザを使って浮浪者をこき使い、街の浄化のためロッカーたちを排除しようとした……からとい>>続きを読む

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男(2018年製作の映画)

3.8

 2018年。よろしゅうございました。第二次大戦中、大変な任務を成功させたものの世界の流れを変えられなかった男。老いてあとは死んでいくだけと考えていた彼の元に、政府から「ある要請」(※タイトル参照)が>>続きを読む

サイバーブライド(2019年製作の映画)

-

 2019年。う~~~ん!! 0点!! 人間そっくりのサイボーグが売られている、たぶん近未来の世界(※その他は2020年現在の様子と全く変わりナシ)。なんか急に死んだ妻を忘れられぬ夫がサイボーグを買い>>続きを読む

ディヴァイン・フューリー/使者(2019年製作の映画)

-

 2019年。俺の拳は退魔の拳! 幼い頃に父を亡くし神を信じない総合格闘家の手に聖痕が! 折しもバチカンから悪魔祓いに来ていた初老の神父と共に彼は、韓国に救う悪魔と戦うのであったが!
「手に聖痕が出た
>>続きを読む

闇武者(2003年製作の映画)

-

 2003年。平家の怨霊に耳を千切られた琵琶法師・芳一が退魔坊主となり、魔物や魔道に堕ちた者(武蔵、小次郎、弁慶、沖田総司、乳母車を押すあの剣客など)を斬っていく大アクション絵巻。そういうあらすじだ。>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

3.5

 2020年。享楽と消費の裏に核の恐怖が横たわる80年代半ば、我らがダイアナが謎の石を巡って繰り広げる、こぢんまりとスケールがでかくてドラマの多いアクション活劇ムービー。
 前作で戦ったのがいわば人間
>>続きを読む

リヴァイアサン(2012年製作の映画)

4.4

 2012年。音と映像にビンタされ続けた…………。遠洋漁業の船、海、空、それらの荒れ狂う様をGoProがしっかと撮って、ナレーションも音楽も字幕もつけずにぶっつけてくるモノスゴい原液撮って出しドキュメ>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.7

 2020年。あけましておめでとうございます! 映画館はじめはゾンビ映画! いやーめでたい! ゾンビ禍で荒廃した韓国で「アジアいち不幸顔が似合う男」カン・ドンウォンがアンニュイな顔をしつつ頑張るアクシ>>続きを読む

ホワイト・ストーム(2019年製作の映画)

3.9

 2019年。く、狂ってる! 麻薬の蔓延する香港に睨みを効かせる売人の元締、麻薬撲滅を誓う刑事、そして元極道・今は実業家だったのがあるきっかけで麻薬絶対許さねぇマンと変貌した男が三竦みの三つ巴でバトる>>続きを読む

心霊 ~パンデミック~ フェイズ10(2017年製作の映画)

-

 2017年。 簡素感想。コチコチの演技が減りつつ、邪悪な動画が増えてよろしい感触のある心パン10巻。あとスタッフの徳丸&金井も久しぶりに活躍(?)
 今回は「ちゃんねる43」と「ふるえるしゃしん」が
>>続きを読む

ブルータル・ジャスティス(2018年製作の映画)

4.3

 2018年。うう。元旦からすごいものを見せられた。パッサパサの貧困ノワールハードボイルドや。ムショから出たばかりの黒人青年、若干やりすぎて停職となった警官2人、あっさり殺りすぎな強盗ほかがじわじわと>>続きを読む

狐の呉れた赤ん坊(1945年製作の映画)

3.6

 1945年。よかった。狐が化けて出るという街道で捨て子を拾った川越え人足の子育てドタバタ人情劇。
 演技、カメラワーク、編集、どれもモダンでむしろ下手な現代の映画より全然イケており、喜怒哀楽全部賞味
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.2

 2019年。最高であった。犯罪組織を追ううだつの上がらない捜査チームが組織のアジトを見張るため居座ったフライドチキン屋が近日閉店……困った……「仕方ない! ウチらで店をやろう!」 これが旨くて大繁盛>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

3.7

 2019年。ありがとうイップマン師父。シリーズ完結編。息子の米国留学を考えたイップマン師匠、渡米し中華街の幹部と面会するが冷たくされ、差別にも晒される中、色々あって傲慢な米軍人と戦うことに。
 年を
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME(2020年製作の映画)

3.5

 2020年。よろしゅうございました。最終回後のゼロワンの世界、突如として現れた救世主を名乗る「エス」という男により起こされる毒ガスによる世界同時テロ。「60分で世界を終わらせる」と豪語するエスに、ゼ>>続きを読む

劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本(2020年製作の映画)

-

 2020年。世界を無に帰そうとする邪悪な仮面ライダーによって引き起こされる世界の滅亡を、本の力で戦う仮面ライダー・セイバーたちが防がんと戦う20分ほどの短編。
 良くも悪くも「これが!! ワシが!!
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.8

 2020年。時は大正、家族を人食い鬼に殺された心優しき少年・炭治郎は、鬼と化しても人を殺さない妹と共に鬼とその首魁・無惨を倒さんとする組織「鬼殺隊」へ。仲間の善逸、伊之助、そして隊の幹部の一人=柱で>>続きを読む

心霊 ~パンデミック~ フェイズ9(2017年製作の映画)

-

 2017年。「ほるまりる」って何だよ、と言いたくなる都市伝説×ダイナミック祟りの「ほるまりる」ではじまる9巻。
 自転車で転んだら一瞬で……近づいてきたのは……な悪い夢のような展開が光る「つけられた
>>続きを読む

>|