ドントさんの映画レビュー・感想・評価

ドント

ドント

なんでもたべるよ。もりもり。おいしいな。

2016年4月10日以前に観た各作品の感想文は鑑賞メーターに置いてあります。http://video.akahoshitakuya.com/u/82056 

ゲットバック 人質奪還(2016年製作の映画)

-

2016年。スーパー肉弾アクション野郎ことスコット・アドキンス主演。警備員が間違い強盗を撃退したことから過去の亡霊に追われることになるアクション。この警備員がスコアドなんだから強盗も不幸である。
主役
>>続きを読む

サウスバウンド(2015年製作の映画)

3.5

2015年。面白かった。掘り出し物じゃ。南部を舞台に「死神」「女子組」「事故」「悪魔」「家族」(※勝手につけた邦題)の短編約5本がシームレスに繋がる怪奇絵巻。
いわゆるホラーのジャンルに入るであろうオ
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

ワー。ワー。とてもよかった。ロンドンに住む紳士クマのパディントン。老クマホームに住むおばさんへの誕生日プレゼントとして古い絵本を買おうと頑張って働いていたが、その絵本にはヒミツがあった!
おばさんとの
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間(2016年製作の映画)

-

2016年。仮面ライダーゴースト夏の劇場版。突如として出現した怪物とライダーによって地球の向かい側にある謎の惑星に飛ばされたタケルたち。そこは今まで眼魂として協力してくれた英雄たちが……。
推定100
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.3

私たちは神話を目撃する。前作『伝説誕生』から2年もの時間を挟んでの後編。前後編で現在~過去(←前編)~(後編→)過去~現在というメチャ変則的な構成になっている。
本作は前編にはなかった笑いの要素も入れ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

よかった。アメリカの田舎町、娘を殺されたブルーカラーの母親が道路沿いの看板3枚を借り警察を避難する文を掲げたことから起きる大騒動。
よく仕上がった脚本と演技合戦が素晴らしく2時間グッと引き込まれた。三
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

2016年。とてもよかった。とてもよい。英国ではない方の、アメリカの小さな町マンチェスター・バイ・ザ・シー(ここまでで町名)。故あってここを離れアパートの便利屋として暮らす男が、兄の死で町に戻って来、>>続きを読む

勝手にしやがれ(1959年製作の映画)

4.4

59年。フランス・ヌーヴェルバーグの代表作にして、ゴダールの代表作……と手垢のついた表現を並べるのはあんまりよくないと感じる。何故ならこれは「新しい」映画だったし、今もって「新しさ」を失っていないから>>続きを読む

サランドラ(1977年製作の映画)

3.5

77年。軍の実験場になっている銀鉱跡地に迷いこんだ平和な一家が、人をとって喰う危ない一家と対峙するウェス・クレイブン監督作。
平たく言うと『悪魔のいけにえ』荒野版。ビジュアルが一番鮮烈なキャラがファミ
>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

3.5

♪私のハートを盗んだ素敵な男 ……という曲に乗せて登場するのがユ・ヘジン(韓国映画5本に1本は出てる実にイイ顔のオッサン)、という出オチからはじまる、邦画『鍵泥棒のメソッド』の韓国リメイク。裏社会の凄>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

-

黒人男が「差別されないかなぁ」と心配しながら白人の恋人の実家に行ったら、すごくフレンドリーでよかったけど、なんだか、おかしいぞこの人たち……なホラー/スリラー、かつ怪作バカ映画。いやいや社会性を帯びて>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

-

映画史に残る最悪のオープニングシーンで幕を開ける本作は、いいとこの出で現代アーティストとして活躍する女の元に、20年前離婚した男から『夜の獣たち』なる暴力的な物語の著書が送られてきてはじまる。小説と過>>続きを読む

西遊記 ヒーロー・イズ・バック(2015年製作の映画)

-

2015年。昔々、斉天大聖を名乗る猿・孫悟空が天人相手に大暴れ。その罪で岩の中に閉じ込められて幾百年……から始まるCGアニメfrom中国。世に言う「西遊記」ではないのでご注意。
子供向け作品であるよう
>>続きを読む

シャドー(1982年製作の映画)

3.7

82年。NYに住む通俗作家がローマに着いた前後から起きる、小説へのオマージュを含めた女性連続殺人スリラー。
例のオカルト趣味はなくどぎつい色彩の炸裂もない、でも青と灰色の冷たいトーンが整っていて、その
>>続きを読む

「A」(1998年製作の映画)

4.2

98年。数々の事件を起こしたオウム真理教。その捜査や裁判の真っ只中、森達也が教団に上がり込み、広報の荒木浩(当時28歳)を中心に残された信者たちを撮る。
近作『FAKE』のような企みには満ちていないも
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

-

1997年。あっ間違えた。いやそれはともかく…… 地球を覆うシステムで天候を操作できるようになった近未来、しかしそのシステムが謎の暴走を始めて世界各地が大変なことになってくSF大災害ムービー。日本もす>>続きを読む

犯人は生首に訊け(2015年製作の映画)

-

2015年。病院を潰し離婚、都落ちして肉屋兼業のアパートに越してきた医師。肉屋のボケた父親の診察をしていた際、「胴は川に……首はまだ冷蔵庫……」との呟きを耳にした数日後、川から首のない死体があがり……>>続きを読む

大巨獣ガッパ(1967年製作の映画)

-

67年。日活が満を持して制作した大怪獣映画にして、日活最後の大怪獣映画である。スクープに目のくらんだ雑誌社が南の島から奪ってきた怪獣の子供を追って破壊神・ガッパが日本に襲来、熱海とか河口湖近くとか工業>>続きを読む

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

-

2016年。何はともあれ、面白かった。思春期からか連続殺人に魅了され「反社会的性質」と診断された青年が、自身の住む小さな町で起きた猟奇連続殺人にのめり込んで行くが……
予告も観ないままで鑑賞してよかっ
>>続きを読む

スタング 人喰い巨大蜂の襲来(2015年製作の映画)

3.5

2015年。清く、正しく、そして面白いモンスター映画。ジャケが安いのがもったいない……。金持ちの家のパーティのケータリングに出向いた男女と客たちが突如として出現したでかいハチに襲われる! 刺された者の>>続きを読む

NIGHT SAFARI(2014年製作の映画)

-

2015年。小林勇貴監督2作目(中編)、女子への暴行疑惑を発端とした不良同士の抗争が泥沼化していく中、行き着く先は。 
引き続き自主制作ながら『Super tandem』から1年で格段に上手くなってい
>>続きを読む

Super Tandem(2014年製作の映画)

-

2014年。暇をもて余したニーチャンが自警団となり、万引き犯の読んでたマンガを轢く正義を執行するなどした後で本格的にこわいひとと対峙することになる。
本編35分ほどの短編自主映画で、小林勇貴監督デビュ
>>続きを読む

オペレーション・メコン(2016年製作の映画)

-

2016年。タイ、ラオス、ミャンマー国境のメコン川で中国船が銃撃を受け13名が死亡。麻薬が絡むこの事件を中国公安の少数精鋭部隊が追うアクション超大作。
いろんな要素を詰めこみつつも素材が適度にザク切り
>>続きを読む

名探偵ゴッド・アイ(2013年製作の映画)

3.6

2013年。どうかしている。盲目の男探偵と武闘派女刑事が、女刑事の幼馴染み失踪事件を中心に様々な事件を追いかける恋愛コメディアクションサスペンス、ミステリ風味。
盲目=聴覚や反射神経などがすごい奴 と
>>続きを読む

シルバー・サドル 新・復讐の用心棒(1978年製作の映画)

3.7

78年。マカロニウエスタン終焉後の、ジュリアーノ・ジェンマ最後のマカロニ。しかも『サンゲリア』『ビヨンド』を撮る前のルチオ・フルチ監督作。幼年期に悪人を殺めてから流浪のガンマンとなった男が、仇敵の一家>>続きを読む

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘(1966年製作の映画)

-

66年。遭難した兄を助けに青森から上京、青年2人とドロボーと共にヨットを強奪した漁師の青年。でかいザリガニに襲われ島に流れ着いたと思ったら、そこには悪の組織が奴隷を駆り居城を作っていた! それはそれと>>続きを読む

死の家(2000年製作の映画)

-

2000年。DVDになっていない、VHSのみの映画には2種類ある。面白いが権利の問題や「あまり売れなさそう」との理由でDVDにならないもの。ただ単に面白くないし売れそうにもないもの。本作は後者である。>>続きを読む

極道恐怖大劇場 牛頭(2003年製作の映画)

4.0

2003年。大変よい映画を観ました。ヤクザ映画meetsデビッド・リンチとかいう、うどんカツ丼カレー揚げのような、奇怪千万なる三池崇史の秀作。頭のおかしくなった兄貴分を“処分”しに名古屋へ向かった弟分>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

-

2016年。取引相手とは仲良くしましょう。簡単な銃と金の取引のはずがヘボい理由で銃撃戦が勃発してめんどくせぇことになるワンシチュエーション・ガンアクション。
アクション、と書いたが皆さん安めのギャング
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

大変面白かった。レイは伝説のジェダイ、ルークに協力を求めに行き、カイロ・レンは偉い人にいじめられる中、台頭するファーストオーダー軍に反乱軍が追い詰められていく。
そりゃあまぁ説明台詞多すぎるな?とか、
>>続きを読む

隠された時間(2016年製作の映画)

3.9

アジア一の不幸顔カン・ドンウォン、今度は時空に取り残されるの巻。母を亡くし義理の父と引っ越してきた孤独な少女、仲良くなった少年たちと共に山へ探検に行き、洞窟で不思議な石を見つけたと思ったら少年たちが消>>続きを読む

逆徒(2017年製作の映画)

3.9

よてもよかった。『全員死刑』『ヘドローバ』でメジャーにカチコミをかけた映画悪童・小林勇貴が以前に撮った54分の中編。あらぬ嫌疑で不良仲間に殺された男ヨシキが復活。富士宮グループと富士グループの対立と抗>>続きを読む

ヘドローバ(2017年製作の映画)

-

限界団地を宗教と恐怖で仕切る老婆&その孫2人、特殊清掃の仕事をする兄と身体障害者の妹ほか、頭のズレてる皆さんが巻き起こすカオスと暴力の祭り。
全編スマホ撮影という映画のケツを蹴るようなスタイルで撮って
>>続きを読む

宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー(2017年製作の映画)

-

宇宙戦隊キュウレンジャーにて、一時本隊とは別行動をとっていたスティンガーとチャンプとの旅路を描くソロVシネマ。
ヒロインが坂本“ザ・ふともも”浩一監督としてもセクシーだと思っていたらこの子がまぁよく動
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

-

スーパーマンを失い混迷を深める世界、それはそれとして各地に封印された超パワーを持つ箱3つを狙いに強大な敵が押し寄せてくる。地球を救うため、バットマンをはじめとしたぼっちな超人たちが力を合わせて立ち向か>>続きを読む

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(2017年製作の映画)

3.6

ライダー映画でベストのステージに立つ一本で、平成二期を観てきた人には最高の贈り物。謎の科学者の手でビルド/エグゼイドらの世界が融合する計画が進み、その衝撃で人類滅亡が迫る中、ビルドとエグゼイド、そして>>続きを読む

>|