藍沢悟さんの映画レビュー・感想・評価

藍沢悟

藍沢悟

映画を観て好き勝手感想投げます。

映画(315)
ドラマ(0)

心と体と(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

人と人が完全に理解し合えるのは難しい。
お互いが沢山向き合う時間が必要だと思う。

マーリアは人との接し方、触れ方が分からない。
エンドレはマーリアの考えていること、行動が分からない。
そんな二人が、
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

オギーと、オギーを取り巻く家族、友達の悩みや葛藤。
色々刺さることが多くて、ずっと泣いていた。

子供って良くも悪くも素直な生き物だ。
笑って泣いて怒って、また笑って、表情がくるくる変わる。
でも、い
>>続きを読む

レジェンダリー(2017年製作の映画)

1.0

一定のテンションで突き進み、もったりしたアクションと、ゆったりとした展開、説明の足りなさ等、とにかくつまらなかった。
1時間半でも長く感じる。
もう一生観られないかもしれない。

トム・ホランドとジョ
>>続きを読む

デンジャラス・ラン(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

デンゼル・ワシントンの悪役の格好良さに咽び泣いた。
そして不運のライアン・レイノルズ。
この組み合わせ、想像していた以上に面白かった。

『コラテラル』を独自にアレンジして、ラストは『ミッションインポ
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ完結編!
ずっと待っていたので、どうなるか必要以上に緊張していたものの、一先ず完結して良かった。

この映画は、自分が選択した道が合っているのか、それとも間違っているのか分からなくても、選択し
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.0

大切な人を殺された挙句、無罪判決まで持ち込めなかったら、そういう精神状態になってしまうよな、と思ってしまった。
周りの人間に支えられても、時間が流れても、心に折り合いがつけられないこともある。

世の
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.0

前半と後半の雰囲気の切り替えがとても良かった。
これはどうなるんだろう?と思いながら観ていたが、まさかの着地点。
面白かった!
86分、夢中になって観てしまった。
こういうオチは、嫌いじゃない。

>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

傷を抱えておじさん3人が、再会して、折り合いをつけに行こうとする話なんだけど、なんでこんなに悲しくて、やるせなくて、涙が止まらないのか分からない。
戦争は現在進行形で、今もどこかで誰かが戦っている。
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

1作目も面白かったけど、今作は1作目よりも面白かったし、めちゃくちゃ好きだった!
アクションはひたすら格好良くて、胸にグッとくるところもある。
子供は大人が守らなくちゃ駄目という、当たり前なことをきち
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.0

カラフルな世界が美しい!!
この映画を通してメキシコの文化、死生観にがっつり触れられて良かった。
こんな風に昔からの家族1人1人を大切にしている考え方は、自分には絶対に当てはめられないけど、それはそれ
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

2.0

短編映画としては長いし、かといって中編映画とも言えない。
わざわざ尺を長くしたわけだが、その中で面白いものが描けているかと考えると、そうでもない。
完全に『アナと雪の女王』のオマケで、1本の映画として
>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

4.0

自分を主張すること。
そして、自分を知ってもらうこと。
言葉にすれば簡単なのに、こんなにもうまくいかない。
それでも、主張することを諦めない。
声を上げることを辞めたら死んでしまう。

これは決してデ
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

4.0

『犬ヶ島』が素晴らしすぎたので、こっちも鑑賞。
これが9年前の映画かー!
ストップモーションアニメ映画1作目のはずなのに、センスがキレッキレ過ぎる。

大人になりきれなかったMr.フォックスが、家族と
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

太鼓の音、飛び交う日本語と英語、知っているようで知らない日本の姿、そして人間と、沢山の犬。
ウェス・アンダーソン監督の独特の間の取り方と、テンション、そしてキレッキレのセンス、何もかもが完璧で最高だっ
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

なんでこんなに泣いてるんだ?って思うくらいに泣いて泣いて泣いた。
『ダンケルク』、『人生はシネマティック!』と密接に繋がっているであろうこの映画、伝記もので政治ものであるが、全く飽きない!
テンポが良
>>続きを読む

ブラザーズ・ブルーム(2008年製作の映画)

4.0

ゆるゆるした詐欺師の兄弟の、ドタバタコメディかと思ったら、ラスト、予想外のところに着地して放心状態である。
キャラクターの掘り下げが明らかに足りないとは思うものの、ラストに全て持っていかれた。
あのラ
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと、想像していた以上にこの映画最高でした。

ラッキーは自分が倒れたことと、友人がペットの亀のために遺産相続させようと奔走している姿を見て、急に死を自覚する。
カフェの顔なじみのスタッフに、「怖
>>続きを読む

ハイキュー!! コンセプトの戦い(2017年製作の映画)

3.0

アニメを知っているからこそ、こっちの総集編はあんまり上手じゃない。
新規カットはまあ良かったとして、メインの試合をはしょりすぎて、勿体ない。
2時間使っても全然大丈夫だったんじゃないか?
せっかくの劇
>>続きを読む

ハイキュー!! 才能とセンス(2017年製作の映画)

4.0

全体的にうまくまとまっていたと思う。
総集編という割には、観たいところがちゃんと観られたし、新規カットも全然違和感なく入れられていて、ちょうど良かった。
敗者の視点を捨てない姿勢は素晴らしいな。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

最高の一言に尽きる。
元ネタは多分全部は拾いきれていないものの、「あっ!このキャラクター知ってる!」とワクワクしながら観られたし、王道の展開ながらも、今の時代に合わせてちゃんとレベルアップしているし、
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

心地よい余韻を引きずって映画館を後にした。
『最強のふたり』を観た後の余韻ととてもよく似ている。

訃報記事をきっかけに巡り合う老婦人と新聞記者。
最初は考え方や価値観の相違でぶつかり合うが、段々お互
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

2.0

ひたすら退屈した。
コンディションの問題かな。
結末へ向けてどう繋がるのか?とワクワクして、ずるずる引きずられてラストまで走るので、凄く焦らされる。
観ていてモダモダする。
その割には、途中から予測で
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

清々しく、鮮やかな時間。
どんな結末であろうと、彼らの過ごしたあの夏の一瞬は、永遠に輝き続ける。
エリオとオリヴァーのやり取りの数々は忘れられない。
限られた時間の中でお互いの気持ちに正直になって、感
>>続きを読む

>|