iさんの映画レビュー・感想・評価

i

i

  • List view
  • Grid view

サイコ・ゴアマン(2020年製作の映画)

2.8

造形は嫌いじゃないけど、おもしろくないし失敗したなーと思いながら観てた。

屋敷女 ノーカット 完全版(2007年製作の映画)

3.5

妊婦さんの家に女が侵入し追いかけ回す血みどろホラー。不穏なノイズ音、光、影の使い方がうまく、コンパクトにまとまってる。

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.1

前作のエンドロール後ギドラの頭が保存されてた件も今作でつながる。ゴジラとゴングの殴り合いはワクドキしないが、ラストバトルでシメてくれて良かった。

ベイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

3.3

終盤のアクションは目を見張る。ヤクザの娘(秋谷百音)も良かった。『ある用務員』で一番気になった伊能昌幸の使われ方が残念! チラり禰󠄀豆子サービスや軽い笑いを散りばめ、感性の若さを感じる。

初日舞台挨
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

3.0

メンバー集めの段階が微笑ましい。スマホで簡単に映画が作れるイマドキ感。最後もうひと盛り上がり欲しかった気が。

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

2.6

南米のノリが合わず、似たような曲調で耳が疲れた。「忍耐と信仰」が信条のアブエラばあちゃんの歌が一番良かった。エンドロール後にちょい映像あり。

ジャングル・クルーズ(2020年製作の映画)

3.0

んー、物足りない。ムダなドタバタ多め?! 呪いとか、信頼関係とか、細かな場面は良い。夏休みの親子映画って感じ。(字幕)

シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち(2019年製作の映画)

2.9

海パンの柄が絶妙にエロ寄り?! 水球シーンがアッサリ目で、なんか違うと思いつつも飽きずに観れた。

1秒先の彼女(2020年製作の映画)

3.3

台湾の風景と空気感が上品で、たまにはこんなゆったりファンタジー系もいいなと。主役の彼女はポージングうますぎ。

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

3.4

いいシーンは結構あったが、オリジナル脚本だからかちょっと期待と違うとゆうか弱いとゆうか。

孤狼祭 コロフェス 完成披露プレミア(舞台挨拶中継)

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.0

不穏な音響と主役2人の演技合戦で、おもしろくなくても期待値あげたまま見続けられる雰囲気映画。前作といい、色合いがとてもうまい監督だ。

唐人街探偵 東京 MISSION(2020年製作の映画)

3.0

トニー・ジャー目当て。過去作が見当たらず、シリーズ3作目にして初見、結果問題なし。安っぽさがなく、オープニングが最高。東京を舞台にドタバタの連続でだんだん飽きてくるが、エンドロールでニッコリ、いい気分>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

3.2

キャスト達のファン向け的だけど、ケンカシーンの見せ方がうまく、弱っちい主人公が過去を書きかえ奮闘するタイムリープ物。期待してた清水尋也の役が謎すぎた。顔が一番キマってたのは鈴木伸之。

アジアの天使(2021年製作の映画)

1.5

大きな動きもなく、2時間越えは苦痛。センスの合う所がまるでなかった。今後はパスしよう。

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.3

簡単なストーリー。見せ場以外はちょっと物足りない感じ。フローレンス・ピューがあと6kg減量したらスーツ姿もキマるのになぁ。(字幕)

ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている(2021年製作の映画)

3.7

ビリー・アイリッシュといえば、カラダの線を出さない服を好み、学校へ行った事がないとゆうくらいしか知らなかった。家族愛とゆう無償の力でサポートされる彼女は幸せだ。ジャスティン・ビーバーの初回のメッセージ>>続きを読む

Arc アーク(2021年製作の映画)

2.0

最初の10分は興味ひかれたが、それ以降は退屈で早送りボタンがほしかった。白黒の対比や年月の過ぎる感じもせず、正直レンタルでも観なくてよかった。

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑(2020年製作の映画)

3.1

あいかわらずカワイイ! 遊び心がなくなっちゃって、なんだか物足りない。まぁビジュアルだけでも目の保養にはなったけど。(字幕)

クローブヒッチ・キラー(2018年製作の映画)

3.2

父親が殺人鬼かもと疑う息子。静かな作品だけどジワジワ迫る雰囲気が飽きさせない。多分キャストがうまいんだろう。終わり方も良い。

明日の食卓(2021年製作の映画)

3.5

親の顔色を読む子供達、子供にはちゃんと愛情を示さないとなぁ、と。個人的ベストアクトは烏丸せつこ。

男の優しさは全部下心なんですって(2019年製作の映画)

1.0

なんのために作ったのかサッパリ分からない作品だった。出ている2人の女の子は凄く可愛かったけど。

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

2.6

劇場で前から5列目以内の席だと酔うと言われた『ハードコア』の監督にしては地味な感じ。マジメに作りすぎかも。

キャラクター(2021年製作の映画)

2.6

2時間ドラマ的に薄っぺらい。観たい部分が事後ばかりで、全体的に静か。冒頭のフジテレビ制作の文字に期待値半減。

クルエラ(2021年製作の映画)

3.8

エマ・ストーンよりワンコ達に気を取られる。音楽、テンポ、お金のかけ方がちょうどいい。(字幕)

コンティニュー(2021年製作の映画)

3.5

ちょい雑なVFXと雑なラストでモヤ感はあれど、なんかゲームっぽくて、100%フランク・グリロを堪能する映画なんじゃないかな。50代であのバッキバキな肉体美!

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

2.5

長すぎ! 前編『最終章 The Final』にちょっと足して終わらせてくれれば良かったのに。見せ場も少ないし、レンタルで充分かな。

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

2.7

ディザスターを期待すると肩すかし。ジェラルド・バトラー兄貴の良さがまったく出てなくてビックリ。この監督は大好きだけど、刑務所物一本で行ってほしい。

ファーザー(2020年製作の映画)

3.6

ほぼ室内のみの会話劇。アンソニー・ホプキンスがアカデミー主演男優賞を取る前に予備知識なく観てみたかった。思いがけず泣けた。

狂猿(2021年製作の映画)

3.8

エンドロールの言葉がガツンと響く1年間密着ドキュメンタリー。コロナ禍でなければもっと魅力的な彼の映像が撮れただろう。蛍光灯が飛び散りカミソリで背中から血が流れる映像は観る人を選ぶが、デスマッチのカリス>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.2

カーアクションは家で観たらイマイチに感じそう。そもそもシングルマザーがちょいダメ女で、ラッセル・クロウに追われても気の毒に思えない。

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット(2021年製作の映画)

3.0

前作と比べると失速気味で歌とかいらないけど、ロシアンルーレット場面は良かった。さゆりんご(松村沙友理@乃木坂)は安定のかわいさ。やっぱりドラマの方がスピード感あって好き。

特別先行上映&舞台挨拶生中
>>続きを読む

野良人間 獣に育てられた子どもたち(2018年製作の映画)

1.0

タダでも観る必要なし。野良人間を教育する記録ビデオの再生で進むストーリー。エゴイストまたは自己満の話って感じ。

お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方(2021年製作の映画)

2.8

葬儀社主催の終活セミナーに参加した事をキッカケに、夫婦のキズナを見直していく話。橋爪功と高畑淳子の夫婦役はうますぎて完璧。ワンデーフリーパスだから観たって感じ…

>|