dowaikiは家にいるさんの映画レビュー・感想・評価

dowaikiは家にいる

dowaikiは家にいる

映画(872)
ドラマ(35)

新聞記者(2019年製作の映画)

2.0

邦画で社会派政権官僚批判告発系作品?韓国映画みたいに?と思われるのは予想できるはずなのになんで無理くりシム・ウンギョンを配置するのかな。ノイズにしかならない彼女を起用する理由を追ったらもう1本告発系作>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.0

ジョーダン・ピール監督、強い作家性と作品の構造、そして一般へのウケかたがM・ナイト・シャマランの登場当時とかぶる。だからちょっと心配。『ゲットアウト』の次、今作『Us』。『シックスセンス』の次『アンブ>>続きを読む

建築学概論(2012年製作の映画)

3.0

"2012年公開の映画「建築学概論」に出演した後、「国民の初恋」と呼ばれるようになった。" (ペ・スジwikipediaより)

ペ・スジ(学生ソヨン)が良すぎる。俺は恋をした。追いかけたい。名前は覚
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

4.0

言わずとしれたガン=カタの始祖。以降のスタイリッシュ銃アクション作品全てに影響を与えている(嘘)。
観てから観ろ!
爆笑するのが正解だ!

カート・ウィマーの最高傑作ちゃうかな…
アンガス・マクファー
>>続きを読む

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

めちゃ好きやで…こういうの…

破滅へのコンディションが静かに整う。終盤1点に集約していく狂気の疾走がたまらん…
記念式典。身支度を整えてる間に想像する何種類もの壮絶エンディング。ここ最高潮。もう脳汁
>>続きを読む

太陽を撃て(2015年製作の映画)

2.0

カラッカラの砂漠でずーーっと何やっとんねんケーセッキア!

どやシーン繋げただけの87分は…苦しい…何も残らない…2015年?これ2015年製作なの?!90年代初頭感すごいけど…わたしをベガスに連れて
>>続きを読む

ザ・キング(2017年製作の映画)

4.0

プライム見放題に検事モノのこんな良作がぁ〜
まったくノーマークだった…大好きサイコ顔面ペ・ソンウと美しすぎる顔面チョン・ウソンの共演なのに…懐深すぎるやろ韓国映画…

腐敗もの、政治もの、復讐もの、で
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

2.0

あまいのはローガン・マーシャル=グリーンの顔面だけでいいんだよ!

安い!のはしょうがないとして、読める!のも我慢するとして、あまい!のは許せない…(設定が)
リー・ワネル…ソリッドな脚本の人だろ…監
>>続きを読む

義兄弟 SECRET REUNION(2010年製作の映画)

3.0

北のほうは一回も兄弟認めてないけどな…

少し時間をおいたら内容を忘れてしまった…印象が薄い…TSUTAYAプレミアム見放題にあったから飛びついたんだが…だってソン・ガンホとカン・ドンウォンの南北バデ
>>続きを読む

国家が破産する日(2018年製作の映画)

4.0

やっぱそんな感じだったのね…

1997年通貨危機。その時、政府は!?市井の人間は!?投資家は?!同時並行する3つのストーリーで描く based on a true event but it is f
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

5.0

googleで世界を知るスピード感。

ビートルズは俺が独り占め!繰り出す技が全部超ド級の必殺技!のトリハダ体験をテンポよく維持した上に大切なメッセージが乗っている。

優れた芸術の普遍性と継承。
>>続きを読む

グラビティ 繰り返される宇宙(2019年製作の映画)

2.0

こつぶなのはしょうがないとしても…

失敗ループ繰り返しモノは色々あるが、観たやつあげていくと…『ラン・ローラ・ラン』(あんま覚えてない)『バタフライ・エフェクト』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

指輪が落ちるなら素っ裸だろうが!

1年遅れでハマった。家ではまった。観終わってすぐワイフに両手を差し出して「ひなー!飛べ!世界なんてどうでもいいんだ!」って叫んで「はまってるなぁ…」っれ軽くいなされ
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.0

イット…それが…見えてから…長い…けど…終わり!

すんません…家族が再生してたので便乗したんだけど…前作観てないのオレ…

子供時代の前作を想像&(子供に)リアルタイム聞き取りしながらの(子供もいま
>>続きを読む

吹く風は秋(2017年製作の映画)

2.0

「この金でやりなおしな。あとな、おめえの亭主はろくでもねえぞ。」

大好き藤沢周平原作テレビドラマ。今回も短い!すぐ終わる!だって短編だもんテレビドラマだもん。
藤沢周平短編「橋ものがたり」は読んだけ
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.0

悪魔の毒毒…ではない…モンスター…でもない…強靭なおっさん…

わりといい。
スパイダーマンしかり、デアデビルしかり、人間からヒーローに「成る」誕生物語は毎回テンションがあがる。(放射性物質有能すぎ!
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

5.0

ラドンの立ち位置すごくいい…

ヴェラ・ファーミガががが!チャン・ツィイースカしてる!渡辺のケン!など、ヒューマンどや顔面のどアップ何度も出てきて非常に満足。でも観るべきはそこじゃない。ラドンをみよ!
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.0

原題はドイツ語 Aus dem Nichts これは英語で out of nowhere、どこからともなくと言った意味らしい。英題は In the Fade これはフェードイン?フェードアウト?的な意>>続きを読む

感染家族(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

イライラがすごいわ…

コクソンと新感染はどっちが先だっただろうか。どっちも2017年公開だけどコクソンのほうがちょっとだけ早いのか。メジャー韓国ゾンビ映画の幕開けはそのへんだと思っている。その後キン
>>続きを読む

イベント・ホライゾン(1997年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

時空を歪め特異点を通って重力推進航行する宇宙船とかガチで金かけたスペースSFものがやで、ラテン語話す悪魔憑依とかトラウマ幻覚とか血の海地獄とかで超オカルト展開するとか、異ジャンル格闘技みたいな作品なん>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.0

至高の「変態」ミステリー 〜愛は変態を救う〜
ドンピシャ俺好み。

高度に練られた読めそうで読めない展開が観終わって悔しい。散りばめられた数々の仕掛け、気づいてないやつもあるんだろなー俺。ユニークな設
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

製作総指揮と主演のジョエル・エドガートン、時代劇の屈強男とかコワモテギャングの髭顔面イメージもあるけど俺は『ザ・ギフト』の気味悪い印象がとても強くて。今作、それとタイトルと(赤いドアの)ビジュアルから>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.0

実際のトーニャ・ハーディングにまつわる実際のイベントは多分にフィギュアスケート界における彼女の顔面に起因するものであるのにも関わらず、この作品でトーニャを演じるのがナンシー・ケリガン側の顔面をもつ女優>>続きを読む

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-(2019年製作の映画)

3.0

「こわいのが〜みたいの〜おばけとかゾンビとかの〜」最近うちの3歳児が言うの。きっかけは『ラ・ヨローナ』だったかな。こわいの観るのがが好きになったみたい(夜中激泣きするんだが)。以来3歳児リクエストあっ>>続きを読む

地獄少女(2019年製作の映画)

3.0

究極の快楽(復讐)を手にする為にパズルボックス(人形のヒモ)を解き地獄の魔導師(あいつら)を呼んだ結果の、、
あれ?これってヘルレイザーじゃん!ジャパニーズヘルレイザーじゃん!気づいたらいっそう楽しめ
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

3.0

ありえない程不利な状況から如何に「功を成すか」、タンク戦におけるその戦略部分を緻密に描くのだろう、これはイイぞと第1幕で期待。誰も知らないけど皆個性的な顔面でよし、キャラ関係よし、さあ行け準備は整った>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

5.0

このメンツで209分こんだけ血なまぐさくやってくれたらもう完璧。完璧じゃなくても完璧。そうそれが『グッドフェローズ』補正。
食肉横流しして気に入られて成り上がるところなんか失禁につぐ失禁でビショビショ
>>続きを読む

アンカット・ダイヤモンド(2019年製作の映画)

4.0

いい…すごくいい…
もともとアダム・サンドラーあんまり観てないからコメディのイメージ無いのも手伝って。
ダイヤモンドちゃうやんオパールやん!という部分で初回ひどく注意を削がれたので2周した。原題は『U
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ホンが酷い。全部ホンのせい。これがシリーズ3の法則かという感じ。
バレエ婆(まず誰やねん!)→ハルベリー(JWと過去ありそうやけど誰やねん!)→犬撃ち男(ほんまに誰やねん!)→砂漠の男(トップっぽいけ
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.0

女だらけの大運動会!激アクション堪能。もうそれだけでいいマッケンジーデイヴィス愛してる!
1と2はセットやねん。正統続編や言うて再評価狙うならシュワミネーターは一回汚れやらせなあかんねん。できへんのや
>>続きを読む

映画 としまえん(2019年製作の映画)

2.0

としまえんには何度か行ったことがある。こんなに怖い場所だったとは露知らず…そうか…俺メリーゴーランド乗ったから大丈夫なのか…
チケットもらうところまではなかなか良かったんだけどな…場所の呪いつうか…人
>>続きを読む

狩りの時間(2020年製作の映画)

2.0

イ・ジェフン(首謀者の奴)は『高地戦』で観てるはずだけど覚えがなかった。アン・ジェホン(ちょっと太ったいい奴)は出演作みたことない。チェ・ウシク(主人公ぽい登場しておいて最後までフワフワしてた奴)は新>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

5/1(金)青山シアターのオンライン試写会にて鑑賞。オレ選んでくれてありがとう青山シアター愛してる!

序章、葉門、継承、(外伝マスターZ)、ときて、今作、完結。ドニー・イェンのイップ・マンは4作目で
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.0

KKKにアフリカンアメリカン(配慮)が潜入!って過激な筋に惹かれて(監督スパイク・リーとは知らず)観ようと思ってたけど(オレ周辺で)そんなに話題にならんかったからいつの間にか忘れてて、そしたらプライム>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

2.0

序盤をすぎたあたりで「観たいものが家にいてなんでも観れるこのご時世にオレはツタヤ店舗でレンタルしてまでいったい何をみとるんや!」感が襲ってきたが「いや、ツタヤプレミアムで旧作タダやからええねん。オレは>>続きを読む

ヘルボーイ(2019年製作の映画)

3.0

あぁぁつまらん〜ダメダメやぁぁ〜おもてたらラスト10分のメラメラ盛り上がりが最高オブ最高やった!
ミラ姐さん最強魔女なぁ…ちょっともう出てるだけで見方が変わってしまうのが困りもんじゃのう…

>|