きなこ

きなこ

点数はあくまで個人的な気に入り度。
ジャンルは多分なんでも好き。ゴア表現はグリーンインフェルノレベルまでいくとキツイ。そんな感じです。

16.07.15〜 ゆるりと感想つけてます。

TAP THE LAST SHOW(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます。

※おおむね満足なのですが、本レビューとは酷評気味の部分もあるのでご注意ください。


この作品を観るなら、絶対に映画館で見ないとダメ、と感じた。
正直、良い意味でも悪い意味でも。
タップシーンは本当の
>>続きを読む

優雅な世界(2007年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

なんだこの明るさを装った鬱映画は!笑

今作は終始ソン・ガンホの演技力が光りまくってます。
というか彼の出演作はどれもそうなのですが、今作は特に「虚しさ」のこもった表情、泣きの演技が言葉にならないほど
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.8

正直、映画というよりドキュメンタリーの特番をドラマ付きで観ているという感じ。
ただその分メッセージ性は強かったし、
爆破テロシーンや銃撃戦の激しさが(言い方が悪いようですが、勿論良い意味で)若干しつこ
>>続きを読む

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます。

いやぁ面白い。
こういう低予算が感じられる内容の凝った映画にはどうも好きで、かなり弱いのですが、それを差し引いても1.5時間のコンパクトさでかつ良質な内容に大満足でした。

ロボが胡散臭い…絶対怖い展
>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

4.0

なんつう高カロリー作品だ。
主人公(ハ・ジョンウ)がひたすらに追いかけ、しぶとくもがく様は哀れで、虚しく、みっともなくもあるはずなのに、不思議とある種のかっこよさがある。

韓国ノワールの中でも本作の
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

なんて素敵な映画!

ロバート・デ・ニーロ扮する70歳のインターン、ベンの、豊富な人生経験からくる魅力に、現代の喧騒に飲まれた若者たちがどんどん良い方向に変わって行く様子がこれでもかというほど気持ちい
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

AWESOME!!!!!!!!!!!!!!!

一作目をテレビで観たのが本当に惜しい。絶対に映画館向きだと思っていたけど(テレビで観ても面白かったですが)、まさかこんなに楽しいなんて。参りました。
>>続きを読む

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

3.9

戦争の悲しさ、その波にもまれながら逞しく生きる人たちの力強さに涙。
こちらの方が先だけれど、個人的に《この世界の片隅に》にほんのり似たものを感じた。戦時下の一家庭を描くという点で。
ブワッと大泣きする
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます。

※正直、酷評気味です。

アリシア・ヴィキャンダー目当てで見に行った本作。
彼女の演技は本作でも素晴らしかったけれど、正直話しがなにもかもお綺麗すぎて萎えました。
夫はまだ「なんて良い人なんだ…」で済
>>続きを読む

シークレット・サンシャイン(2007年製作の映画)

4.1

こんなに重厚な作品だとは思わず、ジャケット写真のイメージでかなり損をしている印象。
生々しい描写の多い韓国映画の中でも傑作だと思う。

生前浮気をした夫を亡くし、その夫の故郷に越してきた主人公。最初か
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

3.9

この後味の悪さ。良い意味で(?)、癖があり、かつ淡々と進行するので、見る人を選ぶ度は割と高い気がします。
なんとなく同じく韓国映画の「殺人の追憶」を彷彿とさせる感じ。

ハ・ジョンウの静かに狂っている
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

一切ネタバレ厳禁の作品でした。
なので過敏な方はネタバレしてない感想さえも見ない方がいいと思います…。

あれ?と思うところが所々あり、こういう事かな?それとも…と考えを巡らせて観ていたらラストで…衝
>>続きを読む

メトロポリス(1926年製作の映画)

4.0

ずっと気になっていた本作。
90分程のバージョンで鑑賞しました。
もうすぐ100年目を迎える映画作品とは思えない出来。
労働者の動きをぎこちなく機械的にしているのは、メトロポリスの支配者から見た彼ら(
>>続きを読む

王の男(2006年製作の映画)

3.6

コンギルとチャンセンの友情がどこまでも爽やかで切ない。
王が見事なまでのバカ殿ですが、それは彼の置かれた境遇やそれからくる寂しさゆえなのだと思うとそこもまた辛く、胸を打たれました。
王がコンギルに向け
>>続きを読む

エクステ(2007年製作の映画)

3.5

B級を本気で作るとこうなるという感じ。
本作がなんと園子温監督作デビューとなってしまったのですが(笑)、人間ドラマ面もエグくて、みんな死ね!度を上げるのが流石有名監督なだけあり上手いです。
恐怖は理不
>>続きを読む

大統領の理髪師(2004年製作の映画)

3.8

コメディの皮を被った風刺ドラマという感じ。
うまく見やすく作られていて、良い意味で非常に映画的だなとは思うものの、発展途上の真っ只中にあった当時の韓国の生々しさは伝わってくるし、映像作品としてよく完成
>>続きを読む

反則王(2000年製作の映画)

3.5

ちょっと異色のコメディ映画。
他の方のレビューにあった通り、個人的にもチャプター分けされてる意味はあまり感じず。なので実験的な感じもし、それがかえって独特の見応えを生んでいる感覚。

ジウン監督といえ
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.8

Huluに40周年4K版が出ていたのと、某映画誌オールタイムベストで大評判だったのでそういえば観たことないなぁと気になり鑑賞。

レザーフェイスもだが、なんだあの一家!怖すぎる!
そしてホラーの定番だ
>>続きを読む

義兄弟 SECRET REUNION(2010年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

主演のソン・ガンホが好きなのと、訳ありバディムービー、と聞いて鑑賞。

これは面白い!
脚本がとても上手く纏まっていたのと、
韓国映画お得意の絶妙なコメディ要素で非常に安心して観れました。
ラストのハ
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

痛快!
というと語弊があるかもしれないが、様々なメディアで「ありのままの韓国を描いている」と評されているのにはものすごく納得。
メディアや政府への風刺がこれでもかいとうほど盛り込まれ、そうそう、こいつ
>>続きを読む

シュリ(1999年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます。

ソン・ガンホの出演作ということで気になり鑑賞。
とても良い、ストーリーとしてはとても切ないし良かったのかと思うけれど、
王道的だからこそ個人的には展開が読めすぎたのと、正直南北問題について言及するシー
>>続きを読む

青い塩(2011年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます。

辛口レビューです。
すみません。






ソン・ガンホはとてもカッコよくスマートで愛嬌もあり素敵。ひたすら素敵です。ヒロインも王道的ながら可愛い。
2人の関係性にはとてもドキドキしました。

しか
>>続きを読む

弁護人(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

とあるインタビュー記事よりの引用で、この映画は内容が内容だけに、当初投資をあまり集めず宣伝控えめに制作されていたそうですが、
主演にソン・ガンホがキャスティングされると口コミが広まり最終的に韓国での観
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

4.0

圧倒された。
某誌で高カロリーと表現されていただけある、血の量が半端じゃなく、慣れない人が観たら目を覆いたくなるようなシーンの連続(実際過激なシーンではおそらくゴア慣れしていないであろう女性客の小さな
>>続きを読む

王の運命 歴史を変えた八日間(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

大泣き。
父親としての前に王として生きようとした英祖と、親の愛情が欲しかった思悼世子、2人のすれ違い続ける人生を事件発生の現代と回想とで交互に描写するのが、
単に時系列順に進行するよりも「何故こうなっ
>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます。

短いですが辛口レビューです。ごめんなさい!







評判がいいので期待しすぎてしまったかも…。
泣かせようとする演出が安っぽく感じ、自分には響きませんでした。
(と言いつつ序盤で女の子の健気さに
>>続きを読む

新しき世界(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

いつも前情報を入れないスタイルなのですが、本作も例によって評判だけ聞いて気になり鑑賞。
その為最初、導入部分からこれは同じ韓国映画の《インサイダーズ》のような痛快サスペンス系かと思っていました。
実際
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを2(1993年製作の映画)

3.8

楽しかった!音楽も脚本もキャストも、とてもステキな作品。

ストーリーは1よりも更にザ・王道。
その分良い意味で何も考えずに気楽に見れます。
そういう姿勢で観れるからこそ、反抗期なティーンたちの成長に
>>続きを読む

王になった男(2012年製作の映画)

3.8

ものすごく綺麗で夢のある話。
韓国映画には珍しい(…)、痛くも無くセクシャル表現も皆無に等しい、かなり見やすい作品でした。
(逆に多少韓国映画慣れしてあのハラハラな感じが良い…と思っている人にとっては
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

辛口レビューです。ごめんなさい!

正直、脚本や演出がありきたりでつまらない。
軍も組織も行動が低脳すぎてオイオイ…と内心ツッコミ祭り。
ゴジラを「(名前の綴りから)神」と評しているシーンがあるにも関
>>続きを読む

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

4.0

12年以上前、子供の頃に一度見たきりだったので大筋だけ記憶しており細かい部分はすっかり抜けてました。のでほぼ初見に近い状態で鑑賞。

本当に素晴らしい映画。
実話ベースの作品であるという事を殆ど忘れて
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.2

近年稀に見るほど泣きました。
映画館によって周りと仕切られているプレミアム席があるかと思いますが、設置されている劇場で観る予定でかつ涙もろい方は絶対にプレミアム席をオススメします。大きめのタオルハンカ
>>続きを読む

JSA(2000年製作の映画)

4.2

もの凄い映画。

監督はパク・チャヌク、
主演2人はソン・ガンホにイ・ビョンホンという豪華さに惹かれて鑑賞。
しかも鑑賞始めてから気づきましたがイ・ヨンエまで…。
豪華すぎる!

戦争映画ではあります
>>続きを読む

101匹わんちゃん(1960年製作の映画)

3.7

今までずっとみる機会を逃してきた一本。
同じくディズニーの《おしゃれキャット》より作画的に洗練されているのでてっきり本作の方が後だと思っていましたが、こちらの方が9年も先なのですね。
とても丁寧に作ら
>>続きを読む

FAKE(2016年製作の映画)

4.0

まずこれは、「真実を伝えるぞ!」という趣旨のドキュメンタリーではないなと思いました。
ドキュメンタリーという形で、真実とはという問いかけをしている映画のように感じます。

内助の功たる奥様の姿が素晴ら
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

3.8

ノンフィクション小説が原作のためリアルな脚本に、演技派な大御所俳優が軒を連ねている豪華な作品。
題材が題材なだけにとても丁寧に作られているので、荘厳な雰囲気を崩さずに2時間ずっと気が抜けない、鑑賞後の
>>続きを読む

>|