hitomiさんの映画レビュー・感想・評価

hitomi

hitomi

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

5.0

90年代のオシャレ映画のような作り。
内容は…敢えて突っ込まない。
桜井ユキの脱ぎっぷりのみ評価したい。

自分の事ばかりで情けなくなるよ(2013年製作の映画)

5.0

想いはあるのにみんな一方通行。
くすぶりをまんま曲に昇華させる尾崎世界観のセンスよ。
久しぶりにこの頃のクリープハイプ聴いたけどやっぱり良かったなあ。今も良いけど。

大東くんのパートが一番印象的だっ
>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

5.0

この作品を「いち映画」として観るのか「劇団ひとり監督脚本」で観るのか「大泉洋」で観るのか「柳楽優弥が演じるビートたけし」で観るのか。
ポジショニングが大事な作品。

私は「劇団ひとりが監督して大泉洋と
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

4.5

評価低いしあまり話題にならなかったけど、気負わず観たら面白かった。
私は大泉洋が好きなので速水全然OK!
松岡茉優はまあどっちでもいいかなと。

最後の方でトリニティのメンバーに「メジャーリーグで思い
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

5.0

この作品は「愛しのアイリーン」とは少し違って「新井英樹、イケるか否か」しか無いと思うんだけど、イケる私は原作で宮本や靖子の情緒不安定さにはすでに突っ込み終わったので純粋に「宮本から君に」が一作品として>>続きを読む

聖地X(2021年製作の映画)

3.0

良く見てるYouTuberの人のおすすめで見たけど、…う〜ん…良い点は分かるけど個人的には…う〜ん…ホラーでは無いんだよなあ…黒沢清感も無いです。普通に入江監督でした。
岡田将生って商業用作品とマイナ
>>続きを読む

バトル・オブ・シリコンバレー(1999年製作の映画)

4.5

ジョブズとビル・ゲイツの青春時代の映画。
ノンフィクションでは無いけど実話に基づいてるとの事。巧妙な脚本もオシャレ感も無い普通の青春映画だけど何故か愛おしい作品。
IT好きには見て損は無い作品。

パーマネント野ばら(2010年製作の映画)

5.0

吉田大八監督作品はいつも「悲劇と喜劇、正気と狂気は紙一重」を思わせてすごく好きな監督だけど、それが一番色濃く出てた作品だと思う。

female フィーメイル(2005年製作の映画)

5.0

この時の加瀬亮のイメージが鮮烈で、どんなに良い人の役をやってもこれ以上のハマり役は無いと思う。加瀬亮のみに5点満点。

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

5.0

原作より映画の方が良かったかも。
何が良いって、安田顕の変態っぷり。
笑ってしまった。
新井英樹の原作漫画の主人公を越える変態感を軽く超してたね。何度も観返してしまう傑作。

ハルフウェイ(2008年製作の映画)

5.0

こんなかっこいい彼氏いたら高校行くの楽しすぎる。

ホノカアボーイ(2008年製作の映画)

5.0

ハワイにこんなかっこいい青年いたら毎日が楽しすぎる。

>|