e1416さんの映画レビュー・感想・評価

e1416

e1416

サスペンスが好き。
人間の汚い部分を見るのが好き。
バッドエンドが好き。
あまりそういうのばっかり見てるとどんよりしてしまうので、ハッピーエンドも好き。

映画(29)
ドラマ(0)
  • 29Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.5

アン・ハサウェイって、最初は冴えないけど大変身、て役が多い気がする。
メリル・ストリープの名演技。

これ見ると、ああ明日から仕事頑張ろう、って思える。

Wikiより:
『プラダを着た悪魔』(The
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.5

すっごい好き。超好き。冬の映画だけど、夏にでも見たくなる。
あったかくて幸せになれる映画。

Wikiより:
『ホリデイ』(The Holiday)は、2006年のアメリカ映画。『恋愛適齢期』のナンシ
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.5

もう何回見たか。

男女の友情。恋愛感情抜いた、さっぱりした、キャリアウーマンと紳士な叔父さんの友情。

子供がかわいい。同僚が素敵。
嫌な奴が出てこない!

Wikiより:
『マイ・インターン』(原
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.0

原作読んでからの映画。描写しきれてない部分もあったけど、映画は映画でよかった。静かに綺麗な映画。

Wikiより:
『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(ライオン25ねんめのただいま、Lio
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

2.0

THE イギリス映画。ファンタジー。

Wikiより:
『怪物はささやく』(かいぶつはささやく、A Monster Calls)は、2016年のスペイン・アメリカ合衆国のダーク・ファンタジー・ドラマ映
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

1.5

見なくてよかった。

Wikiより:
『美女と野獣』(びじょとやじゅう、仏: La Belle et la Bête)は、2014年のフランス・ドイツ合作のファンタジー映画。

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.5

1回目は「ふーん」と思ったけど、2回目見たらよかった。
本当は違わないのに、すれ違ってくように見えて、実際にすれ違ってく色々。

Wikiより:
『ソーシャル・ネットワーク』(原題: The Soci
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.0

流行ってと冷めてくので見まいと思っていたけど地上波でやってたので。結果、すごく面白かった。けど、もっかい見たいほどではない。

Wikiより:
『君の名は。』(きみのなは。英: Your Name.)
>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

2.0

奔放な女性を主人公にした話かな〜と思ったら、彼女を見つめる青年ジャーナリストの話なのでした。キャメロン・クロウの実話。

ケイト・ハドソンかわいい。

Wikiより:
『あの頃ペニー・レインと』(あの
>>続きを読む

ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界(2012年製作の映画)

4.0

すごい好き。ドロドロ。
17歳で思春期まっさかりな2人の美しい少女。女に目覚め始める年頃。。。

Wikiより:
『ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界』(原題:Ginger & Rosa)
>>続きを読む

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

2.0

このレビュー書くまで内容忘れてた。

Wikiより:
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(ライフ・オブ・パイ/トラとひょうりゅうしたにひゃくにじゅうななにち、Life of Pi)は、ヤン
>>続きを読む

陰陽師 〜おんみょうじ〜(2001年製作の映画)

3.0

期待せずに見たら、思ったよりずっと面白かった。

Wikiより:
『陰陽師』(おんみょうじ)は、2001年に滝田洋二郎監督、野村萬斎の主演で製作された日本映画。夢枕獏原作の陰陽師・安倍晴明の活躍を描い
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

4.0

わたしはケイト・ブランシェット好きなので好き。崩壊してく役ばっかりだよね。笑
プライド高くて、のしあがり思考も高くて、見栄っ張りで、自分の生活レベルは下げられない、現実を受け入れられない、空っぽのジャ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

2.0

美しい映画。ただそれだけ。笑
飛行機で見たけど、映画館で見るべき映画だったかな。

サリー・ホーキンスは「ブルージャスミン」の冴えないお姉さん、マイケル・シャノンは「レボリューショナリーロード」の精神
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

エンディングが微妙。続編あります、的なやつは嫌い。

Wikiより:
『ハンガー・ゲーム』(英: The Hunger Games)は、2012年に公開されたアメリカ合衆国のアクション映画。スーザン・
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

重い。
登場人物は誰もが「愚行」を持ってる。最初はタイトルの「愚行録」って、田中光子のか?と思ったけど、見終わったら田中武志の愚行録か、と思った。
「凶悪」とも似てる映画。妻夫木って悪役があげつないん
>>続きを読む

カラーパープル(1985年製作の映画)

2.0

重い。「ヘルプ」と似た映画。

Wikiより:
『カラーパープル』(The Color Purple)は1985年制作のアメリカ映画。アリス・ウォーカー原作の同名小説の映画化。一組の黒人姉妹の波乱に満
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

2.0

特に何も。

Wikiより:
『スラムドッグ$ミリオネア』(原題: Slumdog Millionaire)は、2008年のイギリス映画。インド人外交官のヴィカス・スワラップ[2]の小説『ぼくと1ルピ
>>続きを読む

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

2.0

ハラハラした。
マーティン・スコセッシの映画だった。ロバート・デ・ニーロの復讐心がすごい。

Wikiより:
『ケープ・フィアー』(Cape Fear)は、1991年のアメリカ映画。1962年に公開さ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

怖い女。ゴーン・ガールのおばさんバージョン。
フランス映画って、屈折していて理解しがたい。ので、解説を求めに他のサイト回ってるとやっぱり色々埋もれてた。笑
この映画のテーマは「宗教」と「性癖」がある模
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

見事なエンディングにゾクっとする映画。
最初から最後までよくわからない緊張感があって気が抜けない。単純に見てると最後に「え?マジ?うわーーーーーー」とやられる。

ジェシカ・チャステインて色んな映画で
>>続きを読む

グラスハウス(2001年製作の映画)

2.0

この時代にありがちなB級映画。でもハラハラした。

Wikiより:
『グラスハウス』(The Glass House)は、2001年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画。リーリー・ソビエスキー、ダイ
>>続きを読む

理想の彼氏(2009年製作の映画)

2.8

このレビュー書くまで内容忘れてた。

Wikiより:
『理想の彼氏』(The Rebound)は、2009年のアメリカ映画。理想通りの男性とめでたく結婚した筈が、夫の浮気を機に離婚したサンディ。2人の
>>続きを読む

フラットライナーズ(1990年製作の映画)

3.5

面白い。
臨死体験したい医大生の話。
スリルを味わいたい年頃。すごいことしたい年頃。自分の内だけに秘めておきたいけど、懺悔したいような年頃。

Wikiより:
『フラットライナーズ』(Flatline
>>続きを読む

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン(2011年製作の映画)

2.5

物凄くよくあるテーマのB級映画。
親友の結婚式のために奮闘するブライズ・メイズの話。何やっても空回って、うまくいかなくて、気に食わないことあるある。

脇役のローズ・バーンて、「アニー」に出てるいい人
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

ベイビー!
音楽と映像がマッチしてて、ミュージカル映画みたい。内容は犯罪系サスペンス。純粋無垢な主人公ベイビーがなかなかエグいことしていく。
キャストも豪華で、もっかい見たいけど結構暴力的なシーンもあ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

スカっとした。

冒頭は吐きそうになった。結構なスプラッター。
「ゾンビ映画(多分)」という事前知識のみで観たので色んな場面で「何これ?」と思いながら進んだ。
途中からは敢えて観客に先読みさせるんだろ
>>続きを読む

誘う女(1995年製作の映画)

3.0

いるよね〜こういう女。
生まれてから死ぬまでの理想のプランができていて、それを達成するために手段を選ばず。最後は天罰。

Wikiより:
『誘う女』 (To Die For) は、1995年製作のアメ
>>続きを読む

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

4.0

よかった。
実話ベースなのに驚き。ほんとにこんな話が存在してるのか。そしてジュリア・ロバーツの細身系ナイスバディに驚いた。
汚い言葉吐くし、露出度高めなファッションだし、でもチャーミングだからエリンの
>>続きを読む