sumiさんの映画レビュー・感想・評価

sumi

sumi

ファイトクラブで映画に目覚めた21歳。ホラー、サスペンス、バイオレンスなど危なっかしい映画が好きです。でも邦画洋画問わずいろんな映画観たい。

映画(606)
ドラマ(0)

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.9

前作の直後から始まるから最初っから飛ばしまくりのアクション。その疾走感が最後まで続いていく。楽しい!

今回主に活躍するのはイラスティガール。伸びる手足を使ってビルからビルへとと移動する姿は完全にスパ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

満員の劇場内みんな大爆笑でした。
物語の面白さはもちろん、全てのクリエイターに情熱と感動を与えてくれる映画でした。

めちゃくちゃ面白い映画をありがとうございました!もうそれだけっす!

暴走パニック 大激突(1976年製作の映画)

4.2

深作欣二監督のカーアクション映画!最高だ!こんなカオスでノリノリで狂ったカーチェイス見たことない!

序盤の伏線らしきものはあんま関係ないんです。後半のカーチェイスで全部吹っ飛びますから。

その吹っ
>>続きを読む

脱獄広島殺人囚(1974年製作の映画)

3.8

血生臭い話かと思いきや意外とユーモアがあり笑いながら鑑賞できました。終盤の懲役がどんどん足される演出はシュールなコントみたいでした。

序盤の刑務所の暮らしの説明が結構ワクワクしました。タバコの火のつ
>>続きを読む

実録 私設銀座警察(1973年製作の映画)

4.0

なんだこれ笑 今まで見た実録シリーズの中でも1番カオスな映画かもしれない。

序盤からマヂキチな展開を魅せてくれるイかれた男、渡瀬恒彦。ヒロポン中毒で殺人マシーンです。でもこんな奴でも戦争で傷を負った
>>続きを読む

モスラ対ゴジラ(1964年製作の映画)

3.5

ゴジラ対モスラではなくモスラ対ゴジラ。モスラの持つ世界平和のメッセージが存分に現れている今作。地面からでてくるゴジラに不意を突かれました。

インファント島の民族がもろメイクした日本人で族長が片言日本
>>続きを読む

空の大怪獣 ラドン(1956年製作の映画)

3.7

ゴジラ、モスラとともに三大怪獣と称されるラドンの初映画。

序盤はメガヌロンという古代トンボの幼虫が阿蘇の炭鉱を襲うホラーテイストな展開で結構怖かったです。

そしてそのメガヌロンをパクパク食べちゃう
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.9

久しぶりに映画館へ。「ジュラシックワールド 炎の王国」じゃ〜!

結論としては監督の恐竜の見せ方が凄く良かった。明暗の使い方が好き。「うわっ!もうそこおるやん!」みたいな。その見せ方だけでもかなり高評
>>続きを読む

死霊のはらわた(2012年製作の映画)

3.8

「ドントブリーズ」監督の「死霊のはらわた」リメイク。

残酷描写がとても良かった!
最初はちょっとシリアスめな感じだけど後半に行くにつれ加速度的に面白くなっていきました。最後のチェーンソーで爆笑。
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.7

話題の広島ヤクザ映画。開始早々からなかなか攻めてるバイオレンス。

役所広司演じるがみさんがカッコいい!サングラスに炎がメラメラうつるシーンが最高でした。

ただちょっと全体的にテンションが上がりきれ
>>続きを読む

仁義の墓場(1975年製作の映画)

4.1

実録ヤクザ映画のはずだけどサイコホラーみたいにになってる笑

とにかく実在したヤクザ「石川力夫」演じる渡哲也さんの演技が凄まじいです。生きながら死んでる人でした。
親や兄弟でもおかまいなしに暴力を振る
>>続きを読む

山口組外伝 九州進攻作戦(1974年製作の映画)

3.7

菅原文太さんが実在したヤクザ「夜桜銀次」を演じる。

冒頭は夜桜銀次が所属する石野組が序盤の別府抗争で坂口組と対立。白スーツで襲撃する夜桜銀次がスタイリッシュでカッコいい。その後、銀次は指名手配され大
>>続きを読む

山口組三代目(1973年製作の映画)

3.5

山口組三代目田岡一雄組長の半生を高倉健さんが演じる。田岡組長の自伝的な作品です。役名も実際にいたヤクザの名前を使う徹底ぶり。今じゃこんなん作れるわけない。義理人情の任侠道感が強くて「仁義なき戦い」シリ>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.3

ヒーロー祭りじゃあ〜‼︎

こんだけのヒーローがいろんなとこでわちゃわちゃしてるのに混乱せずに物語を追えるのは本当にすごいと思います。安定の整理整頓力。

完全に続編ありきの完結しない映画は個人的には
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.8

オープニングからずっとニヤニヤ。GoGはケレン味溢れる演出を恥ずかしげもなくハッキリやってくれるのが好きですね。一つ一つの見せ場がちゃんと見せ場になってる。

今作ではヨンドュ、ベビーグルート、ロケッ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

ジジイになっても子ども心を忘れないスピルバーグ監督に感謝。久しぶりにドキドキしながら映画館に入りました。

オアシスの中のビジュアルはもう何も言うことがないです。みてるだけで本当に楽しかった。

ただ
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.5

軽い。CGも、イェーガーも、ストーリーも、登場人物も全部軽かったです。破壊される街が全部ハリボテみたいでした。
スローモーションだけでも「そこで使う必要あるのか?」って何度も思いました。

1番の欠点
>>続きを読む

ミーン・ストリート(1973年製作の映画)

3.5

マーティンスコセッシ監督の初期作品。ギャング映画ですか暴力描写はそこまででハーヴェイカイテルが無茶苦茶なデニーロに振り回される様を描いた青春映画でもあります。

この映画の背景的にもベトナム戦争のこと
>>続きを読む

呪怨(1999年製作の映画)

3.7

ビデオ版呪怨。荒い画面が逆に恐怖を引き立てていました。相変わらず俊雄くんにはあんまり怖いと思わないんですが今作の伽倻子はマジで怖かったです。階段の伽倻子は絶対ビデオ版の方がいいと思いました。あれをリア>>続きを読む

アナコンダ2(2004年製作の映画)

3.6

B級モンスター、アニマルパニック映画にありがちな「続編は数を増やせ!」の精神。今作は交尾期で発情したアナコンダがうじゃうじゃ出てきます。キモいです。

そのほか命より利益優先の人間や面白黒人。突如覚醒
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.6

リーアムニーソンがボロボロになって戦う列車内サスペンスアクション。

見所としてはやっぱりギターを使った黒人のお兄さんとのタイマンアクションでしょーか。やっぱりワンカットのアクションは楽しいですね。
>>続きを読む

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

3.4

スコセッシ監督の尋常じゃない映画愛が知れて良かったです。でもはっきり行って話自体が面白いとは思いませんでした。主要登場人物以外の駅の人々の話とか特に退屈でした。スコセッシ監督は子供向けの映画は上手くな>>続きを読む

ロボコップ(1987年製作の映画)

4.0

小学生の時以来に観たけどロボコップってこんな面白かったのか!爽快感溢れるラストやロボコップが悪人を退治していくとことかめちゃくちゃ楽しいんですけど、なにより残酷描写に気合が入ってる。結構びっくりしちゃ>>続きを読む

戦慄の夏(1978年製作の映画)

3.0

「エルム街の悪夢」で有名になるウェスクレイヴン監督の初期作品。主演は「エクソシスト」の悪魔に取り憑かれた少女役で有名なリンダブレア。

まず言いたいことは全く怖くないです。あとそんな物語も面白くない。
>>続きを読む

サランドラ(1977年製作の映画)

3.5

アジャ監督「ヒルズハブアイズ」のリメイク元の映画です。監督はなんと「エルム街の悪夢」のウェスクレイヴン監督。

ストーリーはやっぱそこそこ面白い。でも核実験場跡の家族達がちょっとギャグっぽかったです。
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

4.0

怖い!結構良質なオカルトホラー!

中盤の異常事態が起こるまでの不安を煽る演出が上手いです。登場人物たちと一緒にこっちまで不安になってくる。死体安置所の閉鎖的な雰囲気もgood!

異常事態が起こって
>>続きを読む

ツールボックス・マーダー(2003年製作の映画)

3.9

ホラー映画の傑作「悪魔のいけにえ」のトビーフーパー監督作品。

曰く付きのアパートで次々と住人が殺されていき、主人公がその謎に迫る。

タイトル通り殺人鬼は様々な工具を使ってアパートの住人を殺して生き
>>続きを読む

ゾンゲリア(1981年製作の映画)

3.8

まずゾンゲリアってなんだ?ってなりますが中身は結構良質なミステリーホラーでした。

閉鎖的な小さな田舎町の雰囲気も良かったし、ゾンビ?が普通の人と変わらず生活しているのも不気味でした。

お気に入りの
>>続きを読む

サンゲリア(1979年製作の映画)

3.7

ゾンビの造形が素晴らしい。手作り感はあるけど気持ち悪さはピカイチ。墓場から生き返るゾンビ達のシーンも美しい。ゾンビの歩くスピードはかなり遅いんですけど、ちゃっかりやられる登場人物たちがアホみたい笑>>続きを読む

黒い家(1999年製作の映画)

3.2

うーん。日本の有名なサイコホラーだけど大げさかつ奇抜な演出と編集が個人的に合わなかったです。それ以前に主人公がボソボソボソボソ喋るので台詞が何言ってるのかほんと聞こえない。の割には常に挙動不審で、主人>>続きを読む

LOFT ロフト(2005年製作の映画)

3.5

もういろいろカオスな展開と演出だけど黒沢監督らしいっちゃ黒沢監督らしい。恐怖演出は相変わらず怖い、というか上手い。

後半になるにつれ非現実的な展開と唐突なラブストーリー。急に演技も演劇っぽいベタなセ
>>続きを読む

ドッペルゲンガー(2002年製作の映画)

3.6

黒沢清監督作品。ホラーと思ったらコメディでした。ドッペルゲンガーに翻弄される役所広司が面白いです。しかし前半はテンポも淡々としていて少し退屈。後半の新潟に運ぶ人工機会を狙うバイオレンス展開でぐっと面白>>続きを読む

降霊 KOUREI(1999年製作の映画)

3.8

黒沢清監督は幽霊の見せ方が本当に上手い。襲ってくるわけでもなく、そこに立っているだけでゾッとする見せ方。顔がぼやけているのが本当に怖い。

物語の方は平凡な生活をしていた夫婦がちょっとした欲から間違い
>>続きを読む

屋敷女(2007年製作の映画)

4.6

久しぶりの映画鑑賞はずっと気になってたフレンチホラー「屋敷女」
衝撃という意味ではおそらく今までで一番。グロ耐性はそこそこあるんですけど、ラストのあのシーンは流石に直視できなかったと思います。モザイク
>>続きを読む

劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ(2011年製作の映画)

3.4

神聖かまってちゃんを中心に、日常の悩める人々を描いた群像劇。まだ新人のころの二階堂ふみが出演してます。もちろんかまってちゃんのメンバーも出演。ここで良かったのはボーカルのの子が最後のライブまで姿を見せ>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

ミュージカルの楽しさと感動を思い知らされた映画となりました。大満足です。
バーでザックエフロンを勧誘するとこがめっちゃ面白い。小道具とかほんとうまく使っていて、めちゃくちゃ練習しただろうなーって思いま
>>続きを読む

>|