sumiさんの映画レビュー・感想・評価

sumi

sumi

ファイトクラブで映画に目覚めた21歳。ホラー、サスペンス、バイオレンスなど危なっかしい映画が好きです。でも邦画洋画問わずいろんな映画観たい。

映画(624)
ドラマ(0)

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.4

「屋敷女」の監督ということで期待してましたがややインパクトに欠ける印象かな。スプラッター描写は良かったけど。

物語はもっとレザーフェイスに焦点を当ててほしかったです。

あとせっかくならハートマン保
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.8

初っ端から衝撃的な展開。自爆テロをワンカットで撮っており、見せ方が本当に好きでした。

やっぱ前作と同じく緊張感を生み出す演出が凄い。銃撃戦は言わずもがなですよ〜。アレハンドロとマットは人を撃ち殺すの
>>続きを読む

4匹の蝿(1971年製作の映画)

3.4

「オペラ座/血の喝采」がよく分かんないけどちょっぴり魅力的な作品だったので同じ監督のサスペンス映画を鑑賞。

ストーリーはかなりお粗末。というよりこのダリオアルジェントという監督、ちょっと調べてみると
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.0

なんか全体的に薄く、軽い笑

予告編で大体のハイライトは見せちゃってるし、バトルシーンもはっきり言って何してるのかよくわかんない。

あとヴェノムと主人公のバディものでもあると思うんですけど、この2
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

めちゃくちゃ良かったです。QUEEN好きは絶対楽しめると思うし、QUEENを知らない人でもこの映画を観れば好きになるはずだと確信できる一本でした。

メンバーの再現度も高く、特にブライアンメイは顔だけ
>>続きを読む

イントゥ・ザ・ストーム(2014年製作の映画)

3.9

ただのB級パニック映画かと思ったら意外とちゃんとした映画でとても楽しめました。

しっかり人間ドラマを描いているのが良かったです。

様々なPOV撮影を駆使してリアリティも抜群。おバカなYouTube
>>続きを読む

子猫をお願い(2001年製作の映画)

3.9

韓国の青春映画。

学生時代は仲良しでも、いざ社会にでて別々の場所で別々の暮らしをしていると、どことなくすれ違いを感じる。

やっぱ学生の青春って儚く脆いんだなぁと感じる一本でした。

徐々に終わりを
>>続きを読む

宇宙戦争(2005年製作の映画)

3.9

個人的には大好きな映画。
トムクルーズのダメパパっぷりが良いのです。怒ってパンを窓に投げつけるところとか最高。

地球侵略の緊張感も凄い良い。ドキドキする場面がいっぱいあります。シーンの静と動の緩急も
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.8

マ・ドンソク兄貴ありきの映画でした。「新感染」に続き魅力が爆発していました。

話自体はよくある警察vsヤクザの話ですが、直接的なバイオレンス描写はそれほどなく、コメディチックで笑えるところもあり意外
>>続きを読む

輪廻(2005年製作の映画)

3.5

ストーリーやオチはとても上手いと思いました。監督が主人公に主役に選んだ理由とかかなりゾッとしました。でもちょいちょい幽霊描写で怖くない部分があるかなぁ。なんか最後らへんゾンビみたいだったし笑

優香の
>>続きを読む

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

3.4

なんだこれー!群像劇の最後にちゃんとオチがつくと思ったら…。伏線や謎も置いてけぼりなんだけど…。

まぁでも不安感を煽る編集や音楽、結末のアホっぽさなどは良かったです。

黒い点は一体なんだったのだろ
>>続きを読む

安藤組外伝 人斬り舎弟(1974年製作の映画)

3.5

菅原文太が実在したヤクザ安藤組大幹部「花形敬」をモデルに演じる。花形敬は刃牙の花山薫のモデルでもあります。そして本物の安藤組組長安藤昇もでてます。

とにかく血がすごい。照明のかっこよさも相まって血み
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.8

今作の作風は最初の研究所での会話で大体わかります

「戦うために狩りをしてるんなら呼び方はプレデター(捕食者)じゃなくてハンターじゃね?」

「…まぁでもプレデターの方が響きがかっこいいし、プレデター
>>続きを読む

人斬り与太 狂犬三兄弟(1972年製作の映画)

3.7

外道ヤクザの菅原文太が暴れまわって死ぬ映画。深作監督らしいカメラワークと菅原文太の絶好調の外道演技が光ってます。

あと室田日出男の怒鳴り声がデカすぎて笑う。

雨の中、敵対ヤクザとのタイマンシーンは
>>続きを読む

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.8

デヴィッドフィンチャー監督。実話の連続殺人事件、通称「ゾディアック事件」をもとにしたサイコサスペンス。

韓国映画「殺人の追憶」でも思いましたが未解決事件って独特で不気味な雰囲気がありますね。

殺人
>>続きを読む

現代やくざ 人斬り与太(1972年製作の映画)

4.0

ラストのスローモーションの蜂の巣シーンが凄まじかったです。

文太さんの痩せた体と噛み締めるような表情から滲み出る狂気がいろんな意味でカッコいいなぁ。死に急ぐ男を見事に体現してました。

安藤昇さんは
>>続きを読む

沖縄やくざ戦争(1976年製作の映画)

3.8

千葉真一が狂ってるんだけど「戦争だーいすき!」ってセリフで爆笑してしまいました。基本的に動きが面白い。

3人に穴掘らせて埋めるくだりは実際に抗争中起こった殺人事件だそうでなかなか怖かったです。全体的
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.9

前作の直後から始まるから最初っから飛ばしまくりのアクション。その疾走感が最後まで続いていく。楽しい!

今回主に活躍するのはイラスティガール。伸びる手足を使ってビルからビルへとと移動する姿は完全にスパ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

満員の劇場内みんな大爆笑でした。
物語の面白さはもちろん、全てのクリエイターに情熱と感動を与えてくれる映画でした。

めちゃくちゃ面白い映画をありがとうございました!もうそれだけっす!

暴走パニック 大激突(1976年製作の映画)

4.2

深作欣二監督のカーアクション映画!最高だ!こんなカオスでノリノリで狂ったカーチェイス見たことない!

序盤の伏線らしきものはあんま関係ないんです。後半のカーチェイスで全部吹っ飛びますから。

その吹っ
>>続きを読む

脱獄広島殺人囚(1974年製作の映画)

3.8

血生臭い話かと思いきや意外とユーモアがあり笑いながら鑑賞できました。終盤の懲役がどんどん足される演出はシュールなコントみたいでした。

序盤の刑務所の暮らしの説明が結構ワクワクしました。タバコの火のつ
>>続きを読む

実録 私設銀座警察(1973年製作の映画)

4.0

なんだこれ笑 今まで見た実録シリーズの中でも1番カオスな映画かもしれない。

序盤からマヂキチな展開を魅せてくれるイかれた男、渡瀬恒彦。ヒロポン中毒で殺人マシーンです。でもこんな奴でも戦争で傷を負った
>>続きを読む

モスラ対ゴジラ(1964年製作の映画)

3.5

ゴジラ対モスラではなくモスラ対ゴジラ。モスラの持つ世界平和のメッセージが存分に現れている今作。地面からでてくるゴジラに不意を突かれました。

インファント島の民族がもろメイクした日本人で族長が片言日本
>>続きを読む

空の大怪獣 ラドン(1956年製作の映画)

3.7

ゴジラ、モスラとともに三大怪獣と称されるラドンの初映画。

序盤はメガヌロンという古代トンボの幼虫が阿蘇の炭鉱を襲うホラーテイストな展開で結構怖かったです。

そしてそのメガヌロンをパクパク食べちゃう
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.9

久しぶりに映画館へ。「ジュラシックワールド 炎の王国」じゃ〜!

結論としては監督の恐竜の見せ方が凄く良かった。明暗の使い方が好き。「うわっ!もうそこおるやん!」みたいな。その見せ方だけでもかなり高評
>>続きを読む

死霊のはらわた(2012年製作の映画)

3.8

「ドントブリーズ」監督の「死霊のはらわた」リメイク。

残酷描写がとても良かった!
最初はちょっとシリアスめな感じだけど後半に行くにつれ加速度的に面白くなっていきました。最後のチェーンソーで爆笑。
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.7

話題の広島ヤクザ映画。開始早々からなかなか攻めてるバイオレンス。

役所広司演じるがみさんがカッコいい!サングラスに炎がメラメラうつるシーンが最高でした。

ただちょっと全体的にテンションが上がりきれ
>>続きを読む

仁義の墓場(1975年製作の映画)

4.1

実録ヤクザ映画のはずだけどサイコホラーみたいにになってる笑

とにかく実在したヤクザ「石川力夫」演じる渡哲也さんの演技が凄まじいです。生きながら死んでる人でした。
親や兄弟でもおかまいなしに暴力を振る
>>続きを読む

山口組外伝 九州進攻作戦(1974年製作の映画)

3.7

菅原文太さんが実在したヤクザ「夜桜銀次」を演じる。

冒頭は夜桜銀次が所属する石野組が序盤の別府抗争で坂口組と対立。白スーツで襲撃する夜桜銀次がスタイリッシュでカッコいい。その後、銀次は指名手配され大
>>続きを読む

山口組三代目(1973年製作の映画)

3.5

山口組三代目田岡一雄組長の半生を高倉健さんが演じる。田岡組長の自伝的な作品です。役名も実際にいたヤクザの名前を使う徹底ぶり。今じゃこんなん作れるわけない。義理人情の任侠道感が強くて「仁義なき戦い」シリ>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.3

ヒーロー祭りじゃあ〜‼︎

こんだけのヒーローがいろんなとこでわちゃわちゃしてるのに混乱せずに物語を追えるのは本当にすごいと思います。安定の整理整頓力。

完全に続編ありきの完結しない映画は個人的には
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.8

オープニングからずっとニヤニヤ。GoGはケレン味溢れる演出を恥ずかしげもなくハッキリやってくれるのが好きですね。一つ一つの見せ場がちゃんと見せ場になってる。

今作ではヨンドュ、ベビーグルート、ロケッ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

ジジイになっても子ども心を忘れないスピルバーグ監督に感謝。久しぶりにドキドキしながら映画館に入りました。

オアシスの中のビジュアルはもう何も言うことがないです。みてるだけで本当に楽しかった。

ただ
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.5

軽い。CGも、イェーガーも、ストーリーも、登場人物も全部軽かったです。破壊される街が全部ハリボテみたいでした。
スローモーションだけでも「そこで使う必要あるのか?」って何度も思いました。

1番の欠点
>>続きを読む

ミーン・ストリート(1973年製作の映画)

3.5

マーティンスコセッシ監督の初期作品。ギャング映画ですか暴力描写はそこまででハーヴェイカイテルが無茶苦茶なデニーロに振り回される様を描いた青春映画でもあります。

この映画の背景的にもベトナム戦争のこと
>>続きを読む

>|