シランガナさんの映画レビュー・感想・評価

シランガナ

シランガナ

想いの備忘録と頭の整理のために

関ヶ原(2017年製作の映画)

4.3

とくと御覧あれ!!

という予告編の岡田くんの煽りを楽しみに待ちつつ、とくとご覧してきました。

まずこの作品、日本映画にしては良くやったなと思える部分は細々とした説明を全て端折っている点。

彼が誰
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.2

Filmarks主催の試写会にて鑑賞しました。

ネタばれにならない範囲でレビューします。

ワンダーウーマンのなにが好きってあの戦闘時のSEなんです。とにかく耳から離れないし無駄にテンションがブチ上
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.2

テレビ局製作の映画としては良くできているという評価をここで読んで、まあ藁の楯は酷かったからなあ、それよりは良ければいいかな。ってぐらいの気持ちで鑑賞。


結果としては、報道番組を舞台として犯人に迫る
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.5

とにかく銃の発射音に対するこだわりが並々ならぬものを感じる一本。

キアヌがいままでのような清廉で汚れていない役者というイメージからも完全に脱却を狙っているのも驚く。これだけ成功している人物が50歳に
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.7

静かな、それぞれの何気ない生活を描くオープニングらか始まるこの映画。静寂なピアノの旋律がより一層それを際立たせている。また、その様子を限られた時間で丹念に描くことで、それを奪うテロという行為の残虐性を>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.2

「オクジャやー、オクジャやー」
が頭から離れない、そんな作品。

コミックス的にデフォルメされたいかにもポン・ジュノらいしアクの強い人物造形の中、主人公ミジャだけは正気を保とうとしながらも段々と世界に
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.5

これも予備知識あまりなく、ドゥ二・ヴィルヌーヴ作品ということで鑑賞。

音楽やセットについては散々言及されているはずなのでそこは割愛し、特筆すべきは映像の美しさと思うので、まずはその点について書きたい
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.2

内容はあまりよく知らず、とりあえず渡辺謙と森山未來が好きだから鑑賞。
なんとなーく知っていたのは妻夫木聡と綾野剛がゲイの役をやっているってことぐらい。

鑑賞を始めて少ししてから、ミステリー作品なのか
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.3

メル・ギブソン監督復帰作であり、ようやく彼も作品撮るのを許されるようになったかと、その点がまず感慨深い。
「パッション」「アポカリプト」と人間の本質をえぐる、ショッキングな映像の作品のファンであったた
>>続きを読む