とみーさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • とみーさんの鑑賞したドラマ
とみー

とみー

映画(170)
ドラマ(112)

タイニー・プリティ・シングス(2020年製作のドラマ)

-

このドラマで初めてバレエを観た。
語り部分でバレエの表現について触れてくれているので、バレエ初心者の私はそこで見方を教えてもらった。
そしてバレエがかっこいいものだと知った。

これは完全にわたしの能
>>続きを読む

0

帰ってきてダーリン!(2016年製作のドラマ)

-

この二人はあの世でまた再会してワチャワチャしてそう。

0

レンタルなんもしない人(2020年製作のドラマ)

-

フォローはしていないものの、タイムラインに何度も現れるので存在は知っていた「レンタルなんもしない人」さん。
何もしない人の存在意義や価値は想像しているよりも大きいことを、レンタルさんを通じて知る。
>>続きを読む

0

ブリジャートン家(2020年製作のドラマ)

-

生きていくための手段が今よりも格段に少ないであろうこの時代に、「女だから」という理由だけで結婚がすべてかのように教えられてきた中で、ちゃんと疑問を抱くエロイーズが好き。

0

ドリームハイ 2(2012年製作のドラマ)

-

なんでこれ作ったの?というおもいをずっといだき続けたまま最後まで我慢して観た。

キリン高校という場所と、英語のヤン先生しか前作出ていた人が登場しないなら、もう別のタイトルつけて出せばよかったんじゃな
>>続きを読む

0

ドリームハイ(2011年製作のドラマ)

-

このレビューはネタバレを含みます

あのとき一緒に夢を目指して切磋琢磨した仲間たちが今、夢の先で生きているかといったら、そうではないっていう当たり前の事実を突きつけられる最終回。

ヘミのような、ちゃんと自分をもっているキャラクターが好
>>続きを読む

0

リッチマン~嘘つきは恋の始まり~(2018年製作のドラマ)

-

観ればみるほとこのタイトルで合ってる?と疑問を抱いてしまう内容だった。
この『リッチマン』ってタイトルだと、ただお金持ちなだけな話っぽくて、財閥2世が親のお金で好き勝手に遊び倒してる印象。
お金がすべ
>>続きを読む

0

キム秘書はいったい、なぜ?(2018年製作のドラマ)

-

キム秘書がめちゃくちゃかわいい!
かわいくてきれいなままで上手に圧力をかける感じ好き。

物語の序盤のナルシストな副会長、
中盤の子供時代の副会長の思慮深さ、
後半のやっぱりナルシストな副会長。
この
>>続きを読む

0

私のIDはカンナム美人(2018年製作のドラマ)

-

ミレかわいい!
ミレとルームシェアしている友達も、学科の友達ふたりも学科の先輩たちも基本女性陣がみんなかわいい!

ミレのお父さんにバレないように整形をさせたお母さんグッジョブ。
整形によって不幸の道
>>続きを読む

0

内省的なボス(2017年製作のドラマ)

-

ボスがかわいい。

誰だって少なからず「こんなこと言ったらなんて思われるかな…」って考えて言いたいことが素直に言えなかったりするだろうから、共感シロはおおいとおもう。
そういう人って、何を考えているか
>>続きを読む

0

この恋は初めてだから(2017年製作のドラマ)

-

ジホとセヒのバランスが良い!
「人との出会いは、その人の人生そのものがやってくる(正確な表現は忘れてしまった)」や「19号室」のような、ところどころに使われる表現が素敵。

物語中盤で入る回想シーンで
>>続きを読む

0

コーヒープリンス1号店(2007年製作のドラマ)

-

ネットフリックスのサムネ?のコウンチャンをみて、普通に童顔の男の人だと勘違いしていた。
なので最初の数話は「どっちなの?」という視点で観てた。(ながらで観てたせいで、決定的なセリフを見逃した可能性あり
>>続きを読む

0

ショッピング王ルイ(2016年製作のドラマ)

-

タイトルに全然惹かれなかったけど、観てみたら「なるほどね〜」って感じ。

ルイ、コボクシル、本部長がかわいい。ビジュアルはもちろんなんだけど、人間としての中身がかわいい!
それに対してマリとその父親は
>>続きを読む

0

ウチに住むオトコ(2016年製作のドラマ)

-

ホンナリとコナンギルがいい人間だったので最後までなんとかたどり着けた。

ただあの後輩の女が本当に嫌。
頭悪そうな猫なで声を出せば何でも許されると思っているところ、
人んちに勝手に上がりこんで泊まって
>>続きを読む

0

サイコだけど大丈夫(2020年製作のドラマ)

-

ストーリーが進むにつれ、3人の笑顔が増えていき、幸せを感じられるようになって良かった。

わたしも自分と似た傷を持ってる人と出会って、こんなふうな関係築きたいなあ〜。

好きだったところは、
ジェスや
>>続きを読む

0

ハイバイ、ママ!(2020年製作のドラマ)

-

ガンファ役のイギュヒョンさん目当てで観た。
刑務所のルールブックのときと比べて男感強めで驚いた。

最初は現妻の表情のなさ故にユリを応援していたんだけど、ストーリーが進むにつれ表情豊かになっていく現妻
>>続きを読む

0

ザ・キング: 永遠の君主(2020年製作のドラマ)

-

大韓民国からみたら大韓帝国はパラレルワールドだけど、大韓帝国からみたら大韓民国はパラレルワールド。2つの世界を両方ともしっかりとみせてくれる作りが好きでした!

メインのキャラクターはほぼ全員が1人2
>>続きを読む

0

キルミー・ヒールミー(2015年製作のドラマ)

-

ひとりで何人も演じ分けてるのすごい!

多重人格キャラクターが誕生してしまった理由や名前の由来が解き明かされていくのがおもしろかった。

コメディのときの軽めのパクソジュンもいいね〜〜!

0

トッケビ~君がくれた愛しい日々~(2017年製作のドラマ)

-

死神がかわいい。あの不器用さ、愛おしい。
サニーさん、素敵。
登場したてのまた何者なのかわからないときから、独自の理論を持って人と関わっているところが良すぎる!ただのボーッとした綺麗な店長ではない感じ
>>続きを読む

0

賢い医師生活(2020年製作のドラマ)

-

山場のなさがすごい。それが逆に『医師生活』を強調させてるんだろうな〜。
基本的にみんな素敵で、嫌な気持ちになることがなく観れたので心の平安。

バンドは、カノンから急にうまくなったのに笑っちゃった。

0

パーフェクトワールド(2019年製作のドラマ)

-

すっっっっごい苦手だった。
妹と父親とヘルパーさんの嫌悪感祭り。

姉の初恋の相手が車椅子生活になっていることを知り「障害者なんてありえない」って平気で言ってのける妹の感覚の鈍さ、
ヘルパーさんがプラ
>>続きを読む

0

刑務所のルールブック/賢い監房生活(原題)(2017年製作のドラマ)

-

刑務所というイメージから、受刑者たちは救いようのない極悪人たちなんだろうな…と想像していたけど、ひとりひとりのストーリーを知っていく過程で登場人物全員が愛おしくなる。
ハニャンとユ大尉のケンカがかわい
>>続きを読む

0

サンガプ屋台(2020年製作のドラマ)

-

ひとと触れ合うときの効果音がYouTube的で、クスッと笑ってしまう。
サラッと観れておもしろかった!

0

ピノキオ(2016年製作のドラマ)

-

タイトル的に軽めの恋愛ものかな〜って想像して観始めたけど、内容が全く違った。
最近韓国の恋愛モノのドラマをよく観るようになった韓流初心者だけど、内容がしっかりとしていて面白かった。
早く次の話がみたい
>>続きを読む

0

君の声が聞こえる(2013年製作のドラマ)

-

イ・ジョンソクの顔面が尊すぎる…。
次の話の読み込みのときに出てくる傘をさしてるイ・ジョンソクの画像があまりにもきれいで最高でした。ありがとうございます?

0

愛しのホロ(2020年製作のドラマ)

-

ホロ〜〜。
こんなあたたかみのあるAIがいたら人口減少待ったなしじゃん。という想像はできるけど欲しい〜〜。

最後にでてきたメガネ、家で一番気持ちのはいってない雑な服を着ているときに、その服装をごまか
>>続きを読む

0

カノジョは嘘を愛しすぎてる(2017年製作のドラマ)

-

日本語の発音と韓国語の発音の違いで、歌い方って変わるんだな〜とか思いながらみた。

0

ある春の夜に(2019年製作のドラマ)

-

ヒロインの女性を最後までかわいいとか好きって感情を抱くことがなかったために感情移入できなかった…。
姉と妹は好き。親は嫌。

DV男と離婚できて良かったね〜!的な軽さよりも、ちゃんと社会的制裁を受ける
>>続きを読む

0

ボクらを見る目(2019年製作のドラマ)

-

裁判って正しさの証明のために存在しているかのように想像していたけど、この話を観ると弁護士によるエンターテイメントショーって感じ。
弁護士たちは裁判での勝利が正しさなのかもしれないけど、裁判の被告人たち
>>続きを読む

0

13の理由 シーズン4(2020年製作のドラマ)

-

シーズン3が個人的にあまりにも…だったので、シーズン4が配信されてすぐに観はじめたものの、今作でもアニいるのか…。という落胆から1話目で離脱してしまった。

ただ、その落胆を乗り越えると、シーズン3の
>>続きを読む

0

幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット(2015年製作のドラマ)

-

最初から最後まで誰にも感情移入することなく、心の動きも全くなかった。

そんなことより、Netflixだとタイトルが違うのはなぜなのか…??
そっちのほうが興味ある。

0

彼女はキレイだった(2015年製作のドラマ)

-

梨泰院以来2回目のパクソジュンでした。
梨泰院のときにはカッコいいと感じることがほぼなかったけど、このドラマではかっこよ〜!!!って何回もなってた。
表情と髪型が重要なことを学んだ。

モストらしくな
>>続きを読む

0

よくおごってくれる綺麗なお姉さん(2018年製作のドラマ)

-

愛の不時着でソンイェジンさんを知り、かわいくてきれいでステキだなあ〜という感想を抱いた状態で観た。
幸せそうなイェジンさんを観ているだけで、幸福度が高まって、精神的な不安定さがかなり改善される精神安定
>>続きを読む

0
>|