えびりんさんの映画レビュー・感想・評価

えびりん

えびりん

映画(782)
ドラマ(1)

ワイルド7(2011年製作の映画)

2.0

【変身しない仮面ライダーみ】
ニチアサ的安っすい脚本に苦笑!バイクはカッコええ!
善人顔の瑛太が飛葉ちゃんってななぁ。イカれ演技の菅田将暉が良かった。ヘボピーはマツコ・デラックスで。

12モンキーズ(1995年製作の映画)

3.0

【もしかしてコロナウイルスは12モンキーズの仕業かもね】
 ギリアム汁にじみ出る美術とムード。ネタ自体はドラえもんでよく見かける。もっとぶっ飛んで欲しかった。インパクト薄し。

エース・ベンチュラ(1994年製作の映画)

4.0

【自分meetsジム・キャリー】
 以後蜜月関係は続く。もしかしてトム・シャドヤックがいちばんジム・キャリーの使い方わかってる監督かも知れない。

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

2.5

【え?これで終わり?!!】
おいおいおいおい、黒木華はともかくとして、吉田鋼太郎にはなんのしっぺ返しもないのかい?!納得いかねぇ!!溜飲下がらねー!!!!
前半ゴリゴリにメンタル削ってくる割に、それ
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

5.0

【クルマに取り付くT-1000の手の形が不思議】
基礎教養映画。公開当時、そりゃあもう待ち望んでイソイソと足を運んだもんです。チケット代の価値は十分にあってお釣りがたくさん。

トップガン(1986年製作の映画)

4.0

【米国人にとっての巨人 大鵬 卵焼き】
ジェット戦闘機!ライバルとの友情!美女!の三題噺。カコイイ物好きな男の子にはたまらんですなぁ。わかりやすい編集方法。アップ、ロング、アップ、ロング、アップ、ロ
>>続きを読む

デッドヒート(1995年製作の映画)

2.0

【中華料理店がハンバーガー作ろうとして失敗した映画】
ジャッキーのクルマ好きは有名だけど、カーチェイスはハリウッドに任せた方がいい。カンフー映画は香港に任せた方がいいようにね。今回は家族思いで硬派な
>>続きを読む

テルミン(1993年製作の映画)

4.0

【怒り新党の国民の声の時にかかる曲】
TheSWAN 知られざる楽器の知られざる歴史、知られざるドラマ。テルミン博士の訥々とした語り口と街角にたたずむショット。どんな役者の演技もこれには負ける。ド
>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

4.5

【ETと共に去りぬ】
古より西欧諸国文明にはある諍いがありき。そはわらはと大人の対立なりき。あるほど、スピルバーグといふ者がわらは軍の将として立ち上がり、ETといふ大人もすなる映画を撮りき。その力は
>>続きを読む

テルマエ・ロマエII(2014年製作の映画)

3.5

【ここまで振り切ってんならもう何も言いますまいw】
「風呂は気持ちいい」という誰も反対出来ないただ1点の正論(?)で、チープさも、荒唐無稽さも、紋切り型のストーリーも、主張も教訓のなさも、その割には
>>続きを読む

学校II(1996年製作の映画)

1.0

【ちったぁファレリー兄弟を見習うべき】
 あああ、はいはいまたですか。障がい者はみな純粋、支援者はみな人格者ですか。本当にステレオタイプな描写、展開。本当に辟易。
 監督及び制作者は、障がい者を題材に
>>続きを読む

ウォレスとグルミット/チーズ・ホリデー(1989年製作の映画)

4.0

【ウォレスのチーズ=小池さんのラーメン】
小ネタにイギリスっぽいこだわりが。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.5

【別の世界の(さらにベルリンの)片隅でジョジョが奇妙な体験したお話】
のっけからI want a hold Your hand♪、主人公JOJOが書いてる本のタイトルはHey Jude。他にビートル
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.5

【スコとブレイクの地獄巡り】
110分間緊張感ヒリヒリで耐えられね〜、たまんね〜。
ゼロ・グラビティ系の体感アトラクション映画。こっちの方は宇宙ではなくて戦場という名の地獄。ここにはコンビニなんか
>>続きを読む

XYZマーダーズ(1985年製作の映画)

3.5

 えらく悪趣味なコメディ、あるいは半笑いのホラー。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.5

【ホノルルには「ババ・ガンプシュリンプCo」って店があってですね】
 にて、感慨深く食事する。
 店内には、トム・ハンクスが撮影時に着ていた白いスーツとずたぼろの”ガンプモデル”ナイキが展示してあった
>>続きを読む

パラサイト(1998年製作の映画)

3.0

うはは、以外と楽しい。R・ロドリゲスにしては強引さがちと足らない。どっちかというとケビン・ウィリアムスン映画だね。

幸福の条件(1993年製作の映画)

2.0

【酷ぇお話www】
 別に博打好きだからといってとやかく言わないが、それなりのリスクは付き物。負けたんだからぐだぐだ言わない。

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.0

【物体Xのワケのわからなさ描写が秀逸】
 当時どうしてあんな事思いつけるんだろう?て不思議でしょうがなかった。…てか、この映画の大元ネタって、ラヴクラフトの恐怖山脈なのかなぁ。

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

4.0

【シャッターを切る仕草が謎】
…てか、全編謎なんだが。

劇場版 マジンガーZ / INFINITY(2017年製作の映画)

2.5

【リアルタイムでマジンガーZは観てたけどオタクにはならなかったおっさん】
 …を自覚していて、かつヒマな人なら観てもいいかも。
 マジンガーvs機械獣の、最新令和CGガチバトルに対し、脚本が超昭和ww
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

3.5

【真似するしかないでしょ】
こいつらのスタイル。カッコいい。
無意味に思える会話の中に伏線を潜ませるのってなんかズルいよ、タランティーノ。

LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘(2019年製作の映画)

4.5

【この世で最も強力な毒とはなにか】
ドキンちゃん、ドロンジョ様に並ぶアニメ界三大悪女の1人としてお馴染みの峰不二子大フィーチャー回。男目線、男基準、男社会に敢然と挑むは我らが不二子ちゃん。それにコロ
>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標(2014年製作の映画)

4.0

【ハードボイルドとミステリーとビザールと】
堪能堪能。Lupin the Ⅲrdシリーズは本当に良い。そもそも泥棒が主人公だから、タバコスパスパ、撃たれたら血がドバドバ、不二子ちゃんのB地区バンバン
>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(2017年製作の映画)

4.0

【痛い痛い痛い】
ハードボイルド貫く求道者、素晴らしき五右衛門回。とことん、徹底的に練りこんだ小道具、建物、乗り物、居合の抜刀所作。人体欠損の切り株表現も遠慮なし。ルパンシリーズ屈指の傑作回。

劇場版 幼女戦記(2019年製作の映画)

4.0

【異世界転生モノに食傷気味な貴方に】
なんだか全方位的にポリコレに引っかかりそうな内容。だがそれがいい!それでいい!こんなのは聖☆お兄さん同様、欧米では絶対OUTwww。
TVシリーズ観ている事
>>続きを読む

スキャナーズ(1981年製作の映画)

3.5

【みんな大好きM・アイアンサイドおじちゃん】
マイケル・アイアンサイド出演作ってどれもこれもB臭オーラがぷんぷんなんだけど、以外にも映画史のランドマークになってるものが多いのね。

マッドマックス2(1981年製作の映画)

2.5

【自分は1原理主義者なので】
たぶん映画会社、監督のメジャー指向から、こんなストーリーになったのだと思う。未だかつてない「バイオレンスファンタジー」の世界を拓く。ただ、続編としては受け入れ難かったの
>>続きを読む

流転の地球/さまよえる地球(2019年製作の映画)

3.0

【この世界線ではアメリカはいないらしい】
危機また危機の連続、それっぽい宇宙ステーションの意匠と美術、パシフィック・リム的巨大メカニズムがガシガシ作動する様を見てるだけでいやー眼福眼福。なんやらよく
>>続きを読む

星くず兄弟の伝説(1985年製作の映画)

2.0

【残り少ない人生の貴重な2時間】
を費やす理由なし。

おもひでぽろぽろ(1991年製作の映画)

2.0

【だからっ!】
なんでこの話をアニメでするのっ!!セルの無駄遣い。

裸の銃を持つ男(1988年製作の映画)

2.0

【時々どわっは!と笑います。笑いますが…】
基本ザッカー兄弟のギャグは性にあわねぇwww。

>|