EDDIEさんの映画レビュー・感想・評価

EDDIE

EDDIE

G.O.R.A. 絨毯は宇宙を救う!?(2004年製作の映画)

3.5

トルコ最大のSF娯楽超大作!
オマージュを超えたパクリの美学。
囚われたトルコ人が地球に戻るため奔走する。スターウォーズであり、プリズンブレイクであり、マトリックスであり、ベストキッドであり、そのどれ
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

3.8

幼少時代のトラウマにより声を出すことができなくなった主人公。
“ミュージカルは奇跡を起こす”
等身大でひたむきな芳根京子の一生懸命さを見てつい応援したくなる。
言葉は時に武器になる。だからこそ大切に。
>>続きを読む

ミミック(1997年製作の映画)

3.7

奇才ギレルモ・デル・トロのハリウッドデビュー作!
遺伝子操作で生み出した新種“ユダの血統”が人類の憎きGを殲滅…しかし時が経ちこいつらが人類を恐怖に貶める!
Gが進化したクリーチャーの造形は悍ましくお
>>続きを読む

AWAKE(2019年製作の映画)

4.4

めちゃくちゃ面白いぞ!
“静”の緊迫した空間を活かした2人のライバルの物語。
生粋の負けず嫌い。それはプロ棋士を目指した対局でも、AI将棋の対局でも同様。
子供時代の関係性から丁寧に描き、大人になり雌
>>続きを読む

わさび(2016年製作の映画)

3.8

夢も希望も持ち合わせていない主人公・葵。わさびのように辛く、詰んだ人生でもその先に光を見出すこともできる。
芳根京子の透明感とハツラツ感、諦念の想いを乗せた演技に魅せられた。

両親は離婚、鬱病により
>>続きを読む

G.I.ジョー(2009年製作の映画)

3.0

盛り上がりどころはパリのチェイスアクションシーンで、それ以外は肩透かし。
何も考えずに眺めてる分には楽しめるのが本作の良さといえるか。
ただ主人公とヒロインのキスシーンのタイミングが最悪すぎる。

>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

5.0

ナチスドイツ時代におけるホロコーストの心を抉る記録195分。躊躇なくユダヤ人を虐殺するドイツ兵、善と悪の狭間で揺れるオスカー・シンドラーの対比を描く。
残虐的なホロコースト映画は数あれど、人々を救い未
>>続きを読む

ウィズアウト・リモース(2021年製作の映画)

3.8

トム・クランシー原作ジャック・ライアンシリーズ「容赦なく」の実写化作品。
ジョン・クラーク前日譚にして、マイケル・B・ジョーダンの肉体美とアクションを堪能できるリベンジ娯楽作!
趣向を凝らしたアクショ
>>続きを読む

ラブ&モンスターズ(2020年製作の映画)

4.0

若者と犬の爽快バディムービー!
巨大モンスター蔓延る世界において、ヘタレ主人公が勇敢になっていく成長譚。モンスターの造形も魅力的で、バトルアクションも迫力満点!
外の世界の素晴らしさを再認識する意味で
>>続きを読む

赤ちゃん教育(1938年製作の映画)

3.9

1930〜40年代に隆盛を極めたスクリューボールコメディ。金持ちの令嬢と古生物学者2人を中心としたドタバタ劇は「なんでそうなるの!?」の連続で笑い飽きさせない。
アンジャッシュ的なすれ違い・勘違いコン
>>続きを読む

タイム(2020年製作の映画)

3.2

第93回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞ノミネート作品。
6人の子供の両親が銀行強盗で投獄。夫は60年の懲役と仮釈放も叶わない不釣り合いな司法制度に妻が異を唱える20年の記録。
彼女の苦しみは伝
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.9

ノースダコタ州ファーゴで起きた殺人事件。捜査に挑むオスカー女優フランシス・マクドーマンド演じる警察署長マージ。
ボタンの掛け間違いにより窮地に陥っていく犯人グループたち。彼らの滑稽な計画性の無さに比し
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

4.0

この映画が終わりに向かうにつれて募る寂しさと切なさ。
大好きなあいつらと熱中して撮影した時代劇映画。
段取りも悪いかもしれない、未熟かもしれない。だけどそんな一瞬一瞬が愛しくて大切な瞬間。
仲間たちと
>>続きを読む

ティアーズ・オブ・ザ・サン(2003年製作の映画)

3.5

ブルース・ウィリス率いる特殊部隊は内戦中のナイジェリアで医療活動している女性医師救出の任務に赴く。
モニカ・ベルッチは美しいが、彼女の救出活動が原因で多数の命が奪われる惨劇は酷い。しかも彼女の正義感に
>>続きを読む

リーサル・ウェポン2 炎の約束(1989年製作の映画)

3.8

わんこが大活躍するメル・ギブソン&ダニー・グローバーの刑事バディムービー。前作より緩くなりながらも、大迫力のカーチェイスや爆破シーンは見応えあり。娘のCM出演に喜び、トイレで立てなくなるマータフは愛く>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

4.2

夢の実現は目前!浮かれていたら落ちてしまったマンホール…行き着いた先は死後の世界!?
魂と化したジャズピアニストは自分の体に戻るために奔走する。
あなたにとっていつも見ている空、景色、人は特別ですか?
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.5

憎悪と愛情は紙一重。互いの持たざる部分に嫉妬する二組の兄弟姉妹。
一同集結するファミレスから日常の職場、家庭での綻びが少しずつズレを生み出す𠮷田恵輔監督の見事な演出と役者の演技。

Twitterでも
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.3

漫画原作のアクション活劇でかつてこのレベルの実写作品があったか?世界にも誇れる大友×谷垣印のシリーズ最高傑作。
悲哀の人誅編…すべては雪代縁を体現した新田真剣佑の表現力あってこそ。
幕末の人斬りは不殺
>>続きを読む

コンクリート・カウボーイ: 本当の僕は(2020年製作の映画)

3.8

北フィラデルフィアの街中で馬と共に生活するカウボーイ。素行不良な息子と疎遠だった父親の邂逅を機に“家族の再生”を描く。家はただの場所ではなく、家族の在る場所。静かに淡々と進行する物語は人と馬の共生を優>>続きを読む

続·ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画(2020年製作の映画)

2.8

本当にこの作品がアカデミー賞脚色賞ノミネート!?前作ほどのぶっ飛んだ笑いは鳴りを潜め、さすがに看過できないぶっ飛んだやり口に空いた口が塞がらない…ただ娘役マリア・バカローヴァの演技と度胸には拍手を贈り>>続きを読む

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(2006年製作の映画)

3.8

不謹慎極まりないモキュメンタリー。アメリカという国を容赦なく皮肉ったブラックジョークは異常だが、よくここまでやった。『シカゴ7裁判』のサシャ・バロン・コーエンの代名詞的作品の一つ。

『続ボラット』が
>>続きを読む

るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 新京都編 後編(2012年製作の映画)

2.0

なんでリメイクした?(2回目)





▼前編のレビューはこちら
https://filmarks.com/movies/91009

さて、後編もまたやばいですね。
宇水の登場シーンは斬新かつ驚き
>>続きを読む

るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 新京都編 前編(2011年製作の映画)

2.0

なんでリメイクした?







「るろうに剣心」は漫画、アニメ、実写とひと通り観ています。10年ちょっと前に発売したアニメのDVDボックスを購入したぐらい好きです。
ただ唯一この新京都編だけ観たこ
>>続きを読む

イレイザー(1996年製作の映画)

3.5

良くも悪くもB級映画の域を超えないが、シュワちゃんvs飛行機の空中戦は見どころの一つ。このシーンだけで観る価値あると言えると思う。

シュワちゃん主演の懐かしきアクション映画も少しずつ再鑑賞、もしくは
>>続きを読む

彼女(2021年製作の映画)

3.6

2人の女性が互いの感情と向き合いながら成長していく逃避行ロードムービー。水原希子とさとうほなみの激しい濡れ場に目が行きがちだが、それぞれの心の成長を丁寧に描いたドラマだと思う。撮影も良い。

142分
>>続きを読む

サンダーフォース ~正義のスーパーヒロインズ~(2021年製作の映画)

3.1

なんとなーくダラダラと家で過ごすときにちょうどいい映画。大味なアクションや主要キャストの軽妙なトークに小笑いすることを楽しめればそれで良し。

メリッサ・マッカーシーとオクタビア・スペンサー、このアク
>>続きを読む

AVA/エヴァ(2020年製作の映画)

2.5

ジェシカ・チャステインが抜群のプロポーションで魅せる暗殺稼業。ワクワクを演出するパーフェクトな冒頭から一点直下…エヴァが暗殺相手に問いかける言葉の深堀りがなされず勿体つけるグダグダ感、重苦しいアクショ>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

4.5

でんでんででんでんでん♪でんでんででんでんでん♪
最高の劇伴、最強のバディ、最凶の悪役、爆発の連続!これぞマイケル・ベイ映画の真骨頂!
脱出不可能なアルカトラズ刑務所を舞台に繰り広げられる市民を守るた
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

4.0

全員狂ってる…“映画=フィクション”という世界観に身を委ね、理解することより感じることを優先すれば間違いなくセラピー映画となる。
斬新かつ大胆な編集と独特の色彩。中島哲也監督の実験的試みに翻弄されるな
>>続きを読む

ラストサマー2(1998年製作の映画)

3.7

鉤爪男の再び…ラジオクイズで当選したバハマ旅行。友人たちとの楽しいひとときは恐怖の始まりだった。
ジェニファー・ラヴ・ヒューイット主演のジャンプスケア系定番ホラー続編。

『ラストサマー』好きなんです
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

4.5

「コントやってみろよ!」
人生でクヨクヨすることを惜しむな。笑って泣いて笑って後悔してまた笑って前向きに過ごそうぜ。それが答えだ!
若手実力派バイプレイヤーたちが織りなす究極のハーモニー。ベテランらの
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.9

“難しい”“面倒臭い”“愛しい”“楽しい”など恋愛の全てが詰まった群像劇。主演から脇役まで全員が愛おしい脚本と演出の妙。警察官最高すぎ。
他人に話したくない元カレ・元カノってツラい。誰かにとって遠慮な
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.7

新感覚タイムループラブコメ。もはや繰り返す毎日から抜け出す気のないお気楽主人公。そこに介入する一人の女性。変わらぬ日々に甘えるか、変化を求め脱却するか。一人で過ごすと何事も鈍感に…二人の大切さを再認識>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

4.4

アカデミー賞最優秀短編映画賞ノミネート作品。ミネソタの黒人男性死亡事件を反映しBLMへの直接的なメッセージを込めたタイムリープドラマ。
かの問題にどう向き合うべきか。あまりにもリアルな暴行拘束描写に他
>>続きを読む

私をくいとめて(2020年製作の映画)

4.1

一人でいることの心地良さと独りぼっちの寂しさ。アラサーだからこその拗らせをリアルに表現した“私の物語”。
拗らせアラサー女子をのんが好演、親友役の橋本愛の尊さ、そして誰とカップル役をしても上手くハマる
>>続きを読む

先輩と彼女(2015年製作の映画)

2.5

キャップ姿の芳根京子とても良き。もうそれが見れただけで大満足な高校生の胸キュンラブストーリーです。

芳根京子強化月間にて未鑑賞の作品を。
先日観てかなり高評価したドラマ『表参道高校合唱部』と同じ志尊
>>続きを読む

>|