EDDIEさんの映画レビュー・感想・評価

EDDIE

EDDIE

マイマザーズアイズ(2023年製作の映画)

3.3

視力を失った母と半身不随になった娘が驚くべき方法で心と体を共有する。チェロ奏者の母娘の異常な音楽への固執は互いの愛の深さを物語っているのだろうか。終盤の殺害描写は斬新すぎて忘れられない。
強烈なポスタ
>>続きを読む

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

4.5

大阪に“黒い雨”が降る…NYで逮捕した殺害犯が日本移送中に逃亡。NY市警と大阪府警がタッグを組み逃亡犯を追う。マイケル・ダグラス、高倉健、松田優作らを揃え見事なオオサカノワールに仕上がった傑作。狂気た>>続きを読む

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

4.1

醜いのは妖怪か人間か。
いわくつきの人里離れた村における後継者争い。自分たちが良ければそれで良いのか。人間は誰しもが損得を考え行動する。100%の善人なんていないのかもしれない。主人公ですら完全無欠で
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.9

雪の降りしきる大東京で捨て子の親探しに奔走するホームレスたち。かつて家族を捨てた、もしくは捨てられた彼らの奇跡のような巡り合わせ。人は全てを諦め止まってしまえば奇跡は起きない。ただ懸命に行動することが>>続きを読む

(2023年製作の映画)

2.9

映画館のスクリーンを使って見せた壮大なコント番組。派手な合戦や殺陣、グロい演出などアクション面は期待以上だったものの、会話劇が基本的に見るに耐えない。往年のたけしのコント番組のような作りに懐かしさを感>>続きを読む

フィンガーネイルズ(2023年製作の映画)

3.2

私とあの人の相性は何%?
ジェシー・バックリー&リズ・アーメッド主演のラブロマンス。“真実の愛”を見つけるために爪でその相性を測る…あまりにも痛々しい描写に顔を顰めてしまう。恋人への疑念や倦怠期…自分
>>続きを読む

007/ムーンレイカー(1979年製作の映画)

3.6

ワイスピやMIよりも先に宇宙に行ったのはジェームズ・ボンドだったんだぜ!
ロジャー・ムーアになってからお笑い路線一直線な中、本作はほぼお笑い。シリアスなボンドシリーズ観た後だと落差が凄まじい…けど前作
>>続きを読む

コーポ・ア・コーポ(2023年製作の映画)

3.0

大阪鶴橋近辺のコーポを舞台に個性的な住人たちの人間模様を描く群像劇。
伝えたいのは「生きてるだけで丸儲け」ということだろう。どんなに辛くても無用な人生だと思っても生きてさえいれば良いことはある。なんだ
>>続きを読む

007/ゴールデンアイ(1995年製作の映画)

4.2

シリーズ17作目にしてピアース・ブロスナンの“ボンド”デビュー作。ソ連崩壊前後の時代を描き、007も新規軸へ。バディとの共闘と裏切りなど、現代のMIシリーズに通ずるスパイ物の原型になっているとも感じた>>続きを読む

007/ リビング・デイライツ 4Kレストア(1987年製作の映画)

4.5

超絶おもしれー!
シリーズで上位に来る興奮度。
冒頭のカースタントシーンから絶え間なく飽きさせぬ壮絶なシーンが続く。
良い意味で「まだ終わんねーのか」と畳み掛けるようなクライマックスではニヤけ顔が止ま
>>続きを読む

007/私を愛したスパイ(1977年製作の映画)

3.9

シリーズ随一のヒットを飛ばした記念すべき第10作目!
コメディ路線まっしぐらなロジャー・ムーアボンドの良さが光った逸品。
冒頭のスキーで追ってから逃げる壮絶なシークエンスは印象度マックス!そこからパラ
>>続きを読む

007/黄金銃を持つ男(1974年製作の映画)

3.5

タイトルにある“黄金銃を持つ男”。
その殺し屋の名は「スカラマンガ」!!
一度聞いたら忘れることはない!

その男の名は「スカラマンガ」!!!

なんか聞き覚えある名前だなと思ったら、FF8にある島の
>>続きを読む

007/死ぬのは奴らだ(1973年製作の映画)

3.7

ショーン・コネリー復活を引き継いでからのロジャー・ムーア最初の作品。
いきなりボンドが美女とベッドインからスタートしたと思いきや、ブードゥー教のいかにも怪しい黒人組織に潜入。
幾度となくピンチに遭い、
>>続きを読む

マーベルズ(2023年製作の映画)

3.8

キャロル&モニカ、カマラ3人の団結。MCUに新チーム誕生…でも前途多難。憧れのヒーローに相対したカマラの“推し”に対する熱意に涙腺が緩む一方、3人が揃うことで興味が分散。特訓のシーンは可愛らしいけど後>>続きを読む

ザ・キラー(2023年製作の映画)

4.2

「自分のケツは自分で拭け」
往年のフィルムノワールを継承しながらも現代のテクノロジーを応用する新世代型ノワールと言える。成功率100%の殺し屋も人の子。失敗する時は瑣末な理由なのだろう。落とし前の付け
>>続きを読む

花に嵐(2015年製作の映画)

3.4

新入生歓迎!のサークル勧誘。
うわー、ありさ先輩可愛いわぁ。約束ね、とか言われたらそりゃ入部するよね。
……クソ!ありさクソ!朽ち果てろ!
そんなこんななPOVモキュメンタリーは見せ方も内容も実に斬新
>>続きを読む

正欲(2023年製作の映画)

4.0

マイノリティの苦しみを敢えて人間の身近な存在である“水”への嗜好で表現した意欲作。思い上がりの正義が必ずしも人を幸せにできるとは限らない。“普通”の概念を覆し大半が人に言えない悩みを抱えていることを示>>続きを読む

ゴジラ(1984年製作の映画)

3.9

自分が観たかったのはこんなゴジラなのかも。人類の前に立ちはだかる巨大生物、それに対抗すべく動く日本政府。無論、世界各国も黙っていない。初期段階ではゴジラの存在をひた隠しに情報操作する政府。
ゴジラ自体
>>続きを読む

ゴジラ対ヘドラ(1971年製作の映画)

3.7

公害から生まれた怪獣ヘドラとゴジラの大決闘。海洋汚染によって取るに足らない生物が人類の脅威となっていく。
奇抜な演出が脳裏に焼き付く不思議な作品。汚い存在であるヘドラすらなんだか愛着が湧くから不思議。
>>続きを読む

ゴジラ FINAL WARS(2004年製作の映画)

3.1

これが2004年の最高到達点!なのか?
人間やミュータントがメインのシークエンス、外国人キャストには吹替というチグハグさ。これの何がゴジラなんだ?という懸念が払拭される瞬間はきっとやってくる。ゴジラv
>>続きを読む

ゴジラVSビオランテ(1989年製作の映画)

3.6

「ゴジラでもビオランテでもない。本当の怪獣はそれを作った人間です」
人間の悪行をこれでもかというぐらい宣告する諦念。「それがあなたのいう科学ですか」今やらなくてもいずれ誰かが破壊を繰り返す。環境破壊や
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

3.8

ここ数年の邦画で最高峰の迫力&破壊力。戦後に絶望を抱き苦しむ人々をゴジラの出現が更なるどん底へ突き落とす。ゴジラ登場シーンはずっと楽しい。
ただ戦後の復興から絶望へ移る模様や登場人物の大袈裟な演技にイ
>>続きを読む

人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした(2023年製作の映画)

4.0

井浦新の醸し出す安心感に万歳!
他人に縋り将来を憂う元アイドルライターがおっさんと暮らし輝きを取り戻す。肌の荒れた序盤から前向きに輝く瞬間までを見逃すな。いいよ、テキトーで。

深川麻衣演じる主人公の
>>続きを読む

愛にイナズマ(2023年製作の映画)

4.2

1500万円は大金か、端金か。
「そんなのあり得ないから」と映画監督折村花子を一蹴する露悪的な存在が歪かつ不自然さを醸し出していたが、物語の進行に従い全体構造が見えてきて一貫したテーマ性に溜飲が下がっ
>>続きを読む

ナックルガール(2023年製作の映画)

3.3

三吉彩花めっちゃハマってる!前田公輝もかっこよ!日韓共同制作で日本のリアリティラインは逸脱してるけど、イカれまくった悪役伊藤英明も超良かった。細かい所気にし出したらキリがないのでアクションはこれぐらい>>続きを読む

キリエのうた(2023年製作の映画)

4.8

1人の女性の13年間の軌跡を不揃いな時系列で描き奇跡が起きる。法律に翻弄され続けた彼女が法に抗い歌い続ける模様は目頭が熱くなった。
アイナ・ジ・エンドの高音域な歌声に魅了され、イッコ/真緒里や夏彦らと
>>続きを読む

こいびとのみつけかた(2023年製作の映画)

4.7

“おかえり”“ただいま”と言える場所が欲しいね。植木屋の主人公、そこで調達した落ち葉がすべてのはじまり。
変わり者の2人にしか知り得ない世界観。それが愛おしく心地良い。
メロドラマとして歌が感情を揺さ
>>続きを読む

リゾートバイト(2023年製作の映画)

3.8

仲良し3人組が向かった島…そこには恐ろしい秘密が。音の使い方が絶妙でドキドキするにはちょうど良いホラー感。変なタイミングで挟むお笑い要素は鼻についたけど、作中に出る臭いものと掛けてると思えば。
ぶっ飛
>>続きを読む

SHARING(2014年製作の映画)

3.2

3.11東日本大震災…歴史的大地震や津波の被害。それを予知した人物がいた?
大学の教員として記憶の研究をしながら、予知夢の永遠命題を追究する主人公。
ドッペルゲンガーの存在や本当にあったのか混乱する曖
>>続きを読む

ザ・クリエイター/創造者(2023年製作の映画)

4.6

未来には感情豊かなAIが存在する。
想像をかき立てるプロットと子役の見事な演技がたまらない。
結局、汚いのは人間。
都合の悪いことは他になすり付ける…これは未来でも変わらないのも。
SFガジェットや壮
>>続きを読む

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン(2023年製作の映画)

3.3

石油発掘で隆盛を築いたオセージ族とその背景に潜む強欲の闇。マーティン・スコセッシ監督が描く物語は丁寧でわかりやすい一方、話の筋が単純明快ゆえ206分はさすがに長すぎると感じた。
もっとサスペンスフルな
>>続きを読む

春画先生(2023年製作の映画)

3.9

春画の世界に目覚め、一途に人を想う模様を変態的に描く。恋のスタンスは人それぞれだけど、「先生のためなら何でもする」スタンスだった北香那の突如の覚醒に大爆笑。クライマックスは笑いが堪えられなかった。エロ>>続きを読む

最終絶叫計画(2000年製作の映画)

3.7

「アカデミー賞絶望!」のコピーも納得のしょうもないホラーコメディ。ゆるいしエロいし知能指数が限りなくゼロに近い。しかし爆笑してしまったら負けよ。あらゆる映画のパロディ盛りだくさんだったけど、成績表のく>>続きを読む

エクスペンダブルズ ニューブラッド(2023年製作の映画)

3.4

冒頭から豪快な爆発などさすがの迫力を見せつけてくれる。滾る滾るぜー!
期待の新キャストも見所満載で“消耗品軍団”の掛け合いも面白い。中盤の船内⚪︎⚪︎⚪︎ツアーは見応え十分。スライからステイサムへ。
>>続きを読む

ゆとりですがなにか インターナショナル(2023年製作の映画)

4.4

帰ってきたあの3人組!
劇場版は中国だったり留学生だったり韓国企業だったり国際交流が満載。
クドカン脚本の妙が随所に発揮され声出して笑って泣いてと感情大忙し。
やっぱり俺は坂間家が好きだ。
ゆとり第一
>>続きを読む

ローグ アサシン(2007年製作の映画)

3.6

「オイシャサンゴッコダ!」
ステイサムの見事な日本語、日本人役の不自然な日本語吹替、不思議なヤクザの集団、そしてジェット・リーの魅せるアクション。これだけでこの映画を観た価値がある。
しかし最後に振り
>>続きを読む

>|