ゆずさんの映画レビュー・感想・評価

ゆず

ゆず

映画(77)
ドラマ(13)
  • List view
  • Grid view

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

LGBTでのいじめや母親の薬物中毒など、世界の居心地の悪さや寂しさが描かれた、美しく詩的な映画。
「泣きすぎて自分が水滴になりそうだ」
という台詞は今までで1番好きかも

MAMA(2013年製作の映画)

3.1

5年間行方不明だった姉妹を育てた"ママ"の正体とは。正体が何であれ自分たちを育ててくれた存在は母親。母親とは何か考えさせられたけどもママが怖すぎた、、

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

4.5

人一倍嗅覚が優れた男が、あるとき嗅いだ女性の香りが忘れられず、その香りを再現した香水を作り出そうとするお話。究極の香水を作り出すためにはどんなことも厭わない、美と罪が混在する映画。伝わるはずのない艶や>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.3

霊的な怖さと、閉じ込められた世界で人間がいかに狂っていくかという怖さが描かれたホラー映画。ジャックニコルソンの狂気に満ちた演技が本当にすごい。シンメトリーの世界が印象的でした。

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.2

正直人生で1番しんどくて本当にやばいものを観てしまったという気持ちになった。
奇形の人、奇形に憧れる人、奇形を愛する人、それぞれが問題を抱えながらも生きていく姿が描かれた映画。
全編パステルカラーで彩
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.3

海の中の綺麗な世界と、合戦の壮大さなど、とても美しくて強い映画。
ストーリーも清々しいほどに純粋ですごくおもしろかった!
ジェイソンモモアのことがさらに好きになりました

エモ・ザ・ミュージカル(2016年製作の映画)

-

エモ少年とキリスト少女が恋をする青春ミュージカル映画。
この映画の中での「エモ」は音楽ジャンル的な意味のエモだってことを把握して観るべき。
「イエスもきっとエモだった」って歌うキリスト少女がかわいい。

ぼくらと、ぼくらの闇(2017年製作の映画)

2.7

悲惨な事故を起こしてしまった少年たちが恐怖と狂気に蝕まれ、次第に闇に堕ちていく青春鬱映画。すごく暗くて重い。
少しずつ崩壊していく友情は脆く切なく、思春期の少年たちの心の闇に底知れない恐怖を感じた。

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.3

終始イカつい乗り物で爆走しながら戦うド派手で爽快なアクション映画。
細かい装飾のデザインも凝っていて、映像と音は劇場で観ればよかったと後悔するほどの迫力。
とても楽しい映画でした

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

4.4

生態系に異常をもたらす領域に女性隊員が侵入するアート系SFホラー映画。
極彩色の神秘的な映像美と未知の世界に足を踏み入れる恐怖感の対比がとてもよく、不思議な余韻が残った。
観る人をかなり選ぶけどすごく
>>続きを読む

ダーク・シャドウ(2012年製作の映画)

3.6

ティムバートン×ジョニーデップのゴシックファンタジー映画。
元恋人の恨みを買いヴァンパイアにされ、200年にわたって生き埋めにされていた男が目を覚ますと世の中は色々変わっていた…というお話。
評価が良
>>続きを読む

キング(2019年製作の映画)

3.1

シェイクスピアの戯曲を元に、王子ハルが偉大な王へと成長していく姿を描いた映画。
王としての苦悩や孤独に心を打たれる。
絵になるような美しいショットと戦のシーンがいいコントラストになっていました。
何よ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.4

音楽が良くてかっこよくて、いっぱい泣いた好きな映画。
ミュージカル映画は退屈に感じることが多いけどこれはほんとにおもしろい。
ヒュージャックマンの演技力と歌唱力にも感動しました

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

-

学校のはみ出し者2人の青春ロードムービーって聞いたから観たけど、悪ガキ感が強くて想像とはだいぶ違った。
でも2人がすごく楽しそうで、90分という短い時間の中に青春がいっぱい詰まった映画でした。

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

-

音楽がよくて楽しい映画。ティムバートン好きな人は好きそう。ハンドくんがかわいい

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

2.6

ティムバートンな世界観がかわいい映画。
特殊能力を持った子供たちがいっぱい出てきて楽しい。

アメリ(2001年製作の映画)

-

不思議でかわいい世界観の映画。独特。ストーリーよりもおしゃれ映画って感じ!なんでこんなホラーみたいなポスターなん

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

2.6

三本の短編アニメからなる切ないラブストーリー。1時間でみれる。暗い。もやっとするというか見終わった後に不思議な余韻が残った。
囁くようなモノローグの言葉1つ1つが美しく繊細で、新海誠特有の色鮮やかな自
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.7

日常にうんざりしたはみ出し者の2人が自作の車で旅に出るひと夏の青春ロードムービー。
可愛くて甘酸っぱくて、何気ない2人の会話はグッとくるものもあり、どこかアンニュイだけどキラキラした2人が素敵でした!
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

3.5

ハサミの手を持つ人造人間と少女のピュアなラブストーリー。
手がハサミだから傷つけてしまうのを恐れて好きな人にも触れられないシザーハンズが切ない。
ウィノナライダーかわいい

マレフィセント2(2019年製作の映画)

4.7

前作よりもマレフィセントのオーロラ姫への愛を感じられてすごくよかった。
垣間見えるマレフィセントの優しさと笑顔が素敵。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

-

純粋で切ない恋と美しい映像が印象的でした。
ストーリーというより雰囲気を楽しむ映画で、好き嫌いが分かれそう。
菅田将暉も小松菜奈も綺麗

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.3

ヒーローがいっぱい集まると派手でスケールが大きくて楽しい。
エズラミラー演じるフラッシュがかわいかった。
他のシリーズ知らなくても楽しめると思う

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

-

描写が気持ち悪すぎて15分で挫折した映画。食欲なくなる系の気持ち悪さ。ストーリーはおもしろかったかもしれないのにもったいない

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.5

7歳の知能の父親と娘を描いた、親子愛に溢れた素敵な映画。
「今までで1番泣いた」とか言うと陳腐になるのが悔しい。
娘役のルーシーが本当にかわいい。

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

4.1

息子を誰よりも愛する父と、薬物依存の息子のお話。とても重い。
薬物に溺れどんどんボロボロになっていく息子を何度も救おうとする父の姿が切なくて泣いてしまう。
薬物依存のティモシーシャラメが病的でよかった
>>続きを読む

ハンニバル(2001年製作の映画)

4.2

羊たちの沈黙の続編。
グロいのになぜか美しさがあり、若干の恋愛要素もある。
FBIの女性警察官クラリスと猟奇殺人犯ハンニバルレクターの関係性が素敵。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.2

FBIの女性と猟奇殺人犯の奇妙な関係を描いたサイコスリラー映画。
役者さんの演技やカメラワークや音楽から独特の緊張感を味わえる。
グロいからという理由で遠ざけられるのがもったいないぐらい、映画としてす
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.5

殺し屋と孤独な少女の純粋な愛をスタイリッシュなアクションシーンを交えて描いた映画。
少女のマチルダと出会い、変わっていく殺し屋のレオンの関係が素敵。
マチルダが本当にかわいい。
全人類が観るべき良い映
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

3.3

死刑宣告を受けたニキータが政府の秘密工作員に仕立てられ、一般人のふりをして殺し屋の仕事をこなしていく女性アクション映画。
レオンのマチルダ以上にニキータがメンヘラなので、ヒステリックな感じが苦手な人は
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.6

1人の心優しい男性がどんどん間違った方向へと自ら進んでいってしまうお話。
かなり人を選ぶので軽くおすすめはできないけど、悲しくて切なくて衝撃的なストーリーも、ホアキンフェニックスの演技も、美しい映像や
>>続きを読む

>|