arsさんの映画レビュー・感想・評価

ars

ars

ars

映画(492)
ドラマ(27)

ライオン・キング(2019年製作の映画)

-

いかに自分は「表情」で感情や相手の性格を読み取っているか ということを実感させられた
あと「ディズニーアニメーション」のポップでファンタジーな文脈だからこそ笑えたりするシーンなどが今回は写実性に気を
>>続きを読む

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

3.0

おじいちゃんVSゾンビのトロトロ追いかけっこかわいすぎわろたにえん
ゾンビもの苦手な人間でも楽しく見れた🙆‍♀️長さもテンポもコメディ感もナイス
歩行器おじいちゃんが銃ぶっぱなしてる時に一緒に頰もぷ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.6

わたしたちにはムーンライトがあるんですよね 月の光に青く染まる恋の色だ 幼少期から成人するまでの役者さんが本当に完全に同一人物なんですよね それがすごかった あそこまでおなじ、どこまでもシャイでやさし>>続きを読む

カイジ 動物世界/動物世界(2018年製作の映画)

3.7

かなりよかったです むちゃくちゃ金がかかっているのがわかる 世界観がかなり一貫しておりディティールまでこだわりが感じられる アジア系以外のキャスティングもかなり秀逸では?マイケルダグラスがこんなにハマ>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.1

キャラクター造形が本当に見事。魅力的すぎる。声の彼女が、あの彼女だったのも最高
兄弟愛すごすぎて最後のおじさんが「一体何を見せられているんだ…」という顔をしてたのがウケましたし私も一体何を見せられてい
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

ピエロより少年少女たちのうつくしさがあまりにまぶしかったな 父親に性的虐待を受けてるあの子が、高さにひるむ男の子たちを横目にいの一番に崖から湖に飛び込むあのシーン あのしんどすぎるシーンからの場面の切>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

5.0

傑作では?資本主義の否定 ひたすらに殴り合う男と男と男と男と男 人間のとてつもない暴力性
ドン底のマグダラのイエスキリストとしてのブラピ美しすぎて恐怖を感じた 手を溶かされるシーンとか完全に洗礼でし
>>続きを読む

カーゴ(2017年製作の映画)

-

ウーーーン????ヒューマンゾンビドラマの部分はリアリティがあってよかったけど部族の描写が中途半端でよくわからなかった………

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

-

思ってたよりも下ネタ感なかった もっと全編下ネタでくるかと思ってたけど、監督は人間はおろか…………ということがいいたいんだろな〜〜〜とおもいました。話としても一本筋がありそれもよかったです😸最後の乱行>>続きを読む

ブレッドウィナー/生きのびるために(2017年製作の映画)

5.0

ネトフリで見た 全人類見た方がいいです
アニメーションがパッケージからは想像できないくらいにめちゃくちゃきれいだった ネトフリのパッケージで少し損をしてるのでは?というぐらいに…
ドキュメンタリー
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.3

ぐろかったけど楽しく見れた❤
恋人役の女優さん、みたことがあるいい女だ…………とおもったらゴッサムの女優さんじゃん!!!いい女だな〜〜〜〜〜〜・・・

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

-

ヨンドゥ!!!!!!!!!!!!マーベルシリーズの中でも特に作風にカラーがあっていいですね アゲアゲ

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

4.7

今のアニメーションってこんなに透明感あるんだ!!!???!??って本当にびっくりした
瞳のアップが多用されるんですけど、朝露を張った湖のよう めちゃくちゃきれい いや〜あの絵を映画館で見れてよかった
>>続きを読む

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015年製作の映画)

3.0

ワトソンにも先立たれ、90歳になったホームズのはなし
地味な映画だったけど、これはジョン…これはハドソン夫人…と石をいっこずつ置いていくシーンからエンドロールに至るまでの絵があまりに美しく、この映画は
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦(1998年製作の映画)

3.9

全体的に「絵がうまい…………」となる…………アクションシーンもちゃんと肉が入っている感じがあるし、序盤かなりライティングがきつめの色調なんですけどそれがかなりかっこいい
しんちゃん映画の中でも特に光の
>>続きを読む

>|