妖怪映画ビッチさんの映画レビュー・感想・評価

妖怪映画ビッチ

妖怪映画ビッチ

映画(140)
ドラマ(0)

ハイ・ライフ(2018年製作の映画)

2.5

なんだこれ。

ジュリエット・ビノシュいいのかこれは。

時々出てくるCGとか変だし。。。

色々とおかしい。。。

ある町の高い煙突(2019年製作の映画)

3.7

真面目か!!

NHK的な雰囲気のものすごく真面目な映画で、最初は「退屈かも」と思ったのも束の間。
どんどんひきこまれていく。

キャスティングも◎。
阿川佐和子さんのナレーションも◎。

細かいけど
>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

3.3

稲垣吾郎さん全然嫌いじゃないのですが、
あの「頑張って演技してます感」が終始気になって仕方なかった。

そしてさすがの池脇千鶴さん。
田舎の奥さん役がすごく上手で見てて安心する。

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

3.6

「武器人間」みたいな変なの出てくるの好きだから、これはもちろん好き系。笑

途中までは普通の戦争もののような雰囲気で進むから、伯母さんの様子がおかしいところから「お?」となる。

わかりやすいキャラク
>>続きを読む

君がまた走り出すとき(2018年製作の映画)

2.9

「翔んで埼玉」はふっかちゃんだったけど、本作はコバトンが目立つところに出てきてた( ・∀・)
(埼玉が最近アクティブ!?笑)

NHK的なわざとらしいわかりやすい展開だけど、悪い作品じゃない。

松原
>>続きを読む

パペット 大騒査線 追憶の紫影(2018年製作の映画)

3.4

どれだけひどい映画かと思ってたけど、全然楽しい!下品だけども。

渋谷シネクイント、土曜日夜の回はお客さん5名だったけど、今やってるあんな映画やそんな映画見るより全然楽しめるよ。

タイトル。。。まぁ
>>続きを読む

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

3.5

イメフォでの鑑賞を逃し、ネトフリにて鑑賞。

元々が健康的な体だっただけに、説得力があり、見ていてとても興味深い。

悪くないけど、編集の力でもっともっと人を引き付けるような仕上がりにもなったかもと少
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

2.5

つまらん。

なにか起きそうな雰囲気までは悪くなかったけど、実際に色々ある部屋のカラクリが上手く使われていない印象。

それなら、本物のウィンチェスターハウスの凝った部屋たちを紹介してくようなドキュメ
>>続きを読む

マシニスト(2004年製作の映画)

3.4

クリスチャン・ベイルのトランスフォーメーションを語る上で無くてはならない作品。笑

ってことで点数悪くないけど、内容としてはそこまでエキサイティングというわけではない。読めるオチだし。。。

この暗い
>>続きを読む

ゾンビーバー(2014年製作の映画)

3.6

タイトルがすごく良い!

誰しも期待せずに観るであろうこの作品だが、内容も悪くない。

くだらなくて楽しい時間でした。

ファウンテン 永遠につづく愛(2006年製作の映画)

1.5

今は無き、銀座一丁目にあった映画館で鑑賞。

レイチェル・ワイズもヒュー・ジャックマンも好きだったけど、今となってた「つまらなかった」という感想しか思い出せない。

ダーレン・アロノフスキー監督作品で
>>続きを読む

ROOM237(2012年製作の映画)

3.5

「うそやん?」「こじつけやん?」と思いながらも、「へぇー!こんなに凝って作られてたんだなー!?」と驚きの場面多し!

改めて本編みたくなること間違いなし。

もちろん、「シャイニング」自体見てない人は
>>続きを読む

ダーケスト・マインド(2018年製作の映画)

3.2

「欲しがってたでしょう?、、、【ぐでたま】」で、「ブッ!?😲」っと不意をつかれた人多いのでは!?笑

よくある映画のストーリーだけど、仲間を見つけてハラハラドキドキの冒険!までは楽しいんだけど、終わり
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

2.0

う、うーん。。。長い!つらい!わからん!

もちろん、もっと時代背景や隠れた意味やら諸々勉強してから見たら感想も違ったのかもしれないけど。。。

ていうか、ティルダが3役やる意味ってあったのか!?
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.3

色々と「ヘン」過ぎるけど、ジェームズ・ワンだし、パトリック・ウィルソンだし、ニコール・キッドマンだし、モモアだし、アンバー・ハートだから○!笑
あ、あとウィレム・デフォーも。

にしてもやっぱり期待っ
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

かお・カオ・顔!!どどーん!
顔のアップがすごい!笑(中盤には慣れてる)

いやー、安心の池井戸潤作品。
どんなに窮地になっても「きっと!きっと!きっと最後は報われるはず!」と思えるから見ていられるピ
>>続きを読む

女の中にいる他人(1966年製作の映画)

3.5

新珠三千代さんの着物姿美しッ!!
佇まい、仕草、(髪型も素敵)、見習いたい!
草笛さんは全然変わらずキレイですわー!

男(達)が至極昭和的で、所々で「は?」と思うのは時代が変わっているからだけども。
>>続きを読む

沖縄スパイ戦史(2018年製作の映画)

4.8

確固たるアイデア、考えや信念があって作られる映画は本当に意味がある。本作みたいに「知るべき」内容ならなおさら。

観客に「観せて、知らせて、考えさせて」という素晴らしい作品。

「アメリカが畏れた男カ
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.0

あのフジテレビ感どうにかならんかね。。。もったいない。

あの音楽聞くだけでフジテレビ臭が。。。

「期待してなかったからそこまで悪くなかった」の一つ。

でも、終わりに静かにエンドロール始まるの好き
>>続きを読む

BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-(2019年製作の映画)

3.2

内容何も知らず期待もせずにいたけど、トンデモバカ設定なりに悪くない1本!

そして曲が良いやん!ちょっとサントラほしいと思ってしまったよ。

元々かわいいコが出てたらプラス点だし、男性陣もシュッとして
>>続きを読む

伊賀野カバ丸(1983年製作の映画)

3.8

わざとらしさが昭和感満載のコメディ作品!最高です。

真田広之が見たくて観たし、彼はやっぱりこの作品でも最高だけど、それ抜きにしてもツッコミどころ満載で最後まで楽しい!

今見ても色褪せない豪華キャス
>>続きを読む

NOTHING ナッシング(2003年製作の映画)

-

すごい!!なんだこれは!?

見たあと話したくなること間違いなし!!

タイトルに全てが詰まっている。ふふふ

ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償(2015年製作の映画)

4.0

先進国に住む誰もが見るべき。

先進国の大企業のためだけに犠牲になっているものの大きさ。これはファッションに関してだけど、他の業界も同じ。

「見栄」と「見栄え」だけのために払われる代償。

無駄すぎ
>>続きを読む

すっぱいブドウ(2016年製作の映画)

3.4

面白い!

大胆であるほど真実味がある良い例。

そして、騙すならそれ相応の知識が必要ということも教えてくれる。

どんどん先が気になって見てしまう

テキサスタワー(2016年製作の映画)

3.3

見せ方がうまい。

当時の様子を再現VTRを使わず、アニメで再現。

実際の体験者の言葉に合わせてわかりやすくまとめている。

これならリアルな残酷描写もないし、中学生くらいにも見せられて良い!

暗殺・リトビネンコ事件(ケース)(2007年製作の映画)

4.0

次から次へ。目が離せない展開。

こうして映画になるから人々の記憶にも残る可能性がぐっと広がる。

キャットウォーク: 知られざるキャットショーの世界(2018年製作の映画)

3.1

みんなちがってみんないい。猫が皆かわいい。

元から猫好きだけど、さすが、ショー出てくる猫は映った瞬間に「っ!?かわいい!」とハッさせられる場面が何度もあった。笑

正直猫好きじゃないと退屈な作品だと
>>続きを読む

天才作家の妻 -40 年目の真実-(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

グレンクローズの映画!

彼女の女優としての魅力がたっぷり詰まった100分。

私が彼女を知ったのは「101」だったけど、少し前には「アルバート氏〜」でも深い演技を見せてくれたし、今度のアガサ・クリス
>>続きを読む

白昼の誘拐劇(2017年製作の映画)

3.7

怖っ!

目の離せない90分!

実話だからこそ奇想天外な展開にとにかく呆然。
これが普通のフィクション映画のストーリーだったら「いやいや、ありえないから」と鼻で笑うところ。

時代と、田舎という土地
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.6

シャマランの作品は、毎回期待と心配で鑑賞。

今回は評判が良いから、期待のほうが大きく見たが、裏切られずありがとうの作品。

今回初登場はサミュエルLジャクソンだけど、マカヴォイ万歳の作。

スピリッ
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

2.0

インパクトがある良いタイトルだけど、退屈で見ていられない。

内容は「十二人のお年頃会議」。

思春期のお悩み討論会。

長い!長く感じるよー。

フジコ・ヘミングの時間(2017年製作の映画)

5.0

彼女のピアノが大好きだから贔屓目に見てるかもだけど、とにかく良かった!

演奏をずっと聴いていたくて、映画終わってほしくなかったー!

気になる弟についても謎がとけた。w

犬猿(2017年製作の映画)

4.5

2018年の最良作の1本!

もっと評価されてよいはず。
そこまでそこまで注目されてないから仕方ないか。

邦画いろいろ出たけど、中でもすごく良かった!

遊園地シーンはププッと絶対についつい笑ってし
>>続きを読む

怪奇温泉旅館(2018年製作の映画)

2.6

今どきのアジア感。

全然良いんだけど、内容に対して長い。

95分位だとちゃんと見てられるかも。

でも旅館のセットや小物◎

斬、(2018年製作の映画)

3.3

内容に対してぴったりな長さで、終了まで集中力切れずに楽しめましました!

相変わらず怪獣シアターの作品は爆音で、「塚本晋也作品見てる感」を最初から味あわせてくれます!

塚本晋也さんが俳優としてどんど
>>続きを読む

>|