じょにーさんの映画レビュー・感想・評価

じょにー

じょにー

映画は数時間の人生だ。

映画(223)
ドラマ(0)

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.6

MCUの中で、エンドゲームを鑑賞した上で視聴すると一番深みが増す(アイアンマンやキャプテンアメリカFAはまた特別として)なぁと、個人的に思ったのでレビュー書き直してみました。いいねくれてた方すみません>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

※もちろん映画の具体的な内容はまったくわからないように書いてます。


MCU11年の歴史の最先端でありながら、インフィニティ・サーガの結びとしてシリーズの頂上に君臨する堂々たる大作だった。まさにサー
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

4.8

※売店に大モロネタバレグッズありました。※
クリアファイルです。薄目で見ても察しついちゃうかもしれない。でもこれはグッズにしたいね。難しい所だ、、、。
映画館側も微妙に隠してるっぽいレイアウトにしてて
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

5.0

スパイダーマン史の集大成。
アメコミファンもアニメファンも映画ファンもゲームしかやったことない人も、初心者もガチ勢も全員まとめて得しかしない驚異の大傑作。

サム・ライミ版の無印から映画シリーズをすべ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.8

今から鑑賞する方にひとつだけ忠告したい。
【上映開始時間にぜったい遅れないこと。】
あなたがマーベルファンならなおさら。

いよいよ次作で大詰めという佳境まで来て、こんなに真正面からぶつかってくるのか
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.7

音で観る映画が誕生してしまった。
ぜひ何も知らず劇場で観てほしい。

緊急通報司令室のオペレーターであるアスガー・ホルム。些末なトラブルばかりの中一本の通報に対応する。
女性の声。震える息遣い。要領を
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.7

今まで見たアメコミ映画の中で、ダントツで『マンガを映画館で観てる感』が強い。ていうか強い。正しくアメコミ映画だったと言える。
漫画で神話で絵画な映画だった。大海原版バーフバリかよ。
もうここのCGがす
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.9

DCEUでこの一作だけ見てなかったんですが、やっと見れました!

しかし長い。本格的なバトルまでが長い。何度かバトってもまだ終わらない。
ここまでじっくり描いたのはスーパーマンというイメージを膨らませ
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.9

ラルフは意外と気弱で、ヴァネロペはムカつくし、フィリックスは(ゲーム内の)主人公っぽくないし、カルホーン軍曹は可愛げないなあって思った。

のに、見終わる頃には全員好きになってた。おっでれえた。魔法か
>>続きを読む

紙ひこうき(2013年製作の映画)

4.0

シュガーラッシュと同時上映の短編作品。
紙ひこうきで繋がる恋の話。

1枚の“偶然”と何枚もの“努力”のどちらもが2人を引き合わせるのが素敵。
原題もダブルミーニングでうまい。地味にディズニーロゴにも
>>続きを読む

パラドクス(2014年製作の映画)

4.7

うーん、なるほど〜こういうタイプのやつね。
シチュエーション系でスリラー系のね。おもしろいけどこういうの好きで割と見てるし、よくある作品に見えてしまうなあ。

って思ってました。途中までは。
ナメてた
>>続きを読む

キラー・メイズ(2017年製作の映画)

4.2

一言で言うなら、DIYコメディサスペンス。
そしてこれは、、、子供も見れるスプラッター映画!!楽しい!
段ボールや毛糸や折り紙やクラフト紙が飛び回るビジュアルにワクワク。シリアスさを笑い飛ばす作風が愛
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

4.0

こんな言い方すると性格が最最最最悪ですが、基本的に人が死んでるシーンは全部最高でした。
もっと殺殺殺殺害してくれてもよかったんだぜ。
中盤の一瞬で伝わる「あっ、終わった」感、生きてる人間のあらゆる意味
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

クイーンにはまったく興味がなかった。フレディ・マーキュリーにも。でもこんなに話題に挙がれば観ない訳にはいかない。
ボヘミアンラプソディの言葉の意味や、歌詞の和訳が気になったので事前に調べた。ふーん?っ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.6

割と力技でトントン進んでいく。展開も王道感すら漂うくらいにきっとみんな知ってるやつ。けどそれでいい。それがいい。
ヴェノム、好きです!

初単独作としてオリジン(?)も見せつつ、こんなに楽しいの?そん
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.9

現スパイダーマン6作の中じゃ1番記憶が薄かったけど(ごめん)、なかなか良かった。
胸のクモのマークのディティールがイカしてて好き!

テーマを匂わせながら、色調にコントラストを効かせてCGもアップデー
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.9

ずっと見たかった映画。劇場で爆音映画祭の予告を見て迷わず参戦。
こいつを爆音で観ずに何を観るって感じですが、肝心の音圧は思った程ではなかった、、。普通の映画でこのくらいでも全然いいなと思えた。ちょうど
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.2

アメスパに突入する前の箸休めとして。
って、なにこれ。こんな作品だったのね、、、。

一個人のどうしようもない内面と怪獣という絶大な存在をオーバーラップさせてるんだろうけど、いかんせん方向音痴すぎた。
>>続きを読む

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

4.2

無印、アメイジング、ホームカミングの全6作の中で、現時点で1番好きなのがこのスパイダーマン3です。また見返した後の感想も書きます。

心の闇に巣食うヴィランとヒーローの闇堕ち、さらなる敵の出現に親友と
>>続きを読む

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

4.4

正直、遠い昔に1度見たっきりであまり覚えてなかったんですけど、始まったらもう「あ〜これこれ!」というシーンの連続だった。

前作からさらに踏み込んだヒーローとして/個人としての生き方に葛藤する人間ドラ
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

4.0

スパイダーマン、無印から見返してみようの巻。もう16年も前だと、、?ホラーかよ。
この頃は別作品と絡みがないからシンプルに楽しめるのが良いですね。

それでもMCUを網羅したりPS4のゲームをプレイし
>>続きを読む

アポストル 復讐の掟(2018年製作の映画)

4.0

妹を誘拐された男がカルト教団に潜り込んで助け出そうとする話。
動画配信サービスのオリジナル作品はちょっと、、なんてとても言えない時代が来てますね。

いくつかのジャンルが混ざった作品で、そういうのって
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

1.9

序盤に、絶対このためだけにアンドリュー・ガーフィールド起用したやろっていうシーンがあって、最高にニヤけた。
そしてそこがピークで、あとはほとんどひとつもおもしろくなかった。自分でもびっくりした。
映画
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.3

原作である児童文学も知らんし絵柄も設定も好みではないけど大丈夫かな?なんか幽霊とか出てきたし。とか思ってたら鼻の奥が熱くなるくらいのやつで泣きました。

そもそもこの作品で描かれてるのは誰かの心の喪失
>>続きを読む

The Last Man(原題)(2014年製作の映画)

3.7

YouTubeで見れます。
タイトル通りのポストアポカリプスなショートムービーなんですが、映像表現のクオリティはショートムービーのそれを完全に超えてる。
崩壊したビルや謎の施設、えぐれたコンクリート、
>>続きを読む

デビル(2011年製作の映画)

4.2

デビルかあ〜安直なタイトルやけど、、、と思いながら見てみたら、最後まで引きつけられる良作でした!

エレベーターでの密室サスペンスであり、オカルトみを醸しながら人間の心を素手で鷲掴みしてくるようなバラ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.8

まずは目線別にコメント。
ホラー目線で見たら、ペニーワイズもっと頑張れよと。
お前モノローグじゃもっと攻撃力高かったやろと。お口が悪くなりますが、最終メンバー7人の内1人や2人ブチ殺しに来いよと。普通
>>続きを読む

イベント・ホライゾン(1997年製作の映画)

3.5

7年間消息不明になっていた宇宙船、イベント・ホライゾンから信号が届き、調査のため海王星に向かう救助隊。

というワクワク設定でSFパニックものを期待してたけど、古き良きB級映画という感じだった。

>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

4.3

おもしろかった〜!

森の中の小屋で出会う3人の男女。
遭難状態から抜け出そうと画策する内に、3人には共通点があることに気づき始める。

ふむふむ、ミステリーサスペンスのコレ系ね。アウターゾーンか?っ
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.7

えっ、なにこのウルトラ消化不良な映画は。
と、鑑賞直後はそう思った。

でもいくつもレビューを読み込む内にじわじわと魅力に気付いていった。思い返して深く浸れる作品の懐の深さは、そのまま主人公を現してい
>>続きを読む

メガマインド(2010年製作の映画)

4.6

【Who’s bad?】

もっと色んな人に見られるべき作品。
あなたは、自分がどんな人間か知っていますか?何が好きで何が嫌いか、どんな立場で、どんな性格か。どんな自分になりたいか。

〈あらすじ〉
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.2

インフィニティ・ウォーから早5年。

くらいの感覚で待ち望んだアントマン続編。笑
究極にシリアスなIWとは一転、MCUの庶民派・アントマン節全開で安心した〜!
相変わらずの頑張るダメお父さんスコット!
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.8

おねショタおっぱいファンタジーと巷で話題のペンギン・ハイウェイ。
そうじゃない!これはSF青春おっぱいファンタジーでジュブナイルな傑作だ!だから観てほしい。

荒唐無稽に思える「ペンギン」という選択と
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.8

※内容については一切わからないよう書いてます。
というか、たとえネタバレくらっても、そういう作品としての特異性よりももっと言いたいことをちゃんと言ってると感じた。この人数の、このスコアを信じて。

>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.6

弱る父!強い母!長女は思春期!次男はかわいい!三男はもっとかわいい!
笑えるし泣けるしで楽しすぎる。

家族としての拙さと個人としての強み、どちらも映し出すことで彼らがもっと家族に見える。
世界観をよ
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

4.6

ヒーロー映画として、そしてファミリー映画として完璧では?

ひとりひとりのキャラ、そしてキャラとキャラ、能力と能力の掛け合わせ。
子供組は楽しいし。大人組頼もしいし。こんなこともできるもんね!っていう
>>続きを読む

>|