映画ボーイさんの映画レビュー・感想・評価

映画ボーイ

映画ボーイ

映画が好きな大学生です。Twitterで感想を書いていましたがこちらでも始めました。4.5は何度も見たい作品、3以上は面白い作品、3.5以下は面白いけど二度目は見ない作品、2.9〜2.5は見れなくもない作品、2.4〜2は我慢すれば、1.9〜1.5は耐え難い、1.4〜1は投げ出す作品です
二度目は見たくないけど衝撃があった作品は3.5以上付けます。

映画(942)
ドラマ(0)

戦場のレクイエム(2007年製作の映画)

3.4

公共内戦を描いたのが今作です。前半は戦場のシーン、後半は生き残った主人公が死んだ部下たちの名誉回復ために奔走する話です。

前半の戦場のシーンの血生臭さはなかなかです。持ってる武器のレベルの違いが当時
>>続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生(1997年製作の映画)

3.0

ジャンルで言えば総集編とジャンルでしょう。

いかんせん、自分がエヴァンゲリオンのガッツリのファンでは無いので深く楽しめませんが、ある程度しっかり知っていれば楽しめるでしょう。

全26話のこのアニメ
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

4.2

今作には素晴らしい二つのシーンがあります。そこまでもとても良いのでこの点数です。

一つ目は主人公がスピーチするシーンです。そして二つ目はテレビ出演のシーンです。

一つ目は認められるというある意味カ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

まさにエンターテイメント。歌と踊りでひたすらに生命力、活力、パワー、エネルギーというイメージがガンガンにきます。

でも内容が残念です。薄く感じてしまいます。サーカスの彼等を掘り下げるでももっと何か欲
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

3.2

マチルダの可愛さ、レオンの渋さ、スタンフィールドの狂っぷり、ここら辺らは最高に楽しめます。

ですが、それ以外は個人的楽しめません。ロリコンかなと思ったりで終わったり、もっと上記の3つのどれかでガンガ
>>続きを読む

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

3.5

順番的に『デトロイト』からなのでこっちの方がより再現ドラマに感じました。

序盤の緊迫感、緊張感はカメラの揺れも伴ってよりリアルに感じれます。そこまでとも言えます。

それ以外は現実でこんな展開になる
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.8

映画というより再現映像の様でした。

「アルジェ・モーテル事件」を題材にしており、被害者側の感情をこれでもかと描いています。画面から伝わる圧を感じれます。

始まりの独特なタッチの絵と煽る音楽が、ガッ
>>続きを読む

息ができない(2015年製作の映画)

3.1

サンドアートからの、水での事件そしてイメージとしての水も良いです。

これだけ簡単に見れて、伝えたい事が内容にも描写にも出ている作品はレベルが高いと言えると思います。

ですが、残りにくさと取っ付きに
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.3

スティーブン・キングの長編小説『ダークタワー』の映画化ですが、ほとんど描かれていないのでしょう。

主人公もガンスリンガーも黒衣の男も理由や何故がほぼ描かれないため、キャラクターだけで薄いです。

>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

弱いところもあり、強いところもあるのが人間である。そんなイメージを受けました。

娘をレイプされ殺された母親、警察署の署長、その部下の一人である警官。この三人がメインとなり、怒り、憎しみ、優しさなどの
>>続きを読む

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

3.3

日常と戦場。それらがどれだけの差があるのかを見せつける作品でした。

前半では、郊外の小さな町で過ごす主人公達の日常を結構長く描きます。そして、いきなり戦場のシーンになる部分はなかなかのギャップがあり
>>続きを読む

グラスホッパー(2015年製作の映画)

3.1

最初の渋谷のスクランブル交差点のシーンは、掴みとしてとても良かったです。

そして、それぞれの殺し屋や闇社会の人間達のキャクターは悪くないのですが、いかんせん薄く感じてしまいました。

小説の方が面白
>>続きを読む

魔法使いの弟子(2010年製作の映画)

2.8

何か見た事があるシーンがある思えば『ファンタジア』をベースしているのですね。

まぁそれ以外はそれなりの作品といったところです。魔法のシーンは割と楽しめます。

ディズニーというだけあって毒の全く無い
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

3.9

戦場とは人間が人間ではいられなくなる。おかしくなる場所である。そんな言葉はよく聞きますが、それを実感できる様な作品でした。

危険物処理班の話がメインのため、なかなかの緊張感が終始あります。その緊張感
>>続きを読む

ドグラ・マグラ(1988年製作の映画)

3.8

『ドグラ・マグラ』を分かりやすく知りたいなら今作をオススメします。

解釈の一つして今作は理解しやすく素晴らしいです。俗に言われる、映像化不可能な作品をよくここまで映画にできたと思います。

そして、
>>続きを読む

クーデター(2015年製作の映画)

3.7

アジアのどこかの国で外国人だけを狙ったクーデターが勃発。周りの国民が全員敵の状態です。

緊迫感、緊張感が他の作品にはないくらいすごいです。そして、ありえそうな状況というのも良いです。

ゾンビ物の様
>>続きを読む

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

3.8

ポスターに書かれている"ロシア版Xメン"と書かれていますが、むしろ一人一人が主役張れる『アベンジャーズ』レベルではないでしょうか。

冷戦下にソ連が遺伝子操作で作った超人達が、ロシアの危機の為に集めら
>>続きを読む

それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン(2007年製作の映画)

3.0

今作は『アンパンマンたいそう』がメインの映画です。ストーリーも歌詞に沿った作りでした。

子供向けとはいえ、盛り上がる所の作りは割とどの年代でも楽しめる位しっかりと作られています。

ストーリー的には
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.9

黒人と女性。この二つの差別に負けずNASAで偉業を成し遂げた女性達の話です。

差別が当たり前であるのがもう呆れるレベルでした。「女性なのに出来るのかい」やどこにでもある白人用と非白人用は気色悪かった
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.8

網膜剥離によって常人の5%しか視力の無い主人公が、一流ホテルで働く為に奮闘する話です。

主人公の見えているボヤけた景色を見る事が出来るのですが、ほぼ何も見えないと言ってよいでしょう。

ですが、その
>>続きを読む

>|