ぐるぐる映画さんの映画レビュー・感想・評価

ぐるぐる映画

ぐるぐる映画

基本、終わり良ければ全て良し的な精神があるので終わりで全て持っていく映画は点数高めです。心に響いた映画には熱量高めでレビュー。それ以外の映画はそれなりで。基本的に書きやすい映画のみのレビューです。書きにくい映画は心に留めとく感じ。

映画(301)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

いやぁ…素晴らしかった…
オープニングの20th Century Foxのファンファーレがギターをかき鳴らした特別使用の時点でこれは間違いないなと確信。

そして、冒頭のシーンでフレディ・マーキュリー
>>続きを読む

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.2

Filmarks試写会にて。

なんて不気味な映画なんだこれ…
今年一番ゾッとしたわ…
最近の洋ホラーには無いタイプのどこか和ホラー的な不気味さを感じる一本です。

本作で気づかされたのですが
霊的な
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.1

面白くなる題材のはずなんですけど…
ミステリーとしてのワクワク感も無ければ何の緊迫感も無く残念な映画になっていました。

原因としてはミスリードが雑なうえに見せる順番がチグハグなので緊迫感が生まれてい
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

サム・ライミ版スパイダーマンでもヴィランとして登場しマーベルの中でも人気のヴェノムを主人公とした本作。

あれ?ヴェノムってこんな感じでしたっけ?

スパイダーマン3で見た時は戸愚呂兄のような寄生タイ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.7

いやぁ…これはヤバいな…
久しぶりに喰らっちゃいました。
今のところ自分の中の今年No. 1ムービーです。

ストーリーはサスペンスもののはずなのですが劇中に何度泣いた事か…
鑑賞前はアイデア先行だけ
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.0

なんだこれ…すげぇな…
なんというカルト的な映画だ…

今年の頭ぐらいに「パーティーで女の子に話しかけるには」というこちらもカルト的な映画で感想が書けないぐらいぶっ飛んだ映画を見たのですが、この「アン
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.5

2011年に公開され台湾で大ヒットした恋愛映画のリメイク。

特に何か大きい事が起こることでも無い。
幼稚で馬鹿で近くにいるはずなのに気持ちを伝えられずもどかしい。

しかし、青春という物は幼稚で馬鹿
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.1

学校のクラスでもいたでしょ?
物静かで読書好きで温厚なんだけどキレると椅子とか投げつけてくるやつ。
そう。読書好きは怒らせちゃダメなんですよ。

今回もそんな読書好きなマッコールさんを悪党供がキレさせ
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

4.0

いや〜面白かったです。
木村監督は現代劇よりこういう大味な時代劇の方が合っているような気がします。

ストーリー自体はミステリーな部分もありつつシンプルな時代劇で分かりやすいものとなっている。
そして
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.8

異常なハイペースで映画に出続ける我らがロック様の最新作。

幾度となくピンチに見舞われるもそれを乗り越えてきたロック様なのですが、今回はなんと左足が義足にも関わらず高さ200メートルの足場の安定しない
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.3

中華マネーをリー・ビンビンに感じる本作。映画に対して大金を注ぎ込む事は映画にとってもいい事だし見る側も派手で華やかなものがスクリーンで見れるのはこれ以上ない幸せです。それを期待しての鑑賞だったのですが>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.9

完全なホラーやスリラー映画というより家族物といった感じ。

それでも音を立てたら即終了という設定を活かした前半の張り詰めた空気にハラハラドキドキ。
いつ「ソレ」がやって来るかわからないスリル満点の展開
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

4.2

面白かった!
やっぱこのシリーズは裏切らない!

前作の「死霊館エンフィールド事件」で抜群の存在感を見せた全ての元凶・悪魔ヴァラクに焦点を当てた本作。東欧のなんとも言えない不気味な雰囲気や修道院という
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.7

あらゆる所での酷評の嵐!
ロッテン・トマトでは低評価の34%!

…あれ?
そこまでこれ酷いですかね?
自分はそこそこ楽しめました。

ならず者たちが何かの為に共闘するところや人の命がゴミのように扱わ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

「それは風船より大事?」
それな(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
風船より大事なものなんてまず無いわ

今の日本の労働環境を作り上げた国や企業というズオウとヒイタチをぶっ叩きてぇ…
おい…プーいい事言うじゃねぇ
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.0

まるで当て書きして出来上がったかのようなシンクロ率。
偶然じゃなく必然的に出会ったかのように鮎喰響というキャラクターは平手友梨奈そのものだった。

自分は欅坂46のライブに行ったりしているまあまあなガ
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

めちゃくちゃブチ切れるニノ!
狂ったように叫ぶニノ!
見たことない体勢でピロートークをするニノ!!
人を殺すキム様!
ゲロを吐くキム様!
お洒落な店で謎の変な物を同期の検事と食べるキム様!
なんだそれ
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

4.0

いやぁ…土屋太鳳、芳根京子に完全にやられました。旬の女優2人の演技合戦を見ているようで面白かったです。

丹沢ニナ、淵累という2人の両極端なキャラクターをそれぞれが交互に演じるので相当難しい役柄のはず
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

待望の2作目はシビルウォーとインフィニティウォーの間の話。

大きくなったり縮んだりを繰り返すアントマン特有のアクションに加え、今回相棒となるワスプのアントマンの能力を補足するようなバディものとしての
>>続きを読む

クリミナル・タウン(2017年製作の映画)

3.0

「初めては童貞に捧げたいの」
このクロエちゃんの一言だけが救いの本作

親友をとある事故で亡くしてしまった主人公。しかし、その事故に疑問を持ち独自に捜査を続けていくとある新事実が…という内容のクライム
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.7

いやぁ…これは凄い。
これこのままいけば自分の中の今年No. 1ムービーになりそうです。

国から放置されたワイオミング州のインディアン保留地・ウインドリバー禁猟区で起こった少女の不可解な死を巡るサス
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

3部作の真ん中という事なんですが
今回は島から舞台を移し驚きの場所で恐竜たちが大暴れ。

今までになかったホラー要素強めの作品になってます。
これ確かにバイオハザード化してんな…
これはこれで新鮮だっ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

あれ?これそこそこ面白くないですかね?何故本国であそこまで評判が悪いのか不思議でした。

盟友チューイ、ランドとの出会い、そして愛機ミレニアムファルコンを手に入れる経緯などファンとしては熱くなれたし、
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

3.4

今現在も増築を繰り返しているというカリフォルニア州に実在するウィンチェスター・ミステリー・ハウスを舞台にしたホラー映画。

ウィンチェスターライフルは銃器に詳しくなくとも映画などでめちゃくちゃ出てくる
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.3

3部作の最終章。

トーマス役のディラン・オブライエンが撮影中に事故に遭い、やむ無く撮影が無期限で延期になり、この映画自体が迷路に迷い込んでしまいそうになるという不運に見舞われた本作。

これは鑑賞前
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.7

ウェス・アンダーソン最新作の日本を舞台にしたなんとも不思議な魅力の詰まったストップモーションアニメ。

ファンタスティックMr.FOXの時もそうだったのですが、妙にリアルで奇妙に見えるはずなのにどこか
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.7

想像してみて下さい。

あなたの家がある日知らない人たちの溜まり場になっていくのを…

全く知らない人が家に上がり込んで来て
全く知らない嫁らしき人も連れてきて自分の部屋で勝手にイチャイチャし出し
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.6

日本作品として21年ぶりのパルムドールを獲得した本作。その名に恥じない素晴らしい作品でした。

家族とは何か?という監督が長きに渡って取り上げてきたテーマに今回は日本社会が抱える貧困問題を取り入れてお
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.6

最高でした!!
めちゃくちゃ面白かった!!
劇場のリアクション含めた雰囲気もめちゃくちゃ良くて楽しかったです。

これはもはやライアン・レイノルズの過去の清算的映画。

初っ端からエンジン全開で必要以
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.4

安モーテルでその日暮らしの生活をする母親とその娘の話。

映画全体に広がる鮮やかなパステルカラーと時折見せる楽しげな子供目線からの視点。その裏にある汚い部分。
ひさびさに心をえぐられる一本でした。
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.6

撮り終えた段階でゲティ役のケビン・スペイシーの強制わいせつ問題が公になり、やむ終えなく彼のシーンだけ全て撮り直しするという災難に見舞われた本作。

監督のリドリー・スコットはこの事に対してインタビュー
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.9

イタリア北部を舞台に同性愛を描いた作品。

この映画、言葉で直接言わなくても表情や仕草だけで心が揺れる瞬間が伝わってくるので素晴らしいですね。

水、風、太陽、イタリアの田舎の美しい自然が純粋なものを
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

光州事件を題材にこの事件を命懸けで世界に広めた韓国人タクシー運転手とドイツ人記者との実話。

これ素晴らしかったです。

当の韓国人タクシー運転手が消息不明の為、ドイツ人記者の話を元に撮っており、かな
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.4

きゃ、きゃまちぃぃ〜(か、かわいいぃ〜)
めちゃくちゃ面白かったです!!

ピーター御一行の可愛さもさる事ながら他の動物たちの可愛いさも抜群。

基本すげぇ喋るし行動も人間さながらなのですが、歩く時に
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.6

これぞポップコーンムービー!

ロック様の何が凄いかって始めにロック様が映った瞬間に「コレは誰の映画でも無い!コレは俺の映画だ!黙って見とけ!」と我々が痛感させられるところにある。

今回も冒頭、背中
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.1

フィギュアスケート史上最大のスキャンダルと呼ばれるナンシー・ケリガン襲撃事件を当事者達への取材をもとにトーニャ・ハーディング寄りの目線で描いた映画。

自分はこの事件を全く知らなかったので色々と衝撃で
>>続きを読む

>|