eiganoTOKOさんの映画レビュー・感想・評価

eiganoTOKO

eiganoTOKO

映画(515)
ドラマ(0)

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

捕食する側、捕食される側の立場が入れ替わったところで、幸せにはなれない事をゲイのアドリアンの死が教えてくれる。
普段からこの獣医学部のようなマッチョ伝統死んでほしい〜と心から願ってたから、マチズモ食い
>>続きを読む

軽い男じゃないのよ(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ミソジニストの男ってこれみたらなんか気付いたりすんだろかね。
男の人の感想だけを聞いて回ってみたい。

ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ホイットニーと娘のクリスティーナ、パパと元旦那に殺されたようなもんだな。
ドラッグのきっかけは兄でもあったし。

妻が成功する事への嫉妬が止められなかったボビー・ブラウンがインタビューでドラッグの話を
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

映画の半分くらい泣いてたら、見終わった後、友人に「顔が1.5倍に腫れてる」と言われた。

クィーンは良い曲いっぱいあるなーくらいしか知らない。そうゆう人が一番刺さるのかも。
ファンは史実と違う点が気に
>>続きを読む

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

フェミニストの友達から観ろ、と連絡が来たのでブランドの商品買ったこともないのに鑑賞。
ハイファッションは金がなくていつまでも買えないし、金持ちパンクてZOZOの月から目線みたいに草民を見下してんじゃな
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

学校でクズ呼ばわりされてたやつらの命かけた頑張りってどう転んでもいいに決まってんじゃん?
アメリカ万歳が強すぎるのはイーストウッド節で、またか…と思いつつ、実話で本人出演だからスゲーとしか言いようがな
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

エンディング秀逸〜!!!
ニクソンのウォーターゲート事件も、ワシントンポストが報道した。最高の復讐。

監督のスティーヴン・スピルバーグ以外は、脚本家、プロデューサーも女性陣で固めていて、細かい配役も
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

女たちオンリー泥棒って珍しいからそれだけで楽しくなっちゃう。
メンツに男を入れる相談したとき、「女が無視されるから」という台詞が重要。
ホモソーシャルや男団結世界だと、女無視はアルアルあるある。
男性
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

マッチョ マッチョメ〜ン♫
いやはや、クリードのマイケルBジョーダンと、ドラゴジュニアのフローリアン・ムンテアヌの筋肉!!
切れてるね〜マスクメロンだね〜!
気づけばあれ?この人たち格闘技選手だったっ
>>続きを読む

永遠の反逆児 ヴィヴィアン・ウエストウッド/ヴィヴィアン・ウエストウッド DO IT YOURSELF!(2011年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

オルダス・ハクスリーの哲学。
国家への闇雲な崇拝
組織的な嘘
絶え間ない混乱
この三つの悪が、人間を苦しめているのだそう。

この三つは、ヴィヴィアンが解釈するにプロパガンダになるのだと言う。
彼女は
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

グレダ・ガーヴィグは俳優としても監督としても才能ありすぎておったまげよ。
マンブルコアに参加した背景を細かく見せられた気がして納得。
自伝的な映画。

主人公クリスティンアホでしょ笑
影響受けすぎなう
>>続きを読む

グレムリン2/新種誕生(1990年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ギズ萌えの大サービス!
喪章をつけるギズモ。
ロックで踊るギズモ。
手を挟まれるギズモ。
コピーを取られてマブシイギズモ。
ランボーになるため体を鍛えるギズモ。
手が短くてパンチが繰り出せないギズモ。
>>続きを読む

泳ぐひと(1968年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

情けないおっさんへの風刺が最高だった!ナルシシズムは廃屋がお似合い。

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジャック・ニコルソンの顔芸すごい。白目使いの達人。

車でホテルに向かう道すがら、人肉を食べた話を子供にするあたり、初めから狂人パパだったのでは…と疑われても仕方あるまい。

グレムリン(1984年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ヤムヤム ウンコ
ギズモ ウンコ
台詞と字幕のセンス抜群かよ。(グレムリンの「〜ダァ」というカタカナ使いが素晴らしい)

小さい頃初めて映画館で観た映画で、かわいいと恐怖が入り混じった感情だった記憶…
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ヘラヘラ笑って見てたのに、火山で取り残されたブラキオサウルスがクンクン鳴いてるのみてたら涙が…笑
メイジーがクローンで、恐竜は私と同じ!と言って解放するのも納得。
結果的に人間が神の手になり遺伝子操作
>>続きを読む

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

アベンジャーズシリーズをほとんど見ずにチャレンジしてみたんだけど、サノスという悪役が強すぎて悲しくなった。
クリシェ?しらねーよ、と大暴れされたあとの絶望に胃がキリキリ。
ヒーローものになんでこんなに
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

めちゃアツアツの炎浴びても、鉄板一枚、最強宇宙服で生き延びたクリプラは果たして本当に人間だったのだろうか…。というミステリーSF

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ワンカット風の映像と、(勝手に)追い詰められた中年男のツラみが見事にマッチして全編息が詰まりそうだしカビ臭かった。
長回しって呼吸ができない。

昔取った金ピカ杵柄に血管切れそうなくらい嫉妬して、イキ
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

恋愛クライムのクリシェを壊すのはわかる。おきまりの恋愛ソングがあたまに鳴り響いてもうイヤってなることも理解できる。岡崎京子世代の漫画に影響与えまくりというのがすごくよくわかるね。
もうそういった奔放さ
>>続きを読む

EDEN/エデン(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

『ショーガール』は駄作だよね〜と洒落た文化系の若者が言ってると、お前ら何を観てんたんだよ⁉︎と説教かましたくなるのでみるの途中でやめた

大人は判ってくれない(1959年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃、同級生にいたみんなの憧れの男の子二人組がいたんだけど、その子たちのこと思い出す。
更生するチャンスではなくて、大人が道を選択させてあげるチャンスはいくらでもあったのにね。子供の失敗じゃなくて
>>続きを読む

家族の灯り(2012年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

絵画や舞台でおじいの嘆き節を見せられているよう。ブルジョワ美術館に迷い込み、zozoの前澤もいるようなアートコレクターがバンクシーにあーだこーだ言ってる。そこでシュレッダーの登場!となれば面白いのに挑>>続きを読む

21世紀の女の子(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

回転てん子とどりーむ母ちゃん
性被害って顔見知りがかなり多いデータが出ているので、痴漢を語ってる人の相手が友達とかでも絶対に「自慢」ととらえないでほしい。この無神経な失敗する人ほんとに多くて、被害者の
>>続きを読む

夜顔(2006年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

いやいや個人情報とか!黙っててって言った5秒後に「今出ていかれましたよ」とかやめて!君らのサービス仕事の守秘義務とかどーなってんだい!とか余計なことに気を取られました。

ユッソンはセヴリーヌのこと、
>>続きを読む

ブルジョワジーの秘かな愉しみ(1972年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

庶民を見下す中産階級のすったもんだがアホすぎて鼻で笑えます。
1度目は店内で遺体、2度目はアオカンセックス。
フード理論によれば、美味しそうに食事をするのは善人しかいないらしいので、食事にありつけない
>>続きを読む

プリティ・リーグ(1992年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

戦時中、男が戦地に向かいスタープレイヤーの不在で女子リーグが作られたって知らなかった。
野球選手がバッドを銃に持ち替え
ヒトラーさんよ ヤンクスの登場だ
インディアンズもレッドソックスもタイガースも
>>続きを読む

5時から7時の恋人カンケイ(2014年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

歯並びが良すぎて芸能人は歯が命!でした。
よくある不倫もの。
やっぱり古い人間ねって、よくわかっていらっしゃる。
家族の価値観も結局古いし、女を創造のディーヴァとして描くのもクリシェ。
はいつまらん。

墨東綺譚(1992年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

大正9〜昭和、麻布市兵衛町の偏奇館、ご立派なお屋敷に住んでるねえ。
カネモが若い教養のない設定のおうたを「羊のように優しい」と言いながらセックスも文学おっさんの知識話も描くの、男の所有欲やマウンティン
>>続きを読む

セブンガールズ(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

好きな皆様すみません。
笑えませんでした。
特にこれはないと思ったのは、アメリカ兵をアジア人(多分日本人)が演じ、コメディ映画とはいえ、今時カタカナの発音で「セブンイレブン イイキブン〜?」などと繰り
>>続きを読む

>|