wkhrAさんの映画レビュー・感想・評価

wkhrA

wkhrA

映画(20)
ドラマ(0)

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

2.5

映像の復元技術は素晴らしいし、戦場のリアルな様子がコマ落としの古いモノクロ映像よりも格段に伝わってくる。しかし一番壮絶な、一番肝心な、一番見るに堪えないシーンは映されていない。というか、映しようがない>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.5

万引き家族は、しみじみと出汁のおいしい和風味。こちらは、「香り強め」のソウルフード。万引きくらいじゃ、終わりません。

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.0

ほぼ実話。なのでエンタメとして楽しんでしまうには、あまりに悲劇的。戦争には埋もれてしまったたくさんの救いようのない歴史が、きっとまだまだあるのだろうと思いを馳せるべき映画。

陸軍中野学校(1966年製作の映画)

3.5

クールなモノクロームとモノローグが淡々と心地よい。ちなみに市川雷蔵は、このシリーズ5作目の翌年、若くして亡くなってしまう。非情なスパイの運命と重なる。

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.9

シャイニング愛が微笑ましいオマージュ映画。あらためてキューブリックは天才だったと再認識。

復讐するは我にあり(1979年製作の映画)

3.0

昭和の日本の風景が懐かしい。あのころのちょっとやばい感じ。そして、やはり、倍賞美津子!緒形拳はじめ出演者の誰もが濃いが、あのシーンで倍賞が全部持ってく。タイトルは聖書の一節より。

オーケストラ!(2009年製作の映画)

3.0

ソ連にもユダヤ迫害とかあったんだなとか政治的な背景はあるものの、コメディタッチにして、美しいハーモニーが感動的な音楽映画。クラシック音楽が好きな人ならきっと好きになるはず。ちなみにパガニーニは演奏に超>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

5.0

あのころのスパイ道具より、いまのスマホの方が高性能だったりする。

シャイニング(1980年製作の映画)

5.0

奥さんの怖がりっぷりがこの映画の肝だと思う。

ジョーカー(2019年製作の映画)

2.5

いっそ全部妄想だったらいいのにと願わずにはいられない映画。理解できないものほど、怖いものはない。理解されないことほど、悲しいことはない。

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

5.0

最後の一言がかっこよすぎる映画ランキングがあったら、上位入り候補作。

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.0

幕開けは美しい音楽で。でも密室劇でタランティーノってことは、つまりこうなりますわな。表面さくさく、中から肉汁じゅわっ、後味こってり。みたいな映画。

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

3.8

キャラ祭り。デニーロもいいけど、保釈人のヅラに一票。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.0

売れなくなった役者の悲しみとシャロンテート事件の悲しみを踏まえた上で大笑いしてしまう罪深い映画。

アス(2019年製作の映画)

4.0

二度寝したら、さっきまで見てたいやーな夢がまだ終わってない感じ