Eirainさんの映画レビュー・感想・評価

Eirain

Eirain

映画(263)
ドラマ(0)
アニメ(0)

サメストーカー ビギニング(2017年製作の映画)

2.8

「サメストーカー」シリーズ第1作。日本のリリースが『サメストーカー』→『サメストーカー リターンズ』、『サメストーカー ビギニング』だったので、本作『ビギニング』が後続作と思われがちだが、歴としたシリ>>続きを読む

KKKをぶっ飛ばせ!(2020年製作の映画)

2.6

予告編見て「面白いかなー」と思い、レンタルして鑑賞。

「黒人姉弟が食人族KKKとエグいバトルを繰り広げるお話」・・・それだけ。まあ普通(?)のエグいバイオレンス作品。「黒人vsKKK」ということで、
>>続きを読む

サメストーカー リターンズ(2021年製作の映画)

2.8

サメ好き(?)ストーカーの恐怖を描いた『サメストーカー』の続編。シリーズ3作目。時系列的にも制作順的にも『サメストーカー ビギニング』→『サメストーカー』→『サメストーカー リターンズ』なので、鑑賞の>>続きを読む

サメストーカー(2020年製作の映画)

2.8

「そうだ!サメ映画を観よう!」ということで借りてきました本作、『サメストーカー』。シリーズ3作順番に観ようと思って最初に本作を手に取ったのだが、実際は2作目だった喜劇。「ビギニング」が本当に1作目だっ>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

3.0

予告編を見て面白そうだったので、レンタルして鑑賞。

とある町で幼い少年の失踪事件が発生する。失踪する幼い少年、現場に残された「緑色の柄のナイフ」という一致から、以前発生した「連続少年誘拐事件」の模倣
>>続きを読む

クリーン、シェーブン(1993年製作の映画)

3.2

ジャケから漂う退廃的な雰囲気に惹かれて、特に内容も確認せずにBlu-rayを購入して鑑賞。

自分の頭に受信機、指に送信機が埋め込まれていると信じている主人公のピーターは、精神病を患っているとして引き
>>続きを読む

らせん(1998年製作の映画)

2.6

原作は、鈴木光司の同名小説で「リング」シリーズ第2作。小説『リング』と同様で、映画版の正統な続編であるのだが、映画版オリジナル続編である『リング2』が、前作の全面に出されたホラー要素を踏襲した作品とな>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.6

言わずと知れたサイコ・サスペンスの名作。ふと観直したくなり、人生何度目かの鑑賞。

若い女性が次々と殺害され、その生皮を剝がされるという猟奇殺人事件が発生する。犯人は"バッファロー・ビル"と呼ばれ、世
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.4

スペイン発のシチュエーション・スリラー。設定に惹かれて手に取ってみた。

部屋の真ん中に穴が開いた階層が遥か下まで伸びる建造物。穴を通じて毎日、豪華な料理が乗った台座が下りて来て各階層に居る者は食事を
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.6

巨匠スタンリー・キューブリックの名作。人生何度目かの鑑賞。

やはり、ベートーヴェンの美しい作品をBGMに描かれる暴力・狂気の演出が強烈。ルドヴィコ療法を受けずとも、第九を聞いたらこの映画を思い出して
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.4

新作『NOPE』が大好評のジョーダン・ピール監督。地元の映画館では上映していないのでBlu-ray発売を待つことに。それまでにやっておくことは勿論、過去作を観ておくこと。ということで、『ゲット・アウト>>続きを読む

ハッチング―孵化―(2022年製作の映画)

3.2

劇場公開発表時から楽しみにしていた北欧ホラー。祝DVD発売ということで、早速購入して鑑賞。

舞台は自然豊かな北欧の地、フィンランド。主人公の少女ティンヤは、幸せな理想の家族を動画にして配信することに
>>続きを読む

スモール・ソルジャーズ(1998年製作の映画)

3.2

『グレムリン』シリーズで有名なジョー・ダンテ監督が送る、"おもちゃ戦争(殺意高め)"。小学生の頃に観た懐かしい作品なのだが、祝Blu-ray発売ということで購入して鑑賞。

「軍用AIチップを埋め込ま
>>続きを読む

モア(1969年製作の映画)

2.6

ピンク・フロイドの楽曲がフィーチャーされた作品ということで、Blu-rayが発売されたのでこれを機会に鑑賞。

自分探しの旅で訪れたパリで、ブロンドの美しい女性エステルと運命的な出会いをしたドイツ人青
>>続きを読む

ポゼッサー(2020年製作の映画)

3.6

ついにこの時が来た!鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督の息子、ブランドン・クローネンバーグ監督の長編第二作『ポゼッサー』、Blu-ray発売!期待値モリモリで早速鑑賞!

主人公のタシャは、特殊な装
>>続きを読む

ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード(2021年製作の映画)

3.6

「ライアン・レイノルズ×サミュエル・L・ジャクソン」のアクションコメディということで、興味が湧いてレンタル。そして気付く・・・「これ続編じゃないか!」。前作観てからにしようかと迷ったが、前作『ヒットマ>>続きを読む

吸血ゾンビ(1966年製作の映画)

2.8

ハピネット「ホラー・マニアックスシリーズ」第13期 第5弾はハマー・フィルム・プロダクション特集。ロメロ作品を始めとしたモダン・ゾンビ映画に多大な影響を与えたと言われる名作、『吸血ゾンビ』を鑑賞。>>続きを読む

エンダーのゲーム(2013年製作の映画)

2.4

原作は、ヒューゴー賞/ネビュラ賞を受賞したオースン・スコット・カードの同名小説。原作小説を読み終えたので、記念に本映画化作品を鑑賞。

「異星人の侵攻に対抗できる宇宙艦隊の指揮官を見出すため、IF(I
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

2.6

マッツが観たくて久々のマーベル作品。いつ以来だろうか・・・トビー・マグワイヤの『スパイダーマン』以来?

高慢で野心家の天才外科医スティーヴン・ストレンジ。ある日、講演会に向かうため嵐の中車を走らせて
>>続きを読む

フランケンフッカー(1990年製作の映画)

3.4

キ○ガイ映画確定なインパクト抜群の変顔ジャケットが目印、『フランケンフッカー』。是空より初Blu-ray化ということで、購入して鑑賞。

恋人エリザベスの父親の誕生日プレゼントとして製作した遠隔操作型
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版(1989年製作の映画)

4.2

ミニシアター系映画の名作中の名作。あまりに有名過ぎて鑑賞済みと錯覚していた・・・というのは過言。TCエンタテイメントよりHDデジタル・レストア版Blu-rayが発売されたので、これを機会に鑑賞。

>>続きを読む

モータルコンバット(2021年製作の映画)

3.0

"FATALITY(ふぇいたりてぃ)"でお馴染みの残虐対戦格闘ゲームが原作。当方、原作ゲームはプレイしたことがなく、Youtubeでふぇいたり動画を嗜む程度の知識なのだが、浅野忠信と真田広之が出演して>>続きを読む

REVENGE リベンジ 鮮血の狩人(2020年製作の映画)

3.0

レンタルショップに寄ると手に取ってしまうもの・・・そうだね♪B級映画だね♪
今回はアーチェリーを構える姿が勇ましい、『REVENGE リベンジ 鮮血の狩人』を鑑賞。

「仕事の鬱憤晴らしに一人で来た夜
>>続きを読む

ジョニーは戦場へ行った(1971年製作の映画)

3.6

『ローマの休日』、『スパルタカス』、『パピヨン』など、数々の名作の脚本を手掛けたダルトン・トランボの唯一の監督作。原作小説も彼自身が執筆しており、まさに魂の作品。

「ジョニーは戦場へ行った。そして目
>>続きを読む

セブン・ラビリンス 少女ポリーナと七つの迷宮/少女ポリーナと7つの迷宮(2019年製作の映画)

2.4

「あ、これ絶対ジャン・レノ全然出ないやつやん」と思いながらレンタル。この「大物俳優にちょっと出演してもらって客を引こう」感のB級映画、なんか観たくなるんだよね。

女優のポリーナは、自身が幼い頃に撮影
>>続きを読む

スリープレス(2001年製作の映画)

3.2

イタリアン・スプラッター/ホラーの巨匠、ダリオ・アルジェントのジャッロ作品。是空よりリマスター版Blu-rayが発売されたので、購入して鑑賞。

1983年、イタリアのトリノで女性ばかりを狙った連続殺
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

2.4

「受け継がれていく"穢れ"―――。」

一軒のマンションで発生する心霊現象の原因を探ることで、明らかとなっていく"穢れ"の来歴を描いたホラー作品。原作は、小野不由美の同名小説。

そこそこ期待していた
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

3.6

<GUN=KATA>に魅せられて―――Blu-rayが再販されないか待っていたが、望みが薄そうだったので中古DVDを購入して鑑賞。

第三次世界大戦後の近未来、戦争が起こるのは人間が持つ"感情"が原因
>>続きを読む

ガンパウダー・ミルクシェイク(2021年製作の映画)

3.0

カレン・ギラン演じる凄腕ヒットウーマン(?)らが、組織の野郎どもをぶっ飛ばす痛快アクション。

もっとコメディ寄りの作品かと思っていたが、どちらかと言えばガチ寄り。さながら女"ジョン・ウィック"(は言
>>続きを読む

でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード(2021年製作の映画)

3.0

"Clifford the Big Red Dog"―――アメリカで過ごした小学生の頃に大好きだった絵本。まさか映画化されていたとは知らず、見つけて一も二もなくレンタルして鑑賞。

転校してきた学校に
>>続きを読む

マザーズ(2016年製作の映画)

3.0

ジェニファー・ローレンスの『マザー!』を借りに行ったのだが、ついこちらに目が行ってしまい・・・。

「代理出産で妊娠した女性を襲う悪夢。それは"自分のものではないもの"を宿したことによる恐怖か、それと
>>続きを読む

アクアスラッシュ(2019年製作の映画)

2.6

C級映画感全開のパッケージに惹かれて鑑賞。クソだと分かっていても・・・いや、クソだからこそ観てしまう。。。

この手の作品は大概パッケージ詐欺で、パッケージに描かれるシーンなど現れないことが多いのだが
>>続きを読む

アフリカン・カンフー・ナチス(2020年製作の映画)

2.8

もうタイトルからして"お察し"な、B級お馬鹿映画。レンタルショップで目に入った瞬間手が伸びていましたわ(笑)

ヒトラーと東条英機は死んでおらず、密にガーナへ逃げ延びていた!東条英機の"Japanes
>>続きを読む

ザ・ドア 交差する世界(2009年製作の映画)

3.4

<北欧の至宝>マッツ・ミケルセン主演のタイムトラベル・サスペンス。

幼い娘を家に残したまま不倫相手の家で過ごしていたダビッド(マッツ・ミケルセン)。家に戻ると、娘はプールに転落して溺死していた。
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.2

M・ナイト・シャマラン監督『スプリット』―――実は『アンブレイカブル』の続編であったことを最近になって知り、『アンブレイカブル』の観直しに引き続き鑑賞。(引き続きと言うには大分時間が空いてしまったが・>>続きを読む

凶人ドラキュラ(1966年製作の映画)

2.8

ハピネット「ホラー・マニアックスシリーズ」第13期 第6弾は、第5弾に引き続きハマー・フィルム・プロダクション特集。ハマー・フィルムの「吸血鬼ドラキュラ」シリーズ第3作、『凶人ドラキュラ』を鑑賞。>>続きを読む

>|