eirinaさんの映画レビュー・感想・評価

eirina

eirina

観るだけは観てる三日坊主

映画(25)
ドラマ(7)

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.4

夢のように美しく残酷な物語に住んだ記憶

青みがかった映像が脳裏から離れない
今年封切りされた中では一番好きかもしれない

青いパパイヤの香り(1993年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

自然の音や、蚊帳、水の存在が際立っている

自然のグロテスクさと、人間の残酷さは狂気をもって影にひそめられる

無知(無邪気)なままの少女の視線や、無口でなめらかな動きに私たちは勝手な想像を彼女に対し
>>続きを読む

夏至(2000年製作の映画)

3.0

色が南国の湿度でしっとりした、ベトナムの三姉妹の話。
洗髪の場面が印象的な夏至。

ぼくを探しに(2013年製作の映画)

2.8

アイロニーとユーモアの効いたシャレ、変な歌と夢の世界。
過去を探る夢と、好きに生きる人々の出会いで変わっていく青年の話。

ベルヴィルランデブーのおばあちゃんのような二人組が実写で観れる。年取っても海
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.4

もう何度も観ているけれど、小さく話すような彼女の声と、画面全体に広がる懐かしさと温かい切なさにきゅんとさせられる。
初めて劇場で観たとき、とてもよくて涙が止まらなかった。
誰の目線に立つこともできる、
>>続きを読む

野いちご(1957年製作の映画)

4.5

語り掛け方が秀逸で、色褪せない作品。
昔VHSで見たきりなので、もう一度見たい。

テルマ(2017年製作の映画)

3.0

神秘的なファンタジックエロティックホラー

ベルヴィル・ランデブー(2002年製作の映画)

3.8

フランス人が大好きそうな皮肉の効いた、さらにお洒落でパワフルなおばあちゃんたちのお話。
シルヴァンショメのアニメーション。

イリュージョニスト(2010年製作の映画)

4.4

心あたたかに寂しい、余生とスコットランドの風景。
素晴らしいアニメーションで語られる物語。
大好き。

さよなら子供たち(1987年製作の映画)

4.8

大好きな映画は、と聞かれたらこれを答えるようになっていた。
きっといつまでも、そういう映画だと思う。

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.1

この映画を好きなのは、教訓なんてものを作品に求めたり考えたりしなくていいということに気づかされたから(そういう教育を受けてきた結果の行為であったことを知ったから)。
ただ主人公や登場人物に重なって何か
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

流れる川の意味や、日常に過ぎていく風景、ちいさなことに気づき話せる関係


そういう人とこの映画について話せることは幸せだし、そういう友達がいることが幸運

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(2018年製作の映画)

4.2

耳と心がわくわくでしあわせ。

‪“I can’t make my heart feel like that”‬という一節の素直さに希望を感じた。

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

「産みたくなかった…」

ビル・エヴァンス タイム・リメンバード(2015年製作の映画)

3.3

ビルエバンスを身近に感じられる。
ピアノが弾きたくてたまらなくなる。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.2

映画館で観て以来
最初のアニメーションがとにかくお洒落
こんな詐欺できるほどの頭と勇気がほしい

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.3

めちゃくちゃに格好よくて、どきどきが止まらない。

バッチリのカメラワーク、いつも新しいことに挑戦し続けていて圧倒される。

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

1.9

男の子が寝そべって空を見てるカットに合わせてポップス音楽、という出だしがまずドラマっぽく感じた。ストーリーが進み、彼らが年を取り成長していく様には引き込まれたが。

12年間同じ俳優を用いたドキュメン
>>続きを読む

悪童日記(2013年製作の映画)

2.4

先に読んでいた本が好きだったので楽しみでした(これがハンガリー語かと)。
本の直接的な表現は、生々しさを残しつつも非常に間接的に描かれていた。

物語を通して親になること、大人になること、生きること、
>>続きを読む

ヴァン・ゴッホ~最期の70日~(1991年製作の映画)

2.4

当時の生活風景などの描写が丁寧で、特に女性たちの様子が見ていて一度面白かった。

最強のふたり(2011年製作の映画)

2.8

ユーモアもあり、社会的な部分にも理解がある、エンターテイメントとして。
※ラストが苦手なだけ