ekさんの映画レビュー・感想・評価

ek

ek

映画(71)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

亜人(2017年製作の映画)

2.0

幽霊のバトルや重低音の音楽がかっこいい。ここまでアクションものと知らず。

原作未読で素朴な疑問。
佐藤は亜人と分かって人体実験を20年、とのことだけど、、、
亜人も歳をとるの?綾野剛若すぎない?それ
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.0

町や暮らしの閉塞感に苦しくなるけど目が離せない。ちょっとした微笑ましい光景にものすごい幸福を感じる。
当時は知らなくて初めて俳優・菅田将暉を認知した映画。すごい役者!

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.0

面白かった。雪の中、裸一貫で始めるのね!断捨離の決意が違う。笑
人生の価値のものさしって何?と問われる。音楽も良かった。
エンドロールの持ってきた物リスト、上位だけじゃなく全部知りたかったな。読める方
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.0

政府のモタモタ感がコロナ禍のいまに重なる。再見もおすすめ。
市川実日子がインパクトあって面白い!裏切らない存在感!
エヴァの印象は確かにあるけど、シン・ゴジラのロゴタイプが初代ゴジラのそれを踏襲してい
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

言語学者がエイリアンの文字を解読し時間の新しい概念と思考を得る話。
静かで、考えさせられるSF。好き!
時系列が訳わからなくなってくるけど、不思議とぐんぐん引き込まれてしまう。

ジオストーム(2017年製作の映画)

1.5

映像は面白く見た。
しかし、、なんてつまらん内容だ!
少し怒りも生じるほどでした。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.1

何度生まれ変わってもご主人を探すワンコに泣く。
いろんな犬生があるもんだ。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.0

行き過ぎたSNS
起こり得るよなあ
宗教みたいで怖かった!

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

2.5

トラウマと思春期の中でもがく少年のひと夏の恋(同性への恋)と成長物語。暗い。
ハム太郎に癒される。原題クロゼットモンスター

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.0

薬物依存の息子を救おうと奮闘する父親、家族の物語。継母が賢く良き母。あなたには救えない!と断言する。親子だろうが自分以外の人を変えることはできない。
繰り返す症状と向き合い続けるしかないんだな。。

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

2.5

10代の恋ってくすぐったい!
思い出がキラキラしてる。

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

2.5

フワァ〜っとした抽象的な世界。
エルファニングの透明感がありすぎてかわいいだけでは収まらない。
彼女が持ってるキャリーバッグのタイヤがピカピカ光って素敵!こういうところに監督のセンスを感じる。

しあわせの雨傘(2010年製作の映画)

3.0

マダムの風格がすごい。原題のPOTICHEはつぼの意味。
飾り壺と揶揄されてカチンときつつも そうよね なんていってたのが社長としてメキメキ成長していくストーリー。
1977年の設定とのことでファッシ
>>続きを読む

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

3.0

町のみんながラースを否定しないとこがいい。
逆に言えばラースの存在がみんなの意識を変えたのかな。連帯感まで生むというか。

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

4.5

映画館で観なかったのを激しく後悔。
音楽も大好き!
3人が歌うDreamgirlsはいつ聞いてもテンション上がる。しんどい時、彼女たちに歌って応援してもらってる。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.5

泣けたなあ。
生きてるだけで丸儲け、を教えてくれる。
なぐさめだけではどうしようもなかった心の荒治療。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

あのラスト、せつない!
ミュージカルというけど…イメージしてたのとは違うミュージカル。
タラレバのラストが夢をみているよう。こういうストーリーを期待していた自分がいた。フワフワした恍惚な気持ち。
ライ
>>続きを読む

疾風ロンド(2016年製作の映画)

2.0

阿部寛はコメディと相性がいい!
何も考えず笑って楽しめる!

どどめ色。
なぜかこの言葉だけ強烈に覚えてる…

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

2.0

ファンタジーはその世界観に浸るのが楽しいのだけど
見終わると忘れちゃう。
現実世界で私が魔法にかかっている?笑

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

2.5

勇気を貰える!マダムの真剣さについ応援したくなる。
メリルストリープ、音痴の役も上手い!

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

3.5

週末仕事帰りの癒しに…。
"なぜ彼らは幸せそうかわかる?
必要なものはもう持っている、と知っているからよ"
そうだ、自分に要るものはもうすでに、全て持っているんだった。忘れてた。
思い出させてくれてあ
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

1.5

万里の長城はなぜ築かれたのか。伝説の映像化!
そう言われたら観たくなるでしょ。
しかし
マットデイモンがひたすらかっけー!だけの映画。スッキリするぞ!

60年に一度の襲来って、、飢饉とか大災害ってこ
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.0

人生どう転ぶかわからない。
ウッディアレンのコメディ。世界にどっぷり浸れる。ジャズのこの感じ、好きだわ〜。女性の扱いへの憧れがココにある。

クリステンスチュワートがすごいキレイ!

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.5

苦しいようなモヤモヤとした気持ちで映画館を出た。すぐには帰りたくなくて、誰かと話してこのまとまらない思いをはきだしてしまいたかった。
観た後、引きずります!

でも嫌いじゃない。暗くても。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

実話が元というから驚き!
なんてかっこよくてしなやかな生き方!
いつだって逆境はチャンスでもある、勇気をもらえる映画。
飛び抜けた才能があるって、憧れる。

ものすごくいい作品なのに、邦題がなあ…
>>続きを読む

愛しき人生のつくりかた(2015年製作の映画)

3.0

久々地味なフランス映画を観た(褒めてる)。
思いやりに溢れていて、色々なんだかハッピーに着地するからやさしい気持ちになれた。

ガソリンスタンドのおじさんの決断力にちょっと救われたり、いいね。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.0

ひたすら家族喧嘩。愛ゆえの。
少しだけ期待して、やっぱり上手くはいかなくて。この繰り返し。でもわかり合いたいの。
罵り、否定、恨み、憧れ、ごちゃまぜになった気持ちが各自バクハツしそうに膨らんでいる。苦
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.0

楽しい!元気になる!
吹替じゃないオリジナルも観たい。というか聴きたい。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

2.5

えぇー!こんなラストだなんて。
今回は特に光の表現が美しい。輝くシャンデリア、夜の遊園地。でもキラキラしてるものってなんだか儚さを感じて切なくなる。

セラヴィ!(2017年製作の映画)

2.0

フレンチジョーク満載のドタバタコメディ。結婚式の舞台裏。
わちゃわちゃうるさいのを笑いながら観られる余裕があるときに。
いちいちツッコんではいけない。笑

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.0

社会派ドラマで小難しそうと思っていたけど、面白い。葛藤の末の決断、責任、組織のトップって大変!仕事への熱量に圧倒される。
本当は背景をもっと理解しておきたいのだけど…
メリルストリープとトムハンクス、
>>続きを読む

THE QUAKE ザ・クエイク(2018年製作の映画)

2.0

ノルウェー産の地震パニック映画。
暗〜いトーンに鬱々…

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

よくあるアクションものとタカを括って敬遠してました、ごめんなさい!
めちゃくちゃカッコいい!こんなに音楽とアクションのグルーヴ感じる映画ある?!
この映画丸ごと一本がベイビーのプレイリストというのも頷
>>続きを読む

紀元前1万年(2008年製作の映画)

1.5

途中からだんだんあれ?こんな話?っていう流れに。
期待しすぎてしまったが、映像は楽しめた。

>|