まつださんの映画レビュー・感想・評価

まつだ

まつだ

2017/4/28〜で見た映画のみ。

映画(184)
ドラマ(48)

万引き家族(2018年製作の映画)

3.4

様々な感情が込み上げる。
何が正解なのか、幸せとは。

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

年寄りに復讐は無理でしょ、と思っていたら…
認知症の復讐と言ったら。最後はメメントを見てるかのよう
朗読の女の子がかわいいかわいい

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.9

俺は何も知らずにアベンジャーズを見ていたのか、もっとマーベル見よう。相変わらずハンマーはかっこいい。
神にもこどもな時期はありました。

アイアンマン2(2010年製作の映画)

4.3

子供がヒーローの真似するのはマーベルあるあるなんですか?キャラクターが増えてきて見所満載

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

3.9

家族を失ったときに生を選ぶか死を選ぶか、それはとても難しいことであって子どもの私にはまだわからない。不変なことは、クロエグレースモレッツと言う女優がただただ可愛いということ。

エブリシング(2017年製作の映画)

4.0

人生はきっかけの連続
ってことと
何かを得るためには何か大切なものを犠牲にしなければならない
ということを学べました。

ピンポン(2002年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ペコ、若い窪塚洋介可愛すぎる、最初気付かなかった。
スマイル、全く笑わないクール井浦新。
風間、あらゆる毛を全剃りした中村獅童。
最後の写真が印象的、3人ともやってやった顔。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

とてもとても面白くて興奮しました。アイアンマン、ソー、Dr.ストレンジ、赤い手の美人さん、その他諸々多くの人に惚れました。
わからなかったことも多かったので色々勉強します

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.1

シリーズ全部面白かった
マーティとドクがトランシーバー使って叫びながら会話してるとこめっちゃ好き
やっぱビフは使用人が似合う、あの猫背が最高

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.3

ダブルネクタイは草。過去が1ミリでも変わったら未来は変わる、ということはもうあの頃の家庭に戻ることはできない。みんなが幸せになることはできないから、とりあえずビフが不幸になる。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

VRの世界に入り込んで数分して酔いそうになった、良い意味で。
現実がダメなら仮想現実。でも現実あっての仮想現実なわけで、うまいメシは現実でしか食えない。週休2日制度良いと思いました。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.3

今見てもこんな面白いんだから…
当時の人はどんな反応をしたんだろう
見てみたいものです

過去があっての未来

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.5

俺得の主演2人。
アクション映画と思わせるかのようなジャンプ力。
菅田将暉、池田エライザ、浜辺美波がかわいい。
土屋太鳳のボブが似合わない。
中田圭祐さんもいました。

劇場版 MAJOR メジャー 友情の一球(ウイニングショット)(2008年製作の映画)

3.3

エドはるみ、ナベアツ、右投右打からの左投右打、肩の痛みに気付いてあげてほしい。

インセプション(2010年製作の映画)

4.4

夢の中の夢の中の夢の中の…複雑だけど頭フル回転めちゃくちゃ面白かった。ノーラン監督の映画は何かが違うけど、これは良い意味で違う。難しいけど、ん?ともならない。見直したい映画、ただ長い。いつか

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

大好きな青春が終わっちゃった。キャストも演出も最高だったなぁ。賀来さんかっこよすぎた。机くん好きやー
最後の太一、新の勝負はどうなったんだ?
好き!、に対して、強くなりたい!の返しに戸惑う人が太一しか
>>続きを読む

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

4.1

めちゃくちゃすぎる。パラシュートなしのナマケモノも、オオハシの終わり方も、他の部分もサイコーに笑える。

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

内容が濃いながらもアクションも強めで終始面白い。安室さんかっこいいよ、そりゃJKにモテますわ。義眼のおっさんの口パクが今回の収穫?

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

吹き替えで見たのですが、劇中に出てくる英語が全てカタカナに変換させられていてどうしても冷めてしまう。家族愛、二度目の死。老いて病んでボケたら、思い出の歌を歌ってくれや

真夜中のパリでヒャッハー!(2014年製作の映画)

3.7

題名の通りの映画。ぶっ飛びすぎてる。カメラワークが面白い。ディパーテッドのネタバレあり。

リプリー(1999年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

気味が悪すぎる。嘘に嘘を重ねた結果捕まらないというお笑い。昔だからこそできる犯罪。友人全員殺人ホモ人間。こんなマットデイモン見たくなかった、でもうまい。

レインメーカー(1997年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

正義の大勝利。裕福なやつらが本当にクズすぎて腹が立ちまくった。金は人を狂わせる。ドニーレイとその家族もかわいそすぎる。結果、“レインメーカー”とは正反対な若き主演マットデイモンでした。

ディパーテッド(2006年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

珍しく正義じゃなく悪が勝つのか、と思ったらそうではない。ネズミ同士の戦い。裏社会の闇。有名俳優さん1人残して全員死ぬ。

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

左利き、傘、記憶、生命力

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

4.1

あらたの“ほんならぁあ”の“ぁあ”がたまらん。身勝手な振る舞い、からの団結力。どう結ばれるのか楽しみです。

ハッピーエンドが書けるまで(2012年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

無事にハッピーエンドが書けました。母親の助言どおり大麻吸いたいです。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.1

全ての歌で鳥肌。ただ、歌とは裏腹にストーリーは普通。でも結局それ以上に音楽が圧巻。変わり者でも自信を持って前に進むこと。成功を欲張らない。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.6

生リーアムさんかっこよかった。65歳でも191センチでワイルドであれば無敵でなんでもできる。何度顔面を殴られても、何度頭を金属棒に強打しても立ち上がる。

メカニック(2011年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

殺し屋を雇うのは怖いからやめましょう。にしても、指紋残しまくるし顔晒しまくるしあれでバレないの?あんだけ狙われたら玉1つくらい当たってもいいんじゃないの?と思った、わろた。用意周到な終わり方グッド。

>|