まつださんの映画レビュー・感想・評価

まつだ

まつだ

洋画でも邦画でも。
2017/4/28〜で見た映画のみ
映画館かアマゾン

ミックス。(2017年製作の映画)

3.1

瑛太がくそほどにイケメンで、蒼井優が輝いてた。現役プロ卓球選手が出まくり、シシドカフカだと思ってた人は中村アン。トマト農園の2人は、一切トマト大福のトマトを食べない。個人的には優馬くんに励まされた。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2

ホラーに青春を混ぜるというお笑い。スタンドバイミーとしか言いようがない出来。みんな家族の誰かに殺されそうがち。

幸せへのキセキ(2011年製作の映画)

4.1

パパデイモン、20秒の勇気、ダートムーア動物学公園行く人募集中。
個人的にフェリスの自動メジャーがくそツボ。

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

4.0

謎のマイクタイソン、完全にラストの戦いマイクタイソンかと思ってた。
ドニーイェンの弟子になりたい、ウォン先生美人すぎ。
シリーズ通して最高の映画だった。

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.0

福山雅治ひたすらかっこよく、滝藤賢一を筆頭にキャストが良かった。
ラストは意外。2人の絆が響く。
週刊誌の舞台裏は壮絶

手紙(2006年製作の映画)

3.7

最後の漫才しながらの小田和正が良すぎる。沢尻エリカの関西弁以外よかった。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

2.9

ダンサーインザダーク。。。
なぜ子供を産んだのか、裏切り
ミュージカルが合わなすぎる

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

4.2

ヴィンセントとオリバー最高。こういう教育を受けて育ちたいもんです。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.3

前篇の新次の映画と違って、後篇は建二の映画。
狂ったようなボクシングがめちゃくちゃかっこよかった。
最後まで相手を憎めなかった建二、孤独の中にいた新次。
最後の新次と建二にしかわからない2人の世界に引
>>続きを読む

ジャズ大名(1986年製作の映画)

3.1

ある意味狂気的。
江戸時代の日本語がわけわからなすぎて途中字幕なしフランス映画見てるかと思った。みんなでジャズを奏でてるシーンは楽しくなってくる。ええじゃないかで富士急を思い出す。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

黒人差別の映画だと思って見たら、黒人に憧れる白人の、恐ろしい、サイコパスな話だった。
ビンゴ、黒人の使用人の涙など、あとあと考えるとめっちゃ怖い。
表情だけで違和感、恐怖を表現した黒人の演技にたまげた
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.7

ティーカプのチップが可愛すぎ、エマワトソン綺麗すぎ。ミュージカルもディズニーも基本好きじゃないけどこれは楽しめた。

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

61分に全てが変わる。それ以降が白黒になるのと、ゴッチが風船をが見下ろして、リバちゃんとサリーが見上げてるシーン、最後の白木蓮吾のポスターのシーンが印象的だった。
これを見て思ったのは、やっぱり菅田将
>>続きを読む

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.1

なんていい歌声、引き込まれる。
どの歌も全部好きすぎる。
キセキの大人、アメリカ、顔出すバージョンだなと思ったけど、きっとキセキがこれの日本、顔出さないバージョン

Sherry Sherry bab
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ティファニーで朝食を食べてないがち。

君と100回目の恋(2017年製作の映画)

3.2

miwa苦手、坂口健太郎クソほどにイケメン。中田圭祐出てるやん!かっこよ!
過去に縛られないで、前を向きましょう。

エスター(2009年製作の映画)

4.0

サイコパス中のサイコパス、父親の鈍感さにウズウズ。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

キャスト、ストーリー、歌、風景、全てが最高で一番好きなラブストーリー。ルーとウィルが一緒にいるだけで楽しくなる。結末、残念だったけど、ウィルはそれほど苦しかったんだろう、その決断を見守ることしかできな>>続きを読む

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2011年製作の映画)

4.0

いい話やなぁ、父親ともっと話そ、俳優陣豪華すぎて草。
日本橋いるうちに麒麟の像拝んでおけばよかった

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

エディレッドメインがすごすぎた。ALSも女の役も、本物のようにこなすこの人半端ないって。
実話だから仕方ないけど、ジェーンとは別れないで欲しかったな。

スノーデン(2016年製作の映画)

4.0

意思を持って、それに従う行動力。専門用語が難しかった。

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.2

世界から僕が消えたなら、一体誰が悲しんでくれるのだろうか。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.8

くぅちゃんがこれ見て爆笑したって話共感できる。
フォレストが走ってる姿勢が小さい時から変わらずにひたむきで、特有の語り口調がいい。

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(2007年製作の映画)

3.6

前よりは笑いが薄れた気がするけどそれでも面白い、特に牡蠣のところ。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.5

あゝ、激しい、荒れている、笑える、濃い2時間半、のめり込んでいた。
菅田将暉史上1番かっこよく、素晴らしかった、圧倒的。
後編予告、さらに激しくなりそう、くそ楽しみ。

モーターサイクル・ダイアリーズ(2003年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

チェゲバラと友達の若い頃の話。
題名にサイクル入ってるのに、サイクル初っ端でぶっ壊れる。
こんな旅してみたい、自分が変わるような。

トリガール!(2017年製作の映画)

4.1

土屋太鳳圧倒的優勝。間宮祥太朗、池田エライザ、準優勝タイ。
ナダルのクセが強すぎて笑う、雨が降ってるかどうかわからない日、轟次郎。

マリアンヌ(2016年製作の映画)

4.1

衝撃の結末、2人の愛の形。
映画館で観たかった。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

締め方がうますぎる。DAY2から始まる意味が最後にわかる。

デイモン無敵

>|