rikoさんの映画レビュー・感想・評価

riko

riko

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.0

重めだけどサクッと読める小説を一気読みした感覚。相手のためになら何だってできる、そんな自己犠牲の危うい関係に惹かれた。キャストが豪華なだけにもっと重さがあれば凄いものになっていたかも。尾崎姉妹が本当に>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

3.0

楽しいー!とにかく歌って踊りたくなる!
ベラーズはもちろん、DSM最高。

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

3.5

冒頭から怒濤の歌とダンスラッシュ。スクリーンから溢れんばかりのラテンパワーに圧倒された。もっと曲が好みだったら刺さりすぎて溺れてたかもしれない笑

出てくる人物全員にスポットライトが当たってるくらい輝
>>続きを読む

滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie(2020年製作の映画)

-

最初からNetflix配信するつもりで英語寄りにしてたのだとしたら滝沢さんすげーよ。本気で意味が分からないしめちゃくちゃではあるものの、ひとつひとつの作品のレベルは非常に高いと思ってる。

佐久間さん
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.6

面白かった~本当に笑えた!久々に映画館で笑い声を聞いて幸せな気持ち。

自分の人生を生きはじめたガイがもう可愛くてニヤニヤする。モブキャラ達のストライキを見てるとやりたいことを心からエンジョイしている
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.5

一人一人の人生が少しずつ絡み合っていて、なんとも微笑ましい伏線回収がいい。ベタベタでクサい台詞や少しチープな演出がむずかゆいけれど、久々に沁みる邦画を観た。気づいたら久留米くんを全力で応援してました…>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

5.0

ディズニーでこんなにワルでいいんか?と思うほどワルでクレイジー。ファッション、曲、キャラクターどれをとってもお洒落でクール、テンポも良くて久々に高揚した。2021年映画館で観てよかったNo.1かも。>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

2.5

ティモシー・シャラメ見たさで。冴えないシャラメがワルに染まる以上に狂う感じがいい。ハンターも女の子たちも超ホット。伝聞調の少年のナレーションが謎だけどもお洒落。ストーリーは実話を推してる割にはあるある>>続きを読む

最も普通の恋愛(2019年製作の映画)

3.0

韓ドラの一部を映画にしたって感じ。晩酌しながら流し見がちょうどいい。韓流あるある皆酔っぱらいすぎて幼稚なので、テーマの大人の恋愛の難しさが際立ってないかな…
コン・ヒョンジンは女に嫌われそうな女役が本
>>続きを読む

君の誕生日(2018年製作の映画)

4.0

悲しみの受け取り方は人それぞれで、また乗り越え方も人それぞれ。あんな理不尽な事故、辛さは一生消えないだろうけど、誕生日会で皆が一歩でも前に進めてたらいいな。
まだ幼いイェソルが何の心配もなく愛されてほ
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

4.5

女優ありきコメディかなとあまり期待してなかったら、ミステリー要素多目で面白かった!
アナ・ケンドリックとブレイク・ライブリーがあまりにも美人で大満足。冷えマティーニ飲んでみたい、、

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.5

新時代のために戦う剣心の目が段々と優しくなるの良かったなあ。前作よりも前の時代を演じられる佐藤健が凄いな。原作映画化系の邦画が苦手だけど、シリーズの中で一番よかったかも。

健康って何?(2017年製作の映画)

-

はぁもう今の時代有害でない食べ物なんてなくない?
色々なものを少しずつバランスよく食べるしかないね、、
資本主義における様々な業界の持ちつ持たれつの関係が分かって面白かった。

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.0

アクションと俳優達とワンオクがとにかく格好いい。
敵対する縁側の剣心に対する恨みがもっと深ければ入り込めたかな。

ハッピー・オールド・イヤー(2019年製作の映画)

4.5

とてもいい。沁みる、、自分勝手な主人公が断捨離を通して思い出や人間関係を整理していく。でも主人公が極端なだけで、生きていれば皆自分のために選び行動しているのでは。謝るひとつとっても、謝りたいから謝るの>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

途中まで見よ~と軽い気持ちで見始めたら、どんどんテンポ加速して止められない。主人公が聞いてる曲がそのままBGMなんて快感でしかない。「まって、最初から聞く」って突入を仕切り直すのたまんないし、爆発と曲>>続きを読む

ハスラーズ(2019年製作の映画)

4.0

自分の魅せ方を知ってる人は本当にかっこいい。自信に満ち溢れた彼女達のパワーとセクシーさに完全に魅了された!札束ぶん投げたい!絶対できないけど男達からお金巻き上げてみたい。笑 

自分だけがのし上がろう
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

3.5

伝え方と受け取り方が不器用すぎるんよ…
歳を取るにつれ思う、視野を広げてあげられる先輩、大人でありたい。

時折混じるダンスシーンがあまり好みではなかったけど、あの時の3人は輝いていて無敵だった。

アス(2019年製作の映画)

4.5

Get out然り、裏テーマの描き方が巧すぎて全然理解できません。(めちゃくちゃ褒めてる) テザードの不気味さ、それに対する人間の暴力性に恐怖と不快感を覚え、加えて笑える場面がたくさんあるから怖いのに>>続きを読む

DAU. ナターシャ(2020年製作の映画)

-

ラースフォントリアーを凌駕するという予告に惹かれ観に行ったけど、喫煙、飲酒、口喧嘩の日常で何を見せられてるのか。淡々としてるのに、何故か気分悪くなって人生初途中退出した。(たぶん手持ちカメラのせい)戻>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.5

雨の日にコーヒー片手に、お洒落な休日になりました。やっぱりシャラメは湿っぽい、猫背が似合うな~

好き同士なのにずっとすれ違ってるし、ギャツビーはNYの曇り空、アシュレーは太陽の下、それぞれが居心地が
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

4.5

最初から最後まで嫌なザワザワ。ちょっと薄い気がしてあまり考えさせられるものでは無いけれど、嫌な気分、苦しさを存分に味わえるエンタメだと思う。

「良い子ほど自分で何とかしようとする」って本当にそうで、
>>続きを読む

弁護人(2013年製作の映画)

3.5

今の日本で生きていると言論統制の恐ろしさってあまりピンと来ないけど、初めてその恐ろしさが理解できた。
韓国映画は改めて世論に訴えるの上手いよね。それが歴史教育も然りだったりしてと思ったり。

撮影地は
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ綺麗。ひたすらシュールでたくさん笑った。
建築物好きには次々に映るヨーロッパ各地のホテルと鍵が可愛すぎて堪らない。あの鍵たちのキーホルダー欲しい。
同業者としてもリスペクト!

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

3.0

渋い。こういう理由で、こういった出来事があって今の彼となりました。みたいな話は好きなんだけどな~
いくら選択肢のない時代だったとはいえ…な部分が多い。

ソルギョングが完全に年月を重ねてた。ロバートの
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

5.0

動物たちがカワユイたまらん!だったのにいつの間にかめちゃくちゃ感情移入してるからすごい。

ロープウェイで過去を話すニックと、傷つけてしまったニックにジュディが想いをぶつけるシーンがグッときてお気に入
>>続きを読む

ソラニン(2010年製作の映画)

2.5

登場人物と生き方が違いすぎて自分を重ねはしないのに、どうしてこんなにソワソワすんだろう…
若者の脆さと情熱、世界の狭さがあまりにもリアルで怖くなった。正直ちょっと種田が羨ましい。だってもう悩まなくてい
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.5

これまたすんげえ。映画館で見たかったけれど、びびって配信待ってました。やはり圧倒的不快感と美、好みすぎるカメラワーク、そんなに怖くなくて映画館で見ればよかったなあ。

ジャックは哲学やら美術やらタラタ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

5.0

すんばらしい、本当に美しいし可愛い。
映画館で観たらどんなに綺麗だっただろう。
ミゲルみたいにすぐ家族の大切さ忘れてしまうから、響きました。

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

2.0

カンドンウォンがくそ格好いいのが救い、、、
ゾンビさえも戦いの道具に使うのも良かった。

けど共感できる、応援したいキャラが誰1人おらず。前作の良さは何処へ?ゾンビもの向いてないな~

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

5.0

空が綺麗だとか今良い仕事したなだとか毎日些細なことに喜べる、でもその繊細さ故に人がどう思ってるか気になって、生きる意味が欲しくて勝手に苦しんでた。

自分も小さなことに幸せを見出だせる"きらめき"持っ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

ここまで難解とは…でもしっかり痺れました。

特にカーチェイスと最後の決戦がまじで意味分からない。でもめちゃくちゃにかっこいい。たぶん映画的には最後の方ではあるんだけど時間軸的には最後ではないんだろな
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.5

KTXのチェウシク堪らんすぎるな、、
タートルネック×ふわ髪の時点で素晴らしいのにサイコみ加わって好みでしかない。

ダミちゃん、注射打ったあとの豹変ぶりというか、降り幅が凄すぎる。

対立構造が
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

2.0

俳優陣が豪華なだけに期待しすぎた、、、
マンションからマンションへの食料交換は無理だろ。

オープニングのかっこよさがピーク。ここだけは観て欲しいくらいある!

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

5.0

純粋な子供にとってユダヤ人迫害は到底理解できないこと。自分の父親は誇らしい仕事をしていると思っていたのに…

子供でも決して良いことではないと分かる筈。全体主義、言論統制の恐ろしさと力を改めて思う。
>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

2.3

エグかった、、

とは言え属してない文化のことは安易に悪く言えない。アレハンドロが最低男なのは確か。

どんな民族を、どんな方法で救うかも知らずに一方的な正義感で乗り込む若者達が一番ホラーよ。

>|