neru2goさんの映画レビュー・感想・評価

neru2go

neru2go

映画の楽しみ方って人それぞれで ◯
愉快になれれば◎ 何かを得られれば⭐️あげる

映画(141)
ドラマ(0)

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

5.0

色彩の豊かさが最高❗️
心あたたまる本当にいい映画です。

自分が生きていることや家族の繋がりを
素直な気持ちで見ればいいだけなんだ…

悪党って死んでも
自ら改心することはないのかな?
残念

覚え
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.5

こんなにやさしい
「タイムトラベル」映画があるなんて

恋愛成就のためにパワーを使うのは
羨ましい🤣
身近な人の幸せのため
人間関係の修復のためのタイムトラベル
なんてやさしいんだろう

ちょっと恥ず
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

この映画「やさしさ」がなくてスッキリしない

あの看板は 「ツイート」と同じ
特定の人物に向けた意図的なツイート

それをきっかけに事件に関わる人はもちろん
関係の無い不特定多数の住民が
得体の知れ
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.8

ヤバイ 良すぎて
俺が余計なことを
コメント出来ない😭

ほど素敵な映画🤣

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.0

これはヤバイね

アイデアが凄すぎて
恐ろしい

それにしても
どこの国のテレビも糞なんだというのが
よくわかって…残念😭

LIFE!(2013年製作の映画)

4.1

ようやく観ることが出来た
ちょっと感動

LIFE誌 最後の表紙を見せられた時に
ウルっときたわ
俺も真面目に仕事しなきゃ…

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

この音楽映画 かなりいいね
軽いタッチで全編 ミュージック・ビデオ感覚
で楽しめる

キーラ・ナイトレイの歌もいい
ニューヨークの街角でプロモを撮る
アイデアも現実味があって楽しいです

ミュージシャ
>>続きを読む

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに また観た
なんか…わかんないけどいい映画

だってケビン・コスナーに
「お告げ」がくるんだよ
バカだよねー
それでトウモロコシ畑ぶっ潰して
野球場作ってやんの…
もう死んじゃった野球選手が
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

元気になれるミュージカル映画
歌もダンスもカッコイイ

「貧しさ 出会い 夢 恋 愛 努力 差別 友情 慢心
挫折 再生 希望 」ぜーんぶ入っているのに
ちょっと薄く感じるのは
それぞれの心情や時間の
>>続きを読む

ザ・クリミナル 合衆国の陰謀(2008年製作の映画)

3.5

理不尽を考えさせられる映画

司法制度の心ない部分を悪用した
国家権力の横暴
一般人は、そんな大きな権力に
対処する方法も手段も持ち合わせてはいない

「長いものには巻かれよ」ということか…
巻かれた
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

難しく考えることなく
気軽に笑えて楽しめる素敵な映画です。

出演者それぞれ安定感がバッチリ
広末さんや瑛太さんのビシッと締めるところを
締める演技が心地いい
特に何度も笑わせてくれる
蒼井優さんのハ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

んーなんだかなぁ…
確かにわけのわからない怖さはあるね

でもしかし
(どんだけ否定するんだ的な)
結局、白人女性と黒人男性の恋愛は…とか
イチャついてるのを見ていると
「数々の伏線」なんかどーでも
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

4.0

原作もドラマも まったく知らずにいて
ごめんなさい。🙇🏻高倉健は出てきませんが
妙にはまってしまう素敵な映画です。

はじめに寂しいアコギのイントロに下手な…失礼🙇🏻
味のある唄が流れて…正直「ウッ」
>>続きを読む

偉大なるマルグリット(2015年製作の映画)

-

この映画 恐ろしい 😱

笑えないのは自分の弱さなのか…
愚かさなのか…
そんな不安が後からじわじわと心に広がる
まるで「静かなる時限爆弾」と言われる
アスベストのような残酷な映画です。
(他に例え
>>続きを読む

インスタント沼(2009年製作の映画)

4.5

今さらで本当にすみません🙇🏻
「こんなクソ面白い映画があったのかよ」と
ビックリ‼️これヤバイです。
見たことなくてごめんなさい🙇🏻

まずオープニング映像の疾走感にやられます。
コメントに合わせてカ
>>続きを読む

さよなら歌舞伎町(2015年製作の映画)

-

これを見て 何を感じればいいのか
わかんねー
歌舞伎町のラブホを舞台に
ドス黒い人間模様を描いたんなら
もっと面白くしなきゃ😩

72時間1か所に張り込みして
そこに来る人たちに不躾にインタビュー
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.0

学校という狭い社会が妙に息苦しい

夢や希望や努力や運
悩みや迷いや焦りや挫折
才能のある奴 ない奴
持っている奴 いない奴

どーせ みんな 空っぽなんだよ
結局 他人に興味なんかないんだから
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.5

前評判は悪かったので
逆に注目 …大満足👍

大人気漫画の実写化という難題に
ある程度の時間とお金をつぎ込んで挑戦した
娯楽映画。
充分に楽しませていただきました

町のロケ地がなぜスペインなの…、
>>続きを読む

天の茶助(2015年製作の映画)

1.2

んーどうしよう・・・レビューしようか悩む映画

何を見せられたのかわからない

笑いどころは2か所あったと思う⁉️
一つは「酸素マスク」
もう一つは・・・・・あれっ?思い出せない😭

まあ 一言で言う
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.0

すごく気になっていた映画
アメリカン・ニューシネマの代表作…
不朽の名作と言われているのは知っている
でも何の感動も生まれなかったなぁ

あちら側とこちら側
大人と子ども
境界線は自分で引くものなの
>>続きを読む

脳内ポイズンベリー(2015年製作の映画)

3.7

いやー単純に面白かった
原作とか全くわからないし
予備知識も無しに見たけど…
ちょっとやられた気分です

頭の中の会議「脳内会議」は最高❗️
キャストもそれぞれ ピタリとハマって
葛藤や情緒をうまく表
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.9

自由ってなんて素敵なんだ!
と思う映画

ジム・キャリーの演技は いつも通りのコメディな部分が強調され役者として
好き嫌いが分かれるかも…

問題なのは
自由の無い監視社会が現実化している
ことだよな
>>続きを読む

世界最速のインディアン(2005年製作の映画)

4.0

心あたたまるいい映画

この頃67歳ぐらいのアンソニー・ホプキンスは
地で頑固ジジイを演じている印象
演技は まさに「いぶし銀」の味わい
夢を追う老人(と言うか男なんだろうな)と
ルールを破ってでも受
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.1

エンディング
マチルダの新たな旅立ちに
スティングの「Shape Of My Heart」が流れ
心をつかまれる
レオンが なぜ死を選んだのか
やるせない その思いは真実の愛なのか
歪んでいるのか・
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

2.5

SF好きなんだけど
この映画何を見ればいいのかわからないなー
人工知能の開発過程を「心」ではなく
「性」と強く結びつけたがっているようで…
目新しいテーマでもないし…
全体的につまらない訳じゃないけど
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.8

久しぶりにブレードランナーの世界感に
どっぷり浸かった
しかも最新技術の超こだわり映像と音効で
時間の流れまで見せられたようだ

無機質な世界と空間
その中にある有機物
有機物が必ずしも生命体とは限ら
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.5

再度見たら結構おもしろかった❗️

責任ある世代のおっさんたちが
仕事を離れると全く使えない
使えない自覚もなく
一家の主人としての高飛車な態度や発言
同年代としてメチャメチャ反省してしまった
(初
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.0

実際にあった話…
国(CIA)の作戦が胡散臭い映画作り
映画業界の裏側もなんとなく垣間見える
全編を通して味わえるハラハラドキドキ感は
物語としては充分に面白い
けれども
文化や宗教の違いから生まれる
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

-

2回見た。1度目は入り込めず、2度目は真剣に…。そして真面目に考えた結果 面白いとも面白くないとも言えない。

子どものころ怪獣映画嫌いだった。ゴジラシリーズも映画で見たことがない。
でもテレビのウル
>>続きを読む

少年メリケンサック(2008年製作の映画)

3.9

なんちゅーの⁉︎
クドカン マジすげー
としか言い様がないほど
(これだけじゃないけどね)
おっさんをも夢中にさせる映画っすね

バクマン。(2015年製作の映画)

3.9

映画もいいですね!
でもやっぱりサイコー役は神木さんだろうな
と、いつまでも愚痴るのはヤメにしよう

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.8

このとらえどころのない
切なさ 悪くない

瑛太&松田龍平
絶対にただじゃ終わらないという期待感…
たとえ裏切られても構わない

瑛太さんの革ジャン「渋っ」
でいいかな

原作読んだらまた書こう

ポンヌフの恋人(1991年製作の映画)

-

そういえば昔見た
最後まで見た

フランス映画は独特の世界観があって
とか書いた方がいいかな…
内容も覚えていないのは俺が悪い

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

4.0

この感じ
無条件でいいと 思う
多分 子どもの頃「傷だらけの天使」を
見ちゃったからだろうなぁ
あの染み付いたような背徳感を
多少求めているのかも…

「負け犬」で なんで悪いんだよ💢
「負け」って
>>続きを読む

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

4.0

これは二人の男の美学がギッシリ詰まった
ハードボイルド映画だ
(まあちょっと持ち上げ過ぎだけど)
このシリーズ最高‼️

>|