えりみさんの映画レビュー・感想・評価

えりみ

えりみ

劇場かWOWOW。
アクション、ヤクザ、ヴァンパイア大好物♪
コメディ、ホラー、ミュージカル苦手。
邦画ガンバレ!
動物が死ぬと点数下げる。人は構わん。
星の数は好き嫌いの指標。3.5が基準点。
観てない作品のレビューにいいね押せないんです、でも参考にしてますclip!
プッシュ通知オフ設定に。
アイコンと違いきもいおっさん

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.4

MCUの中では一番思い入れのない人(神)なので2D字幕で。
あくまでマイティソーシリーズの中だけの相対スコア、だんだん楽しなってきた♪
大好きなハルクの出番が多かった!ってのが大きいけど。
コメディ寄
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.5

皆さんのレビューに従い事前情報入れずに観に行って正解!
ホラーというよりショッキング・スリラー(私の中では人外が出たらホラーという認識でお化けはコワイ)。
「ドント・ブリーズ」が面白かった人なら是非。
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.2

原作、TV映画共に知らず。ホラーはイヤやっていうてるのに(´□`)
スティーブン・キング大好きで原作も読んでいる人に連れられて。
シネマイレージ会員サービス期間に人気作を観まくったうちのひとつ。
館内
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.7

氷風呂から全裸で出てくるオープニングに「ウォンテッド」か⁉と思ったけどシャーリーズ・セロンは超人設定ではありませんでした。
逆に青痣に絆創膏、満身創痍で痛々しい(>_<)
バルキー女子でしたけど(背中
>>続きを読む

大鹿村騒動記(2011年製作の映画)

3.7

WOWOWで原田芳雄特集。これがラスト。
公開直後に原田芳雄が亡くなったことで映画の知名度が上がったイメージ。そして翌年の日本アカデミー主演男優賞が贈られる。
またしても微妙な阪本順治作品、悪いわけで
>>続きを読む

寝盗られ宗介(1992年製作の映画)

4.1

WOWOWで原田芳雄特集。
若松監督作品やけど「蒲田行進曲」っぽいなぁと思ったら、同じ原作者戯曲でした(^^;
スコアとは矛盾するけど今作の方が良いなぁと思った、機微を感じるというか。中年になってこっ
>>続きを読む

われに撃つ用意あり READY TO SHOOT(1990年製作の映画)

3.8

WOWOWで原田芳雄特集。
1990年の歌舞伎町。
まだ私が知らない時代の町、ヤバそうな匂いがします。
若松監督監督デス、ハードボイルドの中に左翼の匂いがします。
中年になった全共闘世代が主役です。こ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.2

ジム・ジャームッシュ作品はオシャレな人が観る映画、ってイメージで敬遠気味。実際、むか~しに「ゴースト・ドッグ」をみたことある程度。
なのに何故観に行ったかって、どうにもこうにもアダム・ドライバーが気に
>>続きを読む

浪人街 RONINGAI(1990年製作の映画)

4.0

WOWOWで原田芳雄特集。
ん?これ昔みた事ある!
勝新と原田芳雄の「喧嘩やるやる詐欺」のくだりは記憶にある。当時も意外な取り合わせやなぁ~と思ったの覚えてる(これが勝新太郎の遺作とか)。
ただあとは
>>続きを読む

竜馬暗殺(1974年製作の映画)

3.9

WOWOWで原田芳雄特集。
亡くなってもう6年も経つとは…
普段は敬遠する白黒映画、4:3ぐらいのサイズ。
ザラっとしてコントラストがキツい。
そのせいか皆ギラついてみえる。
原田芳雄、石橋蓮司、松田
>>続きを読む

ロング・トレイル!(2015年製作の映画)

3.7

WOWOWで。
『私に会うまでの1600マイル』の米大陸西側パシフィック・クレスト・トレイル(PCT)に対して、こちらは米大陸東側アパラチアン・トレイル(AT)。
『私に~』も体験談ならば、こちらも実
>>続きを読む

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

4.0

WOWOWで。
世界十大小説にも挙げられる(らしい)「嵐が丘」を読んことがないとせっかくのシーンもこんな顔( ゚ ρ ゚ )になっちゃうので本も読まなきゃ、ですな。
トニ・コレットとドリュー・バリモア
>>続きを読む

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

2.8

WOWOWで。
思いのほか皆さんがみてるのでびっくり。ポーランドが生んだ現代映画界の鬼才(78歳!?)のこと、全然知りませんでした。
ワルシャワってどんなところなんやろ?という興味だけで録画。
思って
>>続きを読む

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)

4.3

WOWOWで。
今作もスパイ小説の巨匠ジョン・ル・カレ原作とは。
というかアンジェリーナ・ジョリーが主役の政治実録モノやと勝手に思い込んでた。全然違う、何と間違うてるんやワシ(-_-;)
スパイもので
>>続きを読む

われらが背きし者(2015年製作の映画)

4.2

WOWOWで。
元MI6でスパイ小説の巨匠ジョン・ル・カレ、映画になると玄人受けする難解なイメージ。けっこう身構えてみたらヨーロッパ各地の美しい映像ときらびやかなパーティーシーン、分かりやすい展開でホ
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.2

前作ビヨンドから5年、1作目からは7年も経過しているのね…
全員悪人が
全員悪人完結。して
全員暴走して終わる最終章。
ラストシーンが格好いい北野映画。
今作も潔い。
音楽も変わらずイイ♪
シリーズと
>>続きを読む

クライング・ゲーム(1992年製作の映画)

4.0

WOWOW発掘良品コーナー。
1992年の映画。
どうにも内容とマッチしないパッケージとコピー。
簡単に内容を説明するのが難しい映画ではあるけど、このジャケットじゃ女スパイモノと勘違いするやろ。
最初
>>続きを読む

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

4.0

劇場で観るつもりだったが間に合わずWOWOWで。
前作と同じく原作読破した人と一緒に見ました。
凶器がハサミだったりするけどショッキングなギミックや残虐シーンが減ったのでレイティングも下がった模様。
>>続きを読む

女教師 シークレット・レッスン(2016年製作の映画)

4.0

WOWOW放送が日本初公開とか。
邦題はみるからにエロティックサスペンス、まあ当たらずとも遠からず。
洋題は直訳すると素行不良?大人やから風紀を乱すって感じ?
ポスターから想像すると女教師と女生徒のレ
>>続きを読む

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

4.2

WOWOWで。
タイトル通り真っ暗なシーンがあるので部屋を暗くしてみた方がいいです。
み終わってから「テイク・シェルター」を作った人やと分かって、なるほどなと。アレみたいに説明が少なく謎が多いSFやけ
>>続きを読む

2048:ノーウェア・トゥー・ラン(2017年製作の映画)

4.0

新作を観る前にチェックしてほしいとドゥニ監督がいうてるので。
https://youtu.be/WRtWPpVyjp4
前作から新作に至る30年の間を補完する短編3作。
3つ目、リドリー・スコットの息
>>続きを読む

2036:ネクサス・ドーン(2017年製作の映画)

4.2

新作を観る前にチェックしてほしいとドゥニ監督がいうてるので。
https://youtu.be/R2tfByG88HQ
前作から新作に至る30年の間を補完する短編3作。
2つ目、リドリー・スコットの息
>>続きを読む

ブレードランナー ブラックアウト 2022(2017年製作の映画)

4.1

新作を観る前にチェックしてほしいとドゥニ監督がいうてるので。
https://youtu.be/MKFREpMeao0
前作から新作に至る30年の間を補完する短編3作。
1つ目は日本人監督によるアニメ
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.7

原作未読。寺山修司って名前は聞いた事ある程度。
めっちゃ良かった前篇から1年後、2022年新宿が舞台。
前篇は場内で何度も笑いが起きたが後篇は無し(無くもないんやけど)。
前篇と少し雰囲気が変わった、
>>続きを読む

シークレット・デイ(2014年製作の映画)

4.0

WOWOW放送が日本初公開。
ダイアン・レイン目当て。
番組表によると、全米ベストセラー小説「あの日、少女たちは赤ん坊を殺した」を映画化とのこと。原作は知らんけどまさにタイトル通りの導入で終始陰鬱とし
>>続きを読む

消えた声が、その名を呼ぶ(2014年製作の映画)

3.8

WOWOWで。
世界史をちゃんと勉強しておくべきだった、そして映画の古典もちゃんとみないとダメだなと。『キッド』はおろかチャップリン作品をちゃんとみたことないので感動ポイントを逃すハメに。オスマン帝国
>>続きを読む

バーン・カントリー(2016年製作の映画)

3.0

WOWOWの放送が日本初公開とか。パッケージ情報も無し。
番組表にもあるけど「ウィンターズ・ボーン」と似たテイスト、社会派ミステリーはちょっと言い過ぎ。
ジャーナリストに憧れてアメリカに亡命してきたア
>>続きを読む

エル・クラン(2015年製作の映画)

3.7

WOWOWで。
アルゼンチンで三千万人動員!とか各映画賞受賞!とか公開時は鳴り物入りで宣伝されてたイメージ。なのにコピーが「プッチオ家が起こした<ユ~カイな事件>の真相」って駄洒落かいっ!
「コロニア
>>続きを読む

コロニア(2015年製作の映画)

3.6

WOWOWで。
日本の裏側南米チリの恐ろしい実話ネタ、とはいえピノチェト将軍のクーデターによる2万8千人の拷問や3千人もの虐殺、それらを秘密裏に行うための隠れ蓑になったカルト集団コロニア・ディグニダの
>>続きを読む

ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

4.0

WOWOWで。
恐らく「散歩する侵略者」公開記念で放送してたのを録画。
公開時気になってはいたけどフランス映画は苦手でスルー。
ほんまにフランスで黒沢ホラーを作りました、って感じ。
等身大銀板写真に憑
>>続きを読む

だれかの木琴(2016年製作の映画)

4.5

WOWOWで。
若い時分にみてたらこんなに刺さらんかったと思う。普段邦画をみない奥さんまで「なかなか良かった」いうてた。
でも決して夫婦一緒にみるタイプの映画違いますのでご注意を(どこが良かった?って
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.3

WOWOWで。
皆さんのレビューをみて黒沢清作品っぽいのを想像してたら違いました。ゾッとするという点では似てるし、頭からメトロノームカチカチされてゾワっとしたけど。あ、まだ小さい娘を持つ親御さんはみな
>>続きを読む

バンクーバーの朝日(2014年製作の映画)

3.9

WOWOWで。
1914~41年カナダで活躍した日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」の実話を映画化。石井監督は好きやけど野球にいい思い出が一つもないので劇場スルー。
アレ?野球映画ちゃいますやん!
>>続きを読む

国選弁護人ユン・ジンウォン(2015年製作の映画)

3.9

WOWOWで。
似たタイトルでソン・ガンホ主演の映画も実話ネタやったけど、こちらはさらに最近(2009年)起こった事件が元ネタの弁護士モノ。まあ韓国の事件なんで知らんかったし韓流ドラマなどで活躍してる
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.5

2D字幕版で。
リブートシリーズRise: 創世記、Dawn: 新世紀に続く3作目War: 聖戦記。監督は2作目と同じで前作から2年後のお話。口回りの毛に白いものが目立ち始めたシーザーの物語がこれにて
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.9

原作未読。寺山修司って名前は聞いた事あるけどどんな人なのかは全然知らん。2021年東京オリンピックの翌年という近未来が舞台で、東日本大震災に自衛隊海外派遣、不況に振り込め詐欺、自殺問題など時事ネタがた>>続きを読む

>|