poseiさんの映画レビュー・感想・評価

posei

posei

映画(166)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ラブホテル(1985年製作の映画)

4.0

大学の資料室で鑑賞
ロマンポルノが芸術の域に達した瞬間を目の当たりにした。

翔んだカップル(1980年製作の映画)

4.3

コミック原作のアイドル映画で、デビュー作なのにも関わらず、相米慎二の作家性が物語全体に浸透してしまっている。上層部から多くの枠組みに押し込まれていただろうに。見ていて全く飽きなかった。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.0

午前10時の映画祭にて。
あの雨に打たれるシーンを映画館で観れる幸せ。

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

ハリーポッターみたいに終わりよければ的にならなかったと思う
でも何だかんだ3部作とても楽しめた

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

評判に及ばなかった。
どう見ればいいのかわからない。

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

4.0

良作。
極限に追い込まれた人間へのラストの救い。とても良かった。

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.0

発想は面白いのにストーリーが全然。
分かってはいたけど、やっぱりな〜

不安は魂を食いつくす/不安と魂(1974年製作の映画)

4.2

なぜかすごく難解なイメージを抱いていたが、とても観やすくて心地よかった

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

DCはマーベルとは違って本作のように映画的な作品を世に出して欲しいけど、やっぱりジョーカーだからこそな気がして難しいだろうな

熟れすぎた乳房 人妻(1973年製作の映画)

3.7

初めてのポルノ映画だったが、絡みやそれ以外の場面でも面白い演出がなされてたと思う。
勉強なります。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.6

だいぶ前からto be continue感が感じられてしまって、この作品自体にのめり込めなかった。
コンチネンタルホテルの良さがあまり出てなかったと思う。
次作に期待。

男はつらいよ 奮闘篇(1971年製作の映画)

3.7

初めて『男はつらいよ』を鑑賞。
寅さんというキャラクターを日本中が愛したことに納得。渥美清がかける情熱はとんでもないものだと思った。

駅馬車(1939年製作の映画)

4.1

この見応えで100分を切るなんて信じられない。

8 1/2(1963年製作の映画)

3.5

冒頭は良かったが、中盤から集中力を欠きうまく物語に入ることが出来なかった。
『野いちご』のほうに深さを感じ、『アメリカの夜』のほうがより楽しめた。
また観たい作品。

アメリカの影(1959年製作の映画)

4.1

即興なのに会話がかなり面白い。
少しドキュメンタリータッチなのに、ふとした登場人物が絡み合うのがまたいい。

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.2

映画館で鑑賞し感動した。

SF映画の面白さが分からない人にはまず『ブレードランナー』を観てもらいたい